• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

チャキおのブログ一覧

2017年08月27日 イイね!

アニ Summer 2日目!


3月の部長ライブから5カ月、これだけライブ間隔が開いたのはここ数年で久しぶり。

と言う訳でこの夏の 切り札 をきってきました!



Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-



アニサマ参戦はμ's が事実上最後の出演となった、 2015 -THE GATE- 以来。

今回の出演者を見て早々、気にはなっていたのですが決心がつかず・・・

そんな時、chikuoさんからのお誘いと月がきれい効果が後押しし、やっと行く決心がつきました。





そして昨日、3月以来のSSAへ!

新都心駅の改札横ではWUGちゃんのお出迎えです。

今秋の一押しアニメですが、おイモちゃん達も大きく成長したなぁとしみじみ。

台風直撃後に参戦した江坂MUSEでの1stライブの頃が懐かしい。

WUGちゃんではよっぴー推しの私ですが、後でよっぴーが入っていないことに気づき愕然。

帰りに撮り直すことにしたのですが・・・



俺がMay'nちゃんだと言いながら chikuo さんが強引にフレームイン。

『いやいやWUMは作品違いだから・・・』と思いつつシャッターをきる私。

動揺した訳ではありませんが、今度はみゅーちゃんをハズしてしまいました。





さて、今回はレギュレーションに関してザワつく一面もありましたが、参加しての感想はやはり

その効果があったのか “やや大人しい” という印象を受けました。

アガるところはそれなりにアガるのですが、私がいた200LV付近では勢い任せに楽しむような

人はあまりいなかったなぁ。(周囲が一番盛り上がっていたのはミリマス登場時)

それだけに私達も自重気味にコールetcをすることに(笑)



今回のお目当てはもちろん fripside ですが、それだけじゃありませんよ~。

・ anjela
・ 三森すずこさん
・ 東山奈央さん
・ 中島愛さん


この面子だけでもシークレットに誰がきても不思議じゃない状況。

初日にSOS団なんて出されちゃ期待するなという方が無理というものです。

予想するだけで楽しみがとならない!



初っ端は angela×fripSide で一気に盛り上げてからの angela。

トリでもおかしくないのにトップを飾ってくれました~ (*^^)v

夏の終わりを

『全力☆Summer!』

でスイッチオン!

タオルの代わりにウデを回しすぎていきなり故障者リスト入りするところでした。

そこからはしばらく体力温存(笑)



まだかまだかとあの人を待つこと13曲目、

“ なんとなく 頭の中で君が・・・ ”

メインモニターにはアニメOP映像が流れだす!!

よっしゃ、きたぁぁぁぁぁ!

とばかりに地蔵から一転。

『イマココ』

東山さんの枠が2曲とすればあの2曲しかないだろうと思っていても、これは堪りません!

しかもアニメOP映像付き。さいとーPにマジ感謝です m(__)m

コールは無粋だと思っていたので控えてましたが、まさかの東山さんから煽りが入ったので

“ 行け、行け、行け、行け! ”

やらせていただきました (^^♪

MCでは武道館ライブ開催も発表されましたし益々活躍が期待されますね。

そして、

『月がきれい』

メインモニターに写し出された月を背負い、白いドレスを纏った彼女が月あかりに照らされながら

歌う姿には瞬きすらもったいないと感じるほど。

この場で聴けて本当に良かった。大変価値のある2曲でした。



しかし、そこで感傷に浸る隙を与えてはくれないのがアニサマ。

懐かしいイントロが流れてきたんですけど、ラグランジェ?!

『TRY UNITE! -extended version-』

続けざま、惜しみなく中島愛さんを投入してきました。

でもなぜラグランジェ?と思いながら盛り上がる私。

2曲枠なら『ワタシノセカイ』でハケちゃうんだろうなとMCを聞いていると、なんか違うぞ?!

私の原点?キラっ?

会場もキーワードに即座に反応し大歓声!

『星間飛行』

またもやってくれましたねアニサマさん。

あるかなとは期待してましたが、期待を裏切りませんね~ (^^♪

決して周囲に迷惑がかからないように振りコピさせていただきました(笑)

このままの勢いでシークレットにMay'nさんとの『ライオン』を期待しましたがそこは叶わず。

この日のMay'nさんは友人の結婚式に参列されていたみたいですね。



こうなると後は三森さんがどこで登場するかが問題。

しかしもう油断すら出来ません。

メインモニターに文字が流れ、みもりん劇場の始まりです!

『ドキドキトキドキトキメキス♡』

これをアニサマで観れるとは!

三森さんに関しては聴くより観るのほうが表現としては正しいのかと思います。

私の中では『Fantasic Funfair』と二分するキラーチューン。

もうヤバすぎるセットリストに前半が終わっていないにも拘わらず息が上がる始末。

やっぱ歳だな・・・と。



ここからはほぼ体力温存で見ていたのですが、

氷川きよしさんがシークレットで登場し会場みんなでズンドコしてみたり、

『Don't say "lazy"』 『青空のラプソディ』

など所々で界王拳を使いながら楽しむこと4時間半。



トリは待ってましたの fripside

ここに関しては最高の一言。

『only my railgun』

が色褪せることはありません (*^^)v





2015 -THE GATE- の時の様なある種異様な盛り上がりではないものの、やはり夏のお祭りは

最高に楽しい思い出となりました。さんざん迷ったけど参戦して良かったぁ!

宿が秋葉原だったので、二週連続でお参りしてから帰りました。

Posted at 2017/08/27 21:42:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメ・その他 | 日記
2017年08月22日 イイね!

二人で見上げた あの時みたいにきれい・・・


先週末は二人が過ごしたあの街へ。





と、その前に!





もうひとつの大切なミッションを遂行せねばなりません (^^♪







マクロス超時空ファンクラブでる魂+

Mission8.19 -ライオンがとまらない- @ニッショーホール



↑ フレームに入っている方はもちろん私ではありません。




繰上げ当選メールから一転、急遽参加の段取りをして同伴者はまさかの奥様という普通なら

あり得ない状況にも拘わらず、東京観光をエサにして連れだす事に成功した次第です (*^^)v

しかしまぁ、

遠藤綾さん、中島愛さん、鈴木みのりさん、安野希世乃さんというマクロスFとマクロス⊿の

歌姫達が一堂に会するトークイベントに参加出来るとはツイてる!

まさかシェリルのセリフを生で聴ける日が来ようとは・・・

内容は割愛しますが、約二時間のトークにキャストのマクロス愛が凝縮されていました。

ひとつだけ書くならば楽曲中、フレイアの 「アゥっ!」 はランカのそれをお手本にしたとか。

みのりちゃんはこの声を出すのに随分悩んだらしく、苦労話であるにも拘らずに会場は爆笑。

こんなところで密かにランカとフレイアがクロスオーバーしていたとは!

とにかく皆さんのマクロスへの思いが沢山聞けて本当に楽しいイベントでした (*^_^*)










そしてここからは翌日のお話。

早起きして東武東上線で向かった先は・・・



本編を何度も見直し、みん友さんの巡礼ブログを拝見して作品への気持ちが更に深まる中、

やっとこの地に来ることができましたよ~!



さっそく第8話より

「お囃子?! 見たい! 私も行っていい?」



ここで小太郎の舞いを目の当たりにして惚れ直す茜。

建屋は思っていたよりも小ぶり。お祭りの翌日だったのでまだ余韻が残っていました。

「あ、そういや氷川神社、いま風鈴やってる」



自宅前で茜を待つ小太郎。



「おまたせ」 と浴衣姿の茜がマンションから出てきそう。



“ あの日二人で歩いた菓子屋横丁 ”



「お芋ばっかり」 「名産、川越の」 「だよね、おいし」



さつまいもチップを片手に歩く人達が印象的でした。









「うわぁ・・・きれい」



「風鈴に願い事書けるんだって」



「もういつ渡そうかなとか、喜んでくれるかなとか、ずっと考えてて… 心臓バクバクで… 
でも渡せて良かった」



「ありがとう、茜…ちゃん。…って呼んでいい?」

「あ…うん。私も…小太郎くん…」



“ 君がいた夏は遠い夢の中 空に消えてった打ち上げ花火 ”



この場所がというより街全体がゆったりとした良い雰囲気を演出してますね。



第10話より。

陸上部のみんなと待ち合わせ。



ゴミだしジャンケンの後、せっかく会えたのに小太郎、拗ねちゃったからなぁ。







第11話より。

「あ、あの…メリクリ…」



とりあえず今は真夏なので氷川橋から歩いてきた私達夫婦は汗だくです(笑)

春や秋ならこの川沿いを歩くにはもってこいですね。





最終話。

「ごめん合格できなくて…」

「ううん、小太郎君めちゃくちゃ頑張ってくれたし、それだけで十分。ありがとう」



ちなみにこの場所をグーグルマップで検索すると・・・



茜ベンチとかマジか。



卒業式翌日。

「ごめん、待たせちゃった?」 「ううん」




この場所のセリフは切なくなるから書かないでおきます。マジで無理だわ。



いよいよ川越ともお別れの時間。私達も羽田に向かいます。



↑(注)奥様ではありません。たまたまフレームに入った方です。



「茜、改札くぐったよ」 「会いたかったって」



時間の都合上、私達は川越線に乗車し茜目線であの場所を眺めました。

「好きな人が自分を好きになってくれるなんて」
「奇跡だと思った」


このセリフ、ホントに好きです・・・



そして・・・それから









とりとめのない内容になってしまいましたが、川越に行って本当に良かった。

アニメと風景をリンクさせることで、作品の素晴らしさをより感じることが出来ました。
Posted at 2017/08/22 22:32:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメ・その他 | 日記
2017年08月05日 イイね!

ビッグ・ウェンズデー 其の二

先週、約一年振りのスロ勝利に浮かれてしまい、

あと一回だけマクロスF3を打とうと心に決め、昨日いそいそとホールへ出撃してしまった私。



結果は、 勝利



完全な負けパターンでもう帰ろうと思っていた矢先にそれは訪れる・・・

中段チェリーからのビッグ・ウェンズデー。

それ自体のARTは5発でしたが、ウマい具合にあれよあれよで25連!

投資額を見事に捲って即ヤメしても余裕勝ちだったのですが、

ART終了からわずか数十G、それは訪れる・・・

通常時BAR柄を狙えからのビッグ・ウェンズデー。



いやはやホントにラッキーな日でした。

スロのマクロスFシリーズは初代から相性抜群なのですが、イマイチだった前作の

F2ボーナスライブと比べても雲泥の差でF3の方が面白いですね~。



そしてゲットしたお小遣いを早速有効利用。



 ↑ 愛用している G-STAR RAW のジーンズを新調 (*^^)v うれし~い!



昨日もホールでライオン流しまくりで気持ち良かった~ (^^♪

帰ってからはギャラクシーツアーを流しながらエアロバイクで汗を流すという一日でした。
Posted at 2017/08/05 21:27:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ・その他 | 日記
2017年07月28日 イイね!

ビッグ・ウェンズデー

そう今日は金曜日です。




















休止して1年、久し振りにホールへ行ってみた。




















投資3 K。





















                   歌姫降臨!!



ロングフリーズからサクっと2600枚 (^^♪  もちろん20スロ。

ライオン流しまくりで楽しかったけど出玉がキツい。

またしばらく休止します!
Posted at 2017/07/28 19:02:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ・その他 | 日記
2017年07月08日 イイね!

怒濤に飛び込む思いで愛の言葉を叫ぶところに愛情の実体があるのだ

BS11でも最終話が放送され、いよいよ終わってしまったなと。

でも不思議と喪失感が無いんですよね。

それは間違いなく二人の 『それから』 にこれ以上ない充実感を得たからでしょう。





見開きの茜のコトバに初々しさを感じます。



正直、この作品の恋愛観には賛否があると思います。

しかし 「こんなことありえねー」 的な見方をしてしまうと作品の良さが台無しです。

過去にも

【タッチ】 上杉達也×浅倉 南

【めぞん一刻】 五代裕作×音無響子

【耳をすませば】 天沢聖司×月島 雫

【天使なんかじゃない】 須藤 晃×冴島 翠

【メジャー】 茂野吾郎×清水 薫

【To Heart】 藤田浩之×神岸あかり
 etc

どの作品も非現実的な恋愛模様だったかもしれませんが、見る者にとって「こんな恋愛っていいな」

と思えるような作品には心が揺さぶられました。



そして4月に始まった 【月がきれい】

新番組が始まる度に一話切りをしていく中、第一話を見た瞬間 「あっ、これは」 って感じましたね。

いろんなメディアにも書かれていますが、劇中の言葉は少ないにも拘わらずものすごく伝わって

くるものがあり、初めての彼氏・彼女が出来たときって喋るのもままならないっていうのが上手く

表現されていたように思います。

それが実質12回の中で、出会いから家族になるまでをきれいにまとめてくれていたのですから

見ている側からすれば毎週が緊張の連続でした。



決して二人にとって都合の良い話ばかりでなく浮き沈みもありました。

個人的には茜の姉の存在が作品の良さを更に高めたと言っても過言ではないと思っています。

「茜が泣くの見たくないな~」「別れたら?」

等、とても現実的な意見を言っては茜を不安にさせています。

しかし、一方で妹のことを思いやる一面も見せており上記の発言も妹を思ってこそかなと。

それだけに最後のシーンで子供を抱く茜に対し、とても嬉しそうな姉の姿は素晴らしいカット

だったと思います。



さて最終話について少々触れていきますが、

「恥の多い生涯を送ってきました」

いきなりこれはキツかったなぁ。

しかし光明高校に合格は無いだろうとの予想だったのでここは止むなし。

その後の茜の言葉が優しすぎたわ・・・

ですが無事市立に合格してどうなるのかと思いきや、このタイミングで千夏からの告白。

小太郎は断ったは良いが、千夏にカミングアウトされちゃ茜も不安になるよな。

ていうか小太郎は絶対に言うつもりがなかったなと思う。

それだけにあのキスは切なく見えてしまった。

遠距離だしこのまま自然消滅かと思ってしまう状況に困惑。(現実ならほぼアウトですね)

そしていよいよ引っ越しの日なのに小太郎はなぜか舞っている。

気持ちはすれ違ったままか・・・



が、しかし!



ここで恋敵の千夏が茜にまさかの キラーパス!


茜、絶句!

そして、



良かった・・・

気持ちは切れてなかったんですね!

別れの場面はLINEに頼らず自らの言葉でと必死に走る小太郎。




                「大好きだー!」

はい、カッコイイ。

例え聞こえたとしても、なかなかこんなこと出来ないぞ。

そんな小太郎にシビれたシーンでした。



なんか昔よく似た(?)シーンがありました。五代裕作の名言。

「響子さん、好きじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

あの時の五代さんは酔った勢いでしたけどね(笑)



そして電車は去ってゆく。

なおぼうが歌うED「月がきれい」の大サビ前の間奏が更に気持ちを高ぶらせる。

初恋は終わったのかと思った刹那・・・



LINEネタがここで明かされましたね!

そうじゃないかと思ってましたが、やっぱりそうでした (*^^)v

私の一番お気に入りのLINEシーンは、



水野家でしょうか。手をつないで勉強している(?)ところへ、お母さん登場でビックリしているのが

リアリティあって良いですね。すでに家族公認なのかな??

そして最後の一枚。



感慨無量です。

川越氷川神社・氷川会館で式を挙げたのは結い紐から見てとれますね。



恋愛をここまで丁寧に描いてくれる作品には最近出会ったことがなかったなぁ。

高校~結婚までの過程も見てみたい気はしますが、それは置いておきましょう。



岸誠二監督のツィートにありましたが私も心から言わせて下さい。



安曇 小太郎君 安曇 茜さん、末永くお幸せに!!
Posted at 2017/07/08 18:15:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメ・その他 | 日記

プロフィール

「週末はヤッサ祭り2017 → 南ちゃん<・R・i・n・g・> のライブコンボ!」
何シテル?   09/21 17:59
【四輪歴】 ≪私≫ ・マークⅡ(90系) ・シビック(EG4) ・ラウム(10系) ・ラウム(20系) ・プリウスG's  ←現在 ≪妻≫...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

車にバイク、アニメ好きです
かなりアニメに偏ってますが
それでもよろしければお気軽にどうぞ!
ラブライブ、マクロス好きの方は特に歓迎です
62 人のお友達がいます
ぷっちゃん6号ぷっちゃん6号 * ★K太★★K太★ *
POWPOW * ひでプリG&#39;sひでプリG's
sin@monsin@mon 隼人のぱぱ隼人のぱぱ

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス G's トヨタ プリウス G's
μ's ワンオフエンブレム仕様 / 2012年3月納車
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
【奥様号】 2011年式 スプリント スペシャルエディション / 2016年3月納車

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.