• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロンバードのブログ一覧

2017年07月05日 イイね!

かなり迷っています。


C5を入手したのはいまから5年半前。

当時の営業担当は私がCXを入手した時も担当なので、私がBig Citroenとハイドロが好きなことは知っている。
彼は、”そろそろC6がリース落ちがでてくることだからC6も考えたらどうですか”と言っていた。
私は、”もうすぐ60だし、あの大きさは老いた身には大き過ぎるかな”と返答して、C5を購入した。

そのC5を5年乗ったが、全幅は1850mmでC6と一緒である。全長が少し短いくらい。C5がC6より小さいということはなかった。

ならば、一回はC6を乗ってもいいか?C5より維持するハードルは間違いなく高いが。
今ならまだ程度のいいC6は探せるように思う。

とは言え先立つものもいる。
いいC6になってからC5を手放そうとしても、すぐには処分できないであろう。

ならば、Xデイの前に愛情そそいだC5を手放すのもありかと迷っている。
それと、愛情持ってこの車に接してくれる人をどう探すか?

あ〜。
Posted at 2017/07/05 12:48:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | シトロエンC5 | 日記
2017年07月01日 イイね!

2017 穂高、松本、諏訪の神社とナビ


先々週、諏訪大社四社を周り、ご朱印料についてコンプレインを言ったそのすぐ後にレガシィBEのナビ(SONY DV-705)がダウンしました。

幸い、あと一つの在庫と、偶然ヤフオクでの入手で稼働する同型のナビが2つになっていました。その一つをレガシィに付けましたが、今までにメモリーしたスキーに行く時の下記の近道等と、中央道上のオービス位置を再度入力しなくてはならなくなりました。

・ 国道19号の塩尻手前の洗馬から国道19号の西側を通り、大糸線 北細野駅に至る道

・塩尻ICから松本駅への国道19号の東側の道

・ 東山山麓広域農道

・ 国道18号の豊野あたりから国道19号小市あたりに至る道

前回の松本東急REIホテル宿泊にて、そのホテル独自のポイントが5,000円分になったので、それの利用を兼ねて再度松本に行きました。

まずは、AM 6:30にいつもの松屋を出て小牧東に向かいます。前回、土岐ー恵那間で朝の通勤渋滞にはまりましたので、今回は恵那まで中央道で。
そこからは国道19号で北上します。

洗馬で19号を左折して西の山沿いを走り、北向き、南向きでも認識できるマークを入れながら走ります。

今では見かけなくなったリモコンでマークをつけ、そのマークのシンボル変更等の編集もすべてリモコンでできるので、このような使い方には重宝します。

AM 11:00前には大糸線の北細野駅には着きましてので、それから穂高神社に向かいます。
お恥ずかしい話ですが、ご朱印をいただjくようになってから、別表神社というカテゴリーを知りました。長野県の別表神社の戸隠神社、諏訪大社は行っていますので、今回は、穂高神社、深志神社、手長神社に行く予定でした。



輪くぐりもあって、くぐりました。

その後、オリンピック道路(高瀬川沿い)を大町まで北上して、美麻経由で長野市に入ります。そこから豊野に向かう道でマーキングしてUターンします。

長野から洗馬までは来た道を走りマーキングのチェックをしました。

洗馬からは塩尻駅経由で19号の東側を走って松本駅に向かい、マーキングをしていきました。

夕食はいつもの居酒屋をPM 5:30に予約してあったので、少しあせりましたがホテルにはPM 4:30には入れました。

翌朝はレストランが始まるAM 6:30にはレストラン前に行きオープンと同時に朝食を。別にこれほど早く食べる必要はないのですが、歳のせいか早起きなので。

スキーシーズンにはよく利用し、レストランでサーブをしてくれる女性2人は顔を覚えてくれてますので、前回どうもオフだったようで、この日こそ会いたかったのですが、この日もオフであったようです。
9月の閉館までにはもう行けないと思ってますので、この日会えなく大変残念でした。

深志神社はホテルのすぐ近くなので、社務所が開くだろう8:30前に着きました。



残念ながら、社務所はAM 9:00からで、今回はご朱印はいただけませんでした。

多くの高校生が境内を通り学校に向かっているので、深志という名前から超名門県立深志高校が近くにあるかと調べたら、深志高校はかなり離れたところで、近くは松商学園でした。

ここから東山山麓広域農道のマーキングをしながら塩尻経由で諏訪に入ります。

先々週に行った諏訪大社下社秋宮を通りすぎて手長神社に向かいます。
そこに着いたのですが、駐車場が見当たりません。やむを得ず、神社に電話して駐車場を聞きます。神社の境内は上の方にあり。そこまで登ってくれば駐車場があるとのこと。でもかなり道が細い。もしC5で来ていたら断念していたように思います。

旧20号の横から参道の長い階段がありますが、それをジャンプしてお参りしてもご利益が半減するのではと思ったのですが、これからは健脚も怪しくなってこういうショートカットも必要になるので、お参りの際に神様にお詫びしました。



上記の鳥居が三の鳥居だそうですが、そこからも階段があります。



御神木



この翌日に輪くぐりがあるようで、作業をされていました。



ご朱印は、この手長神社の他に、足長神社、八剱神社のものをいただきました。なので、これからもう2つ行くことに。



八剱神社は手長神社の近くでした。どうも以前は高島城の地にあったものが、築城のためこの地に移転したようです。高嶋城址は行くつもりでしたが、やはり行かねば!

足長神社は車で10分くらいの距離でした。ここも山の斜面にあるので登り口(階段)の道沿いに駐車を考えましたが、上にあるかもと少し登ったら足長公園と駐車場がありました。



そこから神社の入り口にはこのような石が。ちゃんと四方に柱があります。



ここから社に向かい、本殿の前で小さな蛇発見。もうもう動揺しておりました。その蛇が怖く、さい銭は家内に入れてもらいました(笑)



高島城址は公園になっていました。



明治初期にこの城は壊されていますので、天守は再現です。



本丸への橋もありました。



石垣の草取りをされていました。ご苦労様です。



実は、この高島城址は前回も書きました信濃のコロンボのテレビドラマで知りました。
その番組に何回もでてくる諏訪湖を見下ろせる展望台のような所に行ってみたかったのですが、番組では明確な表示がなく、どこだろうと思っておりました。山沿いの公園をナビで探してましたら立石公園なるものがありましたので、ダメモトで登りました。

そしたら大当たりです。そうここがテレビに映ったところです。



長〜い滑り台がありましたが、もしそれを滑ると長〜い距離を登って帰ってこなくてはならないので、やめました。



ここを出たのが12:00くらいです。
このまま帰路につきます。

昼食はどこにしようと迷っていたらSSがすぐ近くにあるので、久しぶりに入りました。
辰野のSSは昔スキーの時によく利用しましたが、この贄川のSSは初めてのような・・・



2人がビールを飲まれてみえましたが、どう見てもトラックのドライバーのような?

この日は土岐ー多治見間がすいていそうなので、自宅まで下道で帰り、17:00には着いていました。
Posted at 2017/07/01 10:44:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | レガシィBE | 日記
2017年06月24日 イイね!

明日参加します。

”何してしてる”にこれを投稿しようとしたら文字数オーバーでだめでした。
明日、参加します。

「フランスday 第6回カーくるオアシスパークサンデー」

https://www.facebook.com/events/218736975279575/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22feed_story_type%22%3A%22308%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D
Posted at 2017/06/24 18:34:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | シトロエンC5 | 日記
2017年06月17日 イイね!

2017 戸隠、奥志賀、信濃追分、諏訪大社 Part 3(諏訪大社四社回り)


6月15日

泊まったホテル(松本東急REIホテル)の朝食は気に入っています。
東急REIホテルの朝食は大まかな献立はあるようですが、ホテルによって少しづつ違います。

東急REIホテルの朝食は、

・神戸三宮
・松本

が好きですね。

グレードが上がりますが、

・京都東急
・白馬東急

がいいですね。

さて、その朝食を食べ、諏訪大社に向かいます。
帰りのことを考えると、上社を後にした方がいいので、諏訪大社の四社の回り方に順番がないか調べましたが無いようなので安心して、松本からの都合のいい順で回ります。

4つ御朱印をいただくとプレセントがあるらしいです。

・下社 春宮

国道20号を南下して最初のお宮でした。
その順番を調べた時に知ったのですが、もし2つで決着するなら、上社本宮、下社秋宮とありました。この春宮は軽く見られてますかね?

鳥居を確認して、写真をとるとどうしても手水舎を見逃して鳥居をくぐってしまいます。この時も忘れました(泪)



四社には、それぞれ4つの御柱が立っています、一之御柱、二之御柱は本殿の前にあるので見えますが、三、四は本殿の裏手にあり、そこまではたどりつけません。

一之御柱です。



その後、本殿の左側に浮島があり、そこに浮島社という小さな社にお参り。



”万治の石仏”という案内があったので向かいます。



もともとそこにあった石を掘ったとのことで、ここに書かれているようにお参りしてきました。(石仏の写真は撮り忘れました)

・下社 秋宮

国道20号で行くか迷いましたが、旧中仙道が春宮のすぐ前に通っていたので、旧中仙道で秋宮へ。

今度は忘れずに手水舎に行って鳥居をくぐります。



神楽殿です。



本殿です。



一之御柱、二之御柱です。



御朱印はお参り前にお願いして、お参り後にいただいて。

・上社 前宮

前宮の方が本宮より国道152号の杖突峠入り口に近かったのですが、やはりFinishingは本宮でと思い、まずは前宮へ。

秋宮からは10Kmくらい離れています。車以外で4つ回るのは大変だろうなあと思いながら。

諏訪IC過ぎて152号に入って進むと前宮の看板が。
最初はその看板のところの駐車場に車をおいたのですが、まだ本殿方向に入れそうだったので、152号を右折して本殿方向に進みます。

駐車場らしきところがあったので、そこに駐車します。

鳥居の横に社務所があるので、お参り前に御朱印をお願いします。



ここからはかなり斜度のある階段を登ります。(またまた手水舎を通りすぎました)

登っている時に思いましたが、つくづく自分の足で動き、登れないと神社、仏閣回りはできないと。

本殿が見えてきます。



でも、本殿の前に車が停めれるスペースが。
”が〜ん!!”
でも、自分で登らねばご利益は薄くなると信じて!!

この御柱は全部間近まで行けますが、三、四之御柱までは行きませんでした。



階段を降りて、御朱印をいただきます。

・上社 本宮

前宮、本宮の距離はすぐでした。

標識の案内通りに走って駐車場に停めます。

すぐに鳥居が見えてきます。その横に手水舎が。今度は見落としません。(手水舎の写真は撮り忘れました)



進むと”入口御門”が見えてきます。



でも横に見えるのは、二之御柱。



ここが”二”ってことは、今くぐった鳥居は正面の鳥居でないのか?

とは言え、入口御門と書いてあるので、その回廊に入ります。



その先に、巫女さんがこっちの方を見て立ってます。あれ、入っていけないところにないったのか?怒られませんでした(笑)。

どうも巫女さんが立っていた所は、VIP用の本殿への入り口だったようです。中で神事が行われていて、VIP(?)の大勢がそこにいましたので、その方々のお世話であったようです。

扉は開いていたので、”ここから入っていいですか?”と聞いたら、”一般の方は正面から”と言われてしまいました。一見の参拝者がしなあと。

なんとか正面の入り口に行きました。社務所らしき所があったので、”御朱印をいただけますか?”と聞くと、”ここでは行っておりません。下の入り口の近くです”と。その時やっとこの本宮の配置が理解できました。



この図の左から入ったのです。なおかつ、本殿はこの図の右を向いています。
北参道がメインと思いますが、それと直交するように本殿が向いています。

その本殿は、



一之御柱



このあたりでは、中国語を耳にしました。まあ、1/4で聞いただけなので、今回は冷静でした。

三之御柱、四之御柱の遥拝所なるものがありました。



御朱印は本殿参拝前にいただきました。



めでたく4冠達成で、そのご褒美は、



文句を言ってはご利益がなくなるともおもいますが、4社の御朱印料は500円でした。
大した経験はありませんが、先月から始めた御朱印集めでは、太宰府、霧島神宮、高千穂神社、戸隠神社等は全て300円でした。

邪推ですが、差額200円X4=800円でそれがご褒美の原資(?)と思ったりして。

東の鳥居をでるとこんな看板が。



やはり諏訪大社と一体の寺があったのですね。明治維新後にはその寺は解体されたのでしょうね。

車に戻り、杖突峠経由の帰り道をナビに入れます。でもDVDを認識しません。数回トライしましたがダメです。

やはり、御朱印料にケチつけた祟りですかね。

杖突峠はFBMの時に通って知っていますので、まあナビなしでいいと帰路につきます。

伊那にでて国道153号で南進しようかと思ったのですが、確か山側に広域農道があったはずと、山側に進みます。

やはりありました。

飯田からは、19号に出ようと携帯のGoogle Mapで道を確認します。
道路標識は、県道8号にて南木曽と出てきます。Google Mapではもう少し南から国道256号があります。

きっと3桁でも国道の方がいいのではと256をチョイスしました。

初めての昼神温泉を通過して進みます。昼神温泉を抜けてからは、またも先行車無し。突然のSS3スタートです。

いやあ、楽しかった。道も狭くなく、快適なドライビングができました。

わりと早く19号の交差点に。
そこからは、いつもの土岐で中央道に乗って、少し早いこともあって小牧東でおりて自宅に帰りました。

あ〜、ナビどうしようかな。
Posted at 2017/06/17 19:24:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | レガシィBE | 日記
2017年06月16日 イイね!

2017 戸隠、奥志賀、信濃追分、諏訪大社 Part 2


戸隠から奥志賀に向かいます。まあ、この区間はリエゾンですね。(笑)

登り慣れた志賀草津ルートを登ります。(今回のSS2)
ホワイトシーズンは、それなりに雪がついていたり、凍っていたりするので、なかなかスロットルを開けれませんが、このシーズンは心置きなく踏めます。

SS2もフェイスブックに書いたのを引用します。

-----------------------------------------------------------------------

SS1で至福の時を過ごして、戸隠のいつものそばを食べてからSS2へ。

C5を入手して以来、ドライシーズンはレガシィ(BE)でなくC5で志賀草津ルートを走ってた。

今回久しぶりのBEでのヒルクライム。

タイヤは3シーズン使ったヨコハマの冬タイヤをそのまま夏で使っている。
今年の冬はこのタイヤで戸隠、志賀で何回後続車に”先に行って”と言ったことか。冬シーズン始めから低グリップ。今年の雪道のアベはかなり低かった。

当然ドライシーズンでも、冬タイヤの常でグリップは低い。

SS1の低速コーナーではそのプアなグリップが幸いして適当にリアがブレークしてくれた。

でもここは中速コーナーばかりで、フロントのグリップが心もとなく、フロントタイヤから”いけませんノティス”連発。

そうしてると、上からパトバンが。反射的に”悪いことしてません”とつぶやきすれ違う。

またまたラッキーに先行車が無い。

もうすぐサンバレーという時に、オリンピック道路の登坂車線で長野ナンバーの軽に道を譲ってもらってから右足はスロットルパダルから離れていないことに気づく。ならばこのまま一度もブレーキを踏まずに奥志賀まで行けないかと思い始める。

サンバレー前の左直角も2速へ落としてブレーキ踏まずに通過。
結局、ヤケビ1ゴン前の右直角、奥志賀ゴンドラ前の下り、最後のヘアピンもシフトダウンで通過でき、一度もブレーキを踏まずにフェニックスに到着。

ちゃんとグリップ走行で。

こんなに気持ちよく走れるならもっと早くビルのオーバーホールしときゃ良かったと後悔。

-----------------------------------------------------------------------

やはりこの道路はアベがあがります。その気で踏んでるとフロントのグリップが・・・・

気持ちよく奥志賀のホテルに到着です。
そしてここが今日のパルクフェルメです。



風呂に入ってからの夕食。(食い意地がはっていまして、数枚しか写真がありません)

ワインはドルチェットです。



イタリアンのディナーで、写真はデザートに。
私はアイスクリーム2つとティラミス。かみさんのは忘れました。



このレストランは、デザート、コーヒーは隣のバーでもサーブしてくれるので、我が家はいつもバーでとっています。この日は、食事前にビールも飲んでいたので、デザート後の酒は飲みませんでした。

酔いもあり、部屋に帰ってすぐに寝ますので、翌朝は5時にはお目覚め。
AM5:00の奥志賀高原です。



このグリーンシーズンは、イタリアンと和食、中華が1日おきなので、朝食は和食になります。

スキーシーズンですと、オープンの7:30には数組のお客がいますが、この日は我々が一番乗り。めずらしいガラの写真を。



このホテルのオープン当初から泊まっていますが、まだ若いころは朝食も洋食でしたが、ここ数年は和食になっています。この和食は大好きになっています。これでこの日運転が無いなら、ビールを飲んでいますが。



朝食後、庭に流れる小川が気になって確認に行きました。



雪解け水が流れているとは想像してましたが、一年間通して水量があるとも思えませんので源流を探しました。

ありました。



下記写真の少し太くなっているところからポンプアップして、オーバーする量の時はそのまま下に流れ、もともとあった水路(川と言えないくらいのもの)で沢に流れるようです。



この小川はホテル建設の時に作ったということでした。

ホテルをでます。

この日は、渋峠の知人を訪ね、その後、テレビ(信濃のコロンボ)で見た、軽井沢の信濃追分を見て、松本に入ることにしてました。これもリエゾンですね。

横手山からの景色は薄い雲がかかってあまりよくありませんでした。まあ、北信五岳は冬に見慣れた景色なので、あえて横手の3線のリフトに乗ることもなく渋峠に。



渋峠のリフト乗り場にはまだ雪が。



渋峠ホテルの2匹の犬(インディとマーカス)も元気でした。



テレビでは軽井沢の”大学村”ってのもでてましたので、とりあえずそれを探しに。ただの別荘地(北軽井沢)だったので、な〜んだってことで。

信濃追分分去れに車が停めれるか心配だったのですが、トイメンに廃業したガソリンスタンドがあったので、そこに停めさせていただきました。



北国街道、善光寺道(中仙道)の交差点でした。TV番組で言わなかったら知らなかったところです。
最近は時間があるので、信濃コロンボとか、科捜研の女のような京都もので、長野、京都のオタッキーな観光スポット、食べ物屋の情報が仕入れられてラッキーです。

帰ろうとしたら何やら看板が。



では行ってみると、



おまけの発見でした。

松本にはPM3:00前に着きました。ホテルのチェックインはそのPM3:00からなので、どっかで時間を潰そうと考えていました。

松本アルプス公園に行くことにしました。
実は、中央道の松本IC付近で東の丘にトーテムポールのようなものがずっと気になってました。
下記の写真がそれでした。



展望台と下層階は博物館になっていました。展望台は無料でした。
高さがさほど高くないので、鹿島槍も見えることになってましたが、はっきりは見えませんでした。まあこんなもんでしょう。

本日のパルクフェルメは、松本東急REIホテルです。
このホテルは、スキーの時、前日に泊まっています。定年前は、地元をPM6:00に出発すると、戸隠、志賀の宿に着くのはPM10:00くらいになってしまい、食事ができることもなく、中途半端になります。
でも松本ならPM8:00〜9:00に着けるので、松本ならまだ飯屋、飲み屋はOKです。このため、この10年くらいは初日に松本で、翌日スキー場に移動ということをやってました。

その松本東急REIホテルは、9/12を持って東急の直接の経営は無くなり、地元企業に売却されることになってしまいました。松本でのホテルはこのホテルしか知りません。食べ物屋さんはやっといいところを探せたのに大変残念なことになってしまいました。

ホテルのスタッフも多くの方に覚えていただき、大変居心地が良かったです。
特に立体駐車場の係りの方には早くから顔を覚えていただいたので、朝6:30に朝食を食べ、7:00くらいには駐車場に来ると分かってみえますので、それくらいの時間には私の車を一番下の空車の隣に待機させていただいていました。行けばすぐに車がきます。

次の経営する企業も知っていますが、多分今よりは価格が高くなるとのことです。そうなると使えなくなるなあ。悲しいですね。

(Part 3へ)
Posted at 2017/06/16 18:53:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | レガシィBE | 日記

プロフィール

「かなり迷っています。 http://cvw.jp/b/1377780/40041169/
何シテル?   07/05 12:48
ロンバードです。 (2017年2月22日にニックネーム変更しました) 前に1988年CX GTI SeriⅡに乗っていました。黒のVISA GTも所有し...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
2012年2月25日に納車(引き取り)されました。
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
12万Km超えました。でも今のレガシィーはデカすぎて・・・。この1~2年でサスはじめター ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.