• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ERUMAのブログ一覧

2014年07月28日 イイね!

「名鉄フェリーに乗っておこう」ツアー (後編) ※写真多いですm(__)m

「名鉄フェリーに乗っておこう」ツアー (後編) ※写真多いですm(__)m フェリーターミナルで鳥羽行きの伊勢湾フェリーの時刻表を確認したら、次は 13時40分、その次は 15時10分。

15時10分に乗るつもりで切符を買おうとすると、《並んだ順に乗船》で予約不可とのこと。

乗せてもらえないとその後が遅くなるので、
「今日、15時10分に乗れないって事ありそうですかね?」
と訊いてみたら、
「平日ですし、よほどのイレギュラーがない限り乗れないなんて事は無いですよ」
と笑って教えてくれました。
※それはそれでどうなのかと思いますけど...(汗)

まずは伊良湖岬灯台の入り口前にある駐車場に車を止めて、昼食です。

7~8軒並んでいるお店があって土産(貝やメロン)や食事を提供しているので、出ているメニューを順番に見ていき、向かって一番右にある『はまゆう』で食べることにしました。

ここは、先日訪れた際に母がハイビスカスの鉢植えを買ったお店でもあります。

頼んだのはコレ。

刺身定食(\1,500-) と単品メニューの焼アサリ(\500-) です。

刺身はヒラメ、エビ、ホタテに加えてイカも少し入っていました。

焼きアサリは美味しかったけど、ちょっと火を通し過ぎで、一番美味しいところを少し通り過ぎてしまっていたのが惜しかった。(^_^;

味噌汁は良い出汁が出ていて美味しかったです。

デザートに付いているメロンには期待していなかったですが、予想以上に甘くて激ウマ♪(^^)

満足したら眠くなってきましたが(笑)、伊良湖岬灯台を見に行きました。

お店の列沿いに歩いて行ったので、岬の上にある交通管制センターへの登り道の途中から海沿いに降りるルートとなってしまい、ちょっと遠回り&運動量多め。



景色は素晴らしいですが逆光...(>_<)

通り過ぎて振り返ってみたらこんな感じです。


本当はもっと画に海を入れたいのですが、雲が多くて...(^^;)

それにしても、


狭い海峡を大型船が次々と通っていきます。(凄)
※上の写真は久々に持ち出した DP-2Xで撮ったもの。他のカメラと発色違いすぎて困るです(^_^;

背後を見上げると

交通管制センターの建物が。

う~ん、上の方は雲もなくて青空がきれいなのですけどね~(^_^;

帽子を忘れたので日干しになりそうで(笑)撤収開始、今度は海沿いの遊歩道で駐車場まで戻っていきました。


小さくてかわいい紫の花が一杯咲いていて、ラッキーでした。(^^)
奥に崖の上に見えているのが伊良湖ビューホテルですね。


これは《ハマゴウ》という草(?)の花で、黒潮で種が運ばれてきて自生しているらしいです。

さっき昼食を食べた《はまゆう》にて、大アサリと岩ガキを土産に買って港に戻ると 14時半過ぎ。

まだ乗船待ちの列は短かったですが、A3 を列につけて停め、のどが渇いたのでターミナル(道の駅)内でジュースを飲んだり、ぶらぶら歩いたりして時間待ち。(^^;

出発20分前に車を見に行ったら、乗船待ち列は結構長くなっていました。(汗)

時刻表ぎりぎりだとちょっとドキドキだったかもですね。

乗船のアナウンスがあったので

レッツらゴーです。(^^)

伊良湖岬灯台で帽子もなしに外を歩き回って熱中症気味になったのか、のどの渇きが止まらないので

船内の売店でかき氷を注文(^^;

頭が「キ~ン」となりながら、ようやくのどの渇きが収まりました。(笑)

デッキに出てみると雲も少なくなっていて天気が良いです。(^^)


この船は、エキストラ払うと利用できる特別室があります。

中部人の習性で(笑)エキストラ払うの勿体ないと思ってしまったので断念しましたが、眺め良さそうなので、せっかくだから入ってみたかったなぁ、とチト後悔してます。(^^)

途中でまた LNGタンカー発見

このタンクカバーの形、まさか..!?と思って撮った写真を拡大してみたらやっぱり!

「泉州丸」という、かなり初期の LNG船です。

ググってみたら今年でなんと船齢30年!つうか未だ現役だったのか!(^_^;
※初期の船はコストかけてるからな~(>_<)

1時間弱で鳥羽港に到着。

上陸したところは鳥羽水族館の裏です。(笑)

この時点で 16時14分。

ということは、津を通過するのが約1時間後

ってことは?

せっかく平日の休みなのに、津のどうしようもない帰宅ラッシュ渋滞にどっぷりはまって帰ることになりました...orz(x_x)

ちょっと詰めが甘かったけど、ノープランで出かけたにしては結構楽しめましたので、まあ概ね良しとします。(^^;

Posted at 2014/08/14 07:14:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | レジャー・お出かけ | 日記
2014年07月28日 イイね!

「名鉄フェリーに乗っておこう」ツアー (前編) ※写真多いですm(__)m

「名鉄フェリーに乗っておこう」ツアー (前編) ※写真多いですm(__)mタイトルを「今でしょ」にするのは思いとどまりました。(^_^;

師崎と伊良湖岬を結ぶ名鉄のカーフェリー今年の9月いっぱいで廃止になるという残念なニュースを聞いたので、「乗っておかねばなるまい」と、比較的ノープランで(^^;) 出発しました。

本当は先日の伊良湖ビューホテル行きのコースに組み込む目論見だったのですが、父が「勿体ない」と言い出したため断念したので、リベンジともいえますね。(笑)

途中まではセントレアに行く道と同じで、伊勢湾岸道を東海IC で降りて R247 をひたすら走っていきます。

セントレアに向かう道の交差点も過ぎてさらに南下していくと、途中でふと海が近くに見えたので、丘を下ったところにある交差点で右折、海辺に行くことの出来る道を探してちょっと彷徨ったら、

こんな見晴らしの良い場所にたどり着きました。♪(^^)

真正面にはセントレア!

小さな河口というか用水路の終点で海岸とつながっている防波堤の上で、常滑マリーナが脇にあります。

レンズを 300mm に交換すると

飛行機も結構見えます(^^)

ちょっと撮り空していこうと思って待ち構えましたが...

セントレアってば飛行機全然飛ばないっす...orz

目の前の波打ち際にいる鳥たちを狙ってみるも、身軽さ重視で持ってきたミラーレスの PENTAX K-01 は実用にならなくらいピントが遅いので、飛んでいる鳥の動きにピントが全く追いつかず...(T_T)
ボディは K-5 を持ってくるべきだったなぁ...(x_x)


沖合には LNGタンカーが行き交っています。

4つ玉でこの姿、私が以前勤めていた会社が私の入社より前に造った船ですね。


5つ玉でこの姿とこの色!
私が駆け出しの頃に基本設計で少し関わった船です。(^^)

お客さんと塗装仕様の打ち合わせをしているとき、私が塗料メーカーの色見本を片手に昼休みに銀座の伊東屋にひとっ走りして近い色のカラートーンを買ってきて、外観図に色を付けて提示したら大受けだったのが懐かしいです。(笑)
そのままの色がこうして目の前を悠然と進んでいくのは感慨深いです。(^^)

そうこうしているうちにやっと飛行機が...(^^;


先は長いので道草はこの辺にして再出発。


R247に戻らず、海沿いの道をのんびり走っていきました。

出会う車も全くといってよいほどおらず、プチ「遠くに来た」感を味わえました。(^^;

途中でちょっと気になるお店があったので、Uターン。

カフェかと思ったら、なんとパン屋さんでした。(^^;

「sya-na」と書いてあるのでシャーナと読むのかと思っていましたが、帰宅してからググってみたら《セシャーナ》と読むようです。

店舗は写真左の赤い小さな部分だけの小さなお店です。

おねーさん一人で切り盛りしているみたい。がんばってね~

ちょうど小腹が空いていたので、《ハムぱん》と自販機の缶コーヒーを買って再スタート。


イイ感じに海が見えてきました♪(^^)

時折、セントレアに向かう飛行機がビックリするくらい近くて低いところを飛んでいきます。

きれいに整備されたところがあったので一寸立ち寄ってみました。
坂井海岸という場所のようです。


ここも景色が良いですね~(^^)
ここからこの先が海水浴場になっていますが、平日の午前中ということもあって、あまり人は居ません。
程良い風も吹いていて、とても心地良いです。

《ここで昼寝ツアー》に切り替えたい衝動に駆られました。(笑)

でもって、やはりセントレアが見えます。
ちょっと待ってみましたが、着陸便が 2回来ました。

距離が遠いので、K-01 のダメダメ激遅オートフォーカスがピントすらろくに合わせられず、かつ、手持ちで角度があるので手振れもあって、あまりパッとする画は撮れず...(x_x)


いよいよ寄り道し過ぎな気がしたので(^^;)、師崎港を目指します。

せっかくだから師崎で昼食を食べていこうかと思っていましたが、フェリーターミナルの駐車場は満車、立体駐車場も入庫待ちの列が出来ています。

寄り道が過ぎたのか、

12時05分発の船が来てしまいました。(^^;

車を乗船待ちの列に並べて切符を買いに走り、

レッツらゴーです。(^^)

乗用車は 10台くらい? バスも4台は並んでいましたが、アレ全部乗ったのかな?

平日の昼間ならこんなモノなのでは?と思っていましたが、

客室はやっぱ寂しいです。(^_^;

左前方と右前方に特別室があるようで、左の部屋は写真展示などで解放されていました。


右は有料の貸し切りのようです。


ところで...

何?この微妙な萌えキャラたち...(^_^;

天気が良いのでデッキに出てみました。

ぬわ!? 手摺りがステンレス製!仕様高いな~(>_<)

仕事柄、つい細かいところに目が行ってしまうワタシ...(苦笑)

海も穏やかだし、空も晴れていて、とても心地よいです♪(^^)





もっとデッキでまったりしたかったですが、45分くらいで到着。

伊良湖岬に上陸です。

ベタですが、この「トンエルを抜けるとそこは...」的なワクワク感が私はなんとなく好きです(^^;


フェリーターミナルは、道の駅にもなっています。
写真向かって右側が師崎港行き名鉄フェリーの乗り場、左側が鳥羽港行きの伊勢湾フェリーの乗り場です。

上の階は大きな展望レストランだったみたいですが、今は使われておらず、団体客の食事のみを提供しているみたいです。

ターミナルというか道の駅から、今乗ってきた名鉄フェリーを見ることが出来ました。


見納めかと思うと何だか寂しいですね。(;_;)

※後編に続きます。m(__)m
Posted at 2014/08/12 00:13:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | レジャー・お出かけ | 日記
2014年07月14日 イイね!

伊良湖岬行き 2日目 ※写真多いです

伊良湖岬行き 2日目 ※写真多いです朝起きたら、雲というか靄(ガス?)で視界は白く濁っていました。(^_^;

ここはホテル屋上が展望台になっているので、カメラを持って上がってみました。

テレビの天気予報などで出てくる伊良湖岬の景色は、ここに設置されたカメラからの映像とのことです。

最初は視界が 2~3mしかなく、自分の足下は見えますがちょっと周囲が心配な感じでしたが、靄が絶え間なく動いていて、少しずつ景色が見えるようになってきました。


目の前にある神島に靄がかかり、流れていきます。

まるで、神島自身が船か何かで、靄の海を悠然と進んでいるような不思議な感じです。


靄の中を進んでゆく船も加わり、やはり流れているのが靄の方だと再認識。

自然のスケールの大きさを感じるというか、ちょっと神秘的な感じがして、しばし見とれていました。(^^)


ディテールが見えるようになってきたのでレンズを 300mm に交換してみました。(^^;
人工物が見えると、ああ、人の暮らしている島なんだなぁと実感。

先ほどの悠然と流れてゆく靄に埋もれている景色と同じ場所というのがちょっと信じられない感じです。
島に住んでいる人はどんな感じ方をしているのでしょうね。(^^;


明るくなったので広角ズームに変更。
父の晴れ男パワーのおかげでしょうか。(笑)

ホテルの屋上には、鳩が何羽か止まっていました。

公園などで見かける、飽食&運動不足で離陸も怪しいくらい丸くなった鳩とはまるで別物で、鳩ではなく別の鳥かと疑ったくらいです。(^_^;


近くで見るとやっぱり鳩みたい。(^^;
伊良湖岬の強風の中で空を飛んで生活しているからか、見事なまでに細くて精悍なボディです。(笑)


岬沿いの道は良い感じですね(^^)
晴れた日だとさぞ気分良いドライブになるでしょう。

期待できそうだったので伊良湖岬灯台を見ていく予定でしたが、チェックアウトするころに天気が急変、雨が降ってきました。(>_<)

灯台入り口にある駐車場前に並ぶ土産物屋さんというかアサリ焼き食堂の一角で鉢植えの花を売っているお店があったので、そこで母がハイビスカスの鉢植えを買いましたが、雨脚が強まって土砂降りになったので他の店を見るとかは出来ず、すぐに立ち去りました。
※朝食食べたばかりなので大あさり焼き食べるわけにもいかないのが残念。(苦笑)

特に観光地とかも無さそうなので、途中の道の駅でちょっと休憩した以外はまっすぐに四日市まで戻ってきました。

ちょうど昼食時だったので、R23沿いにある《まぐろレストラン 大遠会館》に立ち寄りました。

R23からはこんな風に見えます。(これは名古屋方面向き車線からの撮影)
堤防の向こう側で、普通の人はわざわざ中に入ろうとは思いもしないところにあります。(^^;


正直、建物も古くてきれいではありませんし、中も合宿所の食堂か何かみたいな雰囲気です。(苦笑)

大遠冷蔵という、遠洋漁業で獲ってくる冷凍まぐろの保管施設を運営している会社がやっているところで、どちらかというと船員さんやトラックの運転手さん御用達のお店ですが、普通の人も入れます。
※初めて入るには度胸要りますけど。(^^;)

上品さのかけらもありませんが、ボリュームはあります。(笑)

私はともかく、母はドン引きっぽいのですが、父がこういうお店好きなので強引に決定されてしまいました。(苦笑)

入り口を入るとこんな感じで主にまぐろメインのメニューが並んでいます。






父は中トロ定食


母はエビフライ定食

※量が多いので母には食べきれませんでした。(^^;

私は漁師丼

漁師丼はけっこうイケました。美味しかったです。(^^)
機会があればまた食べます。(^^)

冷蔵庫の運用会社が母体ということで、こんなのも売ってます。



お土産(?)にかにを買って帰りました。(^^)

もう市内なので、ここから 30分ほど走って無事帰宅しました。

宿は残念でしたが、丈山苑が良かったのでまあ、概ね良かったということで。(^^;
Posted at 2014/08/04 19:58:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | レジャー・お出かけ | 日記
2014年07月13日 イイね!

伊良湖ビューホテル

伊良湖ビューホテルまさに断崖の上に立っている感じというか、「いや、普通ここには灯台を建てるべきだろう?」というポジションに立地しています。(^_^;

チェックインしたら大きなトラブル発生。

割り当てられた部屋はいきなりヤニ臭い!(T_T)

というか、フロア丸ごと喫煙部屋だとぉ!?

フロントに部屋を変えてくれと文句を言ったら、「格安でご提供しているので禁煙室へのチェンジは出来ません」だと!?

旧館建物になるとか、下層階になるとか、オーシャンビューでないとかなら「格安でのご提供だからご勘弁願います」も通用しないこともありませんが、タバコは健康に関わる大問題でしょう?
タバコの臭いがするだけで気分が悪くなる人はたくさん居るのですが?

というか、今時喫煙部屋があるっていうのはホテルの品格としてどうなのよソレ?

予約を受けるときに「喫煙室ですがよろしいですか?」と確認を求めるべきだと思います。

最初から稼働率悪いタバコ部屋を埋めるための確信犯的企画だったと言われても仕方無いと思うね。(-_-メ)

「消臭スプレー置いてあるから使ってくれ」っていうけど、喫煙部屋なのに専用のホルダーまで用意してファブリーズ置いてあるのは確信犯であるのを認めたようなものだと思うな。(-_-)

予約が一杯だからエキストラ払っても禁煙部屋は無いとのことなので引き下がりましたが、
はるばる3時間運転してお金払って不愉快にさせられに来たわけじゃ無いぞ?


ホテルの売りの一つ、海の見える展望露天風呂は確かに素晴らしい景色でしたが、お湯がぬるすぎて風邪引きそうなのであまり長居できず...(^_^;

部屋からの景色も確かに素晴らしいです。
※ガラスが汚れているのが残念ですけど...(>_<)

デジイチと三脚持っていきましたが、天気がイマイチで、きれいな夕景はゲットできず。(>_<)



夕食はバイキングというかビュッフェです。

品数もそれなりにありますし、料理が並ぶカウンター(?)にはスタッフもたくさん居て会場も広いです。




定年退職前は旅行社で仕事をしていた父が、
「伊良湖ビューホテルのバイキングは内容良かったぞ」
と言ったので母がこの夕食ビュッフェ付き宿泊パックに申し込んだわけですが、...












質はどこにでもある安宿の食べ放題ビュッフェと大して変わらないレベルにまで落ちていました。(T_T)

たとえば、《石窯焼きピザ》で、実際に石窯で焼いたピザや料理を出しています。

※写真右側の黒いポロシャツを着た男性越しにちらっと見えているレンガっぽいのが稼働中の石窯です。


が、並んでいる客の目の前で業務用のピザの封を切って石窯に入れる無神経さはいかがなものかと....
※確かに石窯で焼いてはいるので嘘は言っていませんが... ねぇ?(--;

スクランブルエッグも、母の目の前で業務用ビニールバッグの封を切って、そのビニール袋からジャバジャバと直接器に入れていたそうです。

なんだかな~ (--;

腹が立つとかいうのを通り越して、「伊良湖ビューホテルよ、おまえも墜ちたものよのう...」と残念な気分です。
Posted at 2014/08/04 18:06:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | レジャー・お出かけ | 日記
2014年07月13日 イイね!

伊良湖岬行き 初日 ※写真多いです

伊良湖岬行き 初日 ※写真多いです母が、新聞の広告に載っていた伊良湖ビューホテルの格安宿泊パックに申し込んだので、ドライブがてら行ってきました。

じつはこのところ A3 が不調で、エンジンの吹けが悪く、燃費も異常に悪いので、オーリスで行くことも考えましたが、やはりドライブするなら自分の車で行きたいので A3 で出発しました。(^^;

まずはコメダ珈琲の刈谷恩田店で朝食(^^;
父がネットでルート上のコメダを探して見つけたのですが、前月にオープンしたばかりの明るくてきれいなお店でした。ラッキー♪

私のお気に入りメニューのミックストースト(^^)

父が吉浜人形で展示されている人形を見てみたいというので、まずはそこに向かいました。

以前は人形美術館があって有料で展示されていたのですが、数年前に閉館し、今はその一部が本社ビル6F で無料公開されているとのことです。

しかし...

なんと、休みでした。(^_^;
前日は開館していたらしいというのが何とも残念...(^^;

しかしまあ...

本社ビルも大分くたびれた感じがして、何だか寂しいですね

私が子供の頃は吉浜人形といえば TVCM がしょっちゅう流れていて、すごく勢いのある会社というイメージがあったのですけど...
がんばって欲しいものです。(>_<)

吉浜人形の道向かいに、高浜茶屋吉貴という立派だけど謎な建物が。(^^;

上の階では、等身大の人形で再現された歌舞伎小屋の客席と舞台が再現されていて、機械仕掛けでのシーンいくつかがテープ音声と共に再現されます。(\500-)

茶屋、という割には喫茶メニューに力を入れているわけでも無く、とりあえず無料でお茶を出してくれましたし、土産物屋さん的な感じなのでしょうか?

せっかくだから上の階の人形歌舞伎を見せてもらいました。

落語のまねをしてふざけている父と椅子席の母以外は、みんな人形です。(^_^;




舞台向かい側の天井にも機械仕掛けの人形が!

駐車場も広く、建物にも展示にもやたらお金がかかっていて、それでいて客入りは皆無同然なのに10年以上存続しているようです。
なんか税金臭がそこはかとなく漂っているような気が...(--;
※だいたいこんなものを吉浜人形本社の真向かいに建てようとしたら吉浜人形が黙っているわけありませんし、まともな商道徳のある銀行だったらお金を貸すはずがありませんよねぇ...


なんだか微妙なというか複雑な気分で次の目的地に向かいました。

歴史好きの父が是非行ってみたいとリクエストした、丈山苑です。
静かでなかなか風情があり、良い場所でした。



外側にある庭園もよく考えられていて、うまく敷地を使って建物の中からは殆ど見えないように造られています。
※注:蚊が多かったです。


なんか俳句の一つも詠みたくなりそうな?(笑)


建物の中に戻って、お茶とお菓子をいただきました。

満足して、後はひたすら伊良湖を目指します。
Posted at 2014/08/04 16:59:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | レジャー・お出かけ | 日記

プロフィール

「どうしてこうなった...!?(汗) http://cvw.jp/b/138092/39929513/
何シテル?   06/12 23:53
アウディ A3 Sportback 1.4 TFSI に乗っています。 3台続けて乗ったスバル車から乗り換えました。 車の志向は快適さを目指したいと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

再び富士山 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/24 22:02:05
雲はお好き? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 13:45:06
AN ANECDOTE 
カテゴリ:知り合いのサイト
2011/01/12 23:50:42
 

お友達

アウディ A3 乗りの方、ランカスター・アウトバック乗りの方も、そうじゃない方も、よろしくお願いします。
124 人のお友達がいます
takajun.nettakajun.net * nasubinasubi *
ピロリンちゃんピロリンちゃん * セブンM4セブンM4
SENTRASENTRA ろきろき

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

アウディ A3 てとら2 (アウディ A3)
今回もまた A3 Sport back を選んでしまいました。 私にとってちょうど良い ...
アウディ A3 てとら (アウディ A3)
2台目の A3 1.4TFSI です。(2011年モデル) 色はスクーバブルーです。 ...
アウディ A3 ゼルベリオス (アウディ A3)
初の外車です。(^^; BG5 ワゴンTS-R → BHEランカスター → BP9アウト ...
トヨタ オーリス トヨタ オーリス
平成19年7月に購入。父の車です。 作業の覚書用に登録。 父は以前クレスタに乗ってい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.