• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タケウチのブログ一覧

2017年11月13日 イイね!

おかやまマラソン2017走ってきた。

おかやまマラソン2017走ってきた。昨年は誤当選に一喜一憂し、今年は無事当選。コレに参加するために今まで頑張ってきたのは過言ではないと思います。生まれ育った岡山で、しかも岡山のド中心を走れる唯一の機会と、人生初フルマラソン参加を絶対おかやまマラソンでと決めておりました。そんな大会前日の受付から、走れる嬉しさ半分。そして緊張と完走できるかの不安が募ってきました。今まで”何とかなる”的にやってきましたけど、こればっかりは体ひとつでするモノなので、当日の朝まで不安でたまらんかったです。
当日は4時にビッと起き、おにぎりを3つ食い地元駅一番の電車で岡山へ(岡山県民は岡山市内に行くことを何故か岡山へ行くと言う)岡山駅に着き、勝負靴をバックに入れてたのですが、今着てるジャージ上下が入らないので、コインロッカーで練習シューズから勝負靴に履き替え、シューズをロッカーに投げて、ZIPアリーナに向かいました。この時足に違和感があり、朝じゃし、まだ脚もこなれてねーから気のせいじゃと。

会場まであと半分くらいの距離で、インテのツレのフサーンから電話があり、朝からセコンドwとして久々に付いてくれました。これで少し不安も消えいつもの冗談の飛ばし合いで整列時刻を過ごしました。

整列は俺はDブロックでそのブロックの先頭を陣取ることができました。8時45分のスタートまで小1時間ありましたが、結構早く流れたと感じます。今から思えば。ZIPアリーナ入り口から国道53号の丁字路まで16000人を超えるランナーの群衆は壮快そのものでした。

そして、8時45分のその時

On Your Mark

パンッ


!?隣近所のランナーと『鳴ったか?今の』とか聞き合い、そんなんでスタートw無論最初はウォーキングです。清心町の交差点手前くらいでようやくジョギングくらいに流れました。俺がスタートライン踏むまで4分掛かりました。スタートしてからは、とにかくテメーの立てた作戦通りで”焦るな焦るな”と言い聞かせ沿道の人たちや街並みを楽しみつつ市街地を走りました。とにかく10kmまではすぐでしたね。10km過ぎてからは国道30号を南下していき、平坦な道が続きます。ここでペースを1速上げ調子よく折り返しまで走りました。折り返しポイントの前から両足の小指に違和感を感じていて、これが痛みに変わってきやがりましてね、あと半部以上あんのにココでかっ!とここで4時間切りの目標は諦めました。そして、折り返してしばらくしたら、一緒に走ってる有森裕子さんが、中央分離帯で奇声を上げて皆に元気づけしてましたwスンゲー声でw流石引退したと言えどメダリスト。話し戻して朝の足の違和感はここで本性を見せました。ここからは行けるところまでイーブンペースで。あとは最大の難所、岡南大橋を歩かずして越えるために、少しペースダウンし脚と相談しながら走りました。岡南大橋頂上にいたおっちゃんが『ここが頂上じゃぁ!!あとは下りじゃ頑張れ!!』の声援を全身で感じました。息がシンドイとが全くなく、足の小指痛みがネック。岡南大橋を渡り、残り10km。32km差し掛かる所でとうとう歩いてしまいました。これまでいくら辛くても歩くことはしなかったのですが、ここで30kmの罠にかかった模様です。もう1回歩いてしまえば、人間ってのはグータラなもんで、根性で走り出すもしばらくすると、また歩いてしまうんですよね。練習で30km走した時も折れることがなかっただけにホントに俺自身が悔しい。太ももやふくらはぎはまだ余力が少しあっただけに、残りの10kmは歩かずしてゴールを切りたかったです。それでも根性で少しすり足になりながらも6分20秒ペースで走り、沿道の声援はますます増えていき、正直ホンマ泣きそうに何回もなりました。そんな声援でこんなプラカードもったおばちゃんが↓

『今晩の1杯の為に完走しよう』

だったか、

『今晩のビールはうまいはず』

ってのが目に入り、ある意味色々限界来てるのにこの男、これに反応して

『おばちゃん!俺、今晩飲み散らかすけーな!!!』

そしたら、俺の後ろの居ったねーちゃんも

『私も呑む!!』

とか。

寸劇ですが、やはりキツイのはキツイ。足裏が限界を超えてる模様。残り5kmの沿道で個人的にエアサロンパスやコールドスプレーでアイシングとケアをして下さる方がいて、少しでも紛らすために散布し気力を振り絞り走り出し。新鶴見橋を渡り、あともう少しもう少し走りましたが、ここで右ふくらはぎが『ビキッ』と。イカンっと思い、歩いて立ち止まりアキレス腱伸ばし、再び走り出し。鶴見橋を越えるとやたら黄色い声援が。ココは女子高前で合法的?に女子高生とハイタッチをしつつ、ガッツポーズ。ほんまに限界来てるのに、このおっさん、エエカッコしーでwま、これで最後の山陽本線越える高架を越え、ほんとにあともう少し。このもう少しが長く感じるのはそこまで走って来た者にしか分からない世界。とにかく長い。走ってるのに長い。ゴールのシティライトスタジアムに入り、トラックは着地で痛みもすこし和らぐので、笑顔だったか、よくわからないツラして無事ゴールラインを踏む事ができました。無意識に出た言葉は

『やったー』

この一言が参加を決意して2年間を凝縮した言葉なんだなと。タイムは↓


グロスで4時間27分11 ネットで4時間23分11でした。

初フルマラソン完走だけでなく、サブ4.5達成してました。歩いた割に。とにかく、タイムよりも完走できた事をまず喜びました。仕事の関係でなかなか練習に割く時間はなかったりしましたが、フィニッシャータオルをかけてもらい、完走備前焼メダルを掛け、バナナクリームロールと大手まんじゅう頂いたところで、『俺、頑張った。うん。』と納得させ、やり切った感をあらわにしました。腰下いたることがガタガタになった体で、手荷物預かり+着替えて、ツレとこれまたガタガタなのに歩いて岡山駅近所の風呂屋へいきました。

これで終わらせるのではく、これからまたスタートです。ってか、果然やる気が湧いてきました。故郷の岡山で来年第4回大会でサブ4(4時間切り)を目標にまた練習再開です。2月に吉備路もありますしね。今回フルマラソンンに参加して、いろいろ自身の弱点も分かった事もありますし、シューズ選びの再選定しないといけない事がわかりましたしね。

しかし ま、沿道の声援がホンマ凄い事。こりゃ、来年の当選も狭き門になりそうですね。

いやーホント楽しい大会でした。



関係ないが、はよ雪降らんのか?
Posted at 2017/11/13 18:22:15 | コメント(8) | トラックバック(0) | 走。 | スポーツ
2017年10月22日 イイね!

第23回スコラ高原クロスカントリー大会走ってきた。

第23回スコラ高原クロスカントリー大会走ってきた。この週は、また新人教育で横乗りとか、続く雨で往生しておりました。辛うじて金曜日は雨も上がったので晩に13キロほどランニング。蒜山の疲れ抜けとか丁度良かったですね。で、ですね、いつもはロードですが、今回誘われてクロカンに参加した訳ですが、誘った本人が募集期日過ぎて参加できないとか言う、ちばけた(岡山弁でふざけたの意)事をしてましてね、結局1人参加です。コース図も事前公開なく、RUNNETのレビュー見る限り、不整地6の整地4と言う情報しか手に入りませんでした。あとほぼ平坦路はなしと。

前の週の蒜山に続き今回も雨。そして不整地を走る事なので、とにかく転倒だけは気を付けようと思いましたね。距離的に8キロなんで余裕~とスタート前までフカしてましたが、泣きを見ることにw

コース図↓

受付して、タブレットでググル地図で確認しようと思ったのですが、道が載ってなく全くの未知数。そしてどれだけアップダウンが続くのかも不明。まさに参加したもんしか分からないレースw

予定通り10時半に号砲ではなく、カウントダウンでスタート。8キロなんで、スタートしてからエエペースで行きました。

が、下ったと所で、鋭角にに登坂。そして泥濘(でいねい)林業の軽トラかクローラー運搬車が作ったわだちができており。無論水たまり。田舎兼業農家で泥濘走る事くらい容易いじゃで?舐めんなよ?イエッフー!!とかノリノリでタッタカタッタカ行きましたが、コースのアップダウンが激しい。下りは、そのぬかるみで足を滑らせないようにしたりとか、とにかく脚にモロキますwさておき、序盤は良かったんですよ序盤は。5キロくらいまで、丁度良いペースのおっちゃんについて走ってましたが、終盤に差し掛かり、コースを知らないだけに脚を使い切った上に心拍も限界。コース途中の法面的な所で滑落しそうなところもあり、結構ハードw結局そのおっちゃんに付いていけず、しばらく一人旅。残り2キロくらいで、後ろから
『心が折れそうじゃーーー!!』
『もうリタイアしてぇーーー!!』

と叫びながら来たおっちゃんに、、なんか元気をもらいつつ、『いや、おっちゃん、そう言う割に、俺追いつけんしスパートかけとるがな』と思いながら食らいついて行き久々にヒーヒーゼェーゼェー言いながら最後の登坂(もう終始キツイアップダウン)登り、グラウンドを半周してゴール。タイムは手元の時計で43分ん秒。やはり山ん中を走るだけあってGPSの測位が微妙な所もあり距離が全然合ってなかったですが、スタートしてからの時間は時間なので、このタイムだと思います。

終わった後は温泉につかり、BBQを食って早々と退散しました。

いや、今回初クロカンでしたが、雨ってのもあると思いますが考えてる以上に体力使いますね。今日の疲労度は先週の蒜山以上w色んな意味で鍛えられた大会でした。しかし、テメーの中で何か納得しないので、来年も参加します。

疲れた・・・。なんか同じような所をグルグルしてるようで苦痛でしたね。コースが頭に入れば組み立てもできるんですがねぇ・・・。でもまー、楽しかったですよ。

あっそうそう、帰って荷下ろししてたらお土産が
Posted at 2017/10/22 16:41:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 走。 | スポーツ
2017年10月15日 イイね!

第36回蒜山高原マラソン全国大会走ってきた。(ハーフの部)

第36回蒜山高原マラソン全国大会走ってきた。(ハーフの部)やはり最初に参加した大会と言うのは、テメーのベンチマーク的になるので、今年も走ってきました。今年は週中にバラ卸の仕事当たったりとかで、火曜にランニングしてあとは雨で全く調整できない状態で本番を迎えました。おまけに雨と風と来たもんだ。

残念ながら岡山としては珍しく1週間通して天気が悪い日が続き、結局本番の日曜も雨な訳になりましたけど、考え方を少し変えて、『冬も吹雪いてる中、お前ぇ、ボードするじゃろうが?』的な事を思い、ちょっと違う気もしなくもないが今回出走しました。雨のレースも経験としておくもの良いかと思いましてね。対策としては、脚の防寒対策でタイツ。(久々にワコールのCW-X着用)上はアンダーアーマーのTシャツで、その上にゴミ袋に穴をあけたものを着用。どうせ、雨降ってようが汗だくになるし、別に何もせんでもエエかな?と思いましたけど着用しました。あと登山に使うモンベルのハットwキャップは持ってないから。

今回はグロスタイムで2時間切りとペース変化の心拍数の変化。それをチェックしつつ、おかやまマラソンに向けての調整として走りました。

いかんせん、ずっと雨でストレッチするだけでやっとで、軽くジョクギングやウォーキングができず終いで10時30分号砲とともにスタート。昨年参加と、ここで2回練習してるものあり、最初の5kmくらいは抑えながらも隙をついて前に出るようにしました。5kmを過ぎてから丁度良いペースの人について行ったり、または隙を突いて前に出たり今回は結構テメーのペースで行けることができました。で、今回思ったのは登坂での失速が大幅に抑えられてる所ですね。下り坂も坂道ブースト掛かることなく、自身でペースをコントロールし、オーバーペースにならないように走りました。折り返しを過ぎ、昨年よりかなり楽な感じがしたのでペースを上げて行きました。

が、

残り5kmくらいでまた雨脚が強くなったばかりか、風も出てきやがりましてね、少し心が居れそうになりましたわ。ゴミ袋ポンチョを10kmくらいで破り捨てて走ろうと思ってましたけど、そのままにして正解で、雨濡れと汗を風で冷える事をガードでき、のこり2キロでさらにスパート。

フィニッシュゾーンが普通のマサ土の運動場で雨でエライ事になって一瞬躊躇しましたが、臆せずブッチギリでゴール。

そんなんで、今回グロスで1時間57分16秒で2時間切り達成できました。雨風と高低差がキツイコースとしてが上出来かなと自画自賛。昨年より3分タイムUP。最後に躊躇せず突っ込んでたら57分も切れてたかもですね。

お気にのOnがこんな事になってしまったがな(トレランかw)
靴よりもデリカのフロアの汚れが嫌だったりする俺がいるw

今年は雨でしたけど、自分が想定したペース配分で走れたレースだと思います。参加賞の蒜山おこわを食って、ジャージー牛乳を飲み干し温泉に浸かる事無く、ストレートに家路に付きました。で、地元のローソンに寄った所丁度↓

ゾロ目。

帰宅して、シューズを湯洗いして陰干し。来週の帝釈峡クロカンに使うので・・・。

今日走った後クールダウンストレッチしてないせで、身体がバキバキ・・・・。風呂入ってもダメだね。
来週も頑張ろう。
Posted at 2017/10/15 17:42:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 走。 | スポーツ
2017年09月24日 イイね!

2017チェリッシュジムカーナ第5戦 外・中の人。

2017チェリッシュジムカーナ第5戦 外・中の人。峠アタックから帰り、その週はまた北上し仕事で新潟まで。流石に週末は連休になったので、峠アタック後のビートのチェック+24日のチェリッシュジムカーナ第5戦の準備をしました。まー、バタバタしとった週ですが、金曜帰りなり、晩はランニング(雨喰らいながら)翌日、カメラやその周辺機を収める小さいタッパーを買いに。そのあとビートの整備。例年なら軽トラで出る所ですが、今年はバシッとビートを整備して2週連続のスポーツ走行に挑みました。なんか、軽トラで今年は2回のジムカーナをしたのもあるのか、前回ビートで参加して操るうえで何か開眼し、面白くなって来たんですよ最近。そんなんで、峠アタックや長距離仕事後やマラソン練習など踏まえた上でのチェリジム第5戦です。

コースはこんなん↓
今回?も社長考案のコースらしいです。スタート直後のパイロンは3本スラロームではなく、変則的な物。動画でチェック。慣熟歩行でコレのイメージが全く湧かなかったのですが、デミオのにゃさんにアドバイスを頂戴し。なるほど納得と練習走行へ。このアドバイスが効き、少し車が暴れるも、『ビートだからできる』事を実践?できたつもりです。ま、あとはグダグダだったがなw



そんなんで第1ヒート。スタートからそつなくこなし、パイロンセクション。ここで迷ってリズムが崩れた挙句、テメーのグローブを掴んでしまい、半脱げ。無論右のサイドも失敗+オーバーランして大失敗。それに気を取られてか、復路の小さいおにぎり回りでツッコミ過ぎwグローブの中の手はさながら妖怪人間ベムのようだったと本人は記憶(俺も世代ではなく、再放送世代だが分からん人はググれ)の、割にタイムはそこそこ。





かるあおさん不在でN村さん撮影ありがとうございます。

失敗しなければ、タイムは狙えそうなかんじでしたね。前回の1本目みたい。しかし、ペナルティ1.多分最初の変則パイロンスラロームか?脱出で結構キワかったのと、今日はジャッジが厳しいのでとられたのかも・・・・。当てた感じしなかったんだけどねぇ・・・ま、仕方なない。

昼は毎度のココイチでカレーをテイクアウトし、一人で黙々と食って、再び慣熟歩行へ出かけようと思ったらタイムアウト。進行も早く、歩けず終い。台風で冠水してて、路面がホコリっぽかったので、全車一巡したあとの路面をチェックしたかったのでけど、そのもできず第2ヒートへ。

とにかく、失敗しないのとパイロンエリアは焦らないことを心に決めスタート。





今年のビートでのジムカーナは臆せず攻め散らかす事を重点に置き攻め上げました。そのせいでパイロンタッチ2喰らい撃沈。この時は1本目のタイムのペナルティは知らなんだので、入賞はできると思っていたのですけど、ペナルティ2でまたエッセのとぐおーさんに負けてしまいました。生タイムなら2位でしたが、俺の定義はミスコースしないパイロン・脱輪ペナルティ受けないが絶対なので、生タイムが良くてもペナルティ喰らえば意味がないんですよね。これがジムカーナの面白い所でもあり、恐い所。しかし、果敢に攻めてのペナルティなんで俺としては結果より走行あとの爽快さですね。峠アタックのうっぷんを晴らすかのよう。動画ではガックリ首をかしげてますがww

これで俺の今シーズンの4輪活動は終わりました。次戦は岡山マラソンと日程がかぶり、来月はハーフマラソンとクロスカントリーマラソンと2回テメーが走るイベントを入れております。あとは毎度の冬の活動を準備するのと、ビートを来シーズンまでに長期リフレッシュ計画をを考えておるので、勝手ながら今回で締めです。消し屑にしたタイヤもあるので、突発的に灘崎には行くと思います。

あ、そうそう。今回こんなイカス車が参加してました↓

KP61スターレット
超絶カッコええ。すんげー綺麗なKPでしたよ。ってか、前後ちゃんとバンパーついてるのはあんまり見ない。大概外さてるうえにオーバーフェンダーの4AG仕様とかなんでw

参加されて方々お疲れ様でした。次戦は欠席ですが、12月の表彰式でお会いしましょう。
Posted at 2017/09/24 18:28:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムカーナ(ビート) | クルマ
2017年09月18日 イイね!

2017峠アタック第4戦。

2017峠アタック第4戦。例年通り、今年も群サイを走ってきました。今年こそは秋晴れの下で走行できるかと思っていたのですが、なんか狙ったかのように台風が発生し、その煽りを受けて結局今年も雨となってしまいました。
流石に4回目の群馬行きで、特に道中ネタがあった訳でも作った訳でもなく、普通に?行ったつもりですw湯沢~苗場~みなかみの三国峠は楽しかったです 色んな意味で。
第4戦のコース設定は過去2回走った逆走ロングコースです。コースは毎度ながらnobさんの動画をガン見(マッハのクロスが入ってるので)イメージ作り。と過去のテメーの脳内イメージ。コースは大体頭に入ってるので・・・す・・が
ま、とにかく調子に乗って落ちんようにw


参加台数も少なく、トラブルもなく進行はスムーズ。練習走行1回目は3本走れました。4~5本行けそうな感じでしたが、リアのパッドが連続使用に適してないのと、集中力も切れかけそうだったので、終了10分前に帰還。Goproのバッテリが内蔵式でモチもあまりよくないので、外して充電。それがいけなかったのかよくわかりませんが、Goprpが熱暴走のちフリーズ。リカバリーできず、ここで戦線離脱。撮っていた練習走行2本目の動画です↓

まだ手探り状態でしたが、晴れてたら、ホンマ5速吹け切りそうですね。とりあえず、この動画はタイムアタック時との比較動画です。

練習走行2回目前に、Alainさんがお越しになり、2年ぶりの再会となりました。さらに渋さが増してきてるナイスミドルですw1時間ちょっとくらいでしたが、内容の濃い話ができたかと思います。峠アタックは年中行事に必ず入れておりますので、また来年もお会い出来たらと思います。

そして、練習走行2回目。新品の71Rがエエ感じになってきたのと、テメーの調子も上がってきたので、フロントのセットをすこーし変えてタイムアタックに向けての調整しました。毎度ながら、『面白く』なってきたところなので、そのイメージのまま4本走って走行を終えました。名物?の3か所くらいの激しい路面のギャップも今年はフロントのバネレートを落とし、自由長も長いものに変更したので、ピッチングもさほど気にならなくなりました。しかし、まだ怖くて踏み切れませんがw

タイムアタックは30分切り上げでスタート。天気のせいで1本勝負と思っていたので、それなりに頑張る事に。

カメラ位置が突貫だったのでホワイトバランスがうまくいっておりません。少し霧掛かってたのもありますが。で、燃料がスタート前に微妙だったのが災いして、最後のドラム缶8の字で息つき症状ががが。なんとか失速せずゴールできました。タイムは4分11秒262 2年まえとくらべ6秒タイムアップ。

無事終わって、即行で帰り支度を始めたのですが、どうも皆片付ける様子がない。佐野さんが帰ってきたので聞いた見たら2本目もあるとのこと。ガソリンなみなみ入れてしまったわw

そんなんで2本目。年イチにしか走りに来れない群サイですが、これが今年の精一杯の走りです。


うむ。なんかやりきった感。燃料満タンの割にタイムアップし4分10秒655 果敢に上のギアを使って行き『少しヤバイ領域』に入りかけ、前半区間でテメーをセーブしてしまい惜しい所が。ただ、インデットを付きまくりすごく走ってて楽しかったですね。

今年も無事に群サイ『は』終える事が出来ました。問題は帰り。台風に向かって帰るので、どこで遭遇するかでしたね。幸い今年は進行も早く。14時半にはすべて終わり。15時過ぎには群サイを出発する事ができました。去年より出発が2時間早く。帰りは、例年通り長野の岡谷まで下道で帰り、岡谷から中央道~名神~中国~山陽のルートで。小牧辺りで風が強くなり、雨も激しく関ヶ原まで激しかったですが、滋賀の栗東あたりで台風の目に入ったのか少し穏やかに。大阪に入るとまたもや、強雨。毎度ながら給油のため豊中でおりて給油して宝塚から乗り直し。山陽道、三木小野から備前間通行止めの表示が。疲れのピークが来るところと、家まで1時間ちょいのところで降ろされるという。そして2号線でウチまで30分までの距離で事故。裏道を使い深夜2時半に帰宅。

なんか、毎年雨ってところが非常にムカつく所なのですが、来年は晴れる事を祈りつつ、また挑戦は続きます。来年はnobさんも復活するみたいですので、楽しみな所ですね。

ま、雨なら雨でも もーエエわww 去年の鬼雨に比べると今年は『屁』とも思いませんでしたわw負惜しみ

そんなんで、全ての方々お疲れ様でした。また来年お会いしましょう。

Posted at 2017/09/18 11:33:16 | コメント(4) | トラックバック(0) | 峠アタック | クルマ

プロフィール

「モデルチェンジした6を早速。吉備路の勝負靴にしよう。」
何シテル?   12/10 20:23
メインは地元の草ジムカーナに参加して車遊びを細々続けてます。あとは年イチで群馬遠征して『峠アタック』に参加してます。冬は冬で雪山にてスノーボードに没頭しており滑...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ミニキャブトラック ミニキャブみのりん (三菱 ミニキャブトラック)
ミニキャブトラックの農業向けグレード『みのり』さんです。 標準装備でパートタイム四駆、リ ...
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
ウィンタースポーツだけではなく、基本、アウトドア人間なので、アウトランダーよりパワフルか ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
自分自身が何をしたいのか?って考えた結果が このビート。 決して速いとかそんな部類で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.