車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
株式会社プロト4輪パーツブランド                   PLOT NEWS(プロトニュース)


NEOPLOTフットレストバー&ペダルシリーズ  パーツレビュー(フットレストバー)
 パーツレビュー(アクセルペダル)  

NEOPLOTのホームページへ(ネオプロト)                        SWAGE-LINEのホームページへ(スウェッジライン)
 NEOPLOTライトウェイトプーリーシリーズのページへ          スウェッジラインのHPへ
パーツレビュー  →フォトアルバムへ                      パーツレビュー

NEOPLOTEXのホームページへ
(ネオプロテックス)               DCUATRO(ディーキャトロ)のHPへ(ディーキャトロ)
NEOPLOTEX Fエンジンオイルのページへ            グランドエフェクターのページへ
パーツレビュー                                    パーツレビュー  フォトアルバム

AREA86カスタマイズパーティへ
プロト製品は、こちらのAREA86店舗でもお取扱いいただいています。 

 フットレストバーコーナー店リスト


  プロト公式オンラインストア(順次掲載中)もあります。

(ネオプロテックス) F エンジンオイルシリーズ 好評販売中!

 【開発エピソードはこちら】
 1.開発その1(ベースオイル)          2.開発その2(C60フラーレンの効果)   
  3.開発その3(粘度グレードと油量設定)   4.F エンジンオイルの製品紹介
   5.定番在庫の店舗様は、おすすめスポットでご紹介中!
    6.みんカラ パーツレビュー         7.車種別油量表はこちら (油量の多い車両のみ掲載中)


【 イベント情報 】                                  プロト4輪ブランドTOPページ
◆ 4月2日(日) レブスピードミーティング in 筑波サーキット に出展決定!
 
ハイパーミーティングは今年からレブスピードミーティングに名称が変わっております。

 → レブスピードミーティングのHPへ  → 出展社情報へ  → イベント情報

◆ 4月8(土)9(日) スーパーオートバックス246江田(神奈川県) のイベントに参加!

◆ 4月15(土)16(日) スーパーオートバックス大宮バイパス(埼玉県) のイベントに参加!

◆ 4月22(土)23(日) ZEROMAX東海本店(岐阜県)のイベントに参加!

◆ 4月29(土)30(日) スーパーオートバックス東京ベイ東雲(東京都)のイベントに参加!


【 新製品情報 】
・NEOPLOTアクセルペダルNEO(トヨタ アクア&ヴィッツ用)
・NEOPLOTフットレストバーNEO(スズキハスラー)
・NEOPLOTブレーキペダルNEO/スバル車&トヨタ86用
・NEOPLOTフットレストバーNEO/ミツビシ ランサーEvo.7-9/Wagon(CT9A/CT9W)用
・NEOPLOTフットレストバーNEO/ミツビシ デリカD:5(CV#W)用

・SWAGE-LINEブレーキホース/ブラックスモークホース仕様(300車種以上)
・NEOPLOTブレーキペダルNEO/トヨタ車


【 重要なお知らせ 】

NEOPLOTオプションウェイト(NP91110)自主回収・交換実施のお願い
※NEOPLOTオプションウェイトをご使用の方へのご案内です。↑テキストをクリック

NEOPLOTフットレストバーNEOシリーズ一部商品における「取扱説明書内の誤記」に関するお知らせとお詫び
※対象品番NP74270・NP75270(アルト/HA36S)、品番NP74220・NP75220(プロボックス/NCP5#等)

・NEOPLOT ブレーキペダルNEOシリーズ一部商品における「付属品間違い」のお知らせとお詫び
※対称品番NP71310

◆ プロト四輪オリジナル  Facebookページへ  Twitterページへ
イイね!
2012年03月16日
F エンジンオイル開発その1(ベースオイル)
F エンジンオイル開発その1(ベースオイル) みなさん、こんばんは。

プロトの青木です。

いつも見に来ていただきまして、ありがとうございます。m(__)m

いや~ (^^ゞ

久しぶりの更新になってしまいました。

今週も販促物やホームページ制作に追われています。

新製品のホームページ公開は、発売直前になる見通しです。



さて今日は、4月5日(木)に発売するエンジンオイルのお話し。




NEOOPLOTEX(ネオプロテックス)Fエンジンオイルシリーズ!





このオイルの開発は、みんカラに参加する相当前から行っていたものなので開発中のリアルな記事を書くことができませんが、過去を振り返りながら少しずつお伝えしようと思います。


とりあえず今回は、ベースオイルの取り組みについて。


ネオプロテックス F エンジンオイルシリーズ 』は、どちらかというと一般的なオイルではなくスポーツ志向の特殊なオイルになります。
それだけにベースオイル作りには、こだわりを持って取り組みました。


皆さんは、エンジンオイル交換をした直後に、

『 お~!エンジンがよみがえった~!! 』

『 レスポンスが良くなった~! 』

『 気持ちいい~!! 』

なんて思ったことはありませんか?

そして、

『 このフィーリングが長く続けば良いのにな~!? 』

と思ったことも。。。

交換初期に感じた性能が長続きしないオイルが多いのも事実ですよね。

その原因の多くはベースオイルにあります。


私たちが、今回のエンジンオイルに求めたもの、それは、

 ① エンジン本来の性能を発揮させること

 ② エンジンを長期にわたって守り続けること

 ③ エンジンレスポンスが体感でき、そのフィーリングが持続すること

です。

①②は、現在販売されている高価で高品質なエンジンオイルであれば、値段相応に納得できる結果がでることでしょう。
③に関しても初期の体感だけであれば同様のことが言えますね。しかし、それを長期間維持することは簡単ではありません。

特に③については、フィーリングですから個人の感性の部分もあり全員が体感できるとは言い切れないという突っ込みどころがあります。

体感という、数値にし難いものは取り組めない!

という意見もありますが、それはそれ。人間の感性にも、うったえかけるモノづくりにチャレンジしました。だって、人間は感情の動物ですからね。


エンジンオイルの基本性能は、ベースオイルで決まる言っても過言ではありません。
だからこそベースオイルにもこだわったわけですが、独りよがりになって突き詰めてしまい、結果として高価すぎる製品になってもいけませんので、そこはバランス感覚?を持って。。。

と言いたいところですが、経営陣からすると、たぶん利益が無さすぎという結果になってしまいましたね。  (^^ゞ

でも、そこはクルマ好き、バイク好きが集まっている会社!
良いモノを提供するためなら、ということで奮発?してくれました。

一般的に販売されている5,000円~8,000円程度の化学合成油のほとんどは、VHVIというベースオイルだけで作られています。
それでも潤滑性能としては問題はありませんし普通に使う分には十分かもしれませんが、それでは今回の目的は達成できません。

今回のベースオイルに採用している基本的な成分は、ポリオールエステル、ポリアルファーオレフィン、VHVIとなります。
それぞれ総称で書いてあるだけですが、実際にはグレードがあります。
高品質な成分を使えば使うほど高価になりますが、そこは納得がいくレベルのものをつくるためですので仕方ありません。走りこんで納得ができるところで決めました。

もちろん、もっと良いとされる成分もありますが、いわゆるコンペティションユースのオイルをつくる訳ではないので今回は見送りました。( テストはしていますが・・・(^^) )
お値段が高くなりすぎたら、私も買えませんので。


言ってはいけないことかもしれないけど、利益だけを考えればVHVIだけにしたかった。。。


けど、最初からVHVIだけにするつもりもないし、実際にテストを繰り返すなかで乗り比べてしまうと、その選択は無し!
だって、性能が全然違うんですから。


でも、テストしたってことは、一瞬、悩んだの?

って聞かれそうですが、、、実際、利益のことを考えると悩みましたね。 (^^ゞ


でも、今回の開発目的を考えれば妥協はできませんでした。自分に嘘をつくのも嫌でしたし、会社も理解してバックアップしてくれました。社長に感謝です。

そして、こだわるほどに配合する成分のグレードも上がり。。。コストも上がることに。。。

でも、その分、私たちは気持ちよくなれましたよ~。(^.^)  ←これが大切!?


何より、強力で厚みのある油膜によりエンジン各部をしっかり保護することができますし、それが感じ取れる安心感があります。そして、高負荷走行時における油圧の安定性を確保することもできました。

ほぼ開発が終わっているのに、気になることがあって強行スケジュールで行ったサーキット走行評価の時なんかは、いきなり25週連続走行、ピットに戻ってチェック後、15週連続走行、ピットイン、15週連続走行・・・ということを繰り返して油圧変化を確認しました。
かなり過酷なことをしましたが、それでも油圧は、油温118℃で6.0kと安定していました。まぁ、タイヤとブレーキ、そしてドライバーは疲れきっていましたが・・・(笑)


いろんなテストをする中で、けっこう驚きだったのが、評価者の一人が、「寒い朝のエンジンの始動性でも違いが感じ取れた」と言った時ですね。

比較するという意識をしていたからかもしれませんが、違いが分かったようです。

実際に低温始動性を評価するCCS(コールド・クランキング・シミュレーター)粘度試験の数値で比較すると、これがハッキリとでました。





上の表は、CCS粘度試験の数値で左側がVHVIのみ、右側がFオイルのベースオイルの開発途中のものです。
粘度2.5w-40のSというグレードのものですが、0WのCCS(-35℃)6200以下という基準に対し、VHVIのみは 6790 で、Fオイルは 3710 となります。
単純に数値が低いほど始動性が良いと言えます。

ちなみに、上記の数値は開発途中のものです。
S 2.5w-40の最終的なCCS粘度値は、3790 になりました。

上記のようなエンジンオイルの代表性状を示す、密度、動粘度、粘度指数、流動点、CCSなどの数値は、ホームページで公開していきます。

ホームページは、現在、制作中ですので、まだ見られませんが...早めに作りますね。 (^^ゞ



だいぶ長くなってきましたので、今日は、この辺でおわりとさせていただきます。


『 ネオプロテックス F エンジンオイル 』には、まだまだ特徴がありますので、次回、私が書くときには、飛躍的なエンジンレスポンスを実現し、さらにエンジン保護性能を強化することができたナノテク物質について書いていきたいと思います。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。 m(__)m

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタムへ
にほんブログ村
関連情報URL : http://www.plotonline.com/
ブログ一覧 | 開発 | 日記
Posted at 2012/03/16 20:51:35

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2012/03/16 21:58:24
いつもすみません。オイルの特性、非常にわかりやすい説明でした。
自分の興味はあのC60フラーレンの特性及びオイルに対するナノ分散テクノロジーです。
詳細は秘密でしょうが、自分の仕事でも同様なことを実はしていまして参考になる範囲で構いませんので苦労話を是非お聞きしたいと思います。
早くフラレーンを試したいです。
コメントへの返答
2012/03/16 22:07:09
こんばんは。青木です。
いつもありがとうございます。
大変なお仕事をされているのですね。
参考になることを、書けるかは分かりませんが、次回は、C60フラーレンについて書きたいと思います。でも、どこまで書いてよいのか悩むところですね。f^_^;)
2012/03/16 22:16:37
こんばんはです。

LIBERALには営業電話出来たでしょうか? w^^w

1缶送っておいてください・・・無理か・・・ですね・・・笑

今月中には現在のOILの使用距離が5000超えてしまうんですけどぉ~~

OIL作りの拘りが感じられ興味があります☆

次回入れてみたいです^^

コメントへの返答
2012/03/16 22:29:03
こんばんは。青木です。
あ〜!電話してないです。(^◇^;)
でも、営業担当のかねいわがフォローしてくれてるかも。

1缶と言わず100缶ぐらい送り込みましょうか?
ノルマになっちゃうかも…

試して欲しいですね〜。(^^)

2012/03/17 09:45:22
当たり前のことかもしれませんが、オイルの開発でもいろいろな苦労があるんですね。

小生の愛車のような、過走行車でも特性を発揮してくれればいいんですが。

発売されたら使ってみたいと思います。
コメントへの返答
2012/03/17 10:05:53
おはようございます。青木です。
15万キロ越えのBH5レガシィでもテストしてますから大丈夫だと思います。でも、いりぼうさんの愛車だと、10W-50がおすすめですね。冬は、サーキット走らないなら、7.5W-40でいいと思いますが。ぜひ、お試しくださいね。(^^)

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「【イベント情報】レブスピードミーティング in 筑波サーキット 4月2日(日) に出展! http://cvw.jp/b/1393205/39494813/
何シテル?   03/22 12:03
株式会社プロトのオリジナルパーツ部門のブログです。 ブログ名は、“プロト オリジナルパーツ”です。 クルマとバイクのオリジナルパーツを中心にご紹介してま...
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
車種、ジャンルに関わらず、情報交換をさせていただきたいので、お気軽にお友達になっていただければと思います。よろしくお願いします。 m(__)m
543 人のお友達がいます
轍疲労轍疲労 * EVOMANIAEVOMANIA *
す けす け * ホットロードホットロード *みんカラ公認
MOTORHEAD☆ケン太郎MOTORHEAD☆ケン太郎 * RUNNERVXR200RUNNERVXR200 *
ファン
301 人のファンがいます
愛車一覧
スバル BRZ スバル BRZ
トヨタ86とスバルBRZ、この2車種が、今後のクルマ業界に何をもたらすのか・・・ 発表 ...
トヨタ ハイエースバン 3型前 DCUATROデモカー! (トヨタ ハイエースバン)
DCUATRO(ディーキャトロ)ハイエースパーツを装着したデモカーばりの車ですが、お仕事 ...
トヨタ ハイエースバン 1型 DCUATROデモカー! (トヨタ ハイエースバン)
ディーキャトロのデモカーとして、一通りのチューニングを施してあります。 バンとは思え ...
スバル レヴォーグ 商品開発車両(VMG / VM4) (スバル レヴォーグ)
商品開発および適合確認のためのスバル レヴォーグ です。 2.0GT-Sも1.6GT- ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.