• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

すいふじ,のブログ一覧

2017年08月20日 イイね!

準備とかプチドレとかw

準備とかプチドレとかwやっとこのタイヤにも慣れてきたな(。-∀-)


あ、ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ



半日と晴れが続かない横浜です。

てゆーか雨ばっかりです(T_T)

梅雨時みたいに降り続いたりはしないけど、ほぼ毎日雨が降っては止んでそのあと曇り空ってパターンが続いております。

そうなると街中の路面は乾いていても、お山の路面は日陰が多くて乾かないんですよね(T_T)

もう2ヶ月以上は完全ドライの路面で走っていない気がします(T_T)


で、昨日は脚回りのセッティングの見直しをしたくてK24へ行ってきたんですが、やっぱりビミョーにウェットでございました(T_T)



セッティングの見直しは、何と言っても街乗り用フロントタイヤのT1Rへの対応です。

実はリアに補強が入ってからリア側のロールが気になって、普段は最弱にしてあるダンパーの減衰を10段締め(32段を22段戻し)てみたらいい感じだったんです♪

リアにはR1Rを履いていますが、こいつもT1Rと同様に捩れやすいタイヤ。

減衰最弱だとロールする上にタイヤが捩れるから、クルマの動きとしては鈍くなっていたみたいなんですよね。

それならフロントの減衰も締めてやれば、もう少しT1Rを上手く使ってやれるかなと思いまして(*´σー`)


先ずは何も変えずに2本走って、そのあとフロントの減衰を5段締め(32段を27段戻し)て走ってみたらイキナリ変わりました(・∀・)!!

今まではある程度以上の速度域になるとタイヤが捩れる感覚が強くて、それ以上攻める気になれませんでしたが、減衰が強まってロールが減ったことで曲げやすくなったみたいです。

鳴きも少し治まったような・・・



で、なんで急にセッティングなんてやり出したかと言いますと・・・













謎です( ☆∀☆)近々どうしても負けられないバトルが控えているみたいだよ(*・ノ。・)コショ











クルマの挙動に変化が感じられた3本目。

頂上でUターンした時に「ピーっ♪」



一瞬だけど油圧計が久し振りに警告音を鳴らしました。

↑はその直後に撮ったものですが、水温83~84℃、油温101℃くらいで油圧が100KPaを下回っています。

これはかなり危険な状態。

ローテンプサーモを入れてから油圧で警告が出たことなかったんですが、エンジンオイルをコレにしたせいですねぇ(´Д`)



粘度を5W-40から5W-30に下げたせいなのか、そもそもオイルの性能がよろしくないのか分かりませんが(;-ω-)

MOTULと言ってもコレは廉価版ですからねぇ中身は○ストロールって噂もあるよ( ・ノェ・)コショッ


マメにクーリングすればいいんですけど、油温が上がって来た時は要注意です(`・ω・´)ノ






話変わってプチドレです。

最近、ウェット路面を走る機会が多くて、前々から気になっていたことがあるんです。

ウェットを走る→靴底が濡れた状態でペダル操作する→ペダルが滑る。

街乗りする分にはしばらく走れば乾くから問題ないけど、乗り込んですぐスポーツ走行なんて時には大問題。

特にヒール・アンド・トゥをやろうとすると、ブレーキペダルから足が「ずるっ」と逝きそうになって非常に危険です。

アルミのペダルカバーなんて付けてるからってのもありますが、靴底が滑るもうひとつの原因はたぶんコレ。



フロアマットがゴム製なんです。

このフロアマットはかれこれ20年以上前に、ST165セリカに乗っている頃に買ったもの。

当時はスキーにドハマりしていて、どうしても靴底が汚れた状態で運転することがあったので、フロアマットを汚さないための対策でした。


◇ゴム製フロアマットの良い所

 ・マットの面積が大きくて広範囲で汚れをガードしてくれる
 ・汚れても水洗いですぐキレイになる
 ・耐久性抜群♪
 ・ゴムなので乾いている時は滑り止め効果がある

◇ゴム製フロアマットのダメな所

 ・水を吸わない
 ・濡れていると滑る
 ・裏面に滑り止めが無いので、滑り止めマット必須(もちろん敷いています)
 ・とにかく見た目がダサい


因みにスイフト純正のフロアマットは、乗り始めて1年くらいでヒールガードが剥がれてしまって、その代用としてこのゴム製フロアマットを使い続けておりました。

とにかく洗いやすいし、内装のドレスアップに関心がなかったので、見た目がダサいのも気にしていなかったけど、やっぱり雨の日に滑るのはなんとかしたいと思って、なんとな~くネットでフロアマットを検索してみたんですけどね・・・




あら、フロアマットって意外と安いのね(人´∀`).☆.。.:*・゚



ブランドとかに拘ったらハイグリップタイヤが1~2本楽勝で買えちゃうお値段のもあったけど、ノーブランドなら送料込みで1台分6千円くらい。

そんな訳で衝動的にポチッと♪



THEノーブランドって感じですねw

これでも車種別専用設計です。













さっそく装着~♪



赤/黒チェックと迷ったけど無難なグレー/黒にしてみました。

運転席はフットレストがモンスポの特大サイズのせいでフィッティングが今ひとつですが、ヒールガードも厚みがある硬めの素材でいい感じです(・∀・)b



いや~フロアマット変えるだけで車内の雰囲気がガラッと変わりますね~ヽ(^。^)ノ

裏面にかなりシッカリした滑り止め加工がされていて、一度敷いてしまえばビクとも動きません。

ホントは前席だけで良かったんだけど「1台分」でしか売ってなかったんで、後席もイメージチェンジです。



車内が明るくなりました♪




そんでもって、柿号の車内の雰囲気が変わって気分が良くなった所で、無性にホイールの裏側を洗いたくなりまして・・・どんな心境の変化だよwww




ワタナベさんはスポークの間隔が狭くて、クルマに装着している状態では裏側は殆んど洗えません。

更にワタナベさんは街乗り専用で外して保管することがないから、裏側は汚れ放題だったんです(´-ω-`)

黒いホイールだから目立たなかったけど、まーおっそろしい汚れっぷりでした。


表裏キレイに洗って乾燥させて元通り~♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ




え?ホイールが違うじゃねーかって(´・ω・)?



















気のせいです(`・ω・´)ノ殴w














え?タイヤがハイグリに見えるって(´・ω・)?



















気のせいです(`・ω・´)ノ蹴w











さぁこれでコッチは準備万端だぜщ(゚д゚щ)カモーン


あとは寝坊しないように気をつけよっと♪





|Д´)ノ 》 ジャ、マタ


Posted at 2017/08/20 16:59:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ弄りとか | 日記
2017年08月05日 イイね!

惨敗(。-∀-)?

惨敗(。-∀-)?ホットバージョン( ☆∀☆)イイッ!!

日本全国梅雨明けしましたねぇ(´Д`)ハァ

横浜はここんとこ天気がイマイチですが、それでも日中は30℃超えの暑さなんで、明るい内はYou Tube徘徊なんかして過ごしております。

そこで見付けたのが「ベストモータリング」と「ホットバージョン」の大量の動画です。

かなり古いのもUPされていて、ま~土屋圭市が若い若い♪



てゆーかコレ、見始めるとマジで止まらなくなりますw

色んなシリーズがありますが、個人的には「峠」シリーズがイチバン好みかな♪



いやぁ熱い熱い。

バトルの会場は通称「群サイ」。
公道をクローズドサーキットに仕立てためっちゃヤバいコースです。

エスケープゾーンがまったく無いコースを、土屋圭市を筆頭にレーシングドライバーが全開でバトルする。

合法公道バトルです( ☆∀☆)


群サイ走ってみたいなボソッw



このベストモータリングとホットバージョン、買ったことはないんだけど、自動車系のお店で流されていることが多くて、何本かは見たことありました。



スイフトJWRCも登場しています♪



ドリキンのAE86もカッコいいけど、このスイフト超カッコいいですね~ヽ(・∀・)ノ




で、こんなもんばっか見てたら自分も走りたくなっちゃうじゃないですか( ☆∀☆)


空き缶はちゃんとゴミ箱に捨てろーヽ(`皿´)ノ


そんな訳で久々に朝練行ってきました。

こないだ入れた補強バーの効果も検証したかったですし♪


とりあえずコース状態の確認で1往復流してみたら、日陰がちょっと濡れている程度でほぼドライでした(・∀・)b

気温は23℃くらい。

2本目はガッツリアタックしてみましたが、補強の効果はまったく感じられませんでした(。-∀-)ザンネン


で、2本走っていつもの休憩ポイントで停まっていたら・・・


こいつが上がって行きました。



↑の画像と同じブラックの2代目CR-Xです。


駐車スペースにアタマから突っ込んでいたので、細かいとこまで見れませんでしたが、オリジナルを保ったボディにブロンズのTE37、車高はあまり下がっていないシブい仕上がりに見えました。


わたくし迷わず追跡開始~ε≡≡ヘ(*゚▽゚)ノ


休憩ポイントから上がって行くと、しばらくは民家がある徐行区間です。

車載動画を撮ろうと思って準備に少し手間取ったので、追い付けないかな~と思っていましたが、アタック開始地点辺りで追い付きました♪


ひょっとしたら待っていてくれたのかな?

最近ココを走ると高確率で待ち伏せされますねw


追走を始めると、向こうもこちらの存在に気付いた感じ。

バトル開始の合図こそありませんでしたが、アタック開始地点が全く同じでした。


アタック開始地点が同じ=民家のある区間は攻めないドライバー

これはいい走りが期待できそうですo(^o^)o


走り始めると予想通り、センターラインを割らないクリーンでスムーズな走りです♪



なんて冷静に観察していたらみるみるうちに離されます。

ま、ヒルクライムはパワー差あるし、似たようなドライバーだったら柿号でCR-Xに付いていける訳ないよね(。-∀-)

この時点ではまだ相手がCR-Xってだけでグレードまでは分かりませんでした。


で、必死こいてミラーから消えない様に走っていたら黒いCR-Xがスローダウン。



左ウィンカーを出して先に行けと合図してきます。

何が起こったのかサッパリ分かりませんでしたが、とりあえず追い越し・・・


ここでやっとゴキブリCR-Xに接近できました。

追い越しでチラッとテールの端っこにあるグレードステッカーが見えました。



右のウィンカーレンズの上にグレーの文字がうっすら写っていますよね。

赤文字の「Si」にグレー文字の「R」。



SiR




元祖VTEC「B16A」搭載のEF8型でした。


わたくしが20代の頃に大垂水峠を走っていた頃、RX-7(FC3S)と共に峠で後ろに付かれたくなかった最強コーナリングマシンです。


そりゃ付いていけない訳だよ(´-ω-`)


旧車とは言えコンディションも良さそうだったし、調べてみたら車重は奇しくも柿号と同じ1,000kgジャストに160馬力ですからね。

91馬力じゃても足も出ません(´-ω-`)



で、その最強マシンを追い越して、後ろからツンツンやられたらやだな~(´・д・`)って思いながら上がって行きましたが、EF8は追い付いてきません。


マシントラブルかな(´・ω・)?

それとも下の方だけ走る人なのかな(´・ω・)?


状況がよく飲み込めませんでしたが、とりあえず最近練習し始めた「クラッチ蹴り」の練習をやりながら走って頂上でUターン。


ダウンヒルを気持ち良く走っていると・・・


おっ♪



いたぜ( ☆∀☆)

どうやら下の方だけ走る人だったみたいです。


もしかして降りてくるのを待っていてくれたのかな?



さぁ約70馬力の差はダウンヒルでどこまで埋められるか?

再び追走開始です!



てゆーかこの人運転超上手い(ノ∀`)


まてまて~


まてまて~


まってくれぇぇぇぇぇぇ



消えちゃったよ(´・ω・`)


もうちょい食らいつけるかと思ったんだけどなぁ(´・ω・`)



つーことですいふじ惨敗です。




相手が悪かったんですけどね(´-ω-`)


ダウンヒルならスイスポに付いていけることもあったりしたから、ひょっとしたら何とかなるかな、なんて思ったんですけどね(´-ω-`)



ま、こんなこともあるからお山走りは面白いんですけど。


でもなんとなく心が折れて、あと2、3本は走ろうと思っていたけどやめました。




で、帰りの道志みちで今度はNEWアルトワークスにもチギられるし(´-ω-`)





やっぱ箱替えかね(´-ω-`)?




予算が捻出できないからやるとしても当分先だけど。





さ、晩メシ食ってひと休みしたら、ランニング(4km)やって風呂入って、またホットバージョン見よっと♪



おしまい。





Posted at 2017/08/05 19:33:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2017年08月02日 イイね!

空気抵抗?

空気抵抗?自宅警備員初級のすいふじです( ´ⅴ`)ノ


有給休暇消化中で時間がたっぷりあるとは言え、あまり派手に遊び回るのも色々と問題があるので、青空ガレージでコソコソ車弄りなんてやっています♪

一応「空気抵抗」に関係があることだけど、大したことじゃないんですけどね。



先ずは空気抵抗が減るお話です。



それじゃイキナリびふぉ~





あふた~



純正ドアバイザー取っ払っちゃいました(・∀・)v

見た目がスッキリしましたね~♪



このバイザーは、元々未装着車だったのをわざわざ追加発注したものなんです。

目的は雨の日の換気。
車内でタバコを吸ってもケムリがこもらない様にするためでした。

でも今はタバコはやめてiQOSオンリーです。

ケムリがこもる心配はないので換気は不要です。



ドアバイザーってホント洗車の時に邪魔なんですよ(´-ω-`)

窓ガラス隅々まで洗えないし、水滴も拭き取り難いし。

それに、ボディ側面にあんな物が付いていたら、ひょっとしたら空気抵抗になっているかも知れないじゃないですか(`・ω・´)ノ


で、換気の必要が無くなったんで、剥がすのには相当手こずるって聞いていたけど、時間もタップリあったんで挑戦してみました。

想像以上に手こずりましたけどね(ノ∀`)



バイザー本体は割れやすいって聞いていたけど、慎重に優しく引っ張ってあげたら、割れずにすんなり剥がれてくれました。

問題はバイザー本体が剥がれた後に残るこの両面テープの残骸です。

もうね、塗装と同化しているんじゃないかってレベルでこびり付いていて、爪や指の腹でこそぎ取ろうとしてもミリ単位でしか剥がせません(T_T)

おかげで親指の腹の皮膚がズル剥けになっちゃいました(T_T)


なんとかキレイに剥がせないかと、ありとあらゆる物を試しました。


・灯油、ライターオイル、油性タイヤワックス、虫取りクリーナー、シリコングリス→全く効果なし

・ドライヤーで熱する→多少効果はあるけど時間が掛かり過ぎて意味なし


結局パーツクリーナーを吹き付けて、小さく切った古いバスタオルでこするのがイチバン効率が良かったんですが、それでも膨大な時間を要しました。


片側だけで半日がかり。

腕がだるっだるになって心が折れて、延べ2日がかりで何とか剥がせたけど、アチコチ剥がし切れていない所はあるし、こすり過ぎて磨き傷はできるし、コーティングは剥げちゃうし(´-ω-`)


しばらくこの作業はやりたくないんで、仕上げはやっていません(´-ω-`)

できれば時間が解決してくれることを願います(´-ω-`)←ヲイ



あ、純正バイザー欲しい人っていますかね(´・ω・)?

5ドアの2代目スイフトならどの型式でも装着可能です。

小傷やシミはあるけど、全体的にはキレイな状態ですヨ♪

因みにヤフオクでは中古1本1,000円前後で出品されていますが、1台分4本セットで差し上げます。

メッセージお待ちしております(`・ω・´)ノ






話変わって今度は空気抵抗が増える(かも知れない)お話。


こないだ小富士でコースアウトしてグラベルに突っ込んだ時に純正リップスポイラーを破壊したのはご報告したんですが・・・



同時にFバンパー左側面を固定しているブラケットのツメが全滅しておりました。

どうもバンパー側面が浮いているなぁと思ったら、まさか全滅していたとは・・・(ノ∀`)


まぁココのツメが折れるのはこの型のスイフトの宿命みたいなもんです。

で、バンパー側面が浮いた状態の柿号を見たみん友さんが、「生き残っているツメが1個だけので良かったらあげるよ~」って言ってくれたので、こないだの富山遠征の時に受け取ってありました。

コレね♪









前置きが超長くなりましたが、バンパー脱着開始~♪

作業は何回もやっているので細かい手順とかは省略。


アゴの擦り傷がぁぁぁ(TДT)



ここでバンパー外す時についでに付けようと思っていて、ちょっと前にポチって放置していたブツが登場~



この写真じゃ何なのかサッパリ分かりませんよねσ(^_^;)


こんな物です♪



ラ・アンスポーツのウレタンラバーリップスポイラーです。


小富士で純正リップを破壊してリップ無しに戻った時に、やっぱり一度付けちゃうと無いのは寂しい感じだったんです。

でもまた付けてもすぐ破壊するだろうから2度と付けまいと誓ったつもりだったんですが・・・



実は純正リップを入手する前からこの商品の存在は知っていました。
素材はウレタンだから割れることはありません。


割れない素材ならいーんじゃね(´・ω・)?

ってコトで衝動的にポチッちゃいました♪

バンパー外すのがめんどくさくて、3ヶ月くらい放置していたんですけどね。


装着はバンパー外せば一人でも楽勝でした(・∀・)v



表面が粉吹いたみたいだったんでクレポリメイトで拭き上げて~


手入れがめんどくさそう^^;







おっ♪



なかなかいい感じ~ヽ(^。^)ノ


黒いホイールとの相性バッチリですね~♪



両面テープ固定ってのが後から剥がれてきそうで心配ですが、この商品ビス付きなんてのもありまして、これはこれでレーシーでいい感じなんです(*´艸`)

なので、剥がれてきたらホムセンでタッピングビスでも買ってきて固定しちゃおうかと思っています。



さぁリップスポイラーが復活したことでダウンフォースが増加してコーナリングスピードアップにつながるのか。

それともただ空気抵抗が増加しただけで、ただでさえ鈍い加速が更に鈍くなるのか。

リップが付いた時も無くなった時もな~んにも感じなかったんだから、後者になる可能性が極めて高いです。


でもね、最近は見た目より機能を重視する方向で柿号に手を入れてきていましたが、見た目だって大事です( ー`дー´)キリッ

やっぱりね、自分が満足できる外観の方が走りのテンションだって上がるってもんですから。迷走するクルマ弄りへの言い訳でしょ(*・ノ。・)コショ




そういや、肝心のバンパー固定ブラケットですが、バンパーをハメようとしたら一発で唯一残っていたツメが折れちゃいました(ノ∀`)

ま、このパーツが付いていた元の車体は1型の31です。
10年以上経過している樹脂パーツなんて、劣化していて当たり前ですよね。

仕方がないのでココは新品パーツを発注します(´-ω-`)ノ






機能と言えば、こないだの富山遠征でもうひとつパーツを受け取っておりました。



LAILEさんのフレームエンドバーです。

今の所貸してもらっている状態ですが、気に入ったらこのまま買っちゃうつもりです。


取り付け状態が分かりにくいのでLAILEさんからも画像を拝借。



フロア下に左右対称で通っているフレームの後端を繋いで補強するパーツですね。


補強ですよ!




補強ですよ!




補強ですよ!






なんでしつこく強調するのかって、柿号はこれまで補強は一切していなかったからです。


別に補強パーツが嫌いって訳じゃなくて、特に必要性を感じていなかっただけです。


コレわたくしの持論なんですが、補強パーツを装着して、「○○の剛性が上がりました」程度だったら無駄に車体が重くなるだけだからそんなパーツは要りませんヾ(_ _。)


本来補強って、例えばサスの取り付け剛性が低くて捩れるからアクセル踏めない→剛性が上がればもっとアクセルが踏めてタイムが出せる。

って感じで弱い所がハッキリ分かっていて、強くすることで達成できる(したい)目的がある時にやるもんだと思うんです。

ただある部位の剛性が上がるだけなら、他の部位に悪影響があるかも知れないし、万が一事故でぶつけた時に、1箇所で済んだ筈のダメージが倍以上になる恐れもありますからねm9(・∀・)ビシッ!!


繰り返しますが、コレ飽くまでわたくしの持論です。
ボディがカッチリしている方が好きとか、補強自体が目的って人もいるだろうし、補強を否定するつもりはありません。


で、ZC11Sスイフトのボディ剛性全般について、特に弱いと感じる所は無かったので、今まで補強パーツには目を向けて来なかったのです。


今回それでもこの補強パーツを試してみようと思ったのは、補強することでリアの挙動が感じやすくなるかも知れないと思ったからです。

サーキットを走る機会が増えて、フロントタイヤをもっと面で使える様にしたくてネガティブキャンバーを付けてから、柿号はオーバーステアが出やすくなりました。

わたくしの技量と経験値では、どうしてもこのオーバーステアに対する反応が遅れてしまい、コースアウトのリスクが高い状態です。

リア周りの剛性を上げることで、ひょっとしたら今よりも早くオーバーステアに反応できるかも知れない、なんて甘い願望がありまして(∀`*ゞ)エヘヘ


装着直後の感想として先ず、32段調整のダンパーの減衰を5段くらい締めた突き上げ感になりました。

リア周りのたわみが抑えられて、それが突き上げ感として返って来ていると判断できるので、補強自体は効いていますね。


肝心の走りの方ですが、実は先週箱根方面を走りまくった時には既にこのパーツを装着済みでした。

でも残念ながら走ったワインディングは殆んどウェットで、補強の効果は体感できず(´-ω-`)

唯一変化を感じたのは宮ヶ瀬のH岸の高速コーナーです。


コーナーの進入でステアリングを切り始めたら「あれっ?」

以前より曲げやすくなった気がします。


この手のパーツの困った所は、同じ条件で付けたり外したりして検証できないことなんですよね(´-ω-`)

因みにストリート走る時は減衰は常に最弱です。


補強無しでもリアの減衰を強めれば同じ挙動が出せるかも知れません。


こりゃ脱着しやすい様にバンパー取っ払って出るしかないかな(´・ω・`)


それと、限界挙動を試すならストリートじゃ無理だから、やっぱサーキットに持ち込まないとダメですね。


当分サーキット走行は封印するつもりだったけど、近々小富士にでも行こうかなぁ・・・






( ゚д゚)ハッ!



なんか補強のことを語り出したらとんでもない長文書いてるっΣ(゚ー゚ノ)ノ



まぁクルマ弄りなんて自己満足です。
こうしなきゃいけないなんてルールは無いので(但し法令遵守)自分が満足できればそれで良いと思います(´▽`)まとまりのない文章をかなり端折ってまとめたね( ・ノェ・)コショッ





最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m




でわまた~( ´Д`)ノシ



Posted at 2017/08/02 20:06:09 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ弄りとか | 日記
2017年07月25日 イイね!

お山ガッツリ♪

お山ガッツリ♪昨日はガッツリお山を走ってきました(・∀・)v


ここんとこ走りはサーキットに偏っていましたが、こないだの(富)山遠征が超楽しかったってのもありまして、超久し振りに聖地へ行ってみようと思い立ったのです。





目的地は箱根です( ー`дー´)キリッ


ずい分行ってないよな~って思って自分のブログを遡ってみたら、最後に箱根に行ったのは3年前だったよ (;^_^A

箱根って「走り屋の聖地」なんて呼ばれているのに、神奈川県民がこのザマです。

ま、横浜からだと高速使わないと片道2時間半以上かかるから、思いつきでふらっと行けないってのもあったんですけどね。



箱根へ行く時のルートはだいたい決まっていて、西湘バイパス~真鶴道路経由で湯河原から椿ラインを上ります。



椿ラインに入ると前半の路面は一部ウェットの所がありましたが、全般的にはドライコンディションで楽しめました♪

ただ、この時期のお山は夏草ぼーぼーで道路に思いっ切りはみ出しているので、葉っぱや枝にボディを撫でられないように避けながら走るから、ちょっと気を遣います。


中間のギャラリーコーナーで小休止。



椿ラインって湯河原側の麓から山頂の大観山までってことにすると結構長いけど、メインで走っている区間ってどの辺りなんですかね(´・ω・)?

Uターンポイントとかもイマイチよく分かりません。




更に山頂を目指して上って行くと・・・























出ました箱根名物「白い悪魔」

天気予報は当日も前日も曇りだったから、こいつと出会うことはないと思っていたんですけどねぇ(´-ω-`)

山頂付近は視界が悪すぎて走りはまったく楽しめません(´-ω-`)




山頂の大観山に到着してもこの有様(´-ω-`)



駐車場の正面にあるはずのラウンジがまったく見えません。

視界20mってとこでした。

ここで昼メシ食って、今度は芦ノ湖方面へと下って行きます。



せっかく箱根まで来たので・・・



パワースポットへ♪

箱根神社は何度か来ていますが、毎回大晦日~元旦の年越しで参拝していたので、明るい時に参拝するのは初めてでした。

うっすら霧のかかった参道がいい雰囲気でしたヨヾ(´▽`)



C国人観光客の団体が押し寄せて来ていたので、さっさと参拝だけ済ませて次の目的地へ向かいます。


ココ♪



箱根スカイラインは使わずに裏長尾から入りました。

裏長尾はとにかく道幅が狭いのでのんびり流します。
ここでも霧は出ていたけど、なんとか走れるレベル。

路面は雨が降っていてウェット。

フロントに履いているT1R、リアのR1Rがいい仕事をしてくれました♪


途中にあるトンネルを抜けた先の表長尾まで行けば標高が下がるから、霧から逃れられるんじゃないかと期待して柿号を走らせます。


そして霧でまったく先が見通せないトンネルを抜けると・・・











見えない・・・



何も・・・



これはまるで・・・






























冗談抜きにまったく何も見えませんでした(ToT)

視界10m未満。

つーか、この対向車、白いボディでこの濃霧の中でライト点けないってすげー命知らずだぜ( -_-)

マジでこの距離に近付くまで来てるの分からなかったぜ( -_-)





そして実はトンネルが超ヤバかったんです。



↑の写真の20mほど先のど真ん中にトンネル(長尾隧道、全長150m)があるんですが、この距離でどこにトンネルがあるのか分かりませんよね?

トンネルの中まで霧が充満していて視界はほぼゼロ。

かなりビビったけど、トンネルが真っ直ぐなのは分かっていたんで、意を決して入り口でホーンを一発鳴らして突入したんです。

いやー超怖かった~(ToT)


富士山が見れる撮影スポットのおしるこ屋さん前もこの有様。



箱根の白い悪魔には何度か遭遇していますが、恐らく過去最強クラスでした。


とにかく何も見えない。

濃霧の時は、センターラインや道路脇の白線、ガードレールなどを頼りに路を読むんですが、それすら見えないこともしばしば。



ホントに見えなくて何度か歩く位の速度での徐行を余儀なくされました (;^_^A

いやー手強かった (;^_^A (;^_^A (;^_^A



長尾峠を下り切って御殿場へ抜けます。

箱根がこの有様じゃ、周辺の峠はみんな似たような状況だろうけど、あまりにも不完全燃焼だったんで、定番ルートの明神峠~三国峠を目指します。


途中にある富士スピードウェイはスルーしてっと♪←それでいいのか?


明神峠も案の定霧が出ていたけど、箱根ほど酷くはなかったし路面もだいたい乾いていたので、まぁまぁ楽しめました(・∀・)♪


三国峠の絶景スポットは・・・



景色もヘッタクレもありませんでした(ノ∀`)

視界は辛うじて確保できましたが、周りがあまりにも真っ白け過ぎて遠近感がおかしくなりそうな感じでしたね。


あまりにも見えないので文字貼っときます 笑笑




このあと休憩もしたかったんで三国峠を下って山中湖へ~

ま、何も期待していませんでしたが、一応撮影スポットになっている駐車場に停めました 笑笑



この頃にはもう「富士山なにソレおいしいの( ゚ρ゚ )??」状態でした。

ま、お山を走りまくるのが目的であって、お山が見れなくても別に良かったんですけどね。


帰り道は道志みち(R413)なので、当然ここだって行きますから( -`ω-)






























峠バカモードです( ☆∀☆)


だってさ、椿ラインの前半以降、路面がずーっとウェットばかりでさ、ちょっとぐらいドライも走りたいと思ってさ・・・

ココなら標高もそんなに高くないし、下界と同じ気候なんじゃないかと思ったのです。



でも残念ながらココもコースの半分くらいはウェットでした(´-ω-`)

ウェットでもソコソコ楽しめるからいーけどさ(´-ω-`)



2往復して道志みちで宮ヶ瀬へ向かいます。

この帰りの道志みちが何気にイチバン面白かったかも♪




で、宮ヶ瀬に到着して素直に駐車場に入らないでH岸林道へ~



やっとココで全コースドライで走れました(;゚ー゚)

思い返せば大観山以降ずっと、ドライを求めて走り回っていたかも(;゚ー゚)


1往復して「もう1本~♪」って思ってUターンしたら、先代フィットのRSが後ろから付いてきました。


車高がいい感じで下がっていて社外のホイール履いている。

ガチの走り屋では無さそうだけど、ソコソコ走れそうな雰囲気。


よし!遊んでみるか!


コースに入って加速ポイントで右ウィンカーを2回点滅させる。

フィットが加速してくる。

こちらも少し追い付いてくるのを待ってアクセルオン♪


フィットRSは1500ccで120psあるから、乗り手の実力が近ければ柿号じゃベタ付けされちゃいますが、こちらがだいたいいつものペースで走ると、じわじわ離れていってしまいます。

パワー差があるからなのか、所どころで追い付いて来て、1往復最後までミラーからは消えませんでしたけどね。


さすがにH岸2往復してお腹いっぱいになったんで、駐車場へ入ります。

フィットも後ろから付いてきます。

柿号を停めたらフィットが隣りに停まりました。


あー話しかけられちゃうのかな~(´・ω・`)←人見知りモード標準装備


向こうが先にクルマから降りてきました。

意を決して←どんだけwこちらも降りてフィットのドライバーさんとご対面~


付き合っていただいてありがとうございました~♪

いや~めっちゃ速いですね~♪



話してみたらめっちゃいい人でした♪

同世代くらいの男性で走るの大好き。

今までずっとFRに乗っていて、道志をメインに走っていたそうです。

家庭の事情でフィットに乗り換えて(なんとCVT)、FFの走らせ方が分からなくてアレコレ試行錯誤している最中だったそうです。


なるほどね( ̄ー ̄)

だいたいはコーナーで離せるのに、追い付いてくるコーナーもありましたからね。

クルマに慣れていないだけで、それなりのスキルをお持ちの方でした。


FFの走らせ方とか、脚回りのセッティングとか、わたくしの分かる範囲で教えてあげたりして、とにかくクルマ談義が尽きなくて、気付けば2時間くらい駄弁っていました。


走り好き同士、初対面でも愛車で轍で語り合ってからリアルで語り合うとめっちゃ盛り上がりますo(^o^)o♪

フィットさんお付き合いいただきありがとうございました!


あ、そういや名前聞き忘れた(ノ∀`)

ま、宮ヶ瀬にはちょくちょく来られているみたいなんで、また会えるでしょう。



最後にとっても爽やかな気分になって帰路につきました。




やっぱお山走りは超楽しい~ヽ(^。^)ノ











おしまい♪







Posted at 2017/07/26 18:36:10 | コメント(9) | トラックバック(0) | | 日記
2017年07月18日 イイね!

(富)山遠征w

(富)山遠征w紅いお侍さんが初のお泊り遠足へ行くと聞き付けて、便乗して走りまくってきました~ヽ(・∀・)ノ

目的地はですっ( ー`дー´)キリッ



なんで「山」の文字だけデカいのかは、まぁこのブログを読めば分かります♪



それじゃ遠征レポートいってみよ~



7月16日(日)6:00

第一の集合場所である海王丸パークへ向けて出発~



12:30到着~



メンバー紹介は、まぁ見れば分かるってコトで割愛。( -_-)ヲイ

今回の遠足の目的は、紅さんが何度も自分のホームへバトルしに遊びに来てくれたF山の主さんへの仕返し恩返しとして、F山で主をやっつけると走ることです。


久し振りのお山イベントってコトで、まーーーー好き者が大集合しましたねw



とりあえず昼メシ~♪



海王丸パークにある食堂でカニ釜飯定食いただきました(^人^)ウマウマ
観光地価格でいいお値段したけどね( ・ノェ・)コショッ


メインのお山イベントは翌日早朝の予定だったけど、紅さんが「主」との対決の前に練習(プラクティスw)しておきたいと言うのでF山へGO~ε =(っ。・ω・)っ


途中で給油していざコースイン♪

フォーメーションは前から白→柿→紅→黄でした。





・・・





えーと、ですね・・・


この並び順じゃ練習もヘッタクレもありませんってば(ヾノ・∀・`)



初っぱなから先頭の白い31さん躍動しまくりwww

こちらも置いていかれまいとスイッチ( ☆∀☆)カチッ♪





・・・







タイヤがよれよれぇ~(TДT)



NEWタイヤのT1Rさんが捩れるタイヤなのはK24走って分かっていたんですけどね。

慣れていないコース→どんなコーナーか分からないから修正舵が入る→タイヤが捩れるから結果的に操作が遅れる→とっ散らかるの繰り返し(ノ∀`)


それでも何とか後続の紅さんに、奥で巻き込んでいるヤバ目のコーナーとかは教えられたかな。


片道1本走って鐘のとこ♪


なぜかパズドラ駐車w


ここで今度は紅さんが、ある程度F山経験のある柿号と白号に同乗します。

紅さん、かなり本気(マジ)で練習やっています。



で、紅さん同乗で走り出してすぐに、


「あ~タイヤ捩れてますね~」

「柿兄がとっ散らかってていつもの走りじゃない~www」


あっという間にバレました(ノ∀`)

しまいにゃ進入で突っ込み過ぎて、


うわっヤバっΣ(゚∀゚ノ)ノキャー!!


ってなったし(ノ∀`)
※無事です



コースを覚えてしまえばとっ散らかるのは修正できそうだったけど、生憎雨が降ってきて路面がハーフウェットになってしまったので、走り込みは自粛しました(´-ω-`)ゞ



しばらくすると仕事中だった筈の「主」も降臨~♪



柿:「仕事はどーしたの(´・ω・)?」

主:「身体とクルマだけここに来たんですよ(・∀・)」

柿:「仕事場に魂を置いてきたってこと(´・ω・)?」

主:「そーです(・∀・)」







どんだけwww








更にしばらくすると能登半島方面を爆走中だったマイスター氏まで降臨Σ(゚ー゚ノ)ノ!!
富山なのに「青」がいないぞ~( ̄0 ̄)

率先してフレームインしてくるので、お望み通り晒しておきますw


この後土砂降りになって路面はヘビーウェットに・・・


T1Rのウェット性能をテストするチャンス( ☆∀☆)


「オレちょっと走ってくるわ~」


ま、このメンツでそんなこと言ったらピンで走らせてくれる訳ないです。


前から柿→紅→マイスター→主の順でスタート♪

つーかコレ並び順逆じゃね?



とにかくミラーを見ない様にしてタイヤの感触を確かめます。


結論から言うと、T1Rはウェットなかなか良いです。

捩れる感じもドライの時ほど気にならなくて、追い込んで行ってもしっかり手応えもあるし、限界も分かりやすい。

トレッド面が柔らかいから捩れるけど、その分路面追従性は高いってことなんですかね( ゚д゚)??






そんなこんなでいい時間になって来たのでラスト1本。


並び順は前から主→白→紅→柿→黃です。
(マイスター氏は一足先にホテルへ向かいました)


やっとマトモな並び順になったんじゃね?www



まてまて~♪



ウェットとはとても思えないハイペース~ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ


心が折れそう・・・


まぁ前を走るのは31だししょーがないんじゃ・・・



( ゚д゚)ハッ!



先頭は72じゃん!

こんなとこで遅れを取ったら素イフト乗りの恥晒しだ!




改めて魂に火を灯してまてまて~



紅スポさんのミラーから消えないようにするのがやっとでした (;^_^A

因みに写真は後半でペースが落ちてきた時に撮ったものです、念のため。




お山遊びを楽しんだ一行は一旦ホテルにチェックインして・・・




中の人に添加剤を注入っ♪



からの~






酒バトル開始っ( ̄Д ̄)ノ





90分飲み放題のバトルが幕を開ける。

どいつもこいつもアクセル全開だぜ。

ものの30分で飲み放題の元を取って、更に走り続ける。

やはり熱い走り屋たちは飲みも熱いぜ!



メガジョッキの妖しいカクテルを3連チャンで飲み干す猛者もいたぜw


店員さんъ(゚Д゚)グッジョブ!!



少しバトルが熱くなりすぎたようだ。

1台(1人)オーバースピードでコースアウトしてリタイアしてしまったw


紅さん画像拝借しました


やらかしました(ノ∀`)アチャー

しかも、いつ寝落ちしたのかまったく覚えていません(ノ∀`)アチャー

飛ばし過ぎもいいとこですねぇ(ノ∀`)アチャー

やはり、走りも飲みもマイペースを守らないとねwww




お開きの時間に叩き起こされて外へ出てみたらなんとゲリラ豪雨Σ(=д=ノ)ノ



ホテルは目の前なのに・・・

しばらく様子を見たけど止む気配がなかったので、みんなで仲良くずぶ濡れになって、富山の夜は更けていった・・・






7月17日(月)海の日


F山に熱い男たちが集結!


富山なのに「青」がいないぞ~( ̄0 ̄)

昨日から更に2台増えて総勢8台。

錚々たる顔ぶれでした。



でもね・・・



昨日ガッツリ走っちゃったせいで、既にお腹いっぱいって感じでした(爆)

ま、8台いっぺんには走れないので駄弁り中心になるとは思っていましたけど♪
※紅さんは主との約束をちゃんと果たしておりました


ここで始まったのが大試乗会。

もうね、今誰がどのクルマを試乗しているのか分からなくなるくらい、み~んな取っ替え引っ替え試乗していましたねぇ(´▽`)





中でも一番人気だったのはシルバーチケットくんの愛車カプチーノ。



ほぼ全員試乗したんじゃないかな。


わたくしもモチロン乗らせてもらいましたヨ♪

SOMTの時にも試乗しているけど、カプチーノを本格的なワインディングで乗るのは初めてです。


乗り始めのダウンヒルはブレーキの効きが若干甘くて流す程度。

折り返してヒルクライムでちょっと攻めてみました♪


いや~軽量のFRって楽しいですね。

しかもSOMTの時は荷物の関係でルーフをオープンにできなかったけど、今回はオープンで走れたから最高に気持ち良かったですヾ(´▽`)


走りはさすがピュアスポーツカー。

タイヤの限界も、正に手に取る様に分かるし、ケツが滑ってもコントロールし易くて全然恐くない。

むしろテールスライドを積極的に使って走りたくなります。


うーんカプチーノ( ゚д゚)ホスィ



で、試乗会になるとあまりお呼びの掛からない柿号にも、なんとHAKUさんとスズオタさんが試乗してくれました。

どんだけ遅いのかを確認するためにwww


お二方のインプレッションをまとめると、

・パワーを使い切れるって楽しいね♪(=パワー不足)
・上りは1速を使えばもっと速く走れるのでは?(=2速でも上らない)


などなど。



お二方、率直な感想をありがとうございましたm(_ _)m




そんなこんなで気付けば昼メシ時になっていました。

5時間くらいF山で駄弁っていたことになりますw



昼メシは新湊きっときと市場で食いました。

で、色んなお高いメニューの中から「白エビかき揚げ丼」を注文する時に、同じものを注文しようとしていたある人が・・・


「大盛りってできます?」


店員:「できますよ~」


「じゃ大盛で♪」


このやり取りを見ていて、同じ「白エビかき揚げ丼・大盛り」を注文した5人が犠牲となった・・・












ご飯も特盛りレベルで、更にかき揚げも特盛りを超越した正にMEGA盛り。

あまりのMEGA盛りっぷりに、なんと「大盛りできますか?」って聞いた本人がまさかのリタイアを喫しておりました。


ま、わたしゃ完食しましたけどね( -`ω-)ゲフッ←






さてさて、楽しかった遠征もそろそろお開きの時間です。

解散の時もずるずる後引くことなくサクっとお開きになりました。



帰りに海王丸の総帆展帆をチラ見~♪





そんでさ、改めて今回の富山遠征で行った場所を整理してみるとさ・・・


初日:海王丸パーク→F山→ホテル→飲み屋→ホテル

2日目:ホテル→F山→新湊きっときと市場→解散



飲み食いと寝ている時以外はずっとF山にいました(爆)

この遠征は富山遠征ではなく、「富」が取れてただの「」遠征です。





わざわざ片道360kmも走って何やってんだって感じですよね。





だってお山遊び楽しいんだも~んヽ(^。^)ノ♪






参加したみなさんお疲れ様でした!



またお山で遊ぼうぜ~ヽ(・∀・)ノ





おしまい♪




















Posted at 2017/07/18 20:11:23 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@青林檎 どっちかな( ̄∇ ̄)?」
何シテル?   08/20 14:46
いい歳こいてクルマ遊びにどっぷりの困ったオヂサンです(ノ∀`) SWIFT購入を機に、このみんカラでSNSデビューしました♪ クルマだけでなく、色々なこ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

お友達

大変申し訳ありませんが、ただ今基本的にお友達は募集しておりません(。-_-。)アシカラズ
先ずはブログへのコメント、もしくはリアルで絡んでいただければ嬉しいです。
因みに初対面の方に声を掛けるのは苦手です^^;
お互いにフィーリングが合えばなるべくこちらから申請させていただきます。
40 人のお友達がいます
スズオタスズオタ * 銀スイフト銀スイフト
はーちぁんはーちぁん キン@爺キン@爺
ひまわりごんたひまわりごんた 青林檎青林檎

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト 柿号 (スズキ スイフト)
ZC11S 3型 XG Lパッケージ MT 2008年式 8台目の愛車です。 どうして ...
トヨタ セリカ CELICA GT-FOUR (後期型) (トヨタ セリカ)
3台目の愛車です。 映画、私をスキーに連れてってを観てから、ずーっと憧れていて、でも新車 ...
ホンダ シビックシャトル シビックシャトル 55i MT (ホンダ シビックシャトル)
初めての愛車です。 特にこのクルマを気に入って買ったのではなく、免許を取って、自分のクル ...
トヨタ セリカ CELICA COUPE 1600GT (トヨタ セリカ)
2台目の愛車です。 本格的に峠デビューするために'89年に購入。 ワタシのドラテク修行車 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.