車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2006年02月28日 イイね!
「バカヤロー」昭和28年の2月28日、衆議院の予算委員会のことでありました。

西村栄一議員(西村真悟のお父さん):首相は国際情勢を極めて楽観しているようですが、どのような根拠にもとづいてのことなのでしょう?
吉田茂首相:アメリカのアイゼンハワー大統領もイギリスのチャーチル首相も同様の見解を持っています。
西村:私は欧米の政治家の意見を聞いているのではない。日本国首相として答弁されたい。
吉田:私は日本国総理大臣として答弁したのである。(明らかに西村が喧嘩を売っていることが分かってきたため、やや語尾が震える)
西村:首相は興奮せずに答弁されたい。
吉田:無礼なことを言うな。
西村:何が無礼だ。
吉田:無礼じゃないか。
西村:質問しているのに何が無礼だ。日本の総理大臣として答弁できないのか。
吉田:バカヤロー!
ここから抜粋させていただきました。なお、議事録がWEB上に公開されていて、実際にはもっと言葉の応酬の多い議論だったようです。「バカヤロー」は不穏当発言として棒線で消されています。ちょっと笑ってしまいました。)

この「バカヤロー」は答弁席で吉田が叫んだわけではなく、ちょっとつぶやいたのがたまたまマイクに乗ってしまって皆に聞こえてしまったとのこと。でも、さすがに「バカヤロー」はまずかったらしく、これがもとで現職首相の懲罰動議が可決される前代未聞のことが起こり、それから内閣不信任案までもが結局は可決され、この年の3月14日に衆議院が解散されたのが「バカヤロー解散」と今でも呼ばれています。さらに驚くのが、この解散後の選挙で吉田の自由党は過半数割れしたものの、他の政党の協力を取り付け、この後2年近くも首相を務めました。

この吉田という人は終戦直後に7年間ほど首相を務めました。吉田内閣の時代に今の憲法が作られ、サンフランシスコ講和条約、日米安保条約が結ばれ、戦後の基本路線を作った人といっても過言ではありません。それらの政治的業績以上に人間的にもの凄く面白い人で、ボクが生まれる前に亡くなった人なので直接見たことはありませんが、残っている逸話などを集めるとそれだけブログのネタに困らないほど魅力溢れる人だったそうです。顔も強烈だし。いかにも頑固そうですな。

当時はテレビがまだなかった時代。今のように国会が生中継されるような時代では「バカヤロー」なんて言おうものならニュースやワイドショーで24時間流されるだろうから、そりゃ大変だったでしょうね。でも、「頑固なジイサン」として逆に人気も上がったかも。

小説吉田学校 第1部
戸川 猪佐武著
学陽書房 (2000.10)
通常1-3週間以内に発送します。


吉田茂諷刺漫画集
清水 崑画
吉田茂国際基金 (2005.9)
通常2-3日以内に発送します。


吉田茂
吉田茂
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.28
原 彬久著
岩波書店 (2005.10)
通常24時間以内に発送します。
Posted at 2006/02/28 11:45:50 | コメント(3) | トラックバック(3) | 徒然なるままに | 日記
2006年02月27日 イイね!
お友達になってくれているかぶくまさんがついに判子を押して「はじめてのMyカー購入奮闘記」も大団円。スイフトスポーツを選んだそうです。ボクもAT車を試乗させてもらったことがありますがいいクルマでした。

ちょっと前まではクルマを買うときは、特に初めてなら結局はディーラーが近いとか、知り合いの紹介とか、そういうので決めていた人が多いんじゃないかなあ。情報も少なかったし。今はネットなどで情報も氾濫気味で、情報量が多いから逆に悩むなんてこともあるかもしれませんね。トラブルの情報まで簡単に出てくるし、そういうのはこれから買おうとしている人には大きな情報なので、どんなことがその人の購入意欲に関わるか分からないようになっています。売る方も大変だな。

かぶくまさんのスイスポは4月になるそうです。購入記をずっと読ませてもらっていただけに、納車後の感想も楽しみです。
Posted at 2006/02/27 11:17:22 | コメント(2) | トラックバック(1) | 気になるクルマ | 日記
2006年02月24日 イイね!
女性専用カングータクシーイギリスでカングーを使った女性専用のタクシーが登場したとか。gurieさんのブログで知りました。その名も

「ピンクレディーズ」

若い人が支持してくれない、じゃなかった知らないかもしれないけど、ボクたちの世代では歌のイントロが色々と頭の中を巡り始めるような名前ですなあ。別にファンだったわけじゃないんだけど、毎日一回はどこかのテレビで見ていたから、自然と頭に残るくらいの、それは凄い状況でありました。

さて、ここここによれば、このタクシーは女性がいろいろな被害を受けることが多いからこういうのを始めたとのこと。運転手も女性のみ、会員登録して車内で現金のやり取りをしなくていいように予め運賃をデポジットしておくような仕組みになっているそうです。そうするとタクシーとしての認可を必要としない地域も英国にはあるそうです。日本にこういう仕組みのはあるのかな?

最近ヨーロッパへ行ってないから分からないんだけど、向こうではカングーやあるいは似たクルマ(プジョーのパルトネールなど)がワンサカ走っているだろうから、ボクが思っているほどは目立たないのかなあ? ピンクはやっぱり目立つよな。
Posted at 2006/02/24 11:50:10 | コメント(2) | トラックバック(1) | カングー | 日記
2006年02月23日 イイね!
新型ルーテシアの記事本国の方では既に評価は高いとのこと。日本での発表は3月1日だそうで、All aboutにはもう日本仕様の試乗記が出ていました。1.6lのエンジンで右ハンドル、4ATか5MTだそうですが、今までの1.2lのような小さいエンジンのものも入れたらいいのにと思います。

ちょっと気になったのは3ページ目にある、

「ハンドリングは、いままでのルノーとひと味違う。ステアリングを切った瞬間にクルマがスッとインを向いてくれるようになったのだ」

というところ。今までのはそうじゃなかったの?

日産のマーチなどと同じプラットホームだそうですが、ルノーだとどういうクルマになるのか楽しみなところです。
Posted at 2006/02/23 11:14:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2006年02月22日 イイね!
カングーに限らず、ラテン車には原色系が似合うと何度か書いたことがありますが、それを証明する写真がありました(こちら)。それにしても凄いショットだなあ。黄色のバルケッタ、オレンジのカングー、赤のアルファの何だろう? これだけ並んでいても違和感がしない、不思議で強烈な絵であります。

オートリーゼンさん有名ですね。こちらでカングーを買った方のブログもいくつか拝見しています。一度訪ねてみたいですね。
Posted at 2006/02/22 11:20:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー | 日記
プロフィール
かつてカングーに乗っていました。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2006/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
NINJA TOOLS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/01/31 16:58:10
 
なかのひと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/01/28 18:36:00
 
リスト (by BlogPeople) 
カテゴリ:いつもありがとう
2005/11/29 11:15:07
 
お友達
「世界に広げよう友だちの輪!」って今は言ってないのね。古いかな。お気軽にどうぞよろしく。
54 人のお友達がいます
chintachinta * yamaken89yamaken89 *
お杉お杉 * セフィローセフィロー *
kureakikureaki 葉っぱぱ葉っぱぱ
愛車一覧
ルノー カングー ルノー カングー
オーセンティック・5MT 排気量は1600 色はインテンスブルー
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.