• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

clickのブログ一覧

2015年05月31日 イイね!

お助け隊

お助け隊土曜の夜、この春ひとり暮らしを始めたばかりの次男坊からLINEが。

マンションの鍵とオートロックのカードキーの入ったパスケースごと落として、先輩の家に泊まっているとの事。

いつかやるのではと思っていたが、わずか2ヶ月足らずでやるとは。。。_| ̄|○

という訳で翌朝、夫婦で現地へ急行の旅。

既に大家さんからスペアのキーとカードキーが届いており、しめて4千円のお支払い。
この際だからと、もう4千円払ってスペアをもう1セット発注。

カードキーが3千円もするのが痛い。

2ヶ月経過した部屋の様子は、まぁそれなり。


洗濯作業もだいぶ板に付いてきたかな。


せっかくなので親子で街散策を楽しんで帰りました。
思いがけず、梅雨入り前のドライブが出来たって事でヨシとしよう。

(追伸)
一週間後、落とした鍵一式は無事戻ってきたそうです。
やっぱり日本だね−。
スペア×2になってしまった。。。(@@;)

Posted at 2015/06/19 01:18:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月24日 イイね!

岬めぐり

岬めぐり相方がお友達とランチに出掛けると言うので、
これはチャンスとばかりに
超久々のガチツーリングにお出掛け。

いつの間にか沢山たまったバイク雑誌をパラパラとめくり、
目に入った岬特集の記事から福島の3岬に狙いを定めてイザ出発。


少々汗ばむ曇り空の下、一般道をトコトコとのんびり流し、
まずはひとつ目の目的地、鵜ノ子岬に到着。


ここは、茨城・福島県境に位置する岬で、
それはつまり東北地方の太平洋岸の最南端という位置付け。

まぁ、岬といっても何がある訳でも無く、
皆さんクルマを駐めて釣り糸を垂らしてました。

北茨城という事で、アンコウ鍋でもと思ったものの、
少々中途半端な時間帯だった為見送り。


次に向かったのが福島県は三崎という名の岬(@@;)

ここは岬がまるごと公園になっており、
最突端にある展望台で天然の大防波堤を望むことが出来る。


こんな断崖絶壁の岬なので、バイクを入れた記録写真は公園の駐車場で撮るしか無い。。。

同じ様な岬巡りライダーがいた様で、
展望台から戻ってきたらお隣の駐車区画にもヤマハのバイクが駐まってました。


いわき市内をさらに北上し、最後の目的地である塩屋崎岬へ向かう。
この辺りまで来ると、まだまだ復旧工事の真っ只中というエリアも多い。


塩屋崎岬は崖の上にそびえ立つ灯台があり、いかにも岬らしい。


ただ、その灯台の下へ行くにはかなり険しい階段を登らなければならないのでパスして、
ちょっと遠目から記録写真だけ。
ツーリングは走る事自体が目的なので、観光は最低限^^

という訳で、これにて本日のツーリングの目的は全て達成。


長距離を走ってみて、オーリンズのリアサスのメリットを実感しました。
とりあえずはデフォルトのセッティングのままですが固すぎず柔らかすぎず、
私には丁度良い案配。

気持ちの良い乗り味で、1日に500Km位の移動は十分いけます。


帰路、通りすがりの道の駅に立ち寄り、牡蠣フライを食す。
これがなかなかどうして安くて旨い。


やっぱりこういう気ままなのんびりツーリングは良いね^^


ちなみに今日の燃費は55.2Km/L。

山岳エリアではメーター読み70Km弱(実速度推定60Km強)で登っていくクルマに4速フルスロットル(!)で追走していた事を鑑みれば上々。

モアパワー!と心で叫んだのは初めてだったかな?
…結局、後続車がいる時は登坂車線へ退避してたけどね。

原付2種で懐にも優しいグロム最高。
Posted at 2015/05/25 00:58:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | GROM | 日記
2015年05月23日 イイね!

ガーデングッズ

ガーデングッズガーデングッズを扱う会社の株主優待で頂いたソーラーライトホルダー2種類。

肝心のソーラーライトは別売?同梱忘れ??
で入っていなかった為、amazonで別途調達。

その際、イマドキのソーラーライト関連商品の充実ぶりを目の当たりにして、元々の目的のソーラーライトとは別に思わずポチってしまったのがコレ。

ソーラーライト シルエットストーリー (ミッキー&ミニー)


ソーラーライトというと、ほんのり暗くて青白い光がひっそりと輝くのをイメージしてたけど、
これは温かい電球色が結構明るく灯ります。

しかも、ローソクの灯りの様に、揺らめくように灯る。

我が家のエクステリアにはローボルト電源ラインを通してあるので、
ソーラーである必要は無いのですが、これはこれでお手軽でよろしい。

箱から出して足をチョイチョイと組み立て、門柱上の鉢にグサッと挿すだけ。

これだけで、ちょっと温かい雰囲気をスパイス出来た。
しかもお値段1,845円也。


バッテリーは普通の単四ニッケル水素電池×2本なので、
寿命が来たらダイソーで買ってきて簡単に交換可能なのも気が利いてます。


【追伸】

近ごろ、帰宅するとヘルメット置き場がネコ共の寛ぎスペースになってる事多し。。。
Myヘルメットは床の上に追いやられてます(@@;)
Posted at 2015/05/25 01:29:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月17日 イイね!

春の剪定など

春の剪定など何年か前に剪定したハズのヒイラギが巨大に生長。

ヒイラギの葉っぱって、トゲトゲしていて痛いんだよね。
魔除けとも呼ばれているらしい。

ぼちぼち通行人にご迷惑をかける恐れが出てきたので、
思い切って剪定。…つーか、ほぼ伐採。

何年か前もこの姿にしたハズなのに、ヒイラギって凄い生命力。



そうそう、マニアック過ぎてあまり出番が無いPentax Qに、
純正の光学式ファインダーを装着してみた。


思いのほか見易いファインダーで、
これだけでググッと愛着が湧くから不思議です。

昨日の結婚式に連れ出して結構なショット数を撮ってみたけど、
屋外だと結構いい絵が撮れてました。 明るさ抑えめの室内はチト辛い。。。



この所、ネコ共のオヤツ要求が激しい。
みんな、目で訴えるんだよね−。


という訳で、大好物のモンプチのスープ。
週末だけのご褒美ね。



来週はグロムでちょこっと遠出ツーリングに出掛けようかと計画中^^

Posted at 2015/05/18 00:55:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | Diary | 日記
2015年05月16日 イイね!

久々ウエルカムプラザ青山

久々ウエルカムプラザ青山親戚の結婚式で都心のホテルへ繰り出したので、帰りがけにウエルカムプラザ青山で寄り道。

かれこれ一年以上来てなかったかな?

まぁ、これといって目的も無くブラッと立ち寄った訳ですが。。。

エレベーターを降りてすぐの所に、
あのHonda JETのディスプレイモデルが。


アピールポイントの翼上エンジン。


とりあえず目玉は木曜日に発表されたばかりのシャトルかな?
スーパープラチナ塗装を採用した新色がなかなか。


S660は赤と白の2台置いてあった。
やっぱりリアエンジンはくすぐられます。


でも、個人的にいちばん気になったのは新色グロムだったりする。
若干オレンジ寄りなイエローの新色がなかなかそそられます。


なめ回すように観察して、写真も多めに撮ったので、新機能フォトアルバムに放り込んでみました。

ひととおり見終わった所で、新色グロムとKC2レジェンドとS660を眺めながらのコーヒータイム^^


KC2レジェンドに心動かされながらも、まだまだKB1は大切な相棒。
σ(^_^)の行動環境を考えると、やっぱり全幅+50ミリ拡大がね〜。。。


今日は三社祭?
浅草界隈の街が異様な盛り上がりをみせてました。
Posted at 2015/05/17 01:08:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | Honda | 日記

プロフィール

「秋本番 http://cvw.jp/b/14113/40577286/
何シテル?   10/15 02:59
車の皮をかぶったネコブログです
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

初めての新車なのに?!ナビはHUDを! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 21:45:20
新旧グロムの互換性について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/08 23:19:54
SEIWA コンパクトシートバックポケット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/20 09:24:59

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プチ・プレミアムがちょうどいいコンパクトハッチ。 やっぱりこのサイズのクルマは重宝します ...
ホンダ グロム125 グロメット (ホンダ グロム125)
ポタリング中にたまたま通りがかったバイク屋の店頭で出会い、20年ぶりのリターンライダーへ ...
その他 その他 平成ロードマン (その他 その他)
イタリアBianchi社のシクロクロス定番モデル「Lupo」 アルミやカーボン全盛の時 ...
ホンダ VTR250 My Son's VTR (ホンダ VTR250)
XELVISから1/4世紀の時を経て、再びVツインへとリターンしました。 Made in ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.