• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

clickの"グロメット" [ホンダ グロム125]

3年経過記念の外装変更等(続編)

カテゴリ : 外装 > エアロパーツ > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2017年06月18日
1
タイHonda純正カウルに交換して、とりあえずマイチェン後のイエローに換装したものの、正確にはイエローの微妙な色違いでツートンカラー状態でした。

今回その部分をカーボン調のものに交換して、パッと見マイチェン後風なルックスにお色直しする事に。

一番上が現状の姿。

田中商会のカーボン調カウルに組み替えます。
2
基本的に背面のタッピングビス固定を外して組み替えるだけ。

一部、ゴム製のグロメットが嵌まっている部分があるので、ドライヤーで温めて柔らかくして外しました。
3
組み替えた姿が上(R側)。

下のL側も同様に組み替えます。
この写真だと、イエローの微妙な色調違いがどうにか見て取れます。
4
この部分のガーニッシュも今回、ボディ同色パーツに組み替えます。

リアサイドカウルのタッピングと六角ボルトを外し、端末部分を外側へ広げながらシルバーのガーニッシュを撤去。
5
逆の手順でボディ同色となったガーニッシュを組み付け。

ガーニッシュ,Rサイド
83545-K26-900ZD
935円

ガーニッシュ,Lサイド
83555-K26-900ZD
650円
6
ヘッドライト脇のカウルもボディ同色化。

カウルR,フロント
61331-K26-920ZF
カウル,R (Y216)
2,300円

カウルL,フロント
61332-K26-920ZF
2,300円

固定ボルト2本×L/Rを外し、爪を外しながら引き出し、サイドターンのコネクターを外します。
コネクターのロックノブは検電テスターのニードル先端で突っついて開いてやると容易に抜けました。
7
ウインカーを裏側から支えている金属製ブラケットを外し、ゴム製のベース部分を外してウインカーを換装。

ゴム製のベース部分は固かったので、ドライヤーで温めてから作業し、無事外す事が出来ました。
8
以上、これらのカウルやガーニッシュ類に組み替えて完成。

接点がくたびれてきていたので、ペーパーで錆を落としたり、KUREのコンタクトクリーナーを塗布したりしてメンテナンス。

ついでにガラスコートをDIY施工して完了。
ぱっと見マイチェン後風の出で立ちになりました。

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ウインドスクリーン風防取り付け

難易度: ★★

スクリーンバイザー取り付け

難易度:

KIJIMAフェンダーレス

難易度:

Sweet 10 フェンダーレス

難易度:

キタコ(KITACO) ナックルカバー取り付け

難易度: ★★

X-speed カウル塗装 蛍光レモン

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

2017/06/19 08:45:00
マイチェン後のツートンカラーと大きい丸目のフェイス、新鮮ですね❣️
スタイリッシュになって、ますます愛着が湧かれたことでしょうね〜〜(o^^o)
コメントへの返答
2017/06/20 00:58:07
ありがとうございます。
このカラーリング、ず〜っとやりたいと思っていたのです。
ほんの少しオレンジがかった新色イエローも私好みでして。
ようやく念願が叶い、早速PCやスマホの壁紙にして悦に入ってますo(^o^)o

プロフィール

「[パーツ] #グロム125 カスタムステッカーキット イエロー GROM JFK26860B1 http://minkara.carview.co.jp/userid/14113/car/1685232/8545491/parts.aspx
何シテル?   06/25 01:02
車の皮をかぶったネコブログです
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

リンク・クリップ

新旧グロムの互換性について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/08 23:19:54
SEIWA コンパクトシートバックポケット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/20 09:24:59
ドアミラー ガタ修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/17 00:58:30

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
プチ・プレミアムがちょうどいいコンパクトハッチ。 やっぱりこのサイズのクルマは重宝します ...
ホンダ グロム125 グロメット (ホンダ グロム125)
20年ぶりのリターンライダーとなりました。 我が家で唯一のマニュアルミッション車。 純 ...
その他 その他 平成ロードマン (その他 その他)
イタリアBianchi社のシクロクロス定番モデル「Lupo」 アルミやカーボン全盛の時 ...
ホンダ VTR250 My Son's VTR (ホンダ VTR250)
XELVISから1/4世紀の時を経て、再びVツインへとリターンしました。 Made in ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.