• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

AlpinistasGuccissimaのブログ一覧

2016年10月24日 イイね!

車窓雑感~日本の風景~

車窓雑感~日本の風景~
通常日本に帰る際には、自分が運転しない事も含めて運転者や同乗者との会話に注意を払っているため、車窓の向こうに目を凝らす事は無かった。しかし、今回は休暇という意識が働いていないため、窓の向こうに見える日本の風景が自分にとってどういう意味を持っているのか考えさせられる機会となった。
やはり長い年月を経て日本は変わってしまった。
車のユニクロ化が軽自動車の跋扈の意味だろうし、一億総中流の時代がとうに終わってしまった事を感じさせた。

また、すごく先進的なものとアナクロ状態のものが混在するコントラストの強さに驚かされた。

車について幾つか考察していくと、例えば日本人的には車内空間の広さが何らかの精神的余裕に繋がるという潜在的渇望が感じられるのだろう、走りや安全性が犠牲になっているという自分的にはストレス要因のポイントが多い車が目についた。また、内装のカスタマイズなども日本のファッション事情に共通するような特異性が見られた。それはいい意味での「傾奇」であり、ネガティブにみるならば「静謐な洗練」を感じさせないギラギラ感だったり、幼稚になりがちなサブカル感だった。

自分が構図を決めながらシャッターを切る際には、幾ばくかのノスタルジーを感じながらも、己の郷里という事実から突き放されたような異国情緒をも同時に感じてしまう。

自分がこの国で住むとしたら乗りたい車というのがぱっと思いつかなかった。

自分は画一的な流行に抗う傾向があるので、マスのマーケティング理論に基づいて創られている軽やプリウスの類とは相いれないし、かといって走り屋的な車やスーパーカーの類に興味もない。ましてや今の暮らしで見飽きている主流の欧州車にも乗りたいと思わない。

直ぐに思い浮かんだのはサブカー。これにはアストンマーチンシグネットとする。可能であればエンジンをG’S版IQで使われたスーパーチャージャー仕様に換装できれば最高だが、オーディオセットを総入れ替えし、衝突アラート機能付ドラレコを足すぐらいでもいい。これを死ぬまで保持したいところだ。
が、メインがまるで思い浮かばない。

長く付き合える普遍的な造形の車。
ゴルフバッグの数はどうでもいいが、ちゃんと二泊三日分4人分の荷物も載せられて山の麓にも旅館の前でも、あるいはスーパーやコンビニの駐車場にも溶け込んでしまえるようなやつ。押し出しは緩くて透明度が高いのに印象には残る。

敢えていうなら一昔前のプジョー406クーペとか初代VWシロッコ。
いや、何だろう。
でも、そういうの車が出たら意外と売れると自分は思うのだけれど…
Posted at 2016/10/24 04:45:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本車 | クルマ
2016年10月10日 イイね!

音に関わること

車の車内装備において、
やっぱり明確に違いを感じるのがシートと音響だ。革の質は見た目で判断できるけど、オーディオのスピーカー等はそうはいかない。

さて、ここに2台分のスピーカーを並べた。

一台は今や国民に一番人気である車種の高級バリエーションバージョン。


か、紙コーン・・・

もう一台のは高級車と呼ばれるもの。
紙コーンではないのが一目瞭然!



最新型プリウスと


レクサスRX(使用画像は何故かLXにしておく・・・)


何が本当に大事かは人によって違う。

でも、車に乗るのが長い人、車は寛ぎの空間だと認識している人は心地よい音に包まれている方がいいだろうな。
Posted at 2016/10/10 05:13:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本車 | クルマ
2016年08月04日 イイね!

日本の日本車

日本の日本車気づきの点:
1.トヨタのGPSは国内外ダメ。
パッソとエスティマで検証。農道を走らせられることはないが、遠回り表示はよくある。

2.日本車の遮音性能。もともとの遮音性能が高くないという事情とは別にラジオがデジタルではない点。

3.安全基準の話。アルファードの類は欧州基準では通んない(関係者談)。トールカーの類は輸出無理。

さて、今回、乗った車(サイズ順)

パッソ → 可もなく不可も無い実用車
ウィッシュ(初代) → 21世紀当初の夢。絶滅危惧種。
ノア   → 実用車。使い込んでなんぼのミニバン。
エスティマ・アエラス(2013年モデル)→ 走りはいいけど今や無骨
ボクシー   → 可もなく不可もないミニバン
ベルファイア → いかつい新興勢力
ニューミニ(初代)→ 地方で乗るとより気分だと思われる名車
ボルボV50 → ややコンサバな佇まいが電柱の無いニュータウン形な風景にマッチング

という感じ。
うち、
ウィッシュはマイ実家、パッソとエスティマは妻側実家車でこれらについてはかなりの回数乗った。運転はしていない。

正直バス型ミニバンの車に関しては驚いた。何せ、広い。とてつもなく広い。アベンシスって狭いなあとおもえてくるレベルだ。かつての部長車の代名詞マークⅡを継承するマークXが小さく見えてしまうとなると、アルファードはクラウンと比べても下克上を果たしたのではないか。
また、パッソについても前席はウィッシュより広いこうなると、500に乗っている自分はミニマリストと言えよう(笑)

このパッソは現行モデルではなく、1年前に購入されたもの。自分的にはハンドルを切ったときのロールが大きいのとカーオーディオがしょぼいのが辛い。カロッツェリア製のナビもどうも評価できない。
走りについてはスタビをケチってるのが残念な走りに繋がっていると元主査殿が仰っていた(笑)とはいえ、最新型は多少よくなっているだろうと思う。

静粛製については、かなり毛足の長いカーペットが健闘しており、軽よりは断然いいが、やはりラジオが聞き取りにくい。一時帰国などでは貴重な情報集めに地方の独自性・現地情報満載のFMラジオ局が大変重宝するのだが、この車では本当に聞き取りにくい。これにはデジタルラジオ化が進んでいないインフラ側の問題もあるが、メーカー側の怠慢もあると思う。例えば10年落ちのミニですらFMからの音はもっとクリアだ。空間構成を優先しスピーカーの位置を最悪の場所に設定した弊害があると思う。

まあ、それでもやはり車は更新と共にどんどん洗練されてきているとは思う。実家のウィッシュは13年を経過してもまともに動いていることに感動させられる反面、ドアの開閉音などに安っぽさを感じた。正直なところパッソ以下だ。


ところで、趣味性の高い車は時代を超えて印象的だ。今回は友人の黄色いミニで福井の市内から海までを流したが、この車のフロントガラスから広がる三国の風景が、「わたせせいぞう」とか「FMステーションの表紙」の世界に見えてくる。
こういう意味で趣味性の高い車が築く独自の世界観は貴重だと感じた次第。

車から見えてくる風景というのは実はとても大事なのだ。そして、それはフロントパネル&ガラス、あるいはボンネットくらいをも含んだ一定の様式美の世界なのだろう。

日本でいろいろな車に乗ったことでいろいろ感じたことは貴重だった。


Posted at 2016/08/04 04:33:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本車 | クルマ
2015年09月27日 イイね!

やっぱ、オーリスTSでランバラル風にカスタマイズすりゃ良かったかな。

こっちで最新型アベンシス買う予算でパーツそろえられたと思う…
Posted at 2015/09/27 04:35:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本車 | 日記
2015年09月17日 イイね!

マイカー今昔物語

ある機会で昔のトヨタ車を見る機会があった。自分の幼少期に乗ってたような車があった。自分の両親は一度日産サニーに乗った以外は人生の殆どをトヨタ・カローラスプリンターに乗っていた(近年はウィッシュ)。

さて、それにしても昔の車は小さい。
よくこんな狭くて小さい車に乗っていたなと思う。といいつつ、自分のチンケチェントは小さいか(笑)
いや、車内はチンクの方が広いかもしれない。
まあ、いずれにしろ夏休みに何時間もかけて海に行くのにあの空間で我慢だ来たなと思う。あめ玉や煎餅を食べたり、しりとり。あるいは寝るかだった。後部座席にヘッドレストもないし、ぜんぜん快適そうには思えない。

それを考えると今のアベンシスの空間はなんと広大で快適さに満ちているのだろう。いや、アベンシスでなくとも最近の軽だって、bセグ以上の車だってものすごく広い空間が確保されている。日本は斜陽の借金大国だという論調もあるが、先進国の富が集中していた頃からの贅沢さ加減は今も健在だ。欧州はどうか。社会保障制度など日本よりも弱者救済が行き届いている面があるのは確かだが、ことマイカーに関しては日本ほど恵まれてはいないかもしれない。日本で購入されているような車は基本的には社用車制度で購入されているものだし、社用車を支給されるのは基本的に中堅社員以上だ。マイカーレベルの話をするなら、経済の失速が顕著になったリーマンショック以降CやDセグメントからA、Bセグメントにダウンサイズする人がものすごく増えた。彼らにもプライドがあるため、今まで乗り継いだ御三家ブランドとなることが多い。これが欧州でプレミアムコンパクトがブレイクした最大の原因だと自分は見ている。もちろん、こういったプレミアムコンパクトには富裕層のセカンドカー需要もある。この結果、プレミアムコンパクトの購入車層のイメージの肯定化に繋がり、ダウンサイズ層による購入の背中を押す相乗効果もあるだろう。
でも、よく考えると、現在でコンパクトと呼ばれる車って昔の「普通乗用車」のサイズだった訳で、グローバリゼーションによる世界の均一化によって先進国の人々の「普通サイズ」が元に戻っただけなのかもしれない。

う~ん、「3丁目の夕日」的価値観を今も見いだすことができるだろうか・・・
Posted at 2015/09/17 06:07:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本車 | 日記

プロフィール

「ポルシェにリコール命令=排ガス不正ソフト搭載-独当局 http://a.msn.com/00/ja-jp/AAoWjFG?ocid=st
何シテル?   07/29 03:59
アルピニスタス・グッチシマです。ターボバージョンの500 by Gucciに乗ってます!よろしくお願いします。 車でのヨーロッパ旅行に興味ある方はこちらをどう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アベンシスワゴン トヨタ アベンシスワゴン
BMW製エンジンを積んだアベンシスです。ロードサインアシスト、DSPオーディオ、脱着式ト ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
パノラマルーフ、ターボバージョンのグッチです。イタ車はバルケッタ、アルファ・ロメオ146 ...
トヨタ アベンシスワゴン トヨタ アベンシスワゴン
数年前2代目アベンシス・リフトバックに乗ってました。今回はプリウスからの乗り換えです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.