• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロスレガのブログ一覧

2011年12月20日 イイね!

アルミサイドシルガード

パジェロミニのサイドシルのひどすぎる錆穴修理。
かなりめんどくさかったけど思い切ってやった~!


ポロポロ崩れるところをグラインダーで切除。
崩れた錆のカケラなどを掻き出し、気休めの(^^;)錆止め塗料をなるべく奥まで吹き付け。

KENP-FACTORYのアルミサイドシルガードを取り付け。
シリコンシーラーを下辺以外の外周に塗りガムテで仮付け。
左右両端は車体から浮き気味なので押さえながら、穴空け。
ブラインドリベットで取り付け。

4.8mm径のブラインドリベットは締め込み&破断が大変大変硬い。道具が悪いからか?

一挙にワイルドな印象になりますな。

右サイドはサビチェンジャーも使ってみた。
そしてブラインドリベット4カ所留めたところでシリコンシーラーを塗り忘れてたのに気づいた。
な、なんてこった!ブラインドリベット留め1カ所1カ所がすげー大変なのに。
泣く泣くブラインドリベットの頭を飛ばし外す。
シリコンシーラーを塗って付け直し。
ところが穴が少し広がってしまったのかアルミサイドシルガードの取り付け位置が微妙に上がり、ドアと干渉するようになってしまった!
またまた泣く泣くグラインダーで干渉部分を削る。
もうブラインドリベットを締める握力が足りない・・・。
エクステンションをはめてなんとかやりきった。


ふぇ~、疲れた~。
これでボロ隠し&補強の一石二鳥!(笑)
Posted at 2011/12/20 19:31:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2011年12月11日 イイね!

東京モーターショー&レプリカコンテスト

東京モーターショー&レプリカコンテスト東京モーターショー前レプリカコンテスト(展示イベント)「Concorso di ReplicaCar」!
ロスレガ号とヴィヴィオサファリ仕様の2台を持ち込みました。
好天に恵まれ素晴らしいロケーション。
モーターショー来場者も驚いたことでしょう。



モーターショー見物は86に近づくには無駄に(?)1時間並ばねばならずスルー。たった1台しかないなんて。。。


しかしBRZは余裕で接近。
なぜかターンテーブルが止まっており1点からしかみれなかったが、
「回れ!」とつぶやき念じたら間もなく回り始めた!(笑)
実車を見ても低くてコンパクトで良いね。
もう1台フロア上にあり、人に囲まれて全体が見えないものの触ることも可能だった。
シンプル&コンパクトなNAのFR。BOXERエンジン新レイアウトによる徹底低重心、低車高により従来にない魅力を作った。
スタイルも古典的スポーツカーテイストが入り中高年のクルマ好きオヤジを魅了しそうだ。
順調に売れれば同じシャシで全く別デザインのモデルも期待できるかも?
出てこい、初代セリカLBリバイバル!(ちょっと個人的趣味)

レプリカコンテストは私の手がけたS氏のマルティニインプレッサ(GRB)がAUTOSPORT賞を受賞!


昨日は私の手がけたmassa_kyonさんのREPSOLエスコートが見事MSJグランプリ!


またkomaさんのグランツーリスモレガシィB4もAUTOSPORT賞(だったかな?)受賞したそうで。

写真取り損ねスマン。

みなさんおめでとうございます!


ロスレガ号&ヴィヴィオサファリ号はメインの導線から少し外れたところにあり、人の接近はやや少ないものの興味ある人は写真を撮ったりじっくり見たりはしやすく、多くの人に興味深く見られたり写真を撮られていたようです。夕方はそのへんだけ日が当たってて良い環境でした。

これでWRCなどのレプリカっていいな!とかいう人が増えてくれるのを期待したいところです。
ありがたいイベント企画でした。
みなさまお疲れ様でしたー。

2011年12月10日 イイね!

カーボンケブラー「風」レカロSP-Gなど

カーボンケブラー「風」レカロSP-GなどレカロSP-G背面にカーボンケブラー調フィルムを貼りました。

従来より薄くて柔らかいラミネートフイルムのサンプル品を使用したので曲面追従性の高いプリントフィルムが出来たのです。
それでもリブ形状がどうにも邪魔なのでパッチワークのように細かく切り継いで貼ってますが目立たないでしょう?

これでウン十万もする高価なカーボンケブラーシェル「風」シートになりました♪









ヴィヴィオもダミー牽引フックや自家製ランプカバー付けました。
しかしコーヨーソフトボードはクルマの外装部品としてはなんぼなんでも柔らかすぎな感じです。
牽引フックボルト留めするとステーやワッシャーをかましていてもどこまでもつぶれていきます。(苦笑)




さあ、明日は東京モーターショー前展示イベント「Concorso di ReplicaCar」です!
ロスレガ号とヴィヴィオサファリ仕様の2台を持ち込みます!
Posted at 2011/12/10 23:13:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2011年12月05日 イイね!

やわらか牽引フック

やわらか牽引フックはい。コーヨーソフトボードで ソフトダミー牽引フック出来ました!
まだ取り付け方法の見通しついてませんが・・・。(~~;)

大きく見えすぎるソフトランプカバーは角を落とし少しコンパクトに見えるようになりました。

コーヨーソフトボード、カッターで小さいRを切ろうとすると垂直に切るのが難しいです。
柔らかすぎて自在には削れないですね。食い込んだり、ささくれたり。
カッターで角を落とすよりはグラインダーで削ったほうがささくれなくてキレイだ。
が、荒削り状態以上には仕上げられない。なんかいい方法あるのかね?

PIAAスポットランプはツヤ消し黒塗装が終わり、ブレ止め固定用にブラインドナットを埋め込みました。
Posted at 2011/12/05 01:13:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2011年12月02日 イイね!

自作ランプカバー

自作ランプカバーアルミボディのPIAAスポットランプ。

黒塗装の下地作り、軽くペーパーがけしてからミッチャクロン吹き。そしてツヤ消し黒缶スプレー塗装。
アルマイトをはがすのがベストらしいがモノが大きいだけにパイプユニッシュ漬けも大変なのでパス。

ランプカバーは付属しなかったが英国で単品販売してるようなのでいずれそれを入れようかと思います。
が、とりあえずモーターショー展示用にとりあえず自作。
コーヨーソフトボードなる最近はコスプレ製作によく使われるという素材を初めて使って挑戦!
めっちゃ柔らかくカッターであっさり切れる素材ですね。
PIAAランプカバーに前面の円の大きさを合わせると、、、その外側に奥行き面を巻かないとランプに被さらないのか・・・。ちょっと失敗。


そしてダミー牽引フックもこれで作ろうかと。
危険と言われる牽引フック。触ってみるとフニャフニャなんていーじゃない?(^^)

5mm厚では薄いので2枚重ね接着。貼り合わせて本の山の間に挟み込んだ。

明日切り出し予定!上手くいくかな?


Posted at 2011/12/03 01:12:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記

プロフィール

「空気圧をZX-4規定値より約1割上げてみたんだが凄く安定してバンクする!走りやすい!GPR300! 」
何シテル?   09/26 21:39
カーグラフィック コーディネーターです。 ステッカー、デカールチューン大好き!?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

masaoのオフィシャルWEB 
カテゴリ:音楽系
2012/11/02 21:48:03
 
鈴木ゆき 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:05:40
 
浅見ユウコ公式ブログ 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:00:23
 

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ スバル レガシィ
もうだいぶ古い車になりましたがGC8中期エンジン(Ver.4ターボ),ミッション&デフに ...
カワサキ ZX-4 カワサキ ZX-4
1990年、2年落ちの新車で購入。現在まで乗り続けているワンオーナー車です。 ■'88 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
1992年 パリ~モスクワ~北京 ラリー パジェロプロト ロスマンズ アーウィン・ウェバ ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
稀少な初期型、2リットルツインターボ。 新たな○○○○デモカーベース!? TTEサファリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.