• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kmagjpのブログ一覧

2017年11月18日 イイね!

アイスクレーマー

 
ハンマーで氷ぶっ壊しながら登っていくやつではなくて。

クレーマーです。

怒りはぶちまけず、冷静に淡々とクレームをつける、アイスクレーマーです。

そう、このオレが。


いや、ワタクシが。


まあ、悪ぶってクレーマーなんて言ってますが、ご承知の通り、気弱で小心者ですから、なにかにつけて、いちゃもんつけるというワケではなく。

最近、ネット通販を利用することも多くなりましたが、届いた商品に不具合があった場合に交換を要求するという、ごく普通のものです。

臆病で人見知りではありますが、顔を突き合わせないメールでのお伺いならどうにかできるもんで。

あくまでも、下からいきます。

丁寧に、「もし可能であれば」な体で、下からいきます。



【実例1】クーラーボックス

もう一年以上前の話ですが、購入後ちょっとしてから、フタの天面が若干デコボコしていることに気がつきました。





画像では分かりづらいですが、手で撫でるとこのデコボコが気になりまして。

短い期間、決して乱雑に扱ってはなく、むしろ大事に扱ってまして、届いた時からそうなのか、後からそうなったのか分かりませんが、気づいてしまったらもう我慢できない。

普通にクーラーボックスとして使用するのであれば、さして支障は無いでしょう。

しかし、ワタシは『保冷機能付きの椅子』として購入したのです。

フラットな天面が、座り心地よさそうと思って買ったのです。

歪んだ座面は我慢できない。


冷静に、丁寧に、本来こんな品質では無いハズという思いを伝えた結果、交換に応じて頂けました。

もしかしたら、

「ちっ、こんくれーで、ウルセーやつ!」

と思われたかもしれませんが、ご対応下さいました。

素晴らしいご対応に感謝申し上げます。




【実例2】タープ

先日、タープを購入しました。



ムササビウイングは家族で使用するには手狭だと思ったので、同じTC 生地でムササビより大きめサイズのものを通販購入しました。

開封してみると、付属品のロープ1本に破損がありました。



うーん

破損という程のものではないかもしれませんが。

まあ、こんくらいはいいかとも思いましたが、一応お伺いをしておこうかと、問合せ。

結果、商品一式を交換対応してくれるとのこと。

不具合ロープ1本交換してくれたら御の字、それで済む話ではありましたが、そういうマニュアルなのでしょうか。

ありがたくご好意に甘えさせて頂きます。

素晴らしいご対応に感謝申し上げます。



ハイ、先にも書きましたが、なんでもかんでも粗探しして対応求めているワケではありません。

時には目を瞑るケースもございます。

幸いにして、これまで問合せさせて頂いたショップ様は、いずれも真摯にご対応下さいました。


結局、何が言いたかったかというと、そういう姿勢って大事ですし、そういうショップ様で、是非お買い物をしたいものですよね、ってことです。

もちろん、到着した商品になんの不具合もないのが理想ではありますが。


上記、ワタシのお伺いをご覧になられて、

「その程度でいちいち物申すなっつーの!」

ってご感想をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

「テメー、実は案外ネチネチ要求してそーだな!」

みたいな。


また、万が一、当事者のショップ関係者様がご覧になられて、

「だから!!穏便に治めてやったのに、ブログ投稿すんなっつーの!」

って憤慨なされる可能性もあります。


ですが、決して不良品があったってことを言いたいワケではなく、その後の素晴らしいご対応に感銘を受けて書き記したものであります故、悪しからず。

こういう信頼できるショップ様があるんですよ、ってことをアナウンスしたかったのであります。


「だったら、ウチのショップ名を出せよ!!」


って憤慨なされる可能性もありますが。


そこは、なんとなく割愛。







Posted at 2017/11/18 21:48:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月18日 イイね!

ディズニーとかガンダムとか(旅行記)

ディズニーとかガンダムとか(旅行記) 
10月13日~15日の二泊三日で、東京ディズニーリゾートをメインとする旅行に行きましたので、書かずにはおられない人。


実は、その前日の12日にも、日帰り東京出張がありまして。

始発便で出張へ赴き、同日の最終便で沖縄に帰り、翌日の始発便でまた東京へ発つという、なかなか攻めた日程。

家族は二泊三日。ボクだけ二泊四日。


子供らにとっては、初めての県外、初めての飛行機だったもんですから、窓から見える空の様子にスゲースゲーしてまして、

「だろ~? 雲、スゲーだろ~?」

思いました。



旅行初日は、終日ディズニーシー。



大雨では無かったですが、ずっと、ぐずぐずシトシトで。

前日の仕事出張の時は晴れてましたのに。

簡易カッパ着て歩いて、長時間並んで、靴の中も濡れて、トホホ。


『タートルトーク』というアトラクション、どんなもんか知らずに入ったんですが、いきなり客イジリをしだしまして。

そんなもんとは思わず最前列に座っちまったもんですから、いつイジられるんじゃないかと終始怯えっぱなし。

まあ、無事、イジってもらえませんでした。



二日目は、終日ディズニーランド。



この日も雨模様でしたが、前の日よりはまだマシでした。

前日よりアトラクションもたくさん回ることができまして



こんなのも見て

閉園までおりました。





いや~、


「何の感動も伝わって来ねーヨ」


ってカンジですよね。



そうです

周りを見渡しゃ、皆さんコスプレしたり、ワーキャー♪ワーキャー♪してますけれども

ワタシはメルヘンには全く無関心なもんですから

また、「俺は浮かれぬ。」という変な意地もあり

ただ子供がはぐれたり、人様の迷惑にならぬよう

保護者責務を果たさんと目を光らせておりますが

子供はおとなしく列に並ぶのが苦手なものでして

前の人が進んでも気づかず

やたらロープをいじったり

列からはみ出して遊んだり

その都度、保護者責務全力投球マンは

眉間にシワ寄せ、注意しますけれども

何度もそんなことが繰り返されまして

ほどよくストレスも溜まったところで


「ここへ来てまでその仏頂面はヤメロ」


と、嫁からお叱りを受ける始末。

いと憐れなり。


まあ、でも子供らがアトラクションを楽しんでる姿は、いと微笑ましく、その時ばかりは眉間も平たくなったものであります。




なんだかんだで、最終日はお台場へ。





等身大ガンダムの実物を拝む。

ワタシも今でこそ、保護者責務遂行固執仏頂面嫁叱責受残念不憫マンですが、かつてはガンプラ少年だった時期もあるにはあって。

オー!スゲー!デケー!スタイリッシュ!

口には出しません。

静かに興奮しながらパシャパシャ。




ハイ

ひどいダイジェストでお送りしてまいりましたが、3日間を通じてちょっとキツかったのは、喫煙問題ですね。

団体行動、子供も見なきゃならんし、自分一人だけが喫煙者なもんですから、なかなかタイミングを見計らうのが難しい。



ホテルも、都度、エレベーターで喫煙所まで降りないといかんですし。

ディズニーでも、喫煙所自体そう多くないですし、次から次へと子供の手を引いて移動しまくるので、なかなか機会が伺えずで、辛かった。

まあ、しょうがないですが。


逆に、久々に昼飲みが出来たというのは、ちょっと嬉しかったことで。



ダイバーシティのチーズ料理屋にて

まあ、ささやかなもんではありますが。

普段はどこへ行くにもドライバーですので、日常ではなかなか叶わぬこと。


旅行はエエの~




Posted at 2017/10/18 19:48:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月23日 イイね!

もしもの乗り換え考(浅)

もしもの乗り換え考(浅) 
※画像と本文は、言うほど関係ありません。


近頃、次はこんな車に乗りたいなあとか考えるようになってきました。

アレです、テント買ったからです。

テント買ったからには、キャンプするワケで、キャンプするには、それなりに荷物を載せる必要があるワケです。

フィットに5人フル乗車して、果たしてラゲッジに荷物が全部載るでしょうか?


ハイ、たぶん、載るでしょう。

では、また。


なんちて。


載るんでしょうけど、恐らくぎゅうぎゅう。

なので、後方視界を確保する為にも、場合によっては子供の自転車まで載せる為にも、今より広い方がいいなあと考え始めたワケです。

フィットより広いラゲッジとなると、必然的に車両サイズもデカくなってしまうでしょうが、そこはあまりデカくしたくないというのが難しいところ。


また、次の車は、最低地上高ってのが高めの車にしようと思ってます。

もう、車高を落とす為、色々やるのに疲れた。

嘘、たいして下げてもいないし、色々やってない。

キャンプモードに入ってることによって、必要以上に悪路走破性を欲しているのです。

ホンとに必要かどうかはともかく、次は四輪駆動を選択しようかって勢いです。


ってことで、とりあえず、もし今乗り換えるんだったら、ってのをリストアップ。


※以降の画像は全てメーカーサイトからの転載です。






【マツダ CX―3】

何がいいかって、ルックスです。

顔面力。

あと、サイズ感。

以前にも、

「今、乗り換えるんだったらCX―3。是、即ち、天命。」

みたいなことを申しましたが、その後、ラゲッジの広さとか、ちょっと気になる部分も出てきました。

あと、せっかくリーズナブルなガソリンタイプが追加されたのに、MTの設定がないのが面白くない。

保留だな。(←ナマイキ)








【スバル フォレスター】

フィットを購入する前にも、前モデルをスバルに見に行ったりしてて、以前から気になる存在でありました。

その時は、外寸的にも金額的にも、ちょっと大きいかなって見送ったんですが、ただいまキャンプモードですし、子供の成長も考えれば許容範囲。

CX―3をデュアリスとすれば、こちらはエクストレイルってカンジ。

何でそれで例える?ってカンジ。

今、ワタシが求めているモノに対してソツがない優等生的一台。

ただ、来年辺りのモデルチェンジでMT消滅か?って小耳に挟みましたが、もしそうなったら、、

悪いが、他を当たるわ。(←ナマイキ)









【ルノー カングー】

アンタ、それどこで覚えたの?ってカンジですが、カングーです。

ワタシごときがルノーとか言ってる時点でナマイキなんですが、案外、手が届きそうな範囲内。

スライドドアで、収納、積載性なども使い勝手が良さそう。

ファミリーホリデーアウトドアレジャーカーってイメージですが、MTで乗れるおりこうさん。

ただ、幅や高さの外寸が意外とデカイんですよね。

ハイオク仕様のようで、そこもややネック。








【ジープ レネゲード】

アンタ、それどこで覚えたの?ってカンジですが、レネゲード。

いや、参ったね、コレ。

ドツボ。

ナイスルックス、ナイスサイズ感。

CX―3とは対照的な面構えですが、キャンプモードに入ってる今、コッチがドンピシャ。

もはや、ワタシごときがとか、ナマイキとか、どうでもいい。

コイツはオレに似合う。(←超ナマイキ)

ただ、惜しむらくは、MTという選択肢が無いこと。

いやー、このルックスでそうなの?

んもーー!!




てなカンジで、まあ、まだ先になりそうな話なので、そん時になったらまた情勢も変わってるでしょうが、現状ではフォレスターが一歩リードってカンジ。


当面、キャンプへはフィットでGO!です。

必要最小限の荷物で出撃です。

むしろ、それくらいのコンパクト装備で挑む方がオトコマエなのです。

ベテランキャンパーの味なのです。


もう、何十泊としてますから、、、脳内では。






Posted at 2017/09/24 03:39:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月11日 イイね!

そして、テント張る

そして、テント張る 
下半身が。


つー、お約束から書き出しつつ、ようやくテント買いまして

ようやく。


「ずっと前からテント、テント言うだけのエセキャンパーだったものね、おめでとう、テントバカ☆」

と、自分を祝福する始末。

だが、決してウカレない

淡々と生きる。


ってことで、先月はただでさえ仕事も忙しいっつーのに、もうスマホ発火するんでないかってくらい、テントの最終選考を行ってまして

もう月末には、快適通信ギガ容量をオーバーしちまうほどテント品定めの鬼と化してまして


寸法、重量、材質などのカタログ値、設営手順、、

これまで机上で培ってきたテントノウハウ、また他人のレビューを読み漁って得た非実体験知識を集結させ、脳内疑似体験を重ねた結果、、

最終決戦は、モンベル『ムーンライト7型』とローベンス『フェアバンクス』の一騎打ちになりまして

結果的に、ムーンライトにしたんですけれども

フェアバンクスの良さもお伝えしたく(触ったことすらないですけれども)

まずは、偉大なる敗者を称えよう




※ローベンス社サイトより転載

『フェアバンクス』

フライシート不用で雨にも耐え、かつ通気性の良いTC(コットン混紡生地)一枚壁のシンプルな佇まい。

ワンポールながら、ポールが室外に着地している為、煩わしさのない室内。

素材のTCも、手持ちのムササビウイングtcで良さ分かってるし、それと色味も合いそうだと。

いや~、いまこう書いてても、こっちにすりゃ良かったかな~といまだに悩むくらい、端正なルックス。

ポール1本、幕体1枚、あとはペグダウンのみというシンプルさに惹かれます。


ただし、そのペグダウン箇所の多さ、ペグダウンしなければ自立しないという点、張り網必須で本体サイズ以上に敷地が必用になってしまう点はマイナスポイント。

あと、4人用で、大人2人子供3人ならなんとかいけそうでしたが、荷物入れたりなんやかんやしたら、ちょっと手狭になるかなというのもあり。

また、通気性のよいTC素材とはいえ、出入口1ヵ所、あとは上部と下部の小さめ換気口だけというのが、やや息苦しさ、閉塞感がありそうだとか。

その辺りがムーンライトとの差になりました。



対して、ムーンライト(7型)


※モンベル社サイトより転載

ショックコードで繋がっているとはいえ、ガチャガチャした二組のフレーム、フライシート、インナーテントと、部品のシンプルさ、設営手順の単純さという点ではフェアバンクスに譲りますが、、

基本、張り網不用、とりあえずペグダウンしなくても立つという自立設計。

前後2ヶ所の出入口に加え、左右2ヶ所にメッシュ窓つきという、4方向風吹き抜けますよ、4方向外見えますし閉塞感ないですよ設計。

あと、7型だと床面積も大人2人子供3人で荷物入れても間に合いそうですし、ワンポールテントと比較して、壁面も上部まで立ち上がってますので、壁際まで頭上に圧迫感のない設計。

当地、特に夏使用を考えると、フェアバンクスよりこちらの方が、快適そうだなと感じました。


でもまあ、それは家族が快適に過ごせるということを重視したもので、デメリットを差し引いても、個人的な趣味としてはルックス、シンプルさ、素材といった点でフェアバンクスが良かったかな、やっぱり。





とか言いつつ、ムーンライト購入してウハウハ(ウカレてはいない)

手前がテント一式、左の黄緑の袋は別売りのグラウンドシート。




ウカレてはいませんが、早速家の中で設営。

狭いアパートですが、ふすまを外して、どうにか張れた。

フェアバンクスだったら、畳にペグを打たないといけないところでした。


んで、とりあえず公園に出かけ、子供ら遊具で遊んでる間に張ってみた。



寝泊まりはしないんで、インナーテントは使わず、グラウンドシートとフライシートでの御座敷タープ仕様。

遠慮して、ペグも打ちませんでしたが、強風でなければ問題無し。荷物置いときゃ間に合います。

こういう使い方ができるのもムーンライトの利点。

そよ風吹き抜け、心地良かったです☆



てな感じで、フェアバンクスに未練も残しつつ、ムーンライトにして良かったとも思いつつ、寝泊まり実践の時期も伺いつつ、決してウカレてはいませんが、3時まで書いてしまったんであります。







Posted at 2017/09/12 03:07:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月05日 イイね!

REEF MAGIC 視察

REEF MAGIC 視察 
南城市のキャンプ場『志喜屋やすらぎパーク』が、今夏新たに『REEF MAGIC 』としてリニューアルオープンしたという情報を得まして、視察しに行きました。

以前、やすらぎパーク時代に一度見に行って、「うん、なかなか良いね。近々キャンプしに来よう」と思って、早三年。

タイトル画像はREEF MAGIC さんからの借り物ですが、こういうお洒落な設備も整え、手ぶらBBQもより充実させたものにしてはるらしい。


現地へ到着



駐車場に入ったとたん、その変貌ぶりに驚きました。

トンガリズラリ

トンガリズラリ

マジカヨ、ヤリヤガッタナコレ




コレハヤリヤガッタ

以前はまったく何もない、ただの芝フィールドだったところにピルツがズラリ、パーティーシェードがズラリ、テーブル・ベンチがズラリ。

ヨーモコレダケヤッテクレタモンダナ




確かに、目の前で初めて見たピルツに軽く興奮はしましたが、簡単バーベキュー、手ぶらで落チン1泊キャンプしよう的なカンジになっちまってたのが、自前ギアを使いたい人にはおせっかいなことで。(テント持ってませんが)

あー、何も無かったフィールドで自由にやれてた頃の方が良かったなあ・・・と、あの頃を懐かしむ。(あの頃も視察しただけですけど)




まあ、とは言え、とは言えですよ、手軽に気軽にバーベキュー、テント泊を楽しみたい方には持ってこいですよね。

そうです。

いままで、見たことなかったこの設備。

ここREEF MAGIC は、「手軽にアウトドアを楽しみたいワ」というライトユーザー向けキャンプ場として、その使命を担い、その役割を果たしているのです。

急に、応援する気になりました。

一回、どんなもんか泊まってみたいですね。




海はすぐそこ。

ワタシは、海に入るのは面倒くさいので、ただ眺めてたいだけですが、海遊びを楽しみたい方には便利なロケーション。

日帰りプランでも楽しめそうですね。


しかし、テント、常時張りっぱなしなのかな。

さすがに、台風前とかは撤去すると思いますが。

スタッフさん、お疲れ様です。

近々、利用しに来ます(怪)








Posted at 2017/08/05 07:47:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@ゆにこーン.jp  それとってもよく分かります。小心者のワタシは曲がりたくもない右折をすることもしばしば(笑)」
何シテル?   11/01 20:40
面と向かった人付き合いは苦手ですが、面と向かわないのはそこそこ大丈夫。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット BLACK ICE (ホンダ フィット)
  前車まではそんなにあちこち弄くることは無かったんですが、FITに乗り出してから、着け ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる