車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月20日 イイね!
フォルクスワーゲン の 業績データ より自分が見たのはオートカー ジャパンサイト の記事で でしたが

" フォルクスワーゲンは全世界で合計30,000人の従業員を向こう3年で解雇していくことで労働組合と合意した "

と出ていました 。


北米での排ガス不正問題に端を発しその規模の大きさや内容から 不正に対する制裁金 や ユーザーへの損害賠償等に 巨額の費用が必要とされ経営への大きな影響も予想される中で 一時は 「 ベントレー や ランボルギーニ  ブランド の売却も有るかも 」 なんて記事も目にすることが有りました 。


その後の関連記事では 米当局側との和解金 は 総額147億ドル( 約1.5兆円 今後の民事賠償分は別途 、 以前の トヨタ に対する制裁時は 12 億ドル )とされ 、 そうした影響も有ってか フォーミュラ E 等への新規参戦も発表されながら アウディチーム の WEC からの撤退






更に 2017 モデル の開発が進んでいながら VWチーム の WRC 撤退も発表される等 VW グループ 内でのモータースポーツ部門にまず変化が出る中で 本業にはどういった影響が有るのだろうか と思える部分が有りました 。


記事によれば 今回の 30、000 人 というのは 全世界で610,000人が働く ( うち1/5にあたる120,000人がドイツ国内 ) フォルクスワーゲンの全従業員の 5% にあたり 、 2020年を目安にドイツでは23,000人が削減されるがこれがドイツの広範囲にわたるものか ウォルフスブルグのヘッドクォーターのみなのかは明確になっていない 。
 又 残りの7,000人の削減については対象先が明らかになっていないそうですが 北米および南米でのカットが想定されている とのこと 。

他に BBC では フォルクスワーゲンがこのリストラについて強制的なものではないとしている  とも伝えているようです 。

この人員カットはディーゼルゲート・エミッション・スキャンダルの結果によるものですが ロイターの報道によれば それと同時に自動運転およびEVの開発に人員をシフトしていくことにもある そうで 、 マティアス・ミューラー CEO は今回の削減について 「 フォルクスワーゲン・グループの中心となるブランドの歴史の中でも 最大の現代化プログラムだ 」 と語っている となっています 。



ただ これだけの巨大な組織の会社ですから不正に対し全く関係が無い立場の方が今回のリストラ策で会社を去ることになった とすれば やはり納得がいかないところも出てくるのではないか ・・・
とも思えるんですが 。

ちなみに Lotus Cars が以前発表した リストラでは 約 300 人でしたが ・・・
こちらは 約 25 % 程 になる筈です 。



この人員削減の目的は 営業利益率を2%から4%に上げることにあり リストラによって
年間 €37億 (4 344億円 ) が浮くことになる となっています 。


今回の記事で自分が一番気になったのは この VWの現在の営業利益率が 2 %  というところでした 。

( 自分の場合営業時代に会社から指示されていた 目標の利益率は 12,5 % でしたね )


VW グループ の業績構成


以前 排ガス不正問題が発覚した後 2015 年11月頃に ある経済情報サイト で見かけたものですが VW グループ 内での業績 に対し 主力となる VW 本体 ・ アウディ ・ ポルシェ の 3 社について 2012 年から 2014 年でまとめると以下のようになるそうです 。





確かに営業利益率は VW 単体で見ると 3% 前後程度 になっています 。

自分が興味深く感じられたのが グループ での総販売台数 に対する 3 ブランド の台数構成比 と 利益額 ・ 利益率 の割合についてでした 。

ポルシェ の実績は 2012 年 8 月から連結決算に反映されるようになったそうなので 2012 年と 2013 年で実績が大きく変わっているのはそうした途中からという関係も有るんでしょうね 。





ポルシェ 買収以前 の 2011 年はこのようになっていたそうですが 、  もし ポルシェ をVW が買収せず その後 VW本体の 利益額 ・ 率 の低下が上表同様に起こっていた場合 勿論経営危機まではいかないにしても不正事件前までのような 1000 万台 を標榜するまでの メーカー にはなれなかったかもしれませんね 。

当時先に買収をしかけたのは ポルシェ側でしたから そうでなければ今でも ポルシェ は VW グループ には入っていなかったのか ・・・


しかし 利益率自体は低くても ポルシェ の利益金額とほぼ同等額の持つ意味は有りますし 、 VW ブランド車の生産台数の多さは例えば今後ポルシェ で VWグループ 向けの V8 エンジン をまとめて生産するような際のスケールメリット にもなるんでしょうね 。






 2015 年の 4 ~ 6 月だけでの各メーカー 利益比較になりますがこんなデータ も有りました 。

こちらでおもしろい と感じたのは VW のほうが トヨタ より若干台数が多いながら純利益額では 半分強 と大差がついているところでした 。

  GM も 250 万台近くを販売しながら純利益額では トヨタ ・ VW 2 社に遠く及ばず 169 万台の フォード よりも更に少なくなってしまっています 。


又 金額の大きさでは トヨタ がダントツ ながら 1 台あたりの利益率の高さなのか ダイムラー は 71 万台で トヨタ の約半分 、 BMW は 57 万台で 約 1/3 となっているのも興味深く感じるところでした 。


Lotus Cars の 決算書は どんな 内容になっているのか 是非 一度見てみたいものですね ・・・ 
ただ その際には内容が酷過ぎて多分 ノリ弁 状態かも  ?



プロトン と Lotus Cars の場合は


これまで 毎年の Lotus Cars の赤字を補填してきた親会社 のプロトン は昨年決算においてどうも巨額の赤字を出したようで 春先には マレーシア 政府から サプライヤーへの支払い支援も含め数百億円規模の融資策が決定されており  これが 先日オートカージャパンサイトでも紹介されていた プロトン株の 売却 話 と海外メーカー との提携につながっていく形になっています 。


Lotus Cars が VW グループ における ポルシェ のような存在になれれば良いのでしょうけれども全く逆の形で 、 来年春 2016 年度決算で黒字が出せたとしてもおそらくその金額はまだ親会社の支援を必要としなくなるレベル には程遠い 。

又 プロトン 側の赤字が 1 年だけとは限らず 続いた場合は自身も政府からの支援を受けている以上 今後は Lotus Cars  の 赤字補填は無理 。


スズキ の名前もあがっていた海外メーカー との提携話 が纏まるか については プロトン だけならまだしも Lotus Cars をこれまで同様傘下に含むのかどうか がキーポイント になるのは 今後の Lotus Cars の経営見通しや 建設が始まる筈だった中国工場への投資負担も絡んでくるので 避けられないところでしょう 。 提携を纏める為に Lotus Cars を放出するのは十分考えられる 、 むしろ 不可避 と考えたほうが順当でしょうね 。


これが自分が予想する シナリオ ですが Tipo 12 月号 で 今 Lotus Cars の現状を語るならば 一番問題となる筈の この部分を是非 とりあげるべきでしたね 。


Posted at 2016/11/21 01:57:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | Group Lotus | クルマ
2016年11月13日 イイね!
英国で Lotus 及び 他メーカー車は毎年どれくらい売れているのか販売実績の回復が伝えられ トップ からも来年春の 2016 年度決算時には黒字化出来る見込みで有る とのコメント もされています Lotus Cars  。

近年の出荷台数が多い地域として Lotus 側があげるのは日本の他 ドイツ ・ フランス ・ イタリア 等で、  英国向けも新規ディーラー の増加などによりバハー時代に激減した実績が当時に比べればかなり回復してきています 。





日本での実績については JAIA が発表する新車登録数を参考にするならば およそ 年間 300 台前後 ( ピーク は 2006 年の 449 台 ) ですけれども 、 本家英国では はたしてどれくらいなのか 。





以前 「 英国内では Lotus 車はどれくらい売れているんだろうか ? 」 と気になって調べた際に見かけたのがこちらのサイト

SMMT ( Society of Motor Manufacturers and Traders )
自動車製造販売協会


おそらく 日本自動車工業会 的な組織かと思いますが 、 ここの Vehicle Data から registrations をクリックしていただきますと 自動車メーカー別 で 月毎 や 年間合計新車登録実績を見ることが出来ます 。


例えば 1 月から 10 月までの  2016 年はどうなっているか というと





一部メーカーの抜粋になりますがこんな形で 、  Lotus 車の登録実績は 他の アストン ・ ベントレー ・ ジャガー といった英国車と比べても非常に限られた存在なんだ というのが自分の印象です 。

又 ポルシェ や フェラーリ 等他メーカー の登録実績からも 「 このメーカーは英国でこんなに売れていたのか ・・・ 」 とか その逆の場合も有りおもしろく感じる部分も有りました 。




しかしロータス車の実績は以前からずっとこれくらいなのか と言うとそうでも無く 、  ここ4年程は 日本向け実績のほうが英国向けよりも多いようですが




現在は資料が更新により削除されてしまっているようですけれども 、 以前自分が見たものの中では一番古く 又 登録実績が多い ものとして 2000 年の1613 台 が有りました 。


 以前掲載しました 2013 年までのものになりますがこうした毎年の実績を拾って  英日 で比較すると ( 日本での実績はLCI が正規輸入をするようになって以降分にて   )


・・・・・・・・・・・・・・・・・ 英国 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本

2000 ・・・・・・・・・・・ 1.613

2001 ・・・・・・・・・・・ 1.184

2002 ・・・・・・・・・・・ 1.305

2003 ・・・・・・・・・・・・・ 964 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 292

2004 ・・・・・・・・・・・・・ 879 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 381

2005 ・・・・・・・・・・・・・ 934 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 411

2006 ・・・・・・・・・・・・・ 820 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 449

2007 ・・・・・・・・・・・・・ 712 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 427

2008 ・・・・・・・・・・・・・ 647 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 348

2009 ・・・・・・・・・・・・・ 485 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 247

2010 ・・・・・・・・・・・・・ 577 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 312

2011 ・・・・・・・・・・・・・ 329 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 271

2012 ・・・・・・・・・・・・・ 137 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 262

2013 ・・・・・・・・・・・・・ 256 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 305

11 月19 日 追記 2014 年と 2015 年実績分をこちらのみ各月別と併せ追加しておきます 。 2015 年は英国側が再度日本より多くなっていますが 2014 年 2 月の 月 1 台 ・・・ というのにも驚きです 。 ちなみに バハー時代にも この英国での登録実績が 月 1 台 ということが何回か有りました 。


・・・・・・・ 英 2015 ( 2014 ) ・・・・・・ 日 2015 ( 2014 )

1月 ・・・・・・ 13 ・・ ( 16 ) ・・・・・・・・ ・・・ 27 ・・ ( 25 )

2 月 ・・・・・・ 5 ・・・ ( 1 ) ・・・・・・・・・・・・ 25 ・・ ( 30 )

3 月 ・・・・・ 70 ・・ ( 26 ) ・・・・・・・・・・・・ 40 ・・ ( 45 )

4 月 ・・・・・ 47 ・・ ( 13 ) ・・・・・・・・・・・・ 30 ・・ ( 16 )

5 月 ・・・・・ 18 ・・ ( 17 ) ・・・・・・・・・・・・ 19 ・・ ( 15 )

6 月 ・・・・・ 34 ・・ ( 22 ) ・・・・・・・・・・・・ 31 ・・ ( 24 )

7 月 ・・・・・ 39 ・・ ( 34 ) ・・・・・・・・・・・・ 22 ・・ ( 25 )

8 月 ・・・・・ 15 ・・ ( 24 ) ・・・・・・・・・・・・ 14 ・・ ( 20 )

9 月 ・・・・ 22 ・・ ( 27 ) ・・・・・・・・・・・・ 18 ・・ ( 43 )

10月 ・・ ・・ 66 ・・ ( 8 ) ・・・・・・・・・・・・・ 17 ・・ ( 32 )

11月 ・・ ・・ 29 ・・ ( 42 ) ・・・・・・・・・・・・ 13 ・・ ( 27 )

12月 ・・ ・・ 17 ・・ ( 5 ) ・・・・・・・・・・・・・ 15 ・・ ( 19 )

合計 ・・・ 375 ・・ ( 235 ) ・・・・・・・・・・ 271 ( 321 )






このようになり

2000 年以降 英国でほぼ ずっと新車登録台数が減り続けている理由はなんなのか ?

それに対して Lotus Cars は どう分析しているのか 、 それは正しい解釈なのか 。

英国向け実績の減少も Lotus Cars の赤字が減らない理由の一つ であろう ことは間違い無い筈なので 、 歴代の経営陣はどうそれに対策を打ったのか その成果は有ったのか ・・・



なんて疑問が いろいろわいてきてしまいます 。

自分は参加出来なかったので叶いませんでしたが JLD 2013 のゲスト として来日されていた マシュー ・ ベッカー 氏に是非聞いてみたいところでしたね 。


2012 年にほぼ半減しているのは 当時 D ・ バハー 氏が行った 新たなディーラー政策とその失敗により ディーラー数が半減したことによるものだろう という点は多分間違い無いと思いますが 。



意外に ? 韓国車が売れているようでも有るので 中国で作った SUV も 月 1000 台くらいは売れたりするのかも 。



Tipo 12 月号 に書かれていた ゲールズ CEO が マレーシア に行っていた理由 と内容が気になるところです 。



Posted at 2016/11/14 16:39:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | Group Lotus | クルマ
2016年11月10日 イイね!
価格改定 ?9 月中頃でしたが LCI サイト のディーラーネッワーク を見ていたところ

「 あれっ ? 増えている  ・・・ 」

暫く無かった関東より東の東北エリア にマーカー がついており 、 どんなお店が新しく正規ディーラー になったのか下段から確認してみますと






以前正規ディーラー でしたが  ここ数年はディーラーから外れ サービスポイント として掲載されていた宮城県の ガレージ エディフィス さんが再度復活 ? されていました 。


再度正規ディーラーになられた経緯は分かりませんが これまでは正規ディーラー だったお店が サービスポイント になった後 、 その後数年して サービスポイント リスト からも消えた事例は有ったものの 復活する事例は有りませんでした 。 しかし今回の事例から 一時サービスポイント になった 正規ディーラー が状況によっては再度正規ディーラー に戻る可能性もゼロでは無いようですね 。 或いは サービスポイント として ネットワーク に入ったショップ さんが 正規ディーラー になる なんて形も出てくるのかもしれません 。

どちらにしても 拠点が増えることは付近の ロータスオーナー さんや 予備軍 の皆さんにもなにかにつけ便利にはなると思うので 良いことではないか と思いますが 。


11 日 追記

見落としていましたが 11 日時点のディーラーネットワーク で確認すると ロータス石川 ( カーサービス フクモト ) さんが正規ディーラー から外れ サービスポイント になっていました ・・・

まさに  " 365 歩 の マーチ " ・・・

又 サービスポイント になっている愛知のケーワン さんは 現在この場所の店舗は閉鎖されています 。 9 月に前を通りかかった際には既に無くなっていました 。 新規店が出来ていますのでそちらか 、 これまでも有った日進店 ( 中部ロータスオフ会場からもそれ程の距離では有りません  ) で対応されるのではないかと思います 。






LCI サイト を見ると こんな価格改定の案内が告知されていました 。

しかし 「 前の価格って どうだったかな 」 と確認してみますと 現行の Elise Sport 2 モデル 、 Exige Sport 350 2 モデル 、 Evora 400 については 8 月 1 日 のレスポンス 等の自動車情報サイト 記事で


エルシーアイは、ロータス車について、8月1日より価格を引き下げると発表した。

エリーゼ スポーツは従来価格から27万円引き下げ572万4000円に、エリーゼ スポーツ 220は32万4000円引き下げ680万4000円。エヴォーラ 400は、MT車が1258万2000円、AT車が1308万9600円でともに97万2000円引き下げた。新型車のエキシージ スポーツ 350/ロードスターはMT車が972万円、AT車が1022万7600円。

なお、価格改定は2016年モデルにも適用する。


と なっています 。


又 LCI 東京のページ には




と掲載されていて今回の価格改定というのは旧モデル に対してのものだけのようですね 。

Elise Sport 2 モデル は Lotus Cars 側が従来モデルよりも車両本体価格を下げた上に従来は スポーツパッケージ オプション だった内容を一部標準化 。

Exige Sport 350 2 モデル の場合は従来比多少英国での価格は上がっているものの EU離脱決議によるポンド レート下落による価格見直し幅の影響も大きく 、 値上げが近年何回か行われた後である 在庫分の価格が現行モデル に比べ結果的にかなり割高になってしまっていたように感じていました 。

販売店側も従来モデルの在庫車を売り切る為にはある程度価格を合わせざるをえないでしょうから 従来モデルの価格は今後どうするんだろうか ・・・ というところでしたが 。
同時に ディーラー側への仕切り価格の調整も必要になってくる筈なので 、 既にLCI への支払いが済んでいる在庫車についてはなんらかの価格調整 ( バックマージン ) も必要になるだろうと思えます 。


要は従来からも Evora ファーストリミテッド 等長期在庫車等で時折行われてきた在庫車両の値引き販売なのですが 、 これで車両価格改定 というのはどうも紛らわしいですね 。




( 書きかけ途中で Up してしまい 後半を一部追加いたしました )


Posted at 2016/11/10 12:27:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | LOTUS CARS 各モデル | クルマ
2016年11月08日 イイね!
Tipo 2016  12 月号 より  BAC MONO プラス α現在書店に並んでいます Tipo 誌 12 月号

 10 月末近くのACマインズ さんのサイト に書かれていた BAC MONO への取材記事が早くも掲載されていました 。 もう 1 号後 くらいかと思っていましたがけっこう早くて驚きました 。


レーシングドライバーの加藤寛規さんによる 公道インプレッション 等記事については Tipo 誌を読んでいただくとして 、 記事には掲載されていない部分としてACマインズ 社長 の FB には 英国 BAC 社へ訪問された際の写真等が有り







社長の Neill Briggs 氏





工場内で組み立て中の車両ですが




これだけ見ていると完全に フォーミュラレーシングカー に見えます  ・・・

車両価格からも てっきり メインシャシー はカーボン かと思っていましたが 、 どうやら TIG溶接による 鋼管パイプ のようですね 。











車両の仕様やカラーリング 等 基本的には 1 台 ごとのハンドメイド による フルオーダー で  価格や 納期面等 、   こうした点は モーガン あたりと同様な印象ですね 。
年間の生産目標台数は 約 50 台 、 確か当初の日本向けの年間生産枠は 3 台 と聞いた気がします 。 およその納期は 1 年から 1 年半後 で キャンセル 等が出たりするとその仕様がオーダーに合えば多少早くなることも 、 日本向け 第一 号車は そうした 1 台だったようです 。









こちら はボディー がフルカーボン 仕様のようですね 。





10 月 初旬に告知された 新車価格


昨年秋に 日本第一号車が お店に並んだ際は 価格はまだ ポンド 表示でした 。

 当時は契約時に手付金を入れた後 1 年から 1 年半後になる出荷予定が確定する時の 為替レート によって 日本円での総支払い額が決まる というお話で 、 最初の契約時には総額がいくらになるのか分からない ・・・ とも聞いていたのですが さすがにそれでは問題が有ったのか  今回正式に国内デリバリー を始めるにあたり 円 表示 での価格を決められたようですね 。

ただし ある証券サイトの解説によれば英 ポンド は円に対し値動きが激しい通貨の一つともなっていましたので 、 ロータス車もそうですが インポーター としていくらで値付けするのかは難しさも有る問題かもしれません 。





車両スペック





タイヤ 部分等がカバー された 公道走行可能な フォーミュラー  的な車というとコンセプト的に 以前の カパロ T1 に似ているものを感じますけれども カパロ 社は倒産してしまった と聞きますので その分も MONO の存在は貴重なのかも


頑張ればいつかは手が届く ・・・

というレベルの存在では有りませんけれども " 夢 と憧れを感じる 1 台 " として 、 MONO のようなモデル も是非生産され続けていって欲しいですね 。




Lotus Cars の近況についての記事も掲載されていましたが 、 こちらについては後日 。
Posted at 2016/11/08 07:35:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | book | クルマ
2016年11月03日 イイね!
イベント の冬  ~  復活  岡崎グランプリ !自動車サイト で見かけましたが 12 月にはこんなイベントも

2015 年は某テレビドラマ では敵役の徳川家康 没後 400 年にあたり 、 岡崎市や静岡県内等家康ゆかりの地域ではいろいろなイベントが組まれていたのですけれども





特に岡崎市は 2016 年が市制施行 100 周年にあたり これらを記念して 2014 年頃から幾つかのイベント が開催されてきていました 。




2014 年には 毎年開催されてきた夏祭り と併せ 英国のヒストリックカー を主とした交通安全啓発パレード や









中嶋レーシング 他の協力によるレースカーの展示や 公道 直線 500 m を使った

" 第一回 岡崎GP "

が初開催されました 。


ちょうど開催前 岡崎市内に有りパレード 参加車を集める協力もされていたACマインズ さんにお邪魔した際 このイベント の実行委員の方が社長と話されていて お話を聞くと 「 今回成功すれば 今後も続けていきたいと思っている 」 と言われていて 、 交通安全啓発パレード は 2015 年 2016 年の 同時期に継続されていたのですが レースカー 展示や デモラン は 2015 年以降 行われておらず

「 やはり難しいのかな ・・・ 」

と 感じていました 。





しかし今回の告知を見ると 開催場所となる 岡崎中央総合公園 は自分がお話を聞いた際にも 「 次の機会が有れば岡崎中央総合公園を閉鎖して レースカー を走らせたら ・・・ なんて考えている 」 とも言われていて 、 無くなっていたのではなく 他の展示内容等 取りまとめ や調整に時間がかかっただけで有って 無事

" 第二回 岡崎グランプリ が 更にパワーアップ して 開催決定 ! "

ということになったようですね 。








概要はこんな形で





開催場所は 岡崎 IC からもすぐ近くで 公式サイト では車の場合 モニュメント を右折するように指示されていますが 、 自分が書きこみました 西尾市方面への出口から マクドナルド の角を左折後立体交差をくぐって R26 へ合流 福祉の村 前を右折して直進 しても行くことが可能で P 1 駐車場にはこのほうが入り易い気がします ( 当日の順路に関する規制が有るのかどうかは不明の為 その点にはご注意下さい )

混雑を避ける為出来るだけ交通機関 か 乗り合い で となっていましたが 交通機関は 名鉄 東岡崎駅 からの名鉄バス しか無く 、  どれくらいの運行本数が有るのか把握していないのですが やや不便かも ?

しかし 目立つ形の車が ゾロゾロ と 一人 1 台で 大挙して押し寄せると嫌がられるでしょうか  ・・・

当日使えるかどうか 未確認ですが 車の場合には 福祉の村で右折後暫く直進すると 右手に " 東公園 北駐車場 " が見えてくるので 、 そこへ置いて歩いて行く ( 約 10 分程 ? ) ほうが帰りの混雑等を考えた場合 当日の状況次第ですが便利かもしれません 。




タイムスケジュール ( 予定 )




デモラン は 中嶋兄弟 他




悟 氏も ティレル 019 で エントリー ( ロータス タイプ 99T か 100 T で無いのがやや残念 ? )


ついに 岡崎市で F1 が 走ります 。

中嶋一貴 さんの ブログ によれば タミヤの1/1ミニ四駆エアロアバンテ も走行予定有り となっていました 。 10 月 30 日 の鈴鹿サーキット でも 岡崎モーターフェスティバル の告知が有ったようですね 。



ポスターを見ると  クラシックレーシングカー の展示 ・ デモラン が有り 、  こちらには 某ショップ の ロータスオーナー さんも何人か参加予定が有りそうですが  当日には  ・・・








( 変装用の付け髭 装備 ですが 、 或いは 岡崎の チャップマン  ・・・ )



































































お忙しい セール の合間をぬって S 社長の 乱入 ? なんてサプライズ も有るかもしれませんね ? ?

( って これ  ロータス じゃ無いし )





展示エリア では RCF へのコクピット 搭乗体験が出来たりしますが 、 まさか ヤリス WRC の展示も有り  ?


ホンダ さんの NSX 展示は当然 新型 のほうなんでしょうね 。













当日は 自分も 某 ゆるキャラ の " 中の人 " ・・・ として現地にいますので
 

( すみません ○ ソ です )






プレイベント として 11 月中には こんなパネル 展が行われたり





23 日 には 同 会場で トークショー やサイン会が開催される ともなっていました 。



岡崎モーターフェスティバル 当日の 12 月 11 日 は 次回の 中部ロータスオフ開催予定日 になっていて 又今年の予定は未確認ですが毎年の予定通りで有れば 岡崎のロータスディーラー ACマインズ さんでは恒例の 年末セール の 2 日目か最終日 になる筈です 。








他にも こちらは既に開催中ですが東名  名古屋インター から少し 走った場所に有る " アウトガレリア ルーチェ " さんでは 12 月 25 日 まで  " 童夢 " 展 が行われていました 。
童夢 零 と P2 が名古屋で同時に見られる機会も限られるかと思います 。


童夢 展や ACマインズ さんの年末セール は期間が有るのでまだ調整可能ですが 、 中部 ロータスオフ と 岡崎モーターフェスティバル は同日開催 ・・・



特に県外から等 遠方からこの機会に 中部ロータスオフ や 岡崎モーターフェスティバル 観戦を計画される場合 、 1 泊が可能で有れば こんな プラン はいかがでしょうか 。


移動距離と 時間を優先した場合

土曜日 ACマインズ 年末セール

・・・・・・・ アウトガレリア ルーチェ にて 童夢 展 見学

・・・・・・・ 名古屋 IC 近隣等  お好きな場所にて宿泊

日曜日 モリコロパーク にて 中部ロータス オフ 参加

・・・・・・・ 岡崎中央総合公園 モーターフェスティバル へ

11 月 7 日 追記

確認が不十分でしたが モーターフェステバル にはACマインズ さんのお客さんのヒストリックフォーミュラロータス のデモラン も有り 年末セール と同日で大変では と思いましたが 、 ACマインズさんもモーターフェスティバル に参加されるとのことで FB によれば 年末セール も 今年は 12 月 3 日 から 10 日 土曜日まで11 日 日曜日は臨時休業となるそうです 。

次回のロータスオフ 当日は臨時休業 になるので 特に県外から参加等 「 オフ会参加ついでに ACマインズ さんにも寄ってみよう 」 と考えられているオーナー さんはご注意下さい 。



およその移動時間は

ACマインズ アウトガレリア ルーチェ 間が 高速経由で 約 50 分 、 下道で 1 時間 15  ~ 30 分程度

アウトガレリア ルーチェ モリコロパーク 間が下道で直接向かった場合で 約 30 分 程

モリコロパーク 岡崎中央総合公園 間が 高速経由で 約 30 分強 、 下道 でも 1 時間 15 ~ 30 分程かと思いますが豊田市内と 岡崎市内の混雑が読めないので ここは高速経由のほうが確実そうです 。

オフ会終了後に移動しても 午後のデモラン を含め 展示等モーターフェスティバル を楽しむことは十分可能でしょう 。



ちょっと 慌ただしい行程かもしれませんが


Posted at 2016/11/03 17:45:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
プロフィール
「今後の中部 ロータスオフ 開催情報につきましては 開催 1 ヶ月前頃を目安にイベントカレンダー に掲載されますのでそちらでご確認下さい 」
何シテル?   12/04 01:21
多くの方と同様にサーキットの狼でロータスを知りその後JPS時代のF1での活躍が強烈な思い出となり、いつかは乗ってみたいと思いつつついに夢がかないS2エキシージ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
59 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エキシージ ロータス エキシージ
これまで比較的軽量な車に乗りましたがエキシージに乗って約7年、相変わらず走る楽しさを教 ...
スバル インプレッサ WRX Type-RA STi Ver.II スバル インプレッサ WRX Type-RA STi Ver.II
実際にはこれの前の最初のSTi type-RA でしたがこれしか画像、車名が見つからず ...
ホンダ CR-X ホンダ CR-X
自分で初めて買った車でした。 ジムカーナをやってみたくて当時一番注目されていたV-T ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.