• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

”とし”のブログ一覧

2014年09月27日 イイね!

トヨタ博物館 見学 その5 (終わり)


まだまだ写真があります。 またかよ!と思われる方がおられる中でしつこく出します。 ダイハツミゼットK111型です。 4丁目のXXとか言う映画にでてましたね。


キャロルクーペです。360cc V型2気筒エンジンのこれはギア車ですが2速オートマも有りました. 幼稚園の時に親戚に乗せてもらいましたが恐ろしく狭い後ろに座らされた記憶しか有りません。 これで田舎の非舗装路を走ったわけです。


シンプルイズベストはこれに関しては言いすぎですよね。 もう少し味を出せなかつたのでしょうか? でも名車です。


疲れてきましたので写真のみを・・・・


パブリカです。 800cc空冷エンジンを積みヒーターがあまり効かないのでオプションで燃焼式ヒーターが有りました。 親父が一時期このバンに乗っていました。

ダットサン1000ですね。


コンテッサ1300です。 アメ車のデザインの影響が見られます。


日野ルノーです。 フランスルノー社のノックダウン生産でしたね。


ブルーバードです。


コロナです。


日産セドリックです。 この時代では大変スッキリしたデザインでした。


クラウンです。 どこに行っても見かけた時代が有りました。


ファエアレディSP310です。


ホンダS500です。 発売されなかったですがS360, 一番売れたS800、クーペも有りました。 本田お得意のCVキャブを4連で積んでいました。


トヨタS800です。 前述のパブリカの空冷エンジンを軽量ボディに載せて前のホンダSとレースで活躍しました。 ワンオフレースも盛んでした。


フロンテです。 コークボトルタイプと呼ばれましたが理由は知りません。 このエンジンは調子がよければ普通車を十分に追いかけれました。 後のフロンテクーペにもこの優秀な3気筒エンジンは使われました。


ホンダN360です。 ノンシンクロの4足ギヤは独特の吊り下げシフトでコツがありダブルクラッチとヒールアンドトーを覚えるのに最適なくるまでした。 基本的にCB350の空冷エンジンの転用でした。


初代シルビアです。


10Aロータリーを積んだコスモです。 一度だけ陸送バイトで運転しましたがトルクは無かったですがレシプロエンジンとは別世界のエンジンフィールだったことを覚えています。


ベレットです。 これにはファストバックも有りましたが本当に見なくなりました。


117クーペです。 初期型は手作り状態で製造されたとかです。


スカイラインGTAだとと思います。スカイラインは詳しくないのでAとBの違いが分かりません。GTBが赤いエンブレムでウエーバーキャブだったのは知ってます。


観音開きですクラウンです。 勿論フレームのある車です。 それゆえに大変丈夫なのに生き残っているのは街中では見かけません。


これも「続4丁目のXX」に出てましたよね。 大変特徴的でかわいいです。バイクのように 2サイクルオイル散布エンジンですので青い煙をはきながら走っていました。


キャロルです。 4ドアも有りました。 たしかアルミブロックの4気筒エンジンをリアに横向きに搭載していました。大人しく見えますがこの時代にデザイン、技術、総合性能など一番バランス良くできた車と思います。


カローラ1100です。これのテレビ宣伝でその当時の対抗馬のサニー1000に勝つために、たった100ccの違いを「隣の車が小さく見えます」と言っていて私の小父さんが信じて買いました。。サニーのA型1000ccエンジンの方がフケ切るエンジンで良く回りましたので友達の中古サニーの方が楽しかったです。


セリカ・リフトバックです。 40年前に友人が持っていて冬の寒い朝にこのエンジンを掛けると自動チョークが掛かりソレックスのキャブからシューシューと特別な暖気音が聞こえた記憶があります。 それが特別でかっこ良かったです。


500台限定生産だったLFAが置かれていました。 現在の車は水性ペイントですので質の違いが多いにあります。
Posted at 2014/09/27 01:02:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月25日 イイね!

トヨタ博物館 見学 その4


ムスタングです。 確かその昔ステーブマックイーンがブリッドという探偵役でテレビドラマに出ていた時にこれに乗っていました。 本人も車も実にカッコ良かったです。


シトロエンDS4です。 ハイドロサスでしたね。


ムスタングの前にアメリカンミニカーが並んでいましたのでパチリ。


下段には年代が上の物より新しい1950年代戦後のミニカーが有りました。


これらはミニカーでは有りません。 国産旧車を見ようと3楷に上がって踊り場からポルシェなどをパチリ。 ミニカーに見えないこともないですね。


トヨペットクラウン RS 1955年式、つまりは昭和30年製です。


内装もシンプルでしたが機能美が有りました。 Bピラーが左に見えますが後部ドアは観音開きです。 このドアキャッチを見てください。 前後を同時に閉めても大丈夫なのでしょうか?


トヨタAA型 1936年式のレプリカです。正直前に映したアメ車のものまねですね。


トヨペットSA型 1951年製だそうです。 昭和26年製造ですから太平洋戦争終戦後6年目の車です。 ワーゲンと何かのアメリカ車の合体デザインにみえますね。 中国がよく日本車やドイツ車を真似していますが我々の先輩も・・・


筑波号だそうです。 1935年式東京自動車製造(株)製。


その内装です。 ステアリングがすばらしかったです。 この当時のウッドは削りだしでしょうか?


フライングフェザーです。 1955年式。


フジキャビン5A型です。 これも1955年式、昭和30年式3輪車ようです。 ドイツなどでは既にメッサーシュミットやBMWイセッタが戦後車として出ていたはずですが日本ではこの頃の親父達が遊園地のオモチャのようなデザインに真剣に取り組んだようです。


スバル360 K111型です。1958年から10年も作り続けられた名車です。ホワイトボデイは確か300kgを切ってそれでも4人乗りを作ったのです。

(まだ続く)
Posted at 2014/09/25 23:19:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月22日 イイね!

トヨタ博物館 見学 その3


ポルシェ356です。 いつ見ても良い車です。 フェルディナンド・ポルシェ博士は希代のデザイナーでも有ったのですね。


シボレーコルベットです。 このロードスターボディは驚くことに当時からFRP製です。


フォードサンダーバードです。 1955年/昭和30年製です。このサンダーバードシリーズはフロントバンパーの上に意味の分からない飾りが付いているので良くわかります。


メルセデスベンツ300SLです。 石原裕次郎さんが乗っていたことで有名なガルウイングドアです。 一度で良いから乗りたい一台です。


300SLのサイドシルは幅も高さもありスカートを履いた女性には乗るのが大変でしょうね。それがこの車の味というものでしょうね。このハンドルはポストのところの右側にピンが有りそれをスライドするとハンドルが下向きに折れるような感じで倒れて乗降性を上げています。 それでも大変そう。 かっこ良く足を入れるには足の長さがないとダメでしょうね。 悲!


ちょっと暗くてピンボケですがこの正面デザインが190SLに受け継がれて行ったのがよく分かります。


蟹目、オースチン ヒーレー スプライトです。 オースチン7の後継で作られた高性能車です。


ジャガーEタイプ ロードスターです。 60年を中心に15年で7万台も作られた車ですが下回りが錆びやすい車で有名です。


アルファロメオ1300GTジュニアです。ジュジアーロのデザインですね。その昔、 お金持ちのお父様を持つ友人が日本に1台の手作りアルミボディのこれに乗っていました。6年乗ってもヤナセが販売金額で買い戻したと聞きました。 希少車、最高。

突然の典型的バブルアメリカンカーです。 ピンクのキャデラックコンバーチブルです。 テールフィンが付いています。 この時代のアメ車の流行りでした。 イエーイ!

(まだ続く)
Posted at 2014/09/23 07:37:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月21日 イイね!

トヨタ博物館 見学 その2


1934年製のデソート エアフロー シリーズSEだそうです。 アメリカ製です。 デザインが素晴らしいです。


1936年製のフィアット500 トッポリーノです。 これフロント独立懸架で4輪油圧ブレーキだそうです。 イタリア恐ろしです。様々な後ろに映っている様な車を割愛しています。 全部をしっかり見ると家族からブーイングが飛んできます。


フロントのデザインから分かるようにシトロエンです。 世界初の量産型前輪駆動の車でシトロエン 11Bです。


バックガラスが2分割のタイプのフォルクスワーゲン38プロトタイプですが本当の初期型は確かもう少し伸びた形のはずです。


豪華ですね。 ブカッティ タイプ57Cだそうです。 この色の組み合わせはシトロエン2CVのチャールストンでも有りました。 良い色の組み合わせです。 オシャレです。


ランチア アストーラ ティーボ233Cだそうです。 ピニンファリーナのデザインボディだそうです。 曲線の中の直線に伸びが有り実に美しい。ピニンファリーナの様なデザイナーはもう出てこないでしょうね。


かの有名なタッカー48でわずか51台で終わった車です。


ロールスロイス 40/50PH ファンタム IIIだそうです。 この色は・・・乗れないです。


ジャガー XK120です。 これも美しいです。 安価でセンセーショナルな人気を巻き起こしたとか。私の好きなルーカスヘッドライトですね。実に良い。


言わずと知れたブリキの車と呼ばれたシトロエン2CVです。割り切った良さは気持ちの良いものです。

(続く)
Posted at 2014/09/23 00:02:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月20日 イイね!

トヨタ博物館 見学その1


トヨタ博物館に行って来ました。 先ずはこのボンネットバスが迎えてくれました。 子供達にも大人にも人気がありました。 私の 子供の頃にこれらが実働していた時には車掌さんが乗って居られ、巨大ガマ口状の斜め掛けカバンと独特な帽子がトレードマークで切符の販売から停留所案内までされてました。 いつからワンマンになったか思い出せません。


全体図ですが楽しく過ごせる様な案内図になっていました。 因みに私はトヨタさんの車は所有した事が有りません。 始めて行きましたが此処は素晴らしく綺麗な博物館でスペースも広くゆっくり車が見れました。 駐車場無料でしたが入園料金は支払いました。 一番驚いたのは旧車が沢山集められているのにそれ独特の匂いがしなかったことです。


レプリカですがベンツのパテントモートァヴァーゲンです。これって芝浦のヤナセにも置いて有りましたのでレプリカはかなりの台数が作られたのでは無いでしょうか?


1920年代のT型フォードの時代の車達です。 この頃のアメリカ人などは体格が小さかったのでしょうか? 車内が皆狭いです。


モーガンエアロだそうです。 オートバイ用のエンジンをフロントに置いた3輪車です。


ブガッティ タイプ35Bです。全長は3m82cmです。小さい方はモデルでしょう公道で走れそうな出来です。


シボレー マスター シリーズDAだそうです。 エリオットネスのアンタッチャブルの時代です。 素晴らしいコンデッションでした。

(続く)
Posted at 2014/09/21 23:00:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ドライブレコーダーの動画の初アップ http://cvw.jp/b/140596/40994765/
何シテル?   01/17 18:48
2013年12月に単身赴任先の東京でW113/280SLを手に入れ2016年2月に定年で神戸に持って帰りました。 車の残っている記録によると1970年11月製造...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

強行! 伊豆半島南下のロングドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/31 06:17:25
ローバミニ ブレーキマスターリペアキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/07 22:52:34
w113 時計修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/15 22:19:08

お友達

中年(壮年?)、貧乏、SL280乗りですがCLSとA4の仲間にも入れてください。
54 人のお友達がいます
ぽおる・ぶらっくぽおる・ぶらっく * kotarokotaro *
パパンダパパンダ * バスタブバスタブ *
Kana-Kana- * 三毛猫356三毛猫356 *

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ SL 還暦車 (メルセデス・ベンツ SL)
10年以上我が家の財務相を説得して2013年の暮れにやっと念願のW113 280SLを手 ...
メルセデス・ベンツ CLSクラス (クーペ) メルセデス・ベンツ CLSクラス (クーペ)
2007年4月に家族が全員乗れないという理由で楽しんでいましたSLK320から乗り替えま ...
アウディ A4 アバント (ワゴン) アウディ A4 アバント (ワゴン)
AUDI A4 Avantです。 燃費も良くここぞという時の性能も低速から良く効くターボ ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
車大好きで四駆、SLK320(R170)、お買い物車に乗っています。SLKは色々と触れて ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.