• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロスレガのブログ一覧

2012年10月18日 イイね!

パジェロミニ ロスマンズ 製作終盤へ 

パジェロミニ ロスマンズ 製作終盤へ 
リアバンパーセンターにブルーを貼り・・・・・・・

ルーフのリブがきつくて貼りづらい・・・。

マーキングはほぼ完成です!!

明日(金曜)にマッドフラップを作ってリアスポ付けて、土日にはもうお台場MSJ(モータースポーツジャパン)で展示です!
Posted at 2012/10/18 23:09:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | ステッカー | 日記
2012年10月06日 イイね!

プロドライブインパネ


ロスレガ号のインパネ、エアコン操作パネルにprodriveロゴを貼りました。
寸法ギリギリ、表面梨地の為、ちょっと貼りにくかったです。
ワークスカーもここらへんにprodriveロゴが入っています。


エアコンマニュアル操作パネルOPENで普段は隠しておけるのがミソです♪(^^)

BC前期型オートエアコン車ならでは、かな?
Posted at 2012/10/06 23:12:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | ステッカー | 日記
2012年08月21日 イイね!

Lサイドだけで進めてて大失敗!

Lサイドだけで進めてて大失敗!Lサイドだけで進めてて大失敗!

青帯は後方ほとんど絞っちゃいけなかったんだね。

せっかく分割出力データ作ったのに、やり直しじゃ~ん。。。
Posted at 2012/08/21 20:10:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | ステッカー | 日記
2012年07月29日 イイね!

シースルーメッシュサンシェード信号確認証明

シースルーメッシュサンシェードを装着しても信号が確認できることを証明できるような写真を撮りました。
実は先日一人でトライしてみたのですがやはり運転しながらでは無理がありました。(^^;)
停止線位置では視界的に信号はまずサンシェードに被りません。
サンシェード越しに信号が見える位置で写真を撮ろうとするとほとんど走行中になってしまいます。カメラ位置もガラスに近すぎでした。
そんなわけであまりイイ写真が撮れなかったのです。

そこで今日はスタッフ君に助手席から写真を撮ってもらいました。
なかなかバッチリ見えてます!♪
これだけ見えれば「信号の光が見えても信号機であるかどうか確認できない」とは言えないでしょう。
車検時にこれをプリントしたものを見せればかなり説得力があると思います。




ロスレガ号の写真の新たなメッシュサンシェードの外観写真を撮ってないのでmassa_kyonさんのエスコートものをちょっと拝借させて頂きます。m(_ _)m
下の方は穴の粗い初期試作品です。ロスレガ号はこの下のタイプで陸事でNG喰らっちゃったんですよねー。
Posted at 2012/07/29 21:08:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | ステッカー | 日記
2012年06月19日 イイね!

残念な結果(でも可能性はある)

台風接近中ですが、ロスレガ号の(ユーザー)車検!4ラウンド。

まずはテスター屋で予備検査。
「二輪駆動にするヒューズはどうしたの?どこ?」
と言われ少々驚く。
そんなもの無いっす。(汗)
光軸検査で
「ハイビームにして!」
「いや、ハイビームになってるんですけど。点いてないすか?!」
なんとハイビーム系統(自分のは純正配線ではありません)のヒューズ切れ!
ヒューズが溶け溶けになってる!
オープンタイプのヒューズホルダーなのでホコリなどの侵入があって接触が悪くなり、タマにこういうことあるんだよねー。ケース付きのヒューズホルダー買ってはあるんだけど面倒で付けてなかった。(~~;)
ヒューズホルダーも熱でフニャフニャでちょっと苦労しながらなんとか手持ちの予備ヒューズに交換。
無事ハイビーム点灯し事なきを得た。ふ~。

そしてT沢検査事務所へ。このころには既に大雨。

フルタイム4WD対応レーンが一つ故障中とかですごい行列!スバル車が多い。
こんな長い行列初めて見たかも。(列は右に折れ曲がり、検査棟は自分の後方にあります)
ただ途中から故障中とかのレーンも稼働始めたようで少しは進みが早まったのは幸い。

最初の外観検査でマフラーを見られ、
「ノーマルに戻したんですね。」
と言われ、
「昔からずっとノーマルです。」
と答えると
「そうですか。失礼しました。」
なんて言われた。(笑)
シースルーメッシュサンシェードやラリコン(スポンジカバー付き)について何も言われなかったのでそのままスルーかと思われたが・・・。
ラインの検査は順調にパス。
センターパイプのサイレンサーの僅かな排気漏れがちょっと心配だったが問題なし。
しかし合否判定のところでシースルーメッシュサンシェードやラリコン(スポンジカバー付き)について言われNo.1レーンに行ってじっくり再検査を受けるように言われてしまった。

そこでシースルーメッシュサンシェードなどをじっくり見られた。
《信号が確認できるものは「透明であり」とされるものとする。》
という規定があり、信号を確認できますよね?と主張。
審査事務規定をめくって「どうなの?、どーする?」と相談する検査官たち。
シートに座り視界を確認され、ちょうど上方にある重量計測の数字がはっきり読めないと
言われた。
「文字が読めなくても信号が確認できればいいんですよね?」
と言うと
「信号がそこにあること自体が確認できない恐れがある」
「正面だとまあまあ見えるけど助手席の方だとだいぶ見づらい。」
などと指摘された。
う~ん・・・。実はこのロスレガ号のシースルーメッシュサンシェードは試作モデル。その後製作しているものよりパンチングメッシュの目が粗く、開口率が悪い。いつでもどっから見えても視界がクリアとは言い切れない・・・。
結局検査官3人の多数決(!)によりNG!
ざ、残念。
「不透明部分があるから」とかではなく、実際の視界でそう判断されるとほとんど反証できない。

しょうがないのでレーンを出てから剥がしたのだが実にあっけなく剥がれた。
メッシュ素材とラミネートの二重構造で伸びづらく、接着面積が少ないので簡単に剥がれるんですな。
これならある程度再利用も可能と思われる。(青空駐車でフィルムが劣化しきっている場合は無理だと思います)
剥がした状態で確認してもらおうとNo.1レーン入り口に行ったらシャッター閉まってる!げげっ、時間切れ!?
出口に回って邪魔にならないところにクルマを止め、確認してもらった。
クルマに近づきもせず遠目に確認してOK!
なんとか新しい車検証をもらうことができた。

今回NGとなったのは残念だが、開口率が高ければパスする可能性は残されたと言えよう。

右の粗いのがロスレガ号の試作モデル。左がその後使用している素材できめ細かく開口率も高い。これなら良かったかもねー?
ちなみに千葉で一度パスしたのも左の細かいタイプとほぼ同様の素材だ。



Posted at 2012/06/19 19:36:19 | コメント(6) | トラックバック(0) | ステッカー | 日記

プロフィール

「空気圧をZX-4規定値より約1割上げてみたんだが凄く安定してバンクする!走りやすい!GPR300! 」
何シテル?   09/26 21:39
カーグラフィック コーディネーターです。 ステッカー、デカールチューン大好き!?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

masaoのオフィシャルWEB 
カテゴリ:音楽系
2012/11/02 21:48:03
 
鈴木ゆき 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:05:40
 
浅見ユウコ公式ブログ 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:00:23
 

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ スバル レガシィ
もうだいぶ古い車になりましたがGC8中期エンジン(Ver.4ターボ),ミッション&デフに ...
カワサキ ZX-4 カワサキ ZX-4
1990年、2年落ちの新車で購入。現在まで乗り続けているワンオーナー車です。 ■'88 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
1992年 パリ~モスクワ~北京 ラリー パジェロプロト ロスマンズ アーウィン・ウェバ ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
稀少な初期型、2リットルツインターボ。 新たな○○○○デモカーベース!? TTEサファリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.