車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月04日 イイね!
2017/3/4 USDM FREAXが休刊amazonから注文に関するメールが来たと思ったら、USDM FREAXの新刊が入荷できなくなったとのこと。調べてみると、出版社のインターデザイン株式会社が倒産してしまったそうで、定期刊行誌としての発行を休止してしまったそうだ。バックナンバーは通販で販売してくれるそうだけど、新刊が出るのは厳しいのだろうか。

 USDM FREAXはいくつか兄弟誌? があって、ドイツ車のカスタムを中心としたEURO STEEZ、シビックオンリーのJUST CIVIXが発売されている。こちらはインターデザインではなく、キラジェンヌが出版していて、USDM FREAXもNo.3まではキラジェンヌで出版されていた。もしかすると、キラジェンヌで続きを出版してくれるかも?





 最近はネットや電子書籍の流行りもあって、カスタム系の雑誌も減ってきているのかもしれない。USDM MAGAZINEも4巻まで買っているけど、何年も続きが出ていないし。車関係の書籍自体が減りつつあるのだろうか。

 とりあえず、JUST CIVIXスタンス・マガジンの最新刊は買ったので、またブログに書きたいと思います。が、今はあまりまとまった時間がなく、JCCA ニューイヤーミーティングとChop Sticks Car Club Presents 17th Annual HOT ROD Razzle Dazzle、ノスタルジック2デイズの写真レポートが溜まっている状態。ナンバーの写真加工にどうしても時間がかかってしまうけど、近いうちには続きをアップしたいところ……。
Posted at 2017/03/05 01:12:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 書籍 | クルマ
2017年01月29日 イイね!
2017/1/29 2017 JCCA ニューイヤーミーティング その1ちょっと忙しかったので遅くなってしまったけれど、JCCA ニューイヤーミーティングの写真レポート。ナンバープレートは上段のみ消してありますが、問題等ありましたら連絡頂けますと助かります。

 午前中に出発して、到着したのは正午前。会場は以前行ったことのある30th Anniversary MQQNEYES Street Car Nationalsと同じ青海臨時駐車場。今回もシビックで来たけれど、前回とは違って父も同伴。



 イベント用に用意されていた駐車場はやはり長蛇の列。近くにあるダイバーシティ東京プラザの駐車場は並ばずに済んだので、こちらにシビックを置いてきた。4時間で2000円かかったけど、会場内はボリュームがあるので早めに入れて良かった。
 写真はお台場ガンダム。今年の3月の初めには展示が終了してしまうみたいだけど、どこかに移転するんだろうか。静岡にあるバンダイの工場とかで展示し続けてくれるといいのだけど……。




 最初に向かったエリアはいすゞと日野車が多く集まったエリア。今年のテーマカーはこの2社なので、会場内ではかなりの台数が集まっていた。




 写真は日野ルノー。ルノー公団から契約のもとノックダウンされていたらしい。かなり古いナンバーをしているので、たぶん当時物のナンバー。




 日野の2代目コンテッサ セダン。日野が唯一、自社開発した乗用車。全体的にフランス車っぽい雰囲気がある。




 レーシーな雰囲気のコンテッサ クーペ。




 コンテッサは初代も2代目もRR方式気。リアトランクには気合の入ったファインネルがついた1300ccのエンジンが収まっている。




 リアにエンジンを積むため、トランクにグリルがついている。




 ダッシュボードには木目。ミッションはリアからきているので、足元が広い。




 ボンネットについている丸いカバーは給油の蓋。




 かなりレース仕様な感じになっているから、レース用のタンクをボンネットに持ってきているのかと思ったけど、元からこの位置についているみたいだ。写真は別のコンテッサ。




 いすゞ ベレットのエンジン。




 セダンをベースに黒いボンネットの組み合わせ。ベレットって4眼以外もあったっけ?




 父が手前のベレットはタイプBだから、リアの足回りの構造が違うと言っていた。トランクの形状も変えられていている。




 タイプBのリアサスはリジットサス。




 普通のベレットはスイングアクスル。こちらの方がピーキーな挙動なため、リジットサス仕様も追加されたらしい。




 スイングアクスルのベレットは、車高を落とすとキャンバー角がつきやすい。ガッツリ落とさされたベレG等は、リアだけ極端なくらいに角度がついている車両が多かった。




 クラシカルなベレットが多め。




 ベレGといえば、やっぱりこのカラーリングのイメージ。




 写真ではわかりづらいけど、ややパールっぽい塗装になっていた。多分純正はソリッドな色味だと思うけれど、違和感ないくらいにパールを加えた塗装がみごと。




 同じベレGでも、タイヤの扁平率が違うと印象が変わる。




 ワタナベが収まるスパッツと、長く、低く、尻下がりな良いケツ。




 この頃の車は、前開きが多かった。




 レアな117クーペの前期型。丸いヘッドランプの前期型はハンドメイドで作られていて、値段もかなりしたらしい。




 いすゞ初の量産DOHCエンジン。




 こちらは後期型の117クーペ。個人的には各眼のほうが好き。




 トランザムのようなボンネットデカールがステキ。日野はフランス車っぽい雰囲気で、いすゞはどちらかというとアメ車を意識したデザインなのが対照的。




 いすゞのフローリアンの前期と後期。デザインが独特であまり売れなかったとは聞いたことがあったけれど、117クーペより現存数が少なくなってきているのでさらに貴重。

 その2に続く。
Posted at 2017/02/05 01:10:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車イベント | クルマ
2017年01月28日 イイね!
2017/1/28 2017 JCCA ニューイヤーミーティング 1/29は、青海臨時駐車場会場の2017 JCCA ニューイヤーミーティングを見てくる予定。1979年までに生産された車や、日本クラシックカー協会の認定車が展示される。

 車関係のイベントはモーターショウ、オートサロン、MQQNEYES Street Car Nationals、熱海 HISTORICA G.P.などに行ったことがあるけれど、このイベントは初。同じ日に富士スピードウェイでHKSのイベントもあるそうだけど、こちらの方が近いので手近な方から見てきます。

 イベント自体はすでに40年以上開催されているもので、今年のテーマカーはいすゞと日野車が選ばれている。昔父が乗っていたヒルマンミンクスとか見ることができそうなので期待。
Posted at 2017/01/29 05:04:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年01月27日 イイね!
2017/1/27 Civic USDM picture 35
















 最近、リバレルが気になっている。今はMR-5を履いているけど、2ピース構造だからやろうと思えばオフセットや幅も変えられる。

 フェンダーに無理なく納められるようにするためにMR-5を選んだけれど、今のスタンス系と比べればやや奥まってしまうのは気になるところ。馬力のないキャブエンジンのため、太くはしないほうが良さそうだけど、オフセットを外よりにする分には問題ないかも。

 車高調や足回りのセッティングが決まったら、ある程度のマージンを残しつつ、組み直してみるのもありかもしれない。




Posted at 2017/01/29 00:48:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | USDM picture | クルマ
2017年01月26日 イイね!
2017/1/26 ONKYO GRANBEAT DP-CMX1 発表オーディオメーカーのONKYOが、高級DAPに匹敵するオーディオ機能を持ったスマートフォンを発表した。

 少し前から発売すると聞いてはいたけれど、オーディオしか作っていなかったメーカーがスマートフォンを発売するのは異例なこと。

 自分は今までHTCのスマホを使い続けてきたけど、ONKYOから発売するとは……。普段からONKYOのPC(中身はソーテック)とアクティブスピーカーを使ってきているから気になる存在。





特徴。

・基本的なDAPとしての能力は同社のDP-X1Aとほぼ同じ。価格はDP-X1Aより一万円高いくらい。(ONKYO DIRECTにて)

・通信機器からのノイズ対策としてオーディオ用の基盤とスマホとしての機能の基盤とで別個にしている。

・DP-X1Aと同じく、バランス駆動の出力端子を搭載。多分スマホ初。通常のイヤホン端子はラインアウト出力もできる。

・液晶は5インチのフルHD。メモリは3GB。バッテリー容量は3,000mAh。1つ前のハイエンドモデルくらいのスペックはある。

・CPUはSnapdragon650。ミドルモデルではあるものの、グラフィック性能がやや劣る以外は前世代のハイエンドモデルのSnapdragon810と同等の性能。

・カメラはソニー製の1600万画素のレンズ。iPhonやエクスペリアで定評があるメーカーだから安心。

・内蔵ストレージは128GBとかなり大きい。microSDXCを使えばさらに256GB分増やせる。

・SIMカードはデュアル仕様。SIMフリーモデルだからmvnoなどの使い分けができる。ドコモ、ソフトバンク系のSIMは使えるが、auのSIMは使えないらしい。

・防水、防塵機能はない。ワンセグやおサイフケータイも多分ない。


 個人的に気になったところは上記の通り。現在、HTV31を使っている自分としてはいずれHTV32に機種変することも考えていたけれど、これもかなり良さそう。

 発売からもうすぐ1年立ちそうなHTV32は、すでにauのオンラインショップから消えている。買うなら今しかないけど、現在使っているHTV31もとくに壊れる様子もないので保留な状態。

 HTV32は年割使って3万ちょっとで、DP-CMX1は一括9万円くらい。ただ、mvnoにすれば月々のパケット代は大幅に抑えられるし、DAP版のDP-X1Aが8万から5万円台前半まで安くなったことを考えれば端末代も安くなる可能性はありそう。

 あと、ライン出力が出来るのが重要。車でAUXにつなげるのに便利。
 今はスマホとは別にFiiO X5を持ち歩いていて、同じメーカーのポタアンのE12と繋げて使っている。E12のパワーはすごく魅力的だけど、最近は外でヘッドホンを使うより車で音楽を聞くことのほうが多い。ポタアンを使わなくていいなら、スマホ1台に統一できれば楽でいい。

 前回の機種変はHTL22からHTV32に変えたかったけど、発売前にUSB端子がヘタって充電できなくなってしまったので仕方なくHTV31に。デザインはアルミボディ系の方が好きではあるけど、防水対応のHTV31も使い勝手はいい。

 とりあえずはHTV31の年割が切れる9月くらいまでは現状維持で、その後はONKYOか新しくHTCが新機種出したら検討しよう。
Posted at 2017/01/28 01:32:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | スマートフォン | パソコン/インターネット
プロフィール
「土日ぐらいは簡易的でも更新。」
何シテル?   08/25 23:41
極端。 (おわり)
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビック ホンダ シビック
 自分がクルマ好きになる切っ掛けになった愛車。SOHCでノンVTEC、1300ccのキャ ...
トヨタ エスティマL トヨタ エスティマL
 家族の車。タウンエースの代わりにやってきたミニバンで、ほぼノーマル。消耗品を更新しつつ ...
トヨタ タウンエースワゴン トヨタ タウンエースワゴン
 生まれる以前からうちにいた家族の車。恐らく、1986年8月発売のスーパーエクストラ ホ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.