• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

clickのブログ一覧

2016年07月08日 イイね!

敢闘賞

敢闘賞ツール・ド・フランス2016 第6ステージ。

新城幸也選手(ランプレ・メリダ/日本)が逃げを引っ張りレースを先導、

終盤早々に集団に吸収されてしまったものの、

見事敢闘賞を獲得!

今年2月の落車・骨折からの復帰戦という事でどうなのかな?
と心配してましたが、そんな不安を一掃する満面のお立ち台。

感動をありがとう。



我が家の希少種 バっ子♀も祝福しております(笑)



さて、うちのKBワンですが、灰皿のフタのロックが壊れてしまったらしく、
常時開きっぱなしになってしまいました_| ̄|○


以前、お友達の書き込みで同じ事象を見た記憶があるので、これから探してみます。
確か、小さなラッチ部品の交換で治っ様な記憶が。。。

10年選手だからやむなし(@@;)
Posted at 2016/07/08 01:26:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | RoadBike | スポーツ
2015年10月18日 イイね!

チャリ走観戦

チャリ走観戦サイクルロードレースなるものを初めて観戦。

無料駐車場として指定されている道の駅にクルマを止めて、そこからは新生BD-1で5キロほど走って現着。

一応シャトルバスが運行されていたし、徒歩で向かう人もいたけど、やっぱりチャリでしょ。

といっても、最後の方はヒルクライムに膝が悲鳴を上げ、歩いて押してたのは内緒(@@;)

さすがは世界的な自転車の祭典だけあって、駐輪場の眺めも壮観。
スタンドの無いロードバイクの為に、サドル部分で引っ掛けるラックもズラリと並んでました。


ゴール地点脇にはコースを挟んでステージが設けられ、オーロラビジョンで実況しながらのトークショー。
前日のクリテリウムと違って何故か生中継が無いので、こういうのが無いと戦況がよく判らない。


山岳部を含む周回コースを14周するレースで、1周あたりのラップが17〜18分なので、当たり前ですがほぼその周期でしか選手の姿を拝めません。

なので、逃げとメインの各集団が走り去った後は、自ずと関連各社のテントをのぞき渡ってショッピングしたり、屋台で食事したりという事になります。
観戦料をとっている訳では無いので、こういう所でお金を落としてあげないとね。


で、集団がやってくると、ぞろぞろとコース沿いに人が吸い寄せられていき、声援を送るという感じ。


何て言うかこう、ほどよく緩い観戦スタイルが微笑ましい(?)
所詮あっという間に走り去ってしまうものだから、雰囲気を楽しみましょうって感じでしょうか。


チームSKYのジャギュワ(←欧米人はこう発音するらしい)かっけー。
さすがは英国のチーム、公式トランポもJaguarです。


ロードバイク積載用キャリアは吸盤フロント3発+リア1発。
こんなんで支えられるんですねー。


とはいえ、この大会ではどのチームも大会スポンサーのスバルなんだけどね(笑)


ゴール附近で9周まで楽しんだ所で、終盤は気分を変えて場所を移動。
少し下ったエリアへ行くと、沿道はガラガラでじっくり観戦出来ました。

で、途中まで逃げ集団を引っ張った、チーム右京の土井選手。
気迫のこもった走りは見事でした。


後を追うメイン集団の先頭はチームスカイのアイゼル選手。


追走するBMCレーシングの集団。


白いジャージーがカッコイイ、ブリジストンアンカーがその後を追う。
さすがにこんなに間近で観られると、選手の息づかいまで聞こえてきて、迫力満点!


そして我らが日本ナショナルチーム。
残念ながら新城幸也選手を撮れなかった。。。_| ̄|○


で、レースの行方はトレックファクトリーレーシングのモレマ選手が優勝、新城は惜しくも3位でした。
(私はゴール地点にいなかったので、ここだけ大会公式サイトのリンクから引用(@@;))


それにしても、あのツールドフランスのエッセンスを、こんなに間近で観戦出来るとは、何て素晴らしい事でしょう!
来年は是非ダウンヒルエリアのスピード感をこの目で見てみたい所です。

帰路はほぼ下りなので楽々ダウンヒルポタリング。
気持ちいい天気だったので、途中のたんぼ道で愛車BD-1の勇姿を収めておきました。


チェーンリングをノーマルの54Tから56Tに替えて初めてのヒルクライム&ダウンヒル走行したけど、やっぱりこの方がしっくり来ますね。正解でした。
あとは自分自身の筋力増強あるのみ。。。


道の駅に着いたらサクッと畳んでKBワンのトランクへポイ。
この手軽なパーク&ライドが心地良い^^
社外品チェーンリングへの交換に伴い、折りたたみ時にチェーンが外れやすくなったのが玉に瑕かな。
コツをつかめばある程度防止出来そうではあるけど。


帰宅後、何故かクルマとバイクの計3台まとめて軽く洗車。


さらに、グロムはチェーンメンテナンス(チェーンルブ塗布)も敢行。
充実の1日でした。
Posted at 2015/10/18 23:24:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | RoadBike | 日記
2015年10月17日 イイね!

BD-1アップグレード完了

BD-1アップグレード完了年に一度の国際サイクルロードレースウイーク到来!

初日のクリテリウムでは日本人選手がタイトル総なめの素晴らしい活躍でした。

それを記念して…という訳でもありませんが、ここ数週間にわたって敢行してきた、2nd自転車BD-1のアップグレードの記録をアップしておきます。

何せ15年落ちの代物、各部のサビや劣化が目に付いていた事もあり、パーツのアップグレードで見違える程に快適なマシンに蘇りました。

■チェーンリング&カバー、クランクの交換 →整備手帳



■ブレーキワイヤーの交換 →整備手帳


■ドラムブレーキをシマノDeoreXTにアップグレード →整備手帳


■ブレーキレバーもDeoreXTに、グリップをERGONに →整備手帳




総工費4.5諭吉って所でしょうか。
新生BDワン、これからもNワンやKBワンのラゲッジルームに載せてバリバリ活躍してもらいます。

Posted at 2015/10/18 00:30:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | RoadBike | 日記
2015年09月20日 イイね!

初めてのBD-1ツーリング

初めてのBD-1ツーリング朝9時半に渡良瀬渓谷鉄道の山奥側の駅に集合。

前の晩に装着したリクセンカウルの泥よけ兼用バッグと、
今回初投入のBD-1純正輪行バッグを装着した姿なり。

6人でのツーリングですが、ウチ4台はフルサイズのロードレーサー、1台は20インチ小径車、そして私の18インチBD-1という布陣。

ロードバイクの2倍の回転数を漕いでヘロヘロになりながら、30キロ程走った所でトラブル発生。
何と、前の晩にパンク修理したはずの前輪の空気が抜けている_| ̄|○

BD-1はもともと近所に出掛ける時の足としてしか使っていなかった事もあり、予備チューブは携行していなかったのですが、メンバーの一人に自転車に関してセミプロのお方がいたのが不幸中の幸い。

その場でパンク修理を実演してくれました。(手際の良さに感心)

パンク修理ではどうしても空気が抜けてしまう様だったので、20インチ用チューブをBD-1の18インチタイヤに組み込む荒技でどうにか復活。

いやーサイズ違いのチューブでも工夫すれば何とかなるものなのですね。
余ったチューブは綺麗に折り畳んで無理矢理押し込んでました。すごいアイデア。


そうこうしている内にとりあえずの目的地に到着。

さすがにフルサイズのロードレーサーに混じっての小径車参戦は無理があったし、私の整備不良車のせいで大幅に時間をロスしてしまったのは反省点_| ̄|○


まぁでも青空の下、なかなか気持ちの良いツーリングでした。


この後、駅に併設の温泉に浸かった後、輪行バッグに収納したBD-1を担いで渡良瀬渓谷鉄道に乗り、出発ポイントの駅へと戻る。


途中、いくつもの昭和な駅で数分停車。なかなか味わい深い。


駐車場に戻ったら、そのままKBワンのトランクに放り込んで帰路へ。

無事、自宅に到着。


いろいろと勉強になったツーリングでした。
すぐにBD-1専用タイヤチューブを何本か発注したのは言うまでもありません。

久々の自転車ツーリングという事で体力を相当消耗していたらしく、よ〜く眠れました。
Posted at 2015/09/27 04:38:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | RoadBike | 日記
2014年04月26日 イイね!

久々ポタリング

久々ポタリングGW初日。
天気も良いので、久々にビアンキを駆ってのんびりポタリング。

その道中、バイクショップの前を通り掛かると、以前から気になっていたホンダのオートバイ「GROM」が黄・赤・黒・白の全色並んでる。

思わずビアンキをその場に置いて、しばし釘付け状態。

やがて店内からバイク屋のオヤジが出てきて、いろいろ解説してくれた。

今年の4月にマイナーチェンジがあり、カラーリング変更と共に1万円値上げ。
このイエローは廃止だそうで。


で、新色はいくつかのパーツがボディ同色化され、ホイールが黒から金に変わったとの事。
ま、言われないと気付かないレベルかな。。。


パッと見目を惹く黄色と赤も良いけど、今回追加になったというホワイトもなかなか端正で捨てがたい。
このバイク、コンパクトなボディにカッコイイ要素がギュッと詰まっている凝縮感がいい。

とりあえずその場は、1万円安いイエローで見積書を書いてもらって帰宅。


とりあえず妻な人には
「ガソリン代がレジェンドの1/9で済むので、天気の良い日はバイク通勤にすれば数年で回収出来るんです」
と説き、稟議は無事通過。

明日ハンコ押せば、GWの谷間には乗れるらしい。
さて。。。^_^
Posted at 2014/04/26 22:46:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | RoadBike | 日記

プロフィール

「秋の箱根路 http://cvw.jp/b/14113/40729613/
何シテル?   11/19 00:09
車の皮をかぶったネコブログです
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

初めての新車なのに?!ナビはHUDを! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 21:45:20
新旧グロムの互換性について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/08 23:19:54
SEIWA コンパクトシートバックポケット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/20 09:24:59

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プチ・プレミアムがちょうどいいコンパクトハッチ。 やっぱりこのサイズのクルマは重宝します ...
ホンダ グロム125 グロメット (ホンダ グロム125)
ポタリング中にたまたま通りがかったバイク屋の店頭で出会い、20年ぶりのリターンライダーへ ...
その他 その他 平成ロードマン (その他 その他)
イタリアBianchi社のシクロクロス定番モデル「Lupo」 アルミやカーボン全盛の時 ...
ホンダ VTR250 My Son's VTR (ホンダ VTR250)
XELVISから1/4世紀の時を経て、再びVツインへとリターンしました。 Made in ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.