• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フィニヨンのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

木曽駒ヶ岳で撃沈(家族巻き添えの巻)

木曽駒ヶ岳で撃沈(家族巻き添えの巻) 珍しく妻nonの方から「次の日曜日、乗鞍岳へ連れてって!」とリクエスト。(先週の話です。)
なんでも畳平(標高2,702m)までバスで行けるため、お手軽に3,000m級の山を体験できる・・・ と山の雑誌で読んだようです(笑)

 確かにそうなんだけど、日帰りで乗鞍は遠いな~ 次の日仕事だし・・・ という訳で代替案の「木曽駒」に行くことになりました。しかも姫と若も一緒に。



 駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷から入るルート。ロープウェイ乗り場のしらび平まではマイカー規制のため路線バスを使います。 
 厚木の自宅を1:40AMに出発し、菅の台バスセンターの駐車場には4:30AMに到着しました。人気の山域なので朝イチのバスを狙います。



 4:30AM時点で駐車場は6割程度埋まっていました。バス停には列ができていましたが、5:00AMから臨時バスが運行していて3台めのバスに乗ることができました。



 5:15AMに菅の台バスセンターを出発。乗車時に人数を数えるので全員座ることができます。



 菅の台バスセンターから約30分でしらび平駅に到着。ここでロープウェイに乗り換えます。通常は30分毎の運行ですが、夏の土日祝日は臨時に9分毎の運行となります。
 沢の上100m以上を高速で上がっていくので結構スリリング。



 千畳敷駅が見えてきました。駅より上はガスの中(泣)



 真っ白・・・



 ガスが一番晴れた状態でコレ。晴れていれば千畳敷カールの絶景を見られたのに・・・



 自宅を出発する直前の「てんきとくらす」より。午前中は登山指数Aなのでは?
てんくら以外の複数の天気予報サイトは、前日になって急に「快晴予報」から「雨予報」に変えやがりましたっ(怒)

 と言うより自分の「雨オトコ」っぷりが心底恐ろしくなります(汗)



 雪渓が残る千畳敷。この先の登山道はこんな天気なのに人多し。



 早々に「ひーこらひーこらばひんばひん」な状態の妻non。がんばれっ!



 イワツメクサ?なのかな?植物の名前は苦手(汗)



 乗越浄土から先は強風で寒いくらい。若はダウン、私はシェルを羽織りました。



 宝剣山荘。雨が強くなってきたのでD700をザックに仕舞い、防水カメラのPENTAX WGⅡに変更。



 せっかくなので木曽駒ヶ岳のピークだけは踏んでおこうと頑張ったのですが、雨と風がさらに激しくなってきたので中岳の手前で撤退命令を発令。

 子供たちが寒がっていたし、第一こんな天候で多少無理したところで楽しくないし・・・



 千畳敷に降りるルートで大渋滞。山頂で宿泊されたみなさんですね。



 千畳敷ホテルに戻ってお土産ゲット。今回はピークを踏んでいないので「甲斐駒ヶ岳」のバッジはおあずけ(わが家ルールです)。代わりに千畳敷の標高2,612mがデザインされたステッカーです。(妻nonがエッセ号に貼るそうです。)


 記念品を手に入れたら下界に降ります。繁忙期には帰りのロープウェイ待ちに3時間以上かかることもあるそうですが、今回は1回だけ待って乗ることができました。(待ち時間9分)



 10:20AMに菅の台バスセンターまで戻りました。途中おびただしい数の野生のニホンザルがバスの進路を塞ぎましたが。運転手さんの「ただいまおサルさん渋滞のため到着が遅れております。」のアナウンスがGOODでしたっ♪

 カングーに戻った後はすぐ近くの日帰り温泉「こまくさの湯」でサッパリ。(大人610円、小学生300円)



 昼食はこちら「足湯茶屋 東右衛門」さん。



 駒ヶ根名物「ソースかつ丼」です。最初「明治亭」に向かったのですが、2店舗いずれも長蛇の列ができていたのでこちらのお店へ。こちらもかなり並びましたけど・・・



 衣がサクサクでお肉はジューシー。相当美味でしたよ~♪

 帰りは14:00くらいから中央道・小仏トンネルの渋滞が始まったので、途中の大月ICで降りたあとは甲州街道(R20)でのんびりドライブです。猿橋に寄って激うま「山椒味噌せんべい」を買えたのは良かったな~

 今回は悪天候で「木曽駒ヶ岳」のピークを踏めなかったので、近々リトライしなくてはいけませんね。

Posted at 2017/07/23 21:47:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山登り・ハイキング | 日記
2017年07月16日 イイね!

川崎市 岡本太郎美術館

川崎市 岡本太郎美術館 3連休の2日目、妻nonを連れて川崎の岡本太郎美術館に行ってきました。

 先週みん友の(大)さんのブログで紹介されていた美術館です。

 大阪で生まれ育った妻nonにとって、万博記念公園の「太陽の塔」は特別な存在だそうで、その作者である岡本太郎氏とその作品には小さい時から憧れを持っていたとこと。教えてくださった(大)さんに感謝です~♪

 ちなみに姫は学校で卓球の練習、若はサッカー少年たちと一緒に近所の市民プールです。



 今回はカングー号で出かけました。美術館のある生田緑地まで厚木からR246を走って1時間弱。同じ神奈川県内だけあって近いですね~



 メタセコイアの森を抜けると美術館に辿り着きます。実は生田緑地に行くのも今回が初めて。いや~実に良い公園ですね~ 恐るべし川崎市(笑)



 母の塔。美術館のシンボルタワーだそうです。



 美術館の入り口。わくわくしますね。観覧料は大人900円/名ですが、WAONカードを提示すると720円になりました。企画展が開催されていないときは500円(割引適用で400円)だそうです。



 館内のこのエリアだけは撮影可。有名な「坐ることを拒否する椅子」に腰掛けることができます。

 私、こう見えても中学の時は美術部に所属し、高校の芸術の授業は美術を選択。大学の一般教養でも「美術概論」を履修したくらい美術が好きなのですよ~(笑)
 そんな素人美術好きの目から見ても実に素晴らしい美術館でした。作品の展示の仕方が秀逸で岡本太郎氏の魅力を十二分に表現できていると感じました。結局3時間ほど作品を眺めていましたが、一日中眺めていても飽きない自信があります。おそらく近いうちに間違いなくリピートします。



 美術館に併設された「カフェTARO」でちょっと遅めのランチ。「生ハムとトマトのペペロンチーノ」を頂きました。



 駐車場まで戻る途中、「かわさき宙(そら)と緑の科学館」に寄り道。入口ゲートの横に五藤光学製のプラネタリウム「GMⅡ」を発見っ!このモデルの少し後にリリースされたGSSⅠからボディカラーがお馴染みのパープルになるんですよね~



 岡本太郎美術館のショップで購入したクリアファイルです。「人生、即、芸術。」これは若へのお土産。サッカーの分野でファンタジスタになって欲しいと願う想いを込めています。



 これは姫へのお土産。卓球の試合も2年後の大学受験も壁は自分自身なのです。実に重い言葉ですね。

 今回、3時間という短い時間では岡本太郎氏の大きさを受け止めることができなかったので、近いうちにもう一度訪れたいと思います。

 次は姫を連れて行こうかな?

Posted at 2017/07/16 21:57:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 博物館 | 日記
2017年07月15日 イイね!

サッカー観戦 のち タイ料理

サッカー観戦 のち タイ料理 3連休初日、姫は高校で卓球の練習、若は秦野でサッカーの試合でした。

 「第3回こくみん共済U-12リーグ FAリーグ(県央地区・後期リーグ)」の3・4戦目。

 前期リーグで惜しくもブロック2位となったため、今秋に開催される「全日本少年大会神奈川県大会」への出場は後期リーグの結果次第となりました。



 後期リーグ・Bブロックは、前期リーグの各ブロック2位のチームだけで争われます。神奈川県大会に進むにはBブロック10チームの中で上位6位までに入らなければなりません。
 仮に前期3位ならCブロック10チーム中4位までに入る必要があり、前期2位のアドバンテージがあると言えなくもありませんが、Bブロックの対戦相手はいずれも前期2位の強豪ばかり。厳しい戦いになることは間違いありません。

 ちなみに前期リーグ4・5・6位は後期に10チーム×3ブロックに分けられ、各ブロックの1位のみが県大会に進出。前期7・8・9・10位は該当する36チーム中、後期リーグの上位2チームしか県大会に進むことができません。



 この日は午前中の試合にもかかわらず、朝から真夏の日差しが降り注ぐ過酷なゲームとなりました。
 1試合目は7番君の技ありシュートが決まって勝利っ!2試合目はGK12番君のスーパーセーブと2番君の冷静なPKにより辛くも勝利。観ていて胃に悪いハラハラ・ドキドキな試合でした(汗)
 4試合終わったところで2勝2分の勝点8。残り5試合もタフな戦いになると思うけど、神奈川県大会出場を目指して9月の最終戦まで頑張ろうっ!



 サッカー少年たちは行きも帰りも電車で移動です。観戦を終えた私は妻nonのリクエストで厚木市七沢にある「WAIWAIアジアのごはんやさん」でちょっと遅めのランチにしました。最近お気に入りのタイ料理屋さんです。



 私はタイトル画像の「日替わりランチ」、妻nonは「トムヤムクンラーメン」と「タイカレー(ハーフ&ハーフ)」。いずれも1,000円でお釣りがくるくらいにリーズナブルなお値段で絶品タイ料理が味わえます。タイ料理以外にもベトナム料理やフィリピン料理があるのもポイントっ♪



 帰りに黄金井酒造のイタリアンレストラン「セルバジーナ」に立ち寄って「さがみビール」を買って帰りました。



 さがみビールの「ヴァイツェン」と「かぼす」。卓球とサッカーを頑張った子供たちには「黄金サイダー」がお土産。

 ちょっと贅沢だけど、やっぱり地ビールは美味いですね~♪

Posted at 2017/07/16 17:34:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー | 日記
2017年07月11日 イイね!

掲載されちゃった(その2)

掲載されちゃった(その2) 以前、キャンプ系WEBマガジン「CAMP HACK」に私の写真が掲載されたことをお伝えしましたが、今度は登山系WEBマガジン「YAMA HACK」に採用されてしまいました。

 北アルプスは燕岳の稜線上に立つ由緒正しき山小屋「燕山荘」の特集ページに、なぜか2年前に私が撮影した写真が掲載されることになったのです。

 WEB上に挙がっている無数の画像の中から私の一枚を選んで頂いて光栄の至りです。これホントに素直な気持ち。

 で、実にタイムリーなことに、丁度この夏休みに家族を連れて燕岳に登ろうと思っていたところなんですよね~ 前回はソロのテン泊だったので次は燕山荘での小屋泊です。すでに予約入れています。

 燕岳は本当に美しい山ですから、今から楽しみです~♪
Posted at 2017/07/11 23:14:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山登り・ハイキング | 日記
2017年07月02日 イイね!

キタダケソウに会いに北岳へ(テント泊)

キタダケソウに会いに北岳へ(テント泊) 会社の創立記念日の絡みで7月3日(月)が休みになったため、当初2泊3日で北アルプスの表銀座を歩く計画を立てていたのですが残念ながら天気予報は3日間雨・・・

 しかし太平洋側なら月曜日に晴れ間が出そうなので予定を変更して7月2日~3日で北岳に登ることにしました。北岳なら仮に雨が降ったとしてもこの時期にしかお目にかかれないキタダケソウを楽しめそうだし。


 という訳でカングー号に乗って2:30AMに厚木の自宅を出発。

DSC_4800_00002

 移動中はずっと雨。4:30AMに南アルプス市営芦安駐車場に着いても止みません。

DSC_4805_00004

 芦安から登山口のある広河原まではマイカー規制のためバスかタクシーを利用することになります。今回は乗合タクシーを使いました。ひとり片道1,200円です。(マイカー規制利用協力金100円を含む) 

DSC_4806_00005

 夜叉神のゲートは5:30AMまで開きません。ゲート前で15分ほど待ちました。

DSC_4812_00006

 広河原インフォメーションセンター。天候が芳しくないせいか日曜日だというのに人影もまばら。

DSC_4815_00007

 大樺沢の雪渓が見えますが山頂付近はガスの中。

DSC_4816_00008

 北岳は2年ぶりの訪問です。いつもの吊橋を渡ってスタートです。

DSC_4820_00010

 今回も大樺沢ルートを歩きます。

DSC_4827_00013

 よく整備されていて歩きやすい登山道。

DSC_4833_00015

 連日の雨の影響か、普段より水量の多い大樺沢。

DSC_4846_00018

 二俣の手前でほとんどの登山者がアイゼンを装着。

DSC_4860_00023

 私も念のため軽アイゼン(6本爪)を装着しました。

DSC_4852_00020

 雪渓の下は激しい流れ。間違っても踏み抜かないように注意。

DSC_4856_00021

 真っ直ぐ進むと左俣ルート。八本歯のコルに続きます。

DSC_4865_00025

 私は6本爪アイゼンであることとピッケルを持ってきていないことを考慮して右俣ルートを歩くことにしました。

DSC_4870_00027

 前方には右俣ルートの雪渓を歩く方が。私は軽アイゼンを外して夏道を歩きます。

DSC_4890_00032

 青空が出てきました。日が差してきて暑いくらい。

DSC_4899_00035
 
 白根御池小屋への分岐にて。ここからソロの山ガールとお話しながら一緒に登ることに。

DSC_4900_00036

 鳳凰三山のオベリスクがはっきりと。一日目がこんなに晴れるとは思いませんでした。

DSC_4914_00038

 小太郎尾根分岐に到着。稜線上は西からの風が強くて寒いほどでした。

DSC_4938_00044

 最後の小ピークを越えれば肩ノ小屋までもう少し。

DSC_4939_00045

 振り返ると歩いてきた尾根。その向こうには甲斐駒ヶ岳がっ!一方、仙丈ヶ岳の山頂付近はずっと雲の中にあり最後まで顔をみせてくれませんでした。

DSC_4951_00046

 肩ノ小屋に到着っ!

DSC_4954_00047

 東斜面のテン場は雪に覆われていてご覧の通り。頑張れば15張はいけるかな?

DSC_4960_00048

 本日一番のり~ 幕営料は700円也。


DSC_4962_00049

 担ぎ上げたビールを冷やします。


DSC_4965_00050

 昼食はいつものマルタイ棒ラーメン。今回は熊本とんこつラーメンにしました。

DSC_4970_00051

 1時間ほど経ったら急にテン場がガスってきました。明日天候が回復する保証はないので、今日のうちにキタダケソウを見に行くことにしました。(14:00)

DSC_4981_00052

 風が強くて苦労しましたが肩ノ小屋から50分ほどで北岳山頂に到着。でも先を急ぐので写真を1枚だけ撮ってそのまま通過。
 
DSC_4986_00053

 吊尾根分岐。西からの強い風のため真っ直ぐ立っていられないほど。体感温度は一桁℃。

DSC_5007_00055

 キタダケソウを探しますが至る所に咲いている白い花はほとんどがハクサンイチゲ。

DSC_4993_00054

 おっ!キタダケソウを発見っ!ハクサンイチゲとは葉のカタチが違います。八本歯のコル方面へ下れば群生地があるようですが、天候と日没を考慮して深追いはせずこれにて帰投。


DSC_5036_00057

 この登り返しがキツイ。

DSC_5040_00058

 激しい風の中だと結構スリリング。


DSC_5042_00059

 北岳山頂にて。今度は誰もいなかったので三角点にタッチ(笑)

DSC_5049_00062

 テン場に戻ってきたらお隣さんがテントを設営していました。ご挨拶をした後は雪で冷やしたビールを一気飲み。この直後に大粒の雨が・・・ キタダケソウを深追いしなくてよかった。

DSC_5053_00063

 テントの中は16℃といったところ。このまま夕食も取らずに寝てしまいました。深夜3時ごろに10℃まで下がったのを確認。

DSC_5056_00064

 深夜に目が覚めてウイスキーを一杯。今回はブラックニッカスペシャルを持ってきました。肴はマルハのさんまの蒲焼。

DSC_5058_00065

 一晩中降り続いた雨は朝になっても止まず・・・

DSC_5067_00066

 朝食とモーニングコーヒーの準備。この後お隣さんは北岳山頂へ。


DSC_5071_00068

 天候の回復が見込めないので、早朝のキタダケソウは断念して下山することにしました。


 撤収の準備をしているとお隣さんが早々に戻ってきました。視界不良と強風のため残念ながら登頂は諦めたそうです。

P7030007

 6:20AMにテント場を出発。10時発のバスに間に合うかな?


P7030010

 晴れたり曇ったりの繰り返し。このあと風も出てきました。

P7030030

 広河原の吊橋まで戻ってきました。10:00のバスには間に合いそうです。今回も楽しい山行となりました。ありがとう北岳、そしてお会いした皆様に感謝です。

P7030046

 芦安バス乗り場にある白峰会館で日帰り温泉に入りました。(700円)


P7030043

 サッパリしたらお腹が空いていることに気づき、夜叉神そば(750円)を注文。美味しかった~♪

 結局今回の山行では一度もレインウェアやザックカバーを着けずに済みました。梅雨の真っ只中、雨中の山行を覚悟していた身としては想定外の幸運と言わざるを得ません。しかも遠目ながらも初めてキタダケソウに会うことができたし・・・

 今回ばっちりリフレッシュできたので、これからしばらくお仕事に頑張れそうです(笑)


IMG_6652
Posted at 2017/07/03 23:56:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 山登り・ハイキング | 日記

プロフィール

「@たいはくおうむ これは期待できそうですねっ!でもそれなりのレンズを要求されそうだし、無い袖は振れないし・・・(泣)」
何シテル?   07/26 20:47
ハンドルネームはフランスの偉大な自転車レーサー”Laurent Fignon”から頂戴しました。 これまでカングーに荷物を目いっぱい詰め込んでオートキャンプを...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

【みんカラ】をバックアップする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/04 19:44:11

お友達

”広く、浅く、程々に・・・”が信条のテキトーなアラフィフです。もし趣味が合いそうだと感じたらお声掛けください。
128 人のお友達がいます
cc_buttercc_butter * Disco-4@東京Disco-4@東京 *
さん坊@starbikesさん坊@starbikes * 永遠のMT乗り永遠のMT乗り *
ジョンくろジョンくろ * IsayanIsayan *

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
メガーヌ2からの乗り換えです。 FBMやカングージャンボリーで出会った個性的なカングー達 ...
イタリアその他 クオータ ケベル イタリアその他 クオータ ケベル
自転車です。晴れた週末に乗っています。 画像のパーツは以下の通り・・・  フレーム:  ...
ホンダ エイプ100 ホンダ エイプ100
妻の愛車です。SRV250を手放したのち、10年以上のブランクを経て選んだ相棒は100c ...
ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
マイナートラブルの絶えないクルマでしたが、シャープなスタイリングは今でも気に入っています。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.