• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
当スクールに参加する受講生・関係者について、一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標とする標語として「injured ZERO」を掲げ、「安全運転を、楽しく学ぶ」スクールです。


平素より当スクールをご支援、ご協力頂き、ありがとうございます。この度、injured ZEROプロジェクトが国土交通省から後援をして頂けることになりましたことをご報告いたします。

今後も、ひとりでも多くの方に、injured ZEROを伝えていくとともに、取り組みにご参加頂ける様に努めてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

injured ZEROプロジェクト NPO法人 KEEP ON RACING

Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局




太田哲也ドライビングレッスン事務局のブログ一覧

2015年10月31日 イイね!

【NCG】日産エクストレイルハイブリッド開発主管東倉伸介さんインタビュー

【NCG】日産エクストレイルハイブリッド開発主管東倉伸介さんインタビュー東京モーターショー、皆さん行かれる予定はありますか?

私は、プレスデーにお邪魔してきました。

いろいろ写真を撮ってきたので、またそれはお伝えしたいと思います。



本日、ご紹介するのは、

NCGメンバーによる、日産エクストレイルハイブリッド開発主管の東倉伸介さんインタビューです。





ぜひ、ご一読ください。
よろしくお願いいたします。



NCGサポーター/事務局 oki



※NCG(Next Car Generation)とは、学生含めた20代メンバーが、横の世代にクルマの魅力を伝えるため、メディアとして発信する活動をしています。太田哲也校長が顧問としてサポートしています。
Posted at 2015/10/31 11:36:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015.9.19袖ケ浦 | クルマ
2015年10月26日 イイね!

同乗者に優しい運転を!

こんにちは!事務局のキミキです。

自動車を持っていると、自分以外に人を乗せて運転する場合も多々あるかと思います。
運転の上手さが問われる場面ですが、一番やってはいけないのが同乗者を車酔いさせてしまう事ではないでしょうか?

そこで今回は、太田校長に聞いた同乗者に優しい運転についてご紹介します!



「レーサーのエピソードとしては恥ずかしいのだが、僕は子どもの頃、よく車酔いした。今ではもう平気だが、それでも車酔いを誘発しやすい運転手の車に同乗すると、工夫したらいいのに、と思う。とくに、ミニバンの様な背が高い車両はふらふらするので注意が必要だ。

そもそもなぜ酔いやすいのだろうか?目でみた感じや身体にかかる感覚と、実際の動きが違ってくると酔いやすくなるのだという。このメカニズムを理解すれば、酔いにくい運転方法が見えてくる。つまり、同乗者に予測させてあげればよい。

まずブレーキングは、ぎゅっといきなり踏まず、踏み始めは軽めでそれから徐々に強めていく。加速をするときも、アクセルをガバッと踏まないで、踏み始めは少しにして(ペダル5mm程度)、それから加速する。同乗者に次の行動への心の準備を与えるのだ。」

車での移動はとっても楽しいものだと思うんですが、車酔いしてしまったら台無しになってしまいますね。もちろん本人の体調とかにもよりますが・・・。

これから紅葉などを見にドライブや旅行に出られる機会もあるかと思いまので、太田校長のアドバイスを活かして楽しい旅路を!

--------------------------------------------------------------------

【募集開始】Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON

12/20(日)袖ヶ浦フォレストレースウェイ

もちろんスパタイGPも開催!

概要ページはこちら

--------------------------------------------------------------------
2015年10月24日 イイね!

サーキットで安全運転を学ぶとは!?

こんにちは!事務局のキミキです。

今回は太田校長がモータースポーツの意義について触れた言葉をピックアップしてお届けします!


☆☆…*…*…*…*…☆☆

(なぜサーキットでドライビングレッスンをするのか?という問いに対して)

「運転がうまくなり、走りを極めていけば、それが安全につながる。そのためにはサーキットでクルマの挙動や自分の運転操作について知ることが必要。それが理解できるようになれば、公道走行での安全にも大きく役立つ。」

☆☆…*…*…*…*…☆☆

当スクールのレッスンには、参加する方のスキルに応じてクラスが分かれています。
その中でもトップに位置するのが「スパタイGP」です。

スパタイGPは1台ずつのタイムアタックという事で、初級者から安全にモータースポーツを楽しみつつ、スポーツとしての本質を押さえた内容となっています。

12/20に第6戦が募集中ですが、未エントリーの方はこの機会に参加してみませんか?

--------------------------------------------------------------------

【募集開始】Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON

12/20(日)袖ヶ浦フォレストレースウェイ

もちろんスパタイGPも開催!

概要ページはこちら

--------------------------------------------------------------------
関連情報URL : http://www.sportsdriving.jp
2015年10月22日 イイね!

ドライビングの盲点!?ハンドルの握り方

こんにちは!事務局のキミキです。

ドライビングレッスンの座学では毎回、交通安全の重要性やマナーを中心に様々な講義が行なわれています。

さらに一歩踏み込んだ内容として、車の挙動の力学的な解説や、走行にあたっての具体的なアドバイスや注意点などが語られます。

その中でも今日は「ハンドルの握り方」についてピックアップ!

太田校長いわく、
『皆さんは、どの指に力を入れてハンドルを握る?親指?人差し指?
私に言わせれば、どちらも間違いなんです。』

『竹刀もラケットもそうだけどハンドルはとくに、小指と薬指で握るべきです。
そうすると、力が腕の下側を通って肘を抜け上腕三頭筋に入る。
この筋肉は強いので、ハンドルを切る時に非常に楽です。

反対に親指と人差し指で握ると、腕の上側を通って上腕二頭筋から肩にかけて力が入り、素早い動作がしにくい。肩こりの原因にもなってしまう。

ハンドルを握る時は小指を意識しましょう。』




正直、ハンドルの握り方といったら「リキみ過ぎず、適度に添える感じで・・・」みたいな漠然とした事は教わりましたが、そんな意識すべき事とも思っていませんでした。

それで、このお話を聞いて早速実践してみました。
この「小指で握る」というのは、シートに浅く座る様な“だらけた”姿勢だと逆に疲れてしまうんですね。

小指を意識してみると・・・背筋を伸ばし、しっかりと腰をシートにつけて脇が軽く締まった良い姿勢を自然と作ることに。
車の操作系統の位置関係ってずーっと昔からほとんど変化がありませんが、よく出来ているんですね。

小さなことでも意識を変えれば安全に繋がる!という事で、今日も安全運転で行きましょー!


--------------------------------------------------------------------

【募集開始】Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON

12/20(日)袖ヶ浦フォレストレースウェイ

もちろんスパタイGPも開催!

概要ページはこちら

--------------------------------------------------------------------
2015年10月17日 イイね!

安全に上手く、その結果速くなるには?

こんにちは!事務局のキミキです。

前回、9/19に開催したドライビングレッスンで印象的だった太田校長からのアドバイスをご紹介します!

アドバンスクラスとスパタイ参加者に対して、フリー走行の合間にアドバイスタイムが毎回開かれているのですが・・・


参加者からのアンケート調査で多かった「ブレーキの使い方について知りたい!」という質問に対しての太田校長の回答で、


「速く走ろうとすると、ブレーキを詰めたくなってきます。しかしブレーキングポイントを詰めてタイムを良くするのは安全マージンを削っているだけで、運転の上達には繋がらないし、いつかコースから飛び出してしまう。ABSが効いたら失敗だと思ってください。」

という言葉がありました。

運転が上手くなった結果としてタイムが良くなるのが理想ですが、いざサーキットで走っていると忘れがちではないでしょうか?
私自身もサーキットを走ったりするので、この言葉には思い当たる節がたくさんありました・・・。


最後に太田校長より皆様に一言!

「車の運転とサーキット走行は別物。運転歴が長くてもゼロからのスタートになる。でも、ゼロからどんどん伸びるのもクルマという機械を使ったモータースポーツの面白さ。サッカーや野球と違って相手は自分です。やればやるほどタイムがよくなってゆく。プラスする喜びを感じて欲しい。」

--------------------------------------------------------------------

【募集開始】Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON

12/20(日)袖ヶ浦フォレストレースウェイ

もちろんスパタイGPも開催!

概要ページはこちら

--------------------------------------------------------------------
みんカラセレクト

プロフィール

「【開催終了】inured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA×ホリデーオート ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA http://cvw.jp/b/1394387/39768757/
何シテル?   05/14 12:03
太田哲也スポーツドライビングスクール事務局です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ファン

128 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 4C TEZZO 4C (アルファロメオ 4C)
アルファロメオの新たなフラッグシップモデル、アルファロメオ4Cをベースに、太田校長のプロ ...
日産 セレナハイブリッド 日産 セレナハイブリッド
話題の最新モデル、日産「セレナ」が1/14(土)開催「 injured ZEROプロジェ ...
フィアット アバルト・500 (ハッチバック) ABARTH TEZZO MTF (フィアット アバルト・500 (ハッチバック))
小さくて可愛らしいフィアット500のホットモデルであるアバルト500をベースに、“待って ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) TEZZO WR (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
太田校長プロデュースのゴルフ7GTIこと、TEZZO WR! ラグジュアリー路線でのカス ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.