• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おざozaのブログ一覧

2018年01月08日 イイね!

鈴鹿&岡国 FK2テスト走行のご報告^^;

鈴鹿&岡国 FK2テスト走行のご報告^^;皆様新年あけましておめでとうございます。
今年もボチボチブログ更新頑張って行きますので宜しくお願い致します。

前回のブログで紹介したパーツ諸々のテストを鈴鹿&岡国両サーキットに
行ってきました。

先ずは軽量フライホイールの件ですが、プリッピングの歯切れの良さは勿論
低速域のアクセルのツキまで体感出来る位変わりました^0^
良い事ばかりでは無いようで、冷間時の始動後少しの間ミッション辺りから唸り音が
しているようで多少気にはなりますが、フライホイールが軽くなってバランスが、
取れなくなっているようです。
専用開発品ではなく、流用パーツなので多少のリスクは覚悟しないとダメかもです。
まぁ温もれば何にも不具合は有りませんので、自分はそのまま使いますけどね~(笑)

29日に鈴鹿サーキットのフルコースに持ち込んでテストに挑みました。
先ずはAPJ平野代表の推奨の車高 F-20 R-20 減衰前後とも10段戻しで1本目を走りました。
でも途中でクラッチペタルの車両側に付いているプラスチック製のスイッチが外れて
クラッチが踏めなくなるトラブルが発生してタイムロスしてしまいアタック出来ずに終了💦
少しアンダーステアが気になったのでリアの減衰を2ノッチ進めました。
結果少しアンダーステアが改善したように思えました。

タイヤはネオバ08R:F265/35-18 7部山 R265/35-18 3部山



台数が多く初めの方は思うように走れなかったのですが、後半タイヤが垂れかけた時に
少しクリアが取れたのでアタックしてみました。
結果は2分29秒65と大したタイムでは有りませんが、シェイクダウンにしては自分なりには
満足しております。^0^

翌日の30日には岡山国際サーキットに持込みはしごサーキットに行って来ました(笑)
前々からお友達のトシスさんから会員になるように脅されてあえなく会員になってしまいました(爆)
これで鈴鹿、セントラル、岡国と3サーキットの会員になってしまいどうしようかと?
何処かを減らさないと悩んでいます(笑)

まぁそんな事はさて置きFK2では、初走行となる岡山国際サーキットがどうなるかが、
本日のメインイベントなので集中して行きます💦

前日の鈴鹿では少しアンダーステアが気になったので、
平野代表に相談して少しフロントを下げるようにアドバイスして頂いたので、
思い切って車高をフロント4ターン下げました。
この時点で感じたのは、めっちゃカッコイイでした(笑)
車高と言い、キャンバーと言いオーラだけは半端ない感じです💦

車高の変化は数ミリですが、動きは全く別物になったような気がしました。
先ずターンインでお尻がスムーズに動くようになって、ノーズと一体感が生まれて気持ち良く
進入が可能になり、しかもそこからアクセルを踏み込んでいってもまだお尻が動いてくれて、
まるでFRのようなお尻が少し出ながら立ち上がって行ける今迄味わった事の無い、
不思議な目がウロコ的な新鮮感覚でした^0^
街中では少し硬めの乗り心地ですが、サーキットでは最高のマッチングだと思います。

あとSSさんでお願いした、LSDの仕様変更も大きかったと思います。
1wayにしたお陰でスムーズにターンインが出来て、
イニシャルアップしたデフが強力に引っ張ってくれる、FK2の残すところなく性能を発揮してくれます。

車高調に変えて物凄く変わった点がもう一つありました。
それは高速からフルブレーキングした時のお尻がもぞもぞする例の評論家のオッサンのあれです。
くしゃみをしたら飛んでいく(笑)
原因は良く分かりませんが、自分の推測では電子制御アクティブサスが原因のような気がします。
ECUの一瞬の遅れがあのような動きになっているとしか思えません。
現に同じトーションのFN2乗りの方からもそんなフラツキは無かったと聞いておりますし(;^ω^)

動画を見て貰えれば理解してもらえると思います。



タイム1分50秒77

下手くそ過ぎて目標の50秒は、切れませんでしたがメッチャ楽しい車に生まれ変わったのは、
間違いありません^0^

これから脚のセッティングとタイヤのグレードアップでタイムも下手くそながら頑張って行きます!


Posted at 2018/01/08 12:42:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | シビックtypeR FK2 | 日記
2017年12月31日 イイね!

今年も色々ありました~

今年も色々ありました~今年も残すところあと数時間になりました。
もう今から焦ってもどうしようもないので、ブログでも書きます(笑)

シビックにとっては激動の一年だったような気がします。
念願だった冷却系パーツの装着やら、スピリットさんの車高調装着等々
色々やりました^^;

でも、一つやり残したことが有りました。
それは以前に組み込んだLSDなんですが、どうもしっくりこないんですよ!
FFの事が良く分からず、安易に1.5way選択したのが間違いだったようです💦
アクセルのオンオフで、車体がふらつく減少が起こってしまい、高速で車線変更や
コーナーの進入でかなり恐ろしい思いをしていました。

今年中に何とかしたかったので、何時ものガレージSSさんに無理を言ってしまいました(笑)
今回のメニューは、1.5wayから1wayに仕様変更とイニシャルトルクをアップさせて貰う事です。

でも折角ミッションを下すのだから、同時に出来る事は無いかと思っていたのですが
そこで前から気になっていた新型シビックの軽量フライホイールに交換する事に決めました。

まだ誰も交換した方が居ませんので装着出来るか不安だらけでしたが、
パーツ自体もそれ程高価なものでは無かったので、これは勢いで逝くしかないと思いました(爆)
案の定フライホイールの厚みが異なり、クラッチディスク&カバーも交換する羽目になってしまいました(´;ω;`)
それでも純正部品なんでそれ程高くなかったので不幸中の幸いでした。

先ずFK2純正の重量が、約21キロ

新型の重量が、約16キロ

約5キロの軽量化になります。







出来上がる迄は、相当不安でしたが無事に装着出来たそうです。^0^
LSDも吊るしのイニシャル3キロから9キロになりました。

出来上がったのが28日の夜になってしまいました💦
翌日に鈴鹿に行く予定だったので流石に焦りました(笑)

感想は次回のブログで報告しますので宜しくお願いします。

最後になりましたが、皆様には今年一年大変お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。






Posted at 2017/12/31 18:16:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | シビックtypeR FK2 | 日記
2017年11月20日 イイね!

S2000の近況について

S2000の近況について久々のS2ネタです(笑)

思い返せば、6月に納車されてから何日家のガレージに止まっていたかと?
記憶にございません(笑)

先ずは車両の仕様は21年式のtypeSなんですが、前のオーナーの拘りで
標準仕様のEPSからわざわざVGS(ギア比が変わっていくやつです)変更しているのと
標準でついているVSAを只のABSユニットに変えていました。
VSAのキャンセルはまだ理解できますけど(;´Д`)
納得して買ったはずなんですが、やはり早速ですがVGSがどうも体になじめません!
なんせロックツーロックが1,4回転で少しハンドルを切るだけでタイヤが大きく動いてしまうため、
車庫入れさえ上手く出来ませんでした(笑)

初めは我慢してましたけど、限界を超えた為標準EPSに戻すことに決断しました。

これが泥沼の始まりでしたが💦
部品は全て運よく中古品でそろえる事が出来たのでラッキーでしたが、
そこからが大変でした。
こんな面倒臭い作業を快く?受けて下さる(笑)ガレージSSさんなんですが、
余りにも配線を弄ってしまっている為、配線図が無いとできないと言われたので、
そこから整備書をこれまた結構な値段でしたけど、運よくヤフオクでゲット!
一口では言えませんが、色んな困難があった見たいですが一つづつクリアしていき
何とか走れるようになりました^0^

気がつけば早8月、やっとサーキットが走れると大喜びで鈴鹿に出掛けましたが、
束の間でした(´;ω;`)
今度はなんとエンジンチェックランプが点灯、コース上で急にエンジンが吹けなくなって
超焦りました!
その時は原因がわからなかったのですが、後々調べて行くとどうやらABS廻りで異常が
発生しているみたいで、VGS以上のトラップの始まりでした。
テスターではVGS関係で、キャン通信不良が起こっているらしいのですが決定的な原因は分からず。自分の予測ですが、多分VSAの信号が標準のABSユニットの為に発信出来ずにメインECUが、
エラーを感知してるような気がしました。
ここからが2択なんですが、ECUをABSバージョンに取り換えるか若しくはVSAユニットを純正仕様に
戻すか、悩みました*_*
悩んだ末選択したのがVSA戻しです。
理由は、ECUを変えても完全に治る保証も無く泥沼に陥る可能性が高いと判断
後は一般道を走る時に自分の歳を考えると反応も鈍くなってきているように感じていますし(爆)
VSAが有る方が安心かなと思い踏切ました!
これもまた運良く中古品で揃えられたのでラッキーでした。
やっていくうちに驚く事実が判明(;´Д`)なんとABS車両側の配管が間違って刺されており
ABSすらまともに働いていたかは怪しいです。
通りで鈴鹿のシケインで止まり切れずにオーバースライダーランを繰り返してしまっていたのも
理解できます。
なぜ純正通り配管をしなかったのか謎が深まるばかりですが、怪我の功名で早く気が付いたので
良しとします(笑)
まだ完全に復活はしておりませんが、もう少しで長いトンネルから抜けれそうなので少し
嬉しくなってます。

話は変わりますが、以前みん友さんにS2を試乗して貰ったところ、コレってデフ入ってる?って聞かれたので、
なんでと理由を聞くと、全然聞いてないでとの事でした💦
一応クスコのRSが入っているのにと思いながらも、自分では気が付かなかったので自分の
鈍感さに呆れてしまいます(笑)
なのでさきほどのVSA戻しで車を預けているついでに、又わがままを聞いてもらって仕様変更して
貰う事にしました。
RSスプリングの良さを残したままもう少し効きを上げる方法が無いかと模索した所、
ディスクのクリアランスを詰める所に行きつきました。
吊るしのイニシャルトルクは、5キロ程度しかなくワイドボディに10JJ265リアサイズには
役不足だったようです💦
試行錯誤で何とか13キロ程度まで調整して貰ってデフの効きは見違えるようになりました。
しかもRSスプリングの良いところはきっちり残して嫌なチャタリング音もほぼ出ませんし!
幾ら鈍感な自分でもハッキリ分かりました。(笑)


最後の部品が届くまで少し時間が掛かりそうだったので、車屋さんからS2を連れ出して、
みん友のトシスさんと箕面迄散歩に出かけました。



少し肌寒かったのですが、久し振りにオープンを堪能させて頂きました。^0^
コーナーもデフの効きが絶妙で激早の黄色のロドスタに辛うじて付いて行く事が出来ました(笑)
サル天でお会いした沢山のロドスタ乗りさん共楽しくおしゃべりができたり、
充実した一日になりました。


Posted at 2017/11/20 13:06:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | S2000 | 日記
2017年10月22日 イイね!

待ちに待ったブツが届きました~

待ちに待ったブツが届きました~季節外れの超大型台風が迫って、朝から大荒れの天候で気持ちもどんよりでしたが、

ついにその時は台風と共にやってきました(笑)

これが無ければ本当の意味でのサーキットを楽しむには不可欠な重要な部品に間違いありません。

しかしたかが車高調なんですが、750台と言う壁が常に立ちはだかりどのメーカーも尻込み状態で

全くと言うほど出てきません(´;ω;`)

辛うじて欧州メーカーK.Wからリリースされておりますが、高額かつ倒立&全長調整式でないのが

どうも気に入りませんでした。

この度A・P・Jさんが、PAYAさんのFK2をサーキットに持ち込み徹底的に走り込んだデーターに基づいた

減衰及びバネレートを反映した倒立&全長調整式仕様で商品化して頂きました。

スピリットさんと言えば、最近メキメキとレース界では頭角を現せてきている本物のメーカーです!

全ての部品をメードイン・ジャパンでそろえると言う拘りようで品質も最高レベルです。




勿論フロントのアッパーマウントは、キャンバー調整式ピロボールが付いてきます。


しかも極太の超高剛性!



バネレートはフロント16キロ

バネレートはリア12キロ



何と言っても外せないのが、コレ!


キャンセラー付です。
FK2乗りの方はご存知だと思いますが、減衰が走行モードで変化するアレですが、
ダンパーをただ外すだけでは、チェックランプが点灯してしまいます。
コレ点いたままだと気持ちも萎えますよね~(笑)
でもコイツが厄介者でタダの抵抗ではチェックランプは消えてくれません。
実は一番この厄介者をやっつけるのに苦労されたそうです!

製品の開発中に判明したことなんですが、FK2のデュアルアクシスストラットの構造上
通常のストラット式よりもショックアブソーバーの取付位置が、大分上に上がっている為に
ショックアブソーバーの全長が短くストローク量が少ないと言うネガが有り当初は正立式で
開発が進んでいたのですが、これでは車高を思ったより下げれないと結論に至り、やむなく
倒立式に変更されました。
気がかりなのは、やはりコストアップに依る価格の上昇が避けられないのが唯一の問題でしょうか?
まぁ自分的には、剛性が上がりバネ下重量の軽減に有利な倒立式は大歓迎なのですがね~

余談ですが、スピリットさんの話なんですが純正ショックにダウンスプリング仕様は、
確実に底突きしてるらしいです。

首がなぐくなる程待ち侘びましたが(笑)
予想を上回る品質に満足しています^0^

早く装着して走りたいです~
Posted at 2017/10/22 16:53:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | シビックtypeR FK2 | 日記
2017年09月28日 イイね!

FK2 クーリングテスト サーキット編

FK2 クーリングテスト サーキット編9月24日に念願だったレーシングラジエーターとコンデンサーの装着テストに
セントラルサーキットに行って来ました。
もう少し早く行きたかったのですが、ふとラジエーターが冷えても純正サーモスタットが邪魔をして
今更ながら気が付いてしまい(笑)早速BADMOONさんにお願いしてローテンプ加工を、
施して頂きました。
出来上がったのが走行テスト2日前で車屋さんに持ち込むには時間的に無理が有りましたので、
DIYで交換したのですが、ケースにサーモをセットするのに手こずりまぁまぁ大変でしたが何とか
装着する事が出来ました。*_*

当日は朝一番に乗り込もうと張り切っていたのですが、まさかの寝坊ww oh my God
慌てて家を飛び出したら会員証の入った免許証入れごとを忘れてしまい入場料無料のはずが、
1000円損してしまいました(笑)

寝坊のお陰で朝一の枠は断念して、2枠目でテストに挑みました。
何周か走って見ましたが、クーリングして水温84~5℃最終コーナー回ってメインストレート
から全開スタートでストレートエンドで93~4℃一周全開アタックで103℃でした。
これでも前回走行した時よりも確実に8~10℃近くは下がりました!
デフィーメーターのピーピー警告音が鳴らなくなりました(笑)




ほぼタイムテーブル的には合ってると思いますが、合成する技術が無いので別々にアップしてます。
デフィーメーターは少し見難いです(;´Д`)

走行枠が終了した時に何か物足りないなぁ~?そう言えばクーリング時のボトムの水温が
さほど落ちて無い事に納得がいかず考えてみたら、思い出しました^0^
Naotekさんに作って頂いたファンコントローラースイッチを入れるのを忘れてました!
って事でもう一枠走る事にしました^^;

スタートしていきなり驚いたのが、ボトムの水温が75℃迄下がっている事に気が付きました!
何とそこから全開にして一周走ってもまだ89~90℃、更に踏み続けて二周目走り切って
ギリ100℃
FK2でサーキット走って今迄経験したことが無い感覚!
75℃からの加速は、本当に気持ち良くトップエンドまで回ってくれて今迄水温が高い状態では、
どことなくパワー感が薄いと感じていたのですが、これが本当のポテンシャルを出していると実感出来ました^0^


これが二周走り切った動画です。
残念ながらデフィーメーターのカメラのスイッチが入って無かったのでありません(´;ω;`)

APJさんプロデュースのオイルクーラーとレーシングラジエーターとコンデンサー&
バットムーンさんのローテンプサーモ&Naotekさんの強制ファンコントローラースイッチ
三種の神器+1のお陰で、やっとこさサーキットをガンガン走らせる事の出来る車になりました!
嬉しい限りです。

ワンオフに近いパーツばかりですが本当に役に立つものばかりだと思います。

後はスピリットさんの車高調を待つばかりです💦

何とかタイムアタックシーズンには全て間に合いそうなので凄く楽しみです~

最後になりましたが、今回お会いできた皆様ありがとうございました。
またお会いできる事を楽しみにしております^0^





Posted at 2017/09/28 11:24:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | シビックtypeR FK2 | 日記

プロフィール

「何とか付きました^^;
色々問題は有りましたが、初期ロットと言う事で
仕方ないか~(笑)
超絶カッコ良いから忘れます💦」
何シテル?   10/31 19:27
おざoza です。よろしくお願いします。 FK2シビックtypeR購入をきっかけに何時の間にかHonda好きに(笑) BMWも凄く良い車なんですが、貧乏性の...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

カレラRSさんのポルシェ 993 RS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/26 16:55:17

お友達

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
納車から早2年色々弄った結果、こうなりました(;^ω^) 限定車と言う特殊な運命を受けて ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
サーキットメイン車両として購入しました。 購入動機は、軽量・2シーター・FR・前後重量配 ...
日産 スカイラインGT‐R NRS33SP (日産 スカイラインGT‐R)
10年間所有しました。エンジンブロー2回思い起こせば友人のBNR32と競争した時に置いて ...
BMW M3 クーペ CSL (BMW M3 クーペ)
2017.8.2にお別れしました~ 改めて良い車だったと思います。 限定車と言う事も有り ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.