車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
2017/1/21 TRACK STANCE

 スピードハンターズを見ていたところ、上の動画を発見。スタンス・マガジンのカバーカーを紹介していて、この号にて題材にされていたテーマはTRACK STANCE。走るためのセッティングを決めた上で、美しく見せるローダウンをした車両。

 こういうテーマのTRACK STANCEって時々見るけど、ググってもあまりそれらしいページは出て来ない。今の段階ではまだ定着してない言葉なのだろうけど、自分にとって好きなジャンルなのでもっと流行ってほしい。
Posted at 2017/01/21 22:46:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年01月20日 イイね!
東京オートサロン2017レポート その7「東京オートサロン2017」についての記事

※この記事は東京オートサロン2017について書いています。

 トップ画像はサバンナ。



 角目のサニトラ。このタイプのサニトラは昔、地元でよく見た気がする。




 メッキ塗装されたエアクリのボックスが目立つ。




 昔のキャブ車はこんな感じにエアクリボックスから吸気の筒が飛び出ているけど、エンジンの熱の影響は受けないのだろうか。シビックの場合、途中から筒が伸びて、5代目ではフェンダーの中に繋がるようになるけど、これくらい短いほうがレスポンス自体は良くなるのだろうか。




 こうへんぺーなカマロ。




 分厚いタイヤいいね。




 初代6シリーズ?




 わりと今風なホイールだけどメッシュ系を選んでいるせいか、旧車でも違和感がない。




 多分、会場で一番派手な初代Z。




 吸気にはファンネルが付けられ、バッテリーもパナソニックのカオスに変更。赤いプラグコードが目につくけど、最近の車はプラグコードが隠れる場合が多いから、旧車らしいアクセントの付け方になるのかもしれない。




 外見はレース仕様だけど、意外と内装は残っている。




 リアウィンドウを小さい形状に変更。軽量化や剛性アップに貢献していそう。




 トライアンフのカニ目ちゃん。




 セリカのラリーカーが集結。




 気になるのは足回り。3代目はオーバーフェンダーに対して、タイヤは奥まっている。




 FFベースになった4代目からはフェンダーとタイヤがツライチ。ちなみに3台の中で一番タイヤが大きいのはこのセリカ。




 5代目。気持ちタイヤの外径が小さくなった以外は、オフセット等は変わっていない様子。




 そしてC-HR。ニュル仕様もなかなか似合っている。




 かなり大きなリアウィング。




 柱で隠れてしまったチャージャー。




 キャルルック仕様のニュービートル。




 この車ってばFFのゴルフをベースに、RRだった初代ビートルをデザインを落とし込んだから、ダッシュボードの奥行きがかなり長くなっている。そのスペースにアンプを設置するのは斬新。




 FFになろうと、ポップなデザインのビートルはキャルルックが良く似合う。




 ここにも初代Zが集まっている。




 フロントスポイラーを付けている以外はノーマル風。




 中身はドンガラ。




 西部警察で有名なR30型スカイライン。フェンダーミラー仕様はレア?




 直4、NAのRS仕様。




 シートを変えている以外はノーマルな内装。




 今年は全体的に日産の旧車が充実していたような気がする。




 あと会場で手に入れた戦利品。去年から欲しかったスピードハンターズのパーカーと、そのついでにおまけとしてもらえたキーホルダー。あと通販で買おうと思っていた初代シビックのムック本。




 他にもパンフレットをいくつかもらってきたけど、ACGマガジンに去年のオートサロンに出ていたセドリックを発見。基本、ノーマルなストック系のカスタムに憧れる。

 とりあえず、今年のオートサロンは写真がたくさん撮れたけど、写真のクオリティーも調べもお粗末になってしまったことに反省。次回はもっと車両をしぼっていったほうがいいのかもしれない。
Posted at 2017/01/21 01:32:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | お出かけ写真 | タイアップ企画用
2017年01月19日 イイね!
東京オートサロン2017レポート その6「東京オートサロン2017」についての記事

※この記事は東京オートサロン2017について書いています。

 トップの画像はフェラーリF40。F40なんて、光が丘のNSX専門店くらいでしか見たことがない。




 全く違和感はないけれど、ホイールはそこのブースのメーカーのものに変更されていた。旧車のイメージを壊さないホイール選びは大事。




 F40といえば、ターボアウトラン。




 jじゃじゃ馬で有名なすんごいエンジン。昔はこの車のキーホルダーを持ってたな。




 シルビア ヴァリエッタの後席。かなりの希少車だから、普段はなかなか見れないところ。




 無限のコンセプトカー。S660がベース。




 昔のコンセプトカーで似たようなテールを見たことがあった気がするけど、何だったか……。




 今年、日本で復活するという新型シビック。




 でかいと言われるけど、アクセラとサイズは変わらなさそう。日産のラティオ生産終了してしまったし、次期カローラもアリオン、プレミオと統合されて3ナンバーになるとか。




 EG3乗りとして、やっぱりいちばん気になるのはハッチバック。展示されている新型シビックの中でも、一番目立つ中央に置かれていた。




 ダミーダクトが大げさ過ぎる気はするけど、ソリッドな雰囲気が好き。




 今度のTYPE Rもハッチバックがベース。先代には無かったエアスクープ付き。




 3台の中でも、ここが一番人だかりが出来ていた。今回は限定車ではないらしいけど、値段はどうなるのだろうか。




 同じくホンダのブースから新型NSX。




 カーボンカバーで覆われたエンジン。ミッドシップスーパーカーとしてはF40と同じだけど、年代が30年近く離れているとエンジンの見せ方も変わってくる。




 あまり見ない形のワイパーだ。最近の車はみんなこんな形だったっけ?




 派手なオバフェンの付いた新型プリウス。リアドアはちゃんと開くみたいだ。




 最近はこのタイプのオバフェンがかなり流行ってきている。オバフェンというと70年代のアーチ系、80年代のブリスター系のあとはそれほど見かけなくなったけれど、スタンス系の流行りもあって、今の車に合うデザインが確立されれば人気が復活してくるのね。




 かなりストレッチされたヴェルファイア。




 ぱっと見、普通のミニ クラブマンに見えるけど、中身はプロボックス。




 ガッツリ、フルエアロなスタリオン。




 ガンダムルックといえば90年代のギャランのことを言う場合が多いけれど、このスタリオンの角ばったデザインも当時のガンダムらしい雰囲気。




 わりとスタリオンはラリーのイメージが強いから、こういう方向性は珍しいのかも。




 GTウィングにはこういう使い方もあったのか。




 トランクスペースをアンプで埋め尽くしたマークⅡ。




 やっぱりオーディオカーを作るならワゴンをベースにしたい。




 顔は旧車でも、中身はキューブ。




 60セカンズのマスタング エレノア。




 PSガレージのものとは別物っぽい。




 車高を上げたプリウス。ある意味、C-HRに近いのかも。

 次回のその7で終わり。
Posted at 2017/01/20 00:29:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | お出かけ写真 | タイアップ企画用
2017年01月18日 イイね!
東京オートサロン2017レポート その5「東京オートサロン2017」についての記事

※この記事は東京オートサロン2017について書いています。

 トップはロケットバニーのエアロを組んだゴルフⅡ。




 中は運転席のフルバケとロールバーのみ。




 リアへの配線は、ランプ系しか残っていないようだ。




 車高を落としているせいか、後輪がホイールアーチに対して前進している。




 同じブースにあった3シリーズ ツーリング。気になる高扁平タイヤ。リアのドアはノブがないけれど開くのだろうか。




 フロントバンパーを外してビレットグリル化したZ。当時にライダーの設定があったらこんな感じ?




 ハコスカとの2ショット。




 メタリックなZ。




 当時はもっとソリッドな塗装しかなかったから、メタリック系は新鮮。




 逆にマットな塗装のR32。




 ピラーに溶接されたロールバー。




 塗装とリベットどめフェンダーが相まって、アーミーな感じに。




 ENDLESSのブースから、見たことないようなBMW。




 ややパールっぽい塗装。




 目立つ赤い内装。




 初代プリンス・スカイライン。これも実物を見るのは始めただと思う。




 リアウィンドウはスモークではなく、カーテンを付ける時代。




 初代パブリカ。昔の車ってカウルトップがないから、エンジンの搭載位置が前の方になりがちかも。




 同じENDLESSのブースだから、カラーリングを統一しているのかも。




 AE86。AE111の4AGに載せ替え済み?




 内装はほぼノーマル。




 本物のカーボンドア? カーボンドアが車検に通せるのか気になる。




 軽企画のスーパーセブン。




 普通サイズのスーパーセブンより計器が少なめ。ステアリングはやや大きくなっている? 普通のセブンより乗り降りしづらいかも。




 リアは通常サイズのスペアタイヤ付き。オーバーハングの影響は大きそう。




 トランクルームをホイールとサスで装飾。ホイールの中にウーファーがあるかと思ったらないらしい。




 クスコのブースの86。なかなか見れない車体の裏側。

 その6に続く。
Posted at 2017/01/18 23:32:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | お出かけ写真 | タイアップ企画用
2017年01月17日 イイね!
東京オートサロン2017レポート その4「東京オートサロン2017」についての記事

※この記事は東京オートサロン2017について書いています。

 トップ画像は初代フェアレディZ。今年はこの型のZも展示が多かった。




 初代エスティマ。今回は展示されていたエスティマはこの初代と2代目が1台ずつあるだけだったと思う。せっかく現行型もフェイスリフトしたばかりなんだから、もっとカスタムベースにしても良いような。




 リアのトランクオーディオはかなりパワー感があった。




 気になるホワイトレター車。TOYOタイヤはホワイトレター化されることが多いし、デフォで出してくれないだろうか。




 独特の光り方が眩しいヴェルファイア。模様は全て職人が彫ったものらしい。最近はスワロフスキーを前面に貼り付ける場合もあるけれど、それ以上に手間が掛かっている。




 こういう彫り物は、お寺などの装飾のようにとてつもない時間と労力を掛けられているなと思う。これも一つのJDM。




 エスクードパイクスピークを思わせるジムニー。




 もしかしてシエラベース? 別の車種のエンジンに載せ替えられているのかも。




 RE雨宮のFC。




 いつもの雨宮フェイスのFDかと思いきや、RX-8だった。




 ちょうど雨宮の社長さんがインタビューを受けているところで、人は多く集まっていた。




 RX-8でも、今のマツダの五角形グリルはよく似合う。




 最近のオートサロンでは貴重な、90年代のホンダのクーペ枠。スタンス系ではインテは人気車種のはずなのに……。




 M&M HONDAではなく、どちらかというとロケットバニー系のオーバーフェンダー。




 内装。窓がしまっていると、どうしても映り込みがひどくなってしまう。




 オバフェンはSolid&Joker製とのこと。日本のメーカーではないみたいだ。




 綺麗なZ。




 旧車でここまで艶が出ると、オーラがすごい。




 その1と同じエアロを付けたMR-S。




 リアは、ほぼカレラGT。




 ロケットバニーのブースの3シリーズ。




 これ、5ナンバーがついているけど、このオバフェン付けて5ナンバーサイズに収まるのだろうか。




 GT-Rではないハコスカ。




 内装。




 見た目はほぼノーマル。




 ナローボディーも、スッキリしていて潔い。




 オバフェンレスでなければ味わえないリアのホイールアーチ。スパッツがあると、アメ車のような大らかな感じに。

 その5に続く。
Posted at 2017/01/18 00:22:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
プロフィール
「土日ぐらいは簡易的でも更新。」
何シテル?   08/25 23:41
極端。 (おわり)
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビック ホンダ シビック
 自分がクルマ好きになる切っ掛けになった愛車。SOHCでノンVTEC、1300ccのキャ ...
トヨタ エスティマL トヨタ エスティマL
 家族の車。タウンエースの代わりにやってきたミニバンで、ほぼノーマル。消耗品を更新しつつ ...
トヨタ タウンエースワゴン トヨタ タウンエースワゴン
 生まれる以前からうちにいた家族の車。恐らく、1986年8月発売のスーパーエクストラ ホ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.