• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

AlpinistasGuccissimaのブログ一覧

2017年04月23日 イイね!

ジャグアXEで行く南イタリア

ジャグアXEで行く南イタリア元々は500xを想定していたのだが、5人分の荷物が収まらないであろうとの相棒の指摘により浮上したのが今やプジョーグループ傘下のオペル・アストラツーリングワゴンだった。この車、自分的にはトヨタ・プロボックス(上位グレード)くらいに感じる。厳密にはアストラのほうが出来もよく、先進的で高級だが、欧州車の中でそれくらい地味で堅実的な車。逆説的に言うと、堅実だが趣味性がなく面白味がないということだ。
ところが、空港のカウンターについてみると案の定手続きにもたついている。
(おいおい、イタリアつってもこっちは早くから予定してあったのだからさあ)と心の中で岸辺露伴化した口調で話し始めたところ、
「誠に勝手ながらアップグレードさせていただき」とのお言葉。

なんと!ジャグアXEに替えてくれるとのこと。
それも20dの革張り!日本では500万強で売られているレベルのもの!
最近セレブに間違われたこともある自分だが、なぜこのような厚遇をうけるのか狐につままれたような気分だ(笑)
なにやら気分がジョージ・クルーニーになってきた(爆)
とはいえ、今回は大家族旅行である。こんな車をローマやナポリに路駐して無事なのか?
自問自答するまでもなかろう。
(速攻断ろう!)
と考えた。
が、しかし準備されている車から更に再変更手続きなどをすると、これまた小一時間かかるのがイタリアの常だ。長旅をしてこられた義父をこれ以上待たす訳にはいかない。
それに、イタリア人は常に英国への憧れがある。セヴィル・ロウの服然り、ジャグア然り。逆に英国人はアルマーニやマセラッティの「チョイ悪ぶり」にしびれるというのが欧州人同士の面白い文化だ。
さて、こうなるともうジャグアのスポーツサルーンでミッションをこなしていたイアン・フレミングの初期作品よろしく、こいつでアマルフィを駆け抜けるかね。
となんか文学作品ぽくなってきたので手早くインプレ。
まずイニジウム・ディーゼルなどと銘打っている心臓部だが、我がアベンシスに積まれているBMW製ディーゼルと同程度の振動をもたらす事実がある。更にはアイドリング状態での遮音レベルも同程度であり、窓面積の少なさという優位性があるにも関わらずこの結果だ。つまり、まずは上質さにおいてアウディA4より劣ると感じた。

但し、走り出した瞬間の軽やかさはまったくの想定外で「スポーツサルーン」の表現は嘘ではないとも感じた。車重1.5トン程度だと思うがアルミのボディが利いているのか思ったより軽い。まずは空港からローマの市内を走る。

(ヴァチカン前。パトカーがランチア・デルタだったりする)
イタリア人の運転の特徴として車線を守らない。ウインカーはださない。青信号点灯と共に猛烈ダッシュ!がある。この環境下、操作系になれていない事と前方部分の見切りのせいで少し戸惑う部分が出てくるが、車線変更などに関わる取り回しは決して悪くないと感じた。この車重量配分もいいのだ。ハンドリングは適度にシャープで文句のつけようがない。BMWほどシャープすぎないのがいい。17インチタイヤはドレッシーではないが、今回ではむしろありがたい。

「家族旅行で許容できる乗り心地を実現する」に貢献している。まさに乗り心地に関しての部分が我がアベンシスと相違点として最も目立つ点だろう。サスの挙動が全く別物だった。気がつくと、比較的短時間でボディサイズにも慣れてしまい、それなりの一体感を感じていた。とは言え、車内に入り込むディーゼル音が消せていない、デザインは内装の素材を活かしきれないなどの不満点も浮かび上がる。更にはフットレスト、ランバーサポートの不在などにも気づかされ、ラグジュアリーカートしての至らなさにも気付かされる。また、今回使用した中級グレードでは安全装備もアベンシスと同等程度となっており、500万円払って乗りたい車かと問われれば自分は即座に否定する。更には一応5人乗りとなっているものの後部座席は相当狭く、シャフトの侵食も相まってオープンカー同様の緊急シート具合だ。「スポーツサルーン」の名目上致し方ないとも思うが、後部座席のデザイン、シート形状の造形は見直すべきだと思う。一定のホールド感を得つつ、心地よい広さを提供する創意工夫が実現されてこそ高級スポーツサルーンであろう。
ともあれ、運転は相当に楽しい。BMW3シリーズより自分はこっち側を好むなと感じたぐらいだ。基本ウインカーを出さずに車線変更し、2車線の中央を走行するイタリア人達の運転に混じり、それに即座に対応できるスペック。自分が前述した弱点等がなければかなり買う人もいるだろうなとも思う。
レンタカーでこの車というのは本当に気持ちいい。特にかの地イタリアにおいてはよく提供されるフォードフォーカスやオペルアストラの類では本当に役不足。

(街に車が溶け込んでいる。ここがイタリアの車景が偉大なところだ)

この車でカゼルタ宮殿やとんがり屋根のアルベルベッロに乗込み、更にはアマルフィ海岸を駆け抜けた。

気分は上々。持論としては、アマルフィ海岸での移動はこういうアプローチが正しく、公共交通機関やバスでの移動ならあそこへは行かない方がましだ。バスの通行頻度は途上国並、贅沢な風景に相反した過酷な事実がはっきりあるうえ、ジモティーの車はミラーが欠落しているか、サイドが擦られているし。つまり、路駐するな!だ。

(アマルフィのホテルの前でカギを預ける)

(Evogueのオープンを見かけた。こいつは絵になる)

もっと言うと、狭い車線においてすれ違い走行が行える技量がなければアマルフィの海岸には行かないほうがいい。アマルフィとはそういう殿様商売的なブランド商法が適用されている場所なのだ。

「至高の風景」という女神の報酬はそんなに簡単に受け取れない。
そのように感じた。
ジャグアで行く南イタリア。

度量が試される旅路だった。

Posted at 2017/04/23 21:29:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 英国車 | クルマ
2017年03月31日 イイね!

欧州カーシェアリング事情

若者の車離れがなんとやら、というような記事を多々みかけるようになって久しい。
車を手に入れると行動範囲が広がるので是非とも購入をお勧めしたいが、
金額的にはそれなりの先行投資となるので頻繁に利用されないかも?
と考えた場合には二の足を踏むことも多いだろう。

この問題を解決する方法としてカーシェアリングがあるが、
これはよく考えると大変有用&便利です。
レンタカーと違い、自分の都合に合わせて使用した分のみを払う事になるだろうから。

ただ、この方法は車を実用面から見た場合においての秀逸なアイデアであるものの、
車に趣味性があると考えた場合には最適解であるとは思われませんでした。


ところが、最近そういう自分の見解を覆すような出来事が!

見てください。新型C3です。
カクタスの影響を受けたようなエアバンプを含むトレンド感が組み込まれたC3。
趣味的楽しさ全開のカラーリング。
この解放感。こいつがカーシェアリングで借りれます。


これが普段使いで借りれるというのだから驚き。
これまではじみーなシトロエンC3(旧型)のみで、なんだかなーと思っていたのだけど
これはいける。老若男女の誰が乗っても楽しい。
シェア用だから革張りの最高級グレードという訳ではないけど、ハンズフリーやナビは当たり前についてる。

興味がわいたのでいろいろ調べてみたら、他にもDS4や最新型500のオートマ車などもある。

こりゃすごい。

後は値段ですが、保険代込の基本料が217ユーロ、そしてシトロエンC3を1週間借りて100㎞程度走ると仮定した場合には
使用料は216ユーロ。

基本料については初回のみ入会金150ユーロ(解約時には返却)が含まれています。
乗り出し価格433ユーロ(5万円以下ななわけ)だ!
レンタカー会社で借りるより安いです。

次回の別の月に1週間借りる場合には283ユーロ(おおよそ3万円っす)。

こりゃいい。


日本のカーシェアリングもこんな感じになっているのだろうか…
Posted at 2017/03/31 07:14:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | フランス車 | クルマ
2017年01月12日 イイね!

約2000km遠征、零下14℃のフレンチアルプス走行


正直なところこの車に対する愛着は前モデルほどではない。
(ところでこんなのあり?キャンピングカーでスマート牽引・・・)
走りも静粛性も先代より良くなっているが、既に一度故障しているので完全に信頼できないし、ナビは相変わらずバカだ。1年そこいらで、建てつけの緩さも露呈してしまっている。正直なところ、この車購入以降にトヨタ車に対する信頼はかなり損なわれてしまっている。自分は長らく欧州にいるので、ドイツ車に対する過度の評価もないし、外資の流入や身売りで「ぽさ」を失ったメーカー(ブランド)というのも知っているのでメーカー神話に対する幻想もないが、自分の車にはあまり「費用対効果」を感じていないとは言える。

マイチェン前は欧州人のダメさ加減を日本人チーフエンジニアがうまく取りまとめていたのだろう。だが、ビッグマイナーチェンジの際に「不具合」といって差し支えない補えないほどの改悪をもたらしてしまった。擦り合わせが不得意な欧州人エンジニアに任せっきりにするとこういう車になってしまうという例かもしれない。
とはいえ、これは日本で売られているガソリンエンジン版には必ずしも当てはまらない。
あくまでもBMW製ディーセルターボエンジン版を購入した自分の車の話だ。
故障もこのディーゼルに起因しているし、自分はこの車一番の問題だと感じている「NVH」問題もディーゼルエンジンが誘発する微振動がなければ、ここまで気にならないかもしれない。また、自分のナビ派欧州版でドイツの3流メーカー製なので、これまた日本バージョンには当てはまらない。これらの点を考えれば、組付チェックまで行われる日本で売られるアベンシスは良い車かもしれないと言える。

さて、愚痴っぽくなったが、幾つかアップデートされた点や新たに気づいた良い点挙げていこう。
まず、今やCHR搭載以下の装備であるセーフティーセンスCだが、寒冷地や湿度の上昇を帯びた条件でも通常動作するようになった。これはありがたい。まあ、車のパソコン化が進んでいるので商品を出してから改良するというのが普通になりつつあるのかもしれない。
そして、夜間のスキー場まで続く走行での性能。特にAFS(Adaptive Front Lighting System)はありがたい。これはフォグランプと連動しているのだがアベンシスのフォグランプはハロゲンでも暖色よりなので雪道の起伏を読みやすい。こういう場合、白色LEDとの統一感がないとバカにするような人もいるようだが、それは無知という物だろう。長らくフランスではフォグランプは黄色と法律で決まっていたぐらいで、霧の発生時や降雪時の視認性は白色に近づくほど落ちていくのだ。

今回、零下14度のアイスバーンや夜の雪道を通り抜けてきたので、路面情報と視認性がいかに大事か身に染みて感じた。ちなみに前方にいたSUVのダチア・ダスター(ルノー製)はかなりノロノロしていたので道幅の広いところで抜き去った。この手のなんちゃってSUVとかクロスオーバーという名のビジュアル商品よりは安全装備満載のセダンの方が実力が上だということかもしれない。

また、今回自分たちのBCとなったコテージの隣にいたのがBMWX1だったのでじっくり観察していたのだが、X1を買わなくてよかったという結論に落ち着いた。X1はおそらくのところ素晴らしい走行を見せ、気持ちよく山へ向かえるということだろうが、居住性を重視した余り、親子4人が1週間山荘で過ごすだけの荷物が載らない。スキートラップがあっても前席を浸食するほどに伸びてくるし、荷物をハッチゲートぎりぎりまで積み上げての積載となり、トノカバーで荷物を隠すことすら出来やしない。欧州ではSAや街中での食事中にガラスを割られての盗難も珍しくないので、自分はこういう不安要素を負いたくない。また、こういう不安を解消すべくThuleのルーフボックスを設置しているX1やメルセデスGLAを多数見かけたが、ただでさえ車高が高いのにさらに車を不安定にして時速130㎞で走り続けるような話なら自分は他の車を選ぶ。ルーフキャリアというのは本来車高が高い車に向いていない。安全性が落ちるし、燃費も極端に下がる。なんだかなあと思った。

とはいえ、セダンの積載にも問題はある。トランク容量をVDA方式で図ったのかどうか知らないが、L字型のヒンジ可動が邪魔して側面の容量はかなり削がれる。これはハッチバックやツーリングワゴンにはない問題でやられたなと思う。初代のマイアベンシス(厳密には2代目)はリフトバックだったが、実はあれが理想形かもしれないと思った。もっともセダンが追突に対して一番安全だと言われているのも知っているので、そこをどう考えるかだが。
また、今回からフランス高速用ETCを導入したので走りは更に快適だった。他方、6時間以上の運転が当たり前の南アルプス行だが、DSPが搭載されていてもやっぱり音質レベルは気になってくる。管楽器や弦楽器の音が明瞭に聞こえるレベルをパナ製紙コーンに求めるのは無茶という物かもしれない。フランスにあるオートバックスにでも寄る機会があったらフロントスピーカーだけ変えたいな。
というわけで、家族が無事に大遠征を終えられて、自分にも殆ど疲労が残らなかったという点において、やはり本アベンシスは及第点を取っているのである。

冬タイヤを16インチに抑えている点も功を奏し、乗り味も然程シビアでなし、往路復路とも子供たちも快適に寝入っていた。まあ、旅車としてはこんなものかも、と思う。
というわけで、数年後に自動運転車を購入する時まではこいつの世話になろう。



Posted at 2017/01/13 06:12:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | アヴェンシス | クルマ
2016年12月22日 イイね!

その後のアベンシス便り


放置というか残置というか、全然書いてない。それもそのはず、本来であればこの時期に車を買い換える予定だった。自分の第一候補はX1だったが、それはアベンシスが一定レベルの下取り価格で売れてくれることが前提だった。欧州ではVWのディーゼルゲートが引き金となって、新車のバーゲン価格が続いており、中古車を売るには厳しい環境となっている。そんなこんなで悩んでいたのだが、一番の問題であった建付けの軋み音を別の修理担当がかなりいい感じに修理してくれたこともあり、買い換えは凍結している(笑)

まあ、次回の買い換えでは「自動運転」とか「ディーゼル以外」をキーワードにすると思う。日本で盛んに取り上げられるクリーンディーゼルだが、本場(と思われている)欧州では「終わった感」全開で主要都市で乗り入れ禁止の動きすらある。
トランプ当選の件も含めてだが、日本のメディアはネタを持ってくるのが遅い。とっくに旬が過ぎたものを平然と主流だとか喧伝するのはどうかと思うが・・・

まあ、日本で注目のBMW製ディーゼルエンジンについてユーザーである自分の評価は「悪くもないが手放しで喜ぶほどの物でもない」「ガソリンエンジン以上に大枚はたく程の物でもない」との見解だ。燃費に関しても静粛性のレベルにおいても。

VWもディーゼルは徐々にやめてく方向みたいだし・・・
その他の技術面でも最近はやはりメルセデスが激しく先行しているイメージ、かな。

にしても、どうせ自分のメインカーは500bGなのでいいんだけど(笑)こっちはナビも最新にアップデートされ、遠征にも対応。今年は折りたたみ自転車を入手したので、これを500bGに積み込んで地方都市巡りをするのも楽しみになってきた。

とは言えアベンシスの方も、自転車4台の運搬が担保されているので、この部分では楽しめ実際的にはそれなりに実用的ではある。
冬はスキーに出かけるが、長距離ではやはり役に立つであろう点は想像できる。今後はより山方面に向かいたいのでSUVを入手したい願いは変わらないのだが、SUVでのスキー遠征は実際のところどうなのだろう。セダンのそれより疲れるかもしれないという予感がなきにしもあらず・・・
かつてRAV4で1日1000kmを走った際には、主に高速で風に煽られている感があり、後に得るプリウス2などでの遠征よりも疲れたのを覚えている。
然るに最新のSUVは車高がかなり抑えられている。一度最新型SUVで600km以上を走ってみる必要があるなとも思う。

ミドルセダンと乗り比べてみた人とかいるのだろうか・・・
ちょっと興味ある。
Posted at 2016/12/22 06:29:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | アヴェンシス | クルマ
2016年10月24日 イイね!

車窓雑感~日本の風景~

車窓雑感~日本の風景~
通常日本に帰る際には、自分が運転しない事も含めて運転者や同乗者との会話に注意を払っているため、車窓の向こうに目を凝らす事は無かった。しかし、今回は休暇という意識が働いていないため、窓の向こうに見える日本の風景が自分にとってどういう意味を持っているのか考えさせられる機会となった。
やはり長い年月を経て日本は変わってしまった。
車のユニクロ化が軽自動車の跋扈の意味だろうし、一億総中流の時代がとうに終わってしまった事を感じさせた。

また、すごく先進的なものとアナクロ状態のものが混在するコントラストの強さに驚かされた。

車について幾つか考察していくと、例えば日本人的には車内空間の広さが何らかの精神的余裕に繋がるという潜在的渇望が感じられるのだろう、走りや安全性が犠牲になっているという自分的にはストレス要因のポイントが多い車が目についた。また、内装のカスタマイズなども日本のファッション事情に共通するような特異性が見られた。それはいい意味での「傾奇」であり、ネガティブにみるならば「静謐な洗練」を感じさせないギラギラ感だったり、幼稚になりがちなサブカル感だった。

自分が構図を決めながらシャッターを切る際には、幾ばくかのノスタルジーを感じながらも、己の郷里という事実から突き放されたような異国情緒をも同時に感じてしまう。

自分がこの国で住むとしたら乗りたい車というのがぱっと思いつかなかった。

自分は画一的な流行に抗う傾向があるので、マスのマーケティング理論に基づいて創られている軽やプリウスの類とは相いれないし、かといって走り屋的な車やスーパーカーの類に興味もない。ましてや今の暮らしで見飽きている主流の欧州車にも乗りたいと思わない。

直ぐに思い浮かんだのはサブカー。これにはアストンマーチンシグネットとする。可能であればエンジンをG’S版IQで使われたスーパーチャージャー仕様に換装できれば最高だが、オーディオセットを総入れ替えし、衝突アラート機能付ドラレコを足すぐらいでもいい。これを死ぬまで保持したいところだ。
が、メインがまるで思い浮かばない。

長く付き合える普遍的な造形の車。
ゴルフバッグの数はどうでもいいが、ちゃんと二泊三日分4人分の荷物も載せられて山の麓にも旅館の前でも、あるいはスーパーやコンビニの駐車場にも溶け込んでしまえるようなやつ。押し出しは緩くて透明度が高いのに印象には残る。

敢えていうなら一昔前のプジョー406クーペとか初代VWシロッコ。
いや、何だろう。
でも、そういうの車が出たら意外と売れると自分は思うのだけれど…
Posted at 2016/10/24 04:45:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本車 | クルマ

プロフィール

「ポルシェにリコール命令=排ガス不正ソフト搭載-独当局 http://a.msn.com/00/ja-jp/AAoWjFG?ocid=st
何シテル?   07/29 03:59
アルピニスタス・グッチシマです。ターボバージョンの500 by Gucciに乗ってます!よろしくお願いします。 車でのヨーロッパ旅行に興味ある方はこちらをどう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アベンシスワゴン トヨタ アベンシスワゴン
BMW製エンジンを積んだアベンシスです。ロードサインアシスト、DSPオーディオ、脱着式ト ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
パノラマルーフ、ターボバージョンのグッチです。イタ車はバルケッタ、アルファ・ロメオ146 ...
トヨタ アベンシスワゴン トヨタ アベンシスワゴン
数年前2代目アベンシス・リフトバックに乗ってました。今回はプリウスからの乗り換えです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.