• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

○川の愛車 [スバル レガシィツーリングワゴン]

パワーアンプ取り付け

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以上
作業日 : 2013年04月18日
1
以前からヘッドユニット(HU)DEH-970をマルチネットワークモードにしていたので、
さらに音質向上のためカロッツェリアのパワーアンプGM-D7400を購入して取り付けました!

初めての外部アンプということでワクワクでしたが写真を撮ってなかったので文字だけになります(^_^;)

以下作業内容

1日目

1:電源ケーブル引き直し

アンプの最大消費電流が30A以上なので電源キットを買って引き直すことにしました。

4ゲージの電源ケーブルをエンジンルームの運転席側のハーネスホールから車内に引き込みました。

ちなみに以前、サブウーファー(以下SW)とHU用に電源を引いていたのでそんなに大変では無かったです。

次に電源ケーブルを運転席側から助手席の下に引くのですが、
センターコンソールに引くスペースが無いのでサイドシルの中に通して、
リアシートを経由して助手席下に引き込むことにしました。

それでこのサイドシルのプラスチックのカバー(スカッフプレート?)の取り付けが異常に固くて、
取り外すだけでも一苦労でした(^_^;)

ちなみにウェザーストリッパー?(窓枠のゴム)を外すと、
サイドシルを外さなくても割りと楽にいけます♪

あとBピラーのカバーも外さないとキツいです。

とりあえずリアシート下にケーブルをしまって1日目はここまで。
2
2日目
2:スピーカーケーブル引き直し

次に左右のスピーカー(以下SP)ケーブルですが電源ケーブルと同じルートで引くことにしました。

以前引き直していたSPケーブルをHUから外してダッシュボード脇から引き抜きサイドシルに引き込みました。

スカッフプレートは前日に取り外したままにしておいたので引き込むのは楽でしたが、
長さが足りないのでサイドシル内で延長して引き直しました。

3:ラインケーブル引き直し
HUからアンプにつなぐラインケーブルをセンターコンソールに通して引くことにしました。

こちらもSW用のを1本引いていたのでそれに沿うように、
センターコンソールを一部外して助手席下に引き込みました。

4:各ケーブルつなぎ込み

まずバッテリー側のマイナス端子を取り外しました。

次にアンプのアースを助手席の取り付けボルトと共締めしてアンプにつなぎ込みました。

この電源ケーブルとSPケーブルですが接続する部分に、
ケーブル保護と接点面積拡大のために別売のリング状のターミナルジョイントを取り付けて接続しました。

次に電源ケーブル(バッテリー側は外してある)をアンプにつなぎ込みました。

次に各SPのケーブルをつなぎ込みました。

ツイーター用をチャンネル(ch)A、ウーファー用をchBに接続しました。

次にHUからアンプのケーブル接続となりますがシステムコントロール線をつなぎ、
ツイーター用はHighにウーファー用はMidにSW用はSWに接続して、
アンプ側もchAにツイーター用、chBにウーファー用をつなぎ込んでケーブル類のつなぎ込みは終了。

余談ですがDEH-970はアンプ、スピーカーをフロントRLとリアRLを使用するスタンダードモードから、
フロントHigh、Mid、Lowと使用するマルチネットワークモードにするのには、
HUの底に付いてるディップスイッチを切り替える必要があるので、
この時点で切り替えないと2度手間になるので注意が必要です!


再度各ケーブル類が正しく接続されているか確認して(この時点で誤接続に気付かず)、
エンジンルームに行って電源ケーブルをバッテリーにつなぎ、
最後にマイナス側をつなぎ設置は終わりました。

5:HUの設定変更

電源を入れて時計などの初期設定を済ませたあと、再びHUの電源を切ってセレクター長押しで初期設定モードにして、
内蔵アンプをOFFにしました。

設置したあとは音量とゲイン(アンプの入力感度電圧)の簡単に調整をしました。

具体的にはDEH-970はプリアンプ出力が最大で5Vなので、
ゲインのつまみを左に回してとりあえずスピーカーを壊さないような設定にしておきました。
3
3日目
HUの各調整のために近所の静かな場所に行ってタイムアライメントや各スピーカーの調整(自動)をしました。

いざ、聞いてみると今までと全然違っていて驚きました!

それと基本的にSPケーブルは抵抗値など変わるので左右同じ長さにするのが当たり前なので、
当然左側のSPケーブルが余ってしまう状況になりますが、
時間が無かったのでとりあえず助手席下にまとめておきました。

4日目
SPケーブルをまとめておくと磁界が発生して悪影響を及ぼすので、
SPケーブルを配線しなおすためにアンプから一度すべて外しました。

いろいろ考えた結果、運転席側と同じようにリアシートの下に迂回させるように引き直しました。

で、3日目のSPケーブルを繋いだときに左ウーファーと右ツイーターの配線を+-を逆に接続していたことが発覚しました(^_^;)

そんなミスに気付いてつなぎ直して再度調整をしました。

そうしたら笑えるくらい音が変わりました(^_^;)

なんだかんだで4日間かけてアンプ設置完了しました♪

ちなみにカロッツェリアのカタログを見ると、
「アンプ設置に必要なのは
電源ケーブル
RCAケーブル
スピーカーケーブル
を用意してつなぐだけで手軽にいい音♪」
って書いてありますが、
自分でデッキやドアスピーカーの交換をできたとしても、
電源ケーブルやスピーカーケーブルの引き直しなど今回の作業は手間がかかり、
そう簡単にできるもんじゃないので気を付けた方がいいと思います(笑)


でも初級用アンプだとしてもそれを補って余るくらいに音がいいので、
いろんなジャンルを聞きながら調整していきたいなって思います(^-^)/
4
参考までに

アンプを購入したSAB羽村のスタッフさんに簡単な調整方法を教えてもらいました。

HUはDEH-970、スピーカーはPioneerのTS-C1710Aです。

あ、あと一応自己責任でお願いします(^_^;)

1アンプ取り付け前
HUの音量を声を張り上げないと聞こえないくらいの音量(氏曰く約90db)にしておいて、
その時の耳に感じる音量の感じを覚えておく。

一度音量を元に戻す。

2アンプ取り付け後
アンプのゲインを左側に目一杯回しておく。

HUの音量を最大の半分にして(DEH-970なら31くらい)にして、
アンプのゲインを徐々に右に回していき先ほどと同じ音量になるくらいになったらしばらく音を流し続ける。

ここでもし音量が小さくなったら右に、大きく感じるなら左に回して調整する。

ちなみに取り付け前と後のHUの音場設定などは同じにしておいて、
ゲイン調整後にHUの調整をすると分かりやすいみたいです。

で、そのポジションから左右に回して試した結果、

ゲインを高める(右に回す)と音の立ち上がりがソリッドになる。

ゲインを下げる(左に回す)と柔らかな感じになりました。

これはほんと好みなのでどちらがいいとかは言えないので悪しからず…

初級のアンプでも悩むのでいいアンプ入れたら面白い半分、
調整が大変半分って感じですね。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

フロントスピーカー交換(ウーファーのみ)

難易度:

フロントスピーカー応急交換

難易度:

純正ツィータ改悪

難易度:

AMラジオの入りが悪い

難易度:

フロントスピーカー交換-その①

難易度:

純正オーディオデッキ換装

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

○川です。 よろしくお願いします。 カーオーディオを素人パワーで設置、 最近やっと初級者向けのアンプを取り付けて調整して遊んでます♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
特に派手にいじってないですがオーディオは少しいじってます。 以下システム パ:Pion ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.