• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロスレガのブログ一覧

2013年02月25日 イイね!

ボデーペン特注色

ボデーペン特注色パジェロミニのフェアリーホワイト、缶スプレー生産終了っぽいぞ。どする?(==;)

ってことで特注通販!

オーダーしたら翌々日には発送だって!
実はオーダー調合じゃなくて在庫で持ってるんでは?と思った。

でも来てみたらちゃんと特注缶スプレーでした。
専用のグラフィックデザイン(でも変に凝っていて特注感が薄い、てかイラストが妙(笑))、手描きの色名、キャップにカラー見本の小片が貼り付けてある。

2100円(送料別途)で特注スプレー作ってくれるって悪くないですね♪
Posted at 2013/02/25 19:59:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2013年02月23日 イイね!

ノスタルジック2days

ノスタルジック2days 明日はノスタルジック2days初日です。準備に手間取って出発が遅れ、なにも設営できないかと心配しましたが、首都高都心渋滞スーパー迂回ルートが成功し早めに到着し設営することが出来ました。パシフィコ横浜です。遊びに来てね。(^-^)
2013年02月16日 イイね!

ついにダメージ!?

ついにダメージ!?ダートに、雪に、氷にと駆け回り、これまでは無事でしたが・・・。
このくらいで済んだのは不幸中の幸いでした。
まるで鉄バンパーの地肌が見えてるように見えますが、ツートンカラー時代の下回り色のシルバーが見えてるのでした。

補修中です。
Posted at 2013/02/18 22:48:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年02月14日 イイね!

女神湖氷上

女神湖氷上女神湖氷上ドライブ!
仕事の都合で微妙でしたが休みの日に仕事したりで都合付けて急遽参加決定!
しかし直前過ぎてか参加受理の返事が来ない。
車高の高いクルマはNGと聞きピンチに!?
パジェロミニで大丈夫なのかはっきりせぬまま現地入り。
本来はダメらしいけどOKが出ました。
車高高くタイヤも大きい為、雪(氷)土手に乗り上げて横転の可能性が普通車よりも高いのは確かでしょう。雪が積もってなければいいんでしょうけどね。


除雪された道幅が狭く、所によりグリップが超極端に違い、コーナーアウト側が掘れている為、非常~に難しかった!

バックで定常円旋回なんかもチャレンジしたよ。


RIDE-BLUEさんが動画撮ってくれました。
http://www.youtube.com/watch?v=a65qNZO63-o&feature=youtu.be




同乗させて頂きました。
悪コンディションの中、向き変えが上手い!


終了後、少し走って利休庵というところで食事。山盛り過ぎるかき揚げ丼!
全然食べきれませんでした。(汗)


蓼科山

帰って来た後仕事はヘビ~。。。
2013年02月08日 イイね!

ツインカムターボはなぜOHVの3T-EUエンジンベースだったのか?

日本初のツインカムターボたるトヨタ3T-GTEUエンジン。
1.8L、2バルブDOHC、ツインプラグ、ターボ、グロス160PS。
60系セリカ、カリーナ、140系コロナに搭載。
私が初めて(中古で)買ったクルマ、TA63セリカLBのエンジンだ。
そのほんの僅かにボアアップ版の4T-GTEUは更に2.1Lまでボアアップされ、Gr.BのセリカやGr.Cカーにまで積まれて活躍したことはご存知の方も多いと思う。


そのツインカムターボはなぜOHVの3T-EUエンジンベースだったのか?
もとからあったDOHCの2T-Gや18R-Gベースではなく。
それらにはモータースポーツ専用の4バルブヘッドがあったにもかかわらず新エンジンでなぜ2バルブでOHVエンジンベースなのか。更にそんな3T-GTEUエンジンベースでなぜモータースポーツで一定の成果を上げたのか?

それらの謎について考えて(調べて)みた。

2Lの18R-Gベースではパワー的にセリカXXの6気筒NA2Lの1G-GEUを越え2.8Lの5M-GEUに迫ってしまい、トヨタの車種ヒエラルキーを壊してしまうといった理由はあるだろう。
でもそれだけではないはずだ。

そもそもどうしてOHVのエンジンをDOHCにすることなんて出来るのか?
エンジンブロックはどうなっているんだ?
まさかプッシュロッドを収める穴なんかがそのまんま残っているのでは?
3T-GTEU、エンジンブロックなどで画像検索するとそれらしき写真が出てきた!マジか?
プッシュロッドを収める分エンジンブロックが大きい。見るからに頑丈そうだ。
斜めにプッシュロッドが延びた奇妙なクロスフローヘッドの写真もあった。これは3T-EUエンジン?
カムシャフトはシリンダーの真横ぐらいという意外と高い位置にあり、クランク軸からそこまでチェーンで駆動しているらしかった。


3T-GTEUエンジン登場時の詳しい本を見ると
・流行しはじめたターボによるパワー競争で優位に立つべくかなり短期間で開発された
・動弁系は2T-Gエンジンに近い。
 シリンダーの真横ぐらいのシャフトまでチェーン駆動、そこから別のチェーンでツインカム駆動。
・エンジンブロックはOHVの3T-EUほぼそのまま
・新しい1Sエンジンでは開発が間に合わない
といったことがわかる。

ちなみに2T-Gなどで画像検索すると3Tそっくりなプッシュロッド穴のあいたエンジンブロックが。
18R-Gで画像検索するとプッシュロッド穴など無いエンジンブロックの写真が見られる。


はは~ん、わかってきたぞ!

短期間で初のDOHCターボを実現するにあたって確実に頑丈なOHVの3T-EUエンジンをベースとした。
結果的にチューニング(2.1Lハイブースト化)を可能にしてモータースポーツ適正が生まれた。
DOHCなんだけどOHVのプッシュロッド穴はそのまんま残っている。
OHV時代のカムシャフトはカムチェーンの中間シャフトとなりバランサーシャフトを兼ねる。(これは未確認)
このへんは2T-G同様でこれも開発コスト、開発期間短縮になる。
2T-Gベースでは1.6Lターボとなりクラス的に18R-Gの置き換えにならない。2Tも3Tも腰下は同じようなもの。
バルブの数よりパワーより日本初の「ツインカムターボ」の商品性。ツインカムかターボかの論争に終止符を打つ。
追記:1気筒あたり2バルブだがバルブサイズを最大限にとり、残ったスペースでツインプラグ化することにより燃焼効率アップ(高回転高出力低公害)を狙った。
18R系はプッシュロッド穴の無いSOHCが先に開発されており、それをベースとしたDOHCの為、ブロックがさほど頑丈ではない。(推測) 先に述べたトヨタヒエラルキーの問題もある。
1.8Lのほうが燃費に優位かも。(カリーナやコロナにも積むのだから経済性も必要)

これらが理由でOHVの3Tベースで日本初のツインカムターボたるトヨタ3T-GTEUエンジン
が生まれたのだと思う。やっと謎が解けた気がする。


ところで3T-EUのようなクロスフローなOHVって構造が複雑怪奇。こんなことなら単純なDOHCのほうがよっぽどシンプル。今だったらやらないよねー。



Posted at 2013/02/09 02:26:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるま | 日記

プロフィール

「新しいカメラLUMIX G8のおかげでロスレガ号がいい感じに撮れた♪」
何シテル?   08/20 01:18
カーグラフィック コーディネーターです。 ステッカー、デカールチューン大好き!?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

masaoのオフィシャルWEB 
カテゴリ:音楽系
2012/11/02 21:48:03
 
鈴木ゆき 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:05:40
 
浅見ユウコ公式ブログ 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:00:23
 

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ スバル レガシィ
もうだいぶ古い車になりましたがGC8中期エンジン(Ver.4ターボ),ミッション&デフに ...
カワサキ ZX-4 カワサキ ZX-4
1990年、2年落ちの新車で購入。現在まで乗り続けているワンオーナー車です。 ■'88 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
1992年 パリ~モスクワ~北京 ラリー パジェロプロト ロスマンズ アーウィン・ウェバ ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
稀少な初期型、2リットルツインターボ。 新たな○○○○デモカーベース!? TTEサファリ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.