• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MONORALのブログ一覧

2017年06月21日 イイね!

アルミと紙。

アルミと紙。

私の中ではコーンは、「紙」が一番だという固定概念が。天然素材だから。
「アルミ」だと鉄の素材の音が乗るのではという未知の固定概念を持ってました。

しかしnewフルレンジは「アルミ」。
これを車載しているのは見た事がありません。ネットで検索してもホームオーディオで数件HITする程。
車と家のオーディオ人生初のアルミコーン。

エージングに120時間必要らしい。
エッジはゴムエッジで、何やら特殊な薄いゴムが使われているのでコーンも良く動く。
今の所絶好調で。
(但し、昔に如何にもアルミコーンですみたいな色のフルレンジを車載していた方は1人知っています。)

コーンをアルミにすると当然のごとく、質量が増える訳で、当然のごとく能率も下がる。
けれども強度は出せるのでそのメリットが音に現れる。

能率が下がれば、当然のごとく穏やか系の音色になる。

能率が下がれば、当然のごとくアンプへの負荷が上がる。

能率が下がれば、当然のごとくボリューム上げないと同じ音量にならない。

マグネットは小さい程使い易い。磁力が強い程良い??

日本製の高級志向のフルレンジは6年前に10cmだけれども聴いた事がある。車で。聴き疲れしない音だとその時居合わせた皆が言っていたし、実際に使っている人も聴き疲れしない音だと表現する人が多い。


不思議な程の「まろやかさ」。
私の中で「まろやかさ」という言葉は、このフルレンジを使い始めて思い付いた音を漢字で表現する言葉。
「艶」とはちょいと違う表現の「まろやかささ」なのです。ぐいぐいと押し出しのある低域がまろやかさの秘密?

ユニットを選ぶ時の基準は、
能率90db以上。
インピーダンス 8Ω。
ホームオーディオ用のユニット。
コーンは紙。
値段の安さ。
と決めてきたけれど、方向性を変えねばなりませぬ。
とnewフルレンジが奏でる、ヒステリックな部分は全く見せない、穏やかそのもので、まろやかサウンドが言っています。

7年も前に購入しておいて、今更ながらアルミの良さに気ずくとは。汗








2017年06月17日 イイね!

タイムスリップしてます。

カーオーディオですが、
カセットテープの時代にタイムスリップしてます。



newフルレンジが穏やかそのもので、まろやかサウンドなもので、ついついCDが出る前のカセットテープの時代の音を思い出しならが聴き入っております。

中高音域不足してるかな?と思いつつも、
カセットテープの時代はこんな音だったよねーって感じております。^_^

中高音域をもっと聴きたいならば、
ボリュームもっと上げてください的な音で、
ボリューム上げると当然のごとく、中低域が豊かな図太い音になるので、
ドアをきっちりと造っておかないと耐えれませんが、私の場合95点以上は付けれる感じで御座います。

図太い音。
メチャメチャ好きです!

能率85db。
ほんの5dbの差なんですが、
結構好きかもしれません。

これを聴き入っております。^_^
当時ステレオサウンド誌にて、優秀録音の盤だったと記憶しております。



2017年06月03日 イイね!

代車生活。

AT警告灯の部品が入荷したとの事で、1日程代車生活です。

めったと聴けない純正オーディオをCDで真剣に聞きます。
MISTY / 山本剛。
ビオラブーケ / 今井信子。
コメントは割愛です。








職場にアマチュアギタリストが居まして、カーオーディオのお話をすると、純正オーディオで充分だ!と良く言われます。

私が何故に14年間も箱変えしないか・・・。
みんからのお友達で20年20万km乗った方を知っています。
箱変えして機材載せ替えして直ぐに同じとは行きませんから・・・。
最近の車はオーディオするには色々厄介な所が多いです。
ディラーの方も最近なんとなく私の事を理解して頂けてるかも。
カーオーディオメーカーさんも大変でしょうね。
余談ですがセーム革エッジやっていた頃のお話。Kのショップの方からの一言。「どうやったらこんな低音が出るの!!」

でもいつかは私も箱変えする時が来ると思うと悲しくなります。





2017年05月20日 イイね!

フルレンジ遊び。

13cmフルレンジ遊びです。

手持ちのフルレンジですが、押入れを物色していると珍しいフルレンジが。

FOUNTEK FR135EX。
能率が85db。インピーダンス8Ω。マグネットはネオジウム磁石。
バッフル開口径 115mm。(今のVISATONは113mmなのでちょい使いにくい。ハイブリッドバッフルを変更する必要有り。)

モーツァルトを鳴らす為のフルレンジだと開発者の方から聞きました。
画像の左側のフルレンジがFOUNTEK。





ホームで鳴らしてます。
耳障りな音は全く出ないです。
悪い言い方したら、ちょっとくぐもった様な音。モーツァルト聴くには最高。穏やか過ぎるくらい中域が凹んでますがここがこのユニットの最大の特徴かな。
CD音源録音状態の悪い刺さる録音の盤も気にならなそうな音色です。



FOUNTEK FR135EX専用車載ハイブリッドバッフル。
これも見つけました。
かなり前に車載していて能率が低い関係で直ぐに外した記憶があります。








周波数特製は良さそうな感じ。






2017年05月14日 イイね!

また音楽動画を撮りに行きました。

また音楽動画を撮りに行きました。^_^
投稿の時は結構、時間に追われて焦っている事が多いので、
誤字、脱字、日本語の使い方が間違っている事が多いです。
後でいつも気付いて編集掛けてます。汗

前回のブログの、特製LIP40000μF × 2系統。
ここも日本語の使い方間違えている所が有りましたので編集掛けてます。

本題の、特製LIP40000μF × 2系統の感想です。
正直な所、変化した部分があまりにも大きくて多かったので、前回は、コメントは控えました。面倒だったというのも1つあります。

今回はとりあえず、音楽動画だけです。
これ聴いて分かる人には理解出来ると思います。
心の奥深く語り掛けてきます。^_^/

ケニーG Waiting for you
Posted at 2017/05/14 16:33:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | カーオーディオ | 日記

プロフィール

「[整備] #アテンザスポーツワゴン バーダル リングイーズエンジンオイル添加剤。 http://minkara.carview.co.jp/userid/1412531/car/1033359/4310253/note.aspx
何シテル?   06/24 12:26
MONORALです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

初代アテンザ。黄ビルショートストローク+エグゼダウンスプリング。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/16 07:59:43
うっかり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/12 20:13:49
LIP作製② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/12 20:06:57

お友達

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザスポーツワゴン マツダ アテンザスポーツワゴン
よろしく。 UA-GY3W。 グレードは、23Zです。 登録 2003年です。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.