• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

keyakiのブログ一覧

2009年01月26日 イイね!

64bitでメモリ盛り沢山・・・!?

64bitでメモリ盛り沢山・・・!?パソコンパワーアップ作戦における今回の肝はメモリです。動画や画像を快適に弄るにはそれなりのメモリ容量が必要になります。じゃ増やせばと言ってもそこには残念な落とし穴が、多くは方はWindowsユーザーだと思います。そして一般的には32bit版のWindowsをお使いになっていると思います。

パソコン用のメモリの価格は比較的リーズナブルになり増設しやすい環境にありますが、32bit版はWindows XPでもVistaでも搭載できるメモリーは理論上4GBが上限です。これは2の32乗が4ギガになるためで、絶対的な限界です。更にハードウェア・コントロールのために1GB程度のメモリー領域を使うので、実際は3GB程度しか利用できない。更に更に、アプリケーション・ソフトが使用できるメモリーは、2GBまでと制限されている。

もうお気づきの通り、32bit版のWindowsでは活用可能なメモリは大した量ではありません。

そこで今回OSは64bit版のWindowsをセレクトしまた。Windows Vistaになって全てのグレードに64bit版が設定されハードルは少し下がってます。CPU等も変えないといけないけどね、因みに64bit版のWindowsが理論上使えるメモリ量は2の64乗で16EB(エクサバイト)約171億8000万GBである・・・?^^;

まぁ、実際はVista64bit版の場合Home Basicで8GB、Home Premiumで16GB、Ultimateで128GBのサポートですが・・・(笑

ソフトの対応問題やドライバーの問題があるので当初は32bit版のWindowsとの併用になると思いますが・・・
週末には使用開始したいと思ってます・・が・・・

追記
使用予定だったハードディスクがこんな状況なので銘柄変更です。
Posted at 2009/01/26 15:26:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | パソコン/インターネット
2009年01月23日 イイね!

なぜ?低い普及率・・・?!

雪も降らないのにスタットレスタイヤを履いていると減るばかりでもったいないというのを良く耳にする。

実際はどうなのかと、特殊なタイヤをセレクトされている方は例外として通常の普通タイヤ(夏タイヤ)と言われるものは摂氏7度を下回ると柔らかなコンパウンドを使うスタットレスよりドライ路面におけるグリップレベルも下回る場合が有るようです。

雪が無くても気温が下がったらソフトコンパウンドのスタットレスは安全面でも有りなんですね・・・でもウェット路面はパターンから見てもスタットレスは不利みたいですが・・・

まぁ実際、雪や凍結路には横滑り防止装置(ESC)が一番有効ですね・・非装着のS15シルビアで自分が幾らテクニックを駆使しても家内運転のBMWにも全くおよびもつきません。同条件で比較運転してみると非装着車は身の危険すら感じる場面もあり、その差は思いの外大きいです。

通常のドライ路面での危険回避も優れている事は言うまでも無いですが・・・
俺のテクニックはどんな電子制御より優秀だと言う方(思い込んでいる方)は、非装着で結構ですが・・(笑

国産車の横滑り防止装置普及率はたった10%、ドイツは普及率70%・・・
装着による事故低減率は35%とのデータも出ている。何とトヨタも同様の調査結果を出している。

最近やっと、国産メーカーも装着車を増やすと言っているようだが、エアバック装備なども言う事と実際が少し違うのがどうも気になる所である。

エコも大事だが安全はより重要だと思うのだが・・・

Posted at 2009/01/23 18:45:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2009年01月22日 イイね!

パワーアップ作戦・・・PC編

パワーアップ作戦・・・PC編
数年振りにパソコンのパワーアップを目論んでいる。
昔は自作パソコンで年に数台は交換していた時期も有った。常に最新のチップセットや高速のCPU、VGAを追い求めていた。それが今は結構世代遅れのP4仕様・・・

てなことで自宅据え置きのディスクトップパソコンをドンと高速高性能にしてやろうと、これで動画編集や画像処理も超快適に・・
ここは一つエコじゃなくてエゴな仕様で・・ハイブリットじゃなくてV8ツインターボののりですね・・(笑


まぁ、今回バージョンアップすればまた暫く着手しそうにないのでドーンと高性能化を図ろうと画策してます。

主な予定スペック・・変更も有り
◆CPU Intel Core i7クアッドコア(8MB L3、LGA1366)
◆チップセット インテル X58 Express
◆メモリ 12GB DDR3トリプルチャネル(6X2048MB)
◆HDD  3TB (1.5TBx2)
◆VGA ATI RadeonHD 4870 1GB (GDDR5)
◆サウンド 8チャネル ハイ・デフィニション・オーディオ
◆ネットワーク 100/1000Mbps Ethernet LAN
◆モニター 24型ワイド液晶ディスプレイ
◆OS Windows Vista HomePremium64-bit・・・既に新しいOSもアナウンスされているが・・

更に今回は個々に部品集めの完全自作は結構割高と判断、ちょいと吊るしを使い上手くアレンジしてメーカー保証なども得て安心パソコンライフ!?を計画中・・
Posted at 2009/01/22 17:26:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | パソコン/インターネット
2009年01月20日 イイね!

本当に心底望んでる・・・!?

自動車業界は非常に苦しい状況が続いているようだ、クライスラーとフィアットの提携話も話題になりそろそろ業界再編も本格的な流れになるのだろう。

そんな中 国産メーカーの動きには個人的に聊か空しさを感じる。トヨタ、ホンダを中心にしたこの所の流れ・・小型車・ハイブリット・EV等が今後の正義でそれ以外の物は出来るだけ排除のような雰囲気・・・・スポーティーを掲げるなど問題外で、モータースポーツなんかは正に悪の根源みたいな・・・(笑

確かに国内でのハイブリットの技術などは海外メーカから一歩先に出ている事は疑う余地も無いし、その強みを存分に使う事は重要な戦略だと思う、しかしここ何年かミニバン偏重戦略でやや趣味性を希薄にした国内の中心的なメーカーが今度は何が何でもハイブリットだEVだと突き進むのはやや違和感を抱く。

そろそろ国内メーカーも場合によっては毅然と振舞い、どっしりとぶれない面も見せないと何時までたっても一流との溝は埋まらない感じが、無くすのは一瞬だが復活には時間が掛かる・・・器用に空気読み過ぎ、流されまくってぐらぐら状態に・・・
トヨタは販売台数 世界一を確定したようなので世界一のメーカーの振る舞いを期待したいですね。

何でもエコだハイブリットだ電気だと謳えば全て良しでは無いと思う、今世間では禁句かも知れないが、ハイブリット車を今すぐ欲しいとも思わないし然程魅力的にも映らない。ハイブリット車って本当にエコ・・!?
Posted at 2009/01/20 14:16:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2009年01月12日 イイね!

ABARTH 500

ABARTH 500昨年末Press向けに発表され、今回東京オートサロンにて日本初公開されたアバルトグランドプントとアバルト500、並行輸入車両は既に国内でも納車され始めているようだが、昨年末のプレスリリースにもあるが、日本でのオフィシャルインポーターは東京・大阪・名古屋・福岡において正規ディーラーを展開するという事で、地方で正規輸入モデルを購入するには最寄のフィアットの正規代理店経由で業販扱いで入手するか、国内4ディーラーから購入するかの選択になるようだ。

フィアット500が復活してまもなくアバルトモデルのリリースも即効で噂されましたが、国内でもやっと正規販売が開始されるようだ、世の中未曾有の不景気で車業界を取り巻く環境も最悪ではあるが、円高のお陰で当初の販売予想価格を結構下回る価格、最初の導入モデルであるアバルトグランドプントは全国メーカー参考小売価格270万円と中々に微妙・・・本命のアバルト500に関しては、レザー内装仕様で300万円を少し出るような予想の様だ。お約束のチューニングキット「KIT esse esse ABARTH」もちゃんと用意されるようだ。因みにキット導入後のアバルト500はノーマルで135PSが160PSへ・・・アバルトグランドプントは155PSが180PSへとそれぞれアップ・・・アバルトモデルのエンジンに関しては通常市販モデルを単にターボ化した物ではなく、別物でチューンされた強化エンジンを使用したもので、イタ車で良く言われる弱点?タイミングベルトも確りと金属チェーンタイプに変更されている。その他ブレーキや足も含めたトータルチューニングキットがesse esseキットである。アバルトグランドプントがややハイチューンエンジンを搭載するが、アバルト500は車重がアバルトグランドプントより150Kgほど軽い。

そんな事で、改めて近場のフィアットディーラーで1.4リットル100PSエンジン搭載のフィアット500を試乗してきた。このクラスの国産車にもキビキビ走る車は多いが500は過剰にレスポンスしない所が逆に絶妙な乗り味をかもし出している、足りないのはエンジン出力のみで・・・(笑
よほど問題が無ければ今春にもアバルトグランドプントに続いてリリースされるアバルト500・・・欲しいかも・・

その後、BMWに立ち寄り担当営業君に新年の挨拶などしつつなぜかABARTHの話題を・・新年早々販売は芳しくない様子でアバルトみたいに300万円で販売できる魅力あるBMWが欲しいと営業君は羨ましがっていました。

帰り道、アバルト熱に少々やられながらも少々興味の有ったスプラッシュを触りにSUZUKIへ立ち寄った。オペル アジーラとしても売られ欧州各国で販売されているスプラッシュはハンガリーで作られた所謂逆輸入車である。低価格で販売され格安の輸入車という宣伝で国内でも販売開始されたが、ジャーナリストの諸氏はこぞってスプラッシュに好意的な評価とコメントを多く出している。120万ちょっとの札の付いた逆輸入車がどんなものかと・・・近場のSUZUKIディーラーの大半にスプラッシュの試乗車が用意されていることから力は入っている様だ。現車を確認、6個のエアバックやイモビ、全席3点シートベルト及びヘッドレスト、ABS+EBD等が標準装備、横滑り防止装置こそ無いが、中々がんばった仕様である。

試乗車に乗り込みシートに座った瞬間笑ってしまった。シート生地の質感や硬さが以前家内が乗っていたオペルアストラにとても似通っていた。ドイツシート協会(そんな協会は無い)が認定した正にドイツ車風味のシート、国産車シートに乗り慣れたユーザーが最初乗り込んだら驚く事うけあいのシートである。乗り味に関しては標準的なドイツの大衆車という感じでしょうか、お安めのゴルフと言ったらゴルフユーザーに叱られるかなぁ・・・ただ日本からわざわざもって行き搭載している回転ばかり上がり速度がついてこないCVTミッションに関してはどうも好きになれない、MTとは言わないまでもトルコンAT仕様なら個人的にはよしなのだが、それと可笑しな音のウインカー音が印象的、総じて一般的な国産小型車に無い雰囲気と乗り味は確かに存在しているのは間違いないが、玄人の方々が熱弁を振るうほどでも無さそうである。
Posted at 2009/01/12 20:03:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「慣らし運転 http://cvw.jp/b/138981/38634132/
何シテル?   10/02 14:27
今年も相変わらず車とはマイペースで楽しく、安全に関っていきたいと思います。 過ぎたるは、なお及ばざるが如し・・・で 今年は年初から肉体改造に着手...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2009/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

CARMAX 
カテゴリ:車
2009/09/22 18:19:39
 
KITASEIBI 
カテゴリ:車
2009/09/22 18:18:17
 
The Technical Produce ACHIEVE 
カテゴリ:車
2009/09/22 18:10:31
 

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M5 BMW M5
我家に来た5代目のBMW 中々離れられないくるまです。 BMWも随分ハイテクになったと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
久しぶりのホンダ車・・・18年振り!? 跳ねるねぇ~さて・さて・どうなる事やら・・・ ...
BMW M5 BMW M5
我家に来た3代目のBMW 久しぶりのBMWですが・・・ 相変わらず、いい味出してますね ...
日産 シルビア 日産 シルビア
コンビニからサーキット・・・ たまに日帰り温泉仕様 これも、基本はハイパーノーマル!? ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.