• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

AlpinistasGuccissimaのブログ一覧

2015年11月25日 イイね!

街は厳戒態勢、自分は我慢が限界耐性。よってアベンシス発進!

街は厳戒態勢、自分は我慢が限界耐性。よってアベンシス発進!一部の悪党達のせいで街の機能が麻痺している。地下鉄は閉鎖。ショッピングセンターや美術館、劇場その他の人の集まりそうなものは全部閉店。迷惑なこと極まりない。何の関係もない人を巻き込んで殺せというような宗教はないと思うし、そんなことを当人達の親も望んでいないと思う。今のベルギーは灰色過ぎる。
とまあ、こういう時に限って雪まで降ってたりして。

幸いにして、最新のスタッドレスを履いたアベンシスがある。ちょっと雪化粧をした渓谷の辺りでも眺めに行くか、ということになり発進。その前に空手の大会に出ていた長男を郊外まで迎えにいく。疲れていた長男を含め、走り初めてすぐ子供達は寝てしまった。
助手席にいた自分もすぐに寝てしまう。
静かになって、シートの座り心地も改善されたアベンシスのせいであろう(笑)
目覚めると雪道だった。
ここまで積もっているとはさすがに考えていなかった。前日は10度台であったというのに・・・

段差や繋ぎ目で突き上げは感じる。以前よりダイレクト感があるかもしれない。とはいえ、ブリジストンというタイヤのせいであるかも。欧州でもウインタータイヤの世代交代が始まっており、BSの前モデル最高峰LM-32などは今や完全に他メーカーの性能に抜き去られている(らしい)。少なくとも雑誌の扱いではそうだ。だが、今回のこの新モデルはT001はかなりの信頼性だと感じる。また、アベンシスのサスの設定はやはり明らかに変わった。小気味よく車が動くというか、やや軽やかになったというのか車線変更時などに俊敏さが際だつ。

あっというまに渓谷についた。
久しぶりに隠れ家にとおもうと、まさかの閉店。
名はシャモニだった。
店は跡形もなく消えていた。確かに冬場には繁盛しない店だと思うが、夏はあんなに人で賑わうというのに・・・
渓谷には雪もなく情緒もなかった。

なのでそこからそう遠くないアドルフ・サックスの街ディナンを訪れた。カフェブレークを楽しんだら、すでに夕刻5時。
(19世紀に生み出されたレシピで焼かれているクッキー、そのまま食べると歯が折れるらしい(笑)
辺りはもう暗くなっている。
カーブの連続する渓谷を抜けていく。AFSを伴ったオートマチックハイビームが前方を正しく照らすので山道は楽勝になる。俊敏なハンドリングを伴い、ますます鋭く峠を越えられるようになった。LEDのヘッドライトはまだドイツ車などでも標準ではない。ここまで快適に山道を抜けられる車は現時点では限られるかもしれない。

夜間の走行は田舎道も高速道路も格段に快適に走れるようになった。
これらは徐々にいろいろな車に普及するだろうありがたい機能だと思う。
運転して疲れないというのはやはり大事なファクターだなと思った。
「帰り道のBGMは小林香織にすべきだったろうか…」
(シュークリームも「パルナス風」というか、クラシカルな感じでなぜかモスクワで食べたケーキを思い出させた…)


この車で過ごす冬はどうなのだろうか?
Posted at 2015/11/25 08:01:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | アヴェンシス | クルマ
2015年11月18日 イイね!

ういやつ

今回は500bGの車検だった。

何の問題もなく、一発で突破。
定期点検もフィアットがおまけしてくれ無料。
ベルギーのトヨタディーラーとはえらい違いだ。

そして、車検代は40ユーロ(約5000円)

なんというランニングコストの安さ。
ありがたいことでござる。
Posted at 2015/11/18 07:41:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 500 by Gucci | クルマ
2015年11月15日 イイね!

心のメインカーは500bG

心のメインカーは500bG 500と自分。家族でメインのアベンシスは買換えたが自分にとってのメイン「500bG」は続投する。おそらく乗れる限り乗るだろう。
定期メンテに行って待っている間に新型500やアバルト関連、レネゲに500xも見たけど全然萌えない。
新型500には何1つ自分が欲しい機能が付加されていない。特にナビ周りのセンスには絶望的にがっかりした。ACCや自動ブレーキ関連など安全装備に進化なし。素材感もたいして改善されていない。やっぱり前モデルで全力出し切ったのかね。
アバルトは億万長者になったら趣味で乗るかもしれないけど、こっちも年数を経た今あんまり進化していないのが目に付く。

500xに関しては素材感は良くなったけど、イタリア的美的センスは希薄。
デロンギとかラゴスティーナ的なイタリア的なライン取りが出来てない。
レネゲ、レネゲー度ゼロ。出自はジープでしょ。ジープといえば軍でしょ、コンバットでしょ、サンダース軍曹でしょ!そういうのが全然感じられない。無骨さなし。
素材キョード感じられない。こんなもんもらっても乗らない。これを売ってスズキハスラー買います!それぐらいダメ。
アルファもSUVだすんだっけ。
せめてフィアットのオープンは4人乗りにせよ。じゃなきゃ、バルケッタ進化型くらいのデザインで出して来い!
と、もうどうでもいいや、これからのラインナップ。

さてと、
500bGは自分にとって重要な位置を占めている。近年公私とも辛い事が多いが、私的な時間において一番癒されているのはこの車に乗っている時かもしれない。
まず、運転して楽しい。「鼓動を感じる」走りがあるからだ。で、燃費は結局のところリッター13くらいになっている。近距離しか移動しないので当然かもしれない。でも、そんなことはどうでもいい。自分にとって大事なことはそんなことではなくて、この先もこの車に乗るのが楽しい事。そこそこ早くて、小回りが利いて装備が充実していて、上質な素材に囲まれているという感じ。例えば、ヴォイスコントロールなど最新型のアヴェンシスよりこっちの方が使い勝手がいい。選曲もダイヤリングもメールのやりとりもハンドルを握ったまま出来る。シートの腰掛け具合もいい。
14インチまでタイヤサイズを落とせば乗り心地もかなりいいけど、16インチに戻せばキビキビいける。自分のバージョンだとカジュアルでもフォーマルでも使える。
実用的な4人乗りでありながら、欧州でデフォルトの路駐も楽勝。

もう1回書いとこ、500は新型のデザインより旧型の方が自分は好きだ。
もう暫くよろしく。
Posted at 2015/11/15 05:21:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 500 by Gucci | クルマ
2015年11月14日 イイね!

真夜中のカーボーイ:真夜中、カーブ多い

エヴェレスト3D」を郊外の映画館までみるために出かけた。遅い時間だとがら空きなのでありがたい。
さて、新型アベンシスのインプレが続く。自分が最重要と位置づけていた安全装備の真価は夜間の高速で発揮されるはず。
そう、今回は夜間走行だ。何度も書いているが、欧州ベルギーは石畳などの悪路が多いことと横柄なドライバーによる交通事故の多さで有名だ。首都高をぬけると案の定、ウインカーを出さずに車線変更してくるバカがいっぱい。プリクラッシュの警報が鳴り響く。結構、早い段階で作動する。もちろん、設定は変えられるのでもっとギリギリにしておいてもいいのだけど1日の疲れがたまった夜には注意喚起は早い方がいい。レーンキープも結構介入してきます。でも、感動したのはAFSとコーナーでのフォグランフの斜方照射。高速降りたくらいから使うのだけど目から鱗でした。今までレクサスとかも運転したことあったけど、さすがこういう車を借りているときに夜間にカーブの多い道へは行かないのでこんなにありがたいものとは知らなかった。今までトヨタ車のハロゲンランプの暗さに辟易していたのですが、LEDだと照射角と照射率を適正化させて照らしているので目が疲れない。かつて長距離運転でクルコンに慣れてしまったときに感じた事だけど、人間は楽を覚えるとそれ以前に戻れなくなってしまう(笑)今後はこの手の機能がはずせなくなるか。

また、複数回に渡る車線変更で動きが俊敏になっているのも確認できた。エンジンはBMW製といってもとよたの味付けなのでそれっぽさはぜんぜんないけど、ハンドリングがちょっとアクティブツアラーになっている(笑)いや、勿論こっちの方が乗り味は上質・・・まあ、そうはいっても3シリーズの運動性能にはまだ追いついてない。残念だけど・・・
あと印象に残ったのは圧倒的な静粛性。夜間走行は視覚からの情報が制限されるのでよけいにそう思えるのかも。これだと同じディーゼルなら遮音レベルはBMW3やメルセデスcクラス以上!ガソリン車でもおそらくそうじゃないかな。
さて、今回はダメな点もしっかり書いておきます。日本出荷分には関係ないかもしれない部分。ダイアゴナルなデザインをほめた内装だが、センターパネル一部の立付けが悪い。大型液晶を埋込むとこういう現象が起きやすいと知らなかったのだろうか。だとしたら、やっぱりこの辺り、たんなる勉強不足だ。御三家などで使用している「不細工極まりないオンダッシュ風ナビ」、これをもって純正としているのはNVHの担当者がナビ周りのビビリを嫌った結果でもある。勿論、ヘッドアップ、つまりは見やすさを追求したとの申し開きも使えるのでそうしたのだろうが。
それにしても、フラッグシップでこのビビリはあり得ないと思う。原因は特定できたのでそのうち自分で対処するかもしれない。

他には、実のところを明かすと、ディーラー側の不適切対応があって相当腹が立ち、納車のその足でこいつを下取りにだしてメルセデスのGLAに乗換えようかと思ったぐらい。こっちだとGLA180のオフロード仕様がほぼ同額買えるんで(標準装備が違うけど)。
最終的にはバカ高いメルセデスのランニングコストと乗るだけで楽しい500bGを所持しているのを思い出してやめた(爆)

まあ、この手の立付けの悪さもイタ車なら許せるけどトヨタ車だとまったく許せない(笑)デザイン性で大きく劣るトヨタが立付け悪いと存在意義を疑う。
まあ、旅車としての資質は悪くないのでもう少しおつき合いします。
まあ、自分が年をとったので気むずかしくなっている面も否めないしなあ・・・
Posted at 2015/11/14 19:58:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | アヴェンシス | クルマ
2015年11月03日 イイね!

最新型アベンシス第一印象

最新型アベンシス第一印象先週、新型アベンシスが納車された。前回ほどの喜びはない。ディーラーのサービスが悪かったのとBMW製ディーゼルを選んでしまった事を少し悔いているせいだ。しかし、乗ってみてその思いはかなり消えた。自分のはダークスチール(ディープブルー)とテラコッタという組合わせだ。このカラーについてはMA-1ジャンパー的な発想で選んでみた。実際、黒よりは味があるし、内装は心が弾む仕上がりになっていた。

やっぱり、今回のアベンシスはかなり高級化されたといえる。
ただしセダンにしたのでよりそう思えただけかもしれない。ワゴンにしなかったのは経済的な理由が主だが、あっちはサイズがでかくなりすぎてもいた。まあ、敢えて言うと1.6dエンジンとのベストマッチはやはりセダンだと思う。それを証拠に120km程街中を走った時点で既に前モデル2.0dの燃費を軽く超えた。今後遠乗りや相棒の出勤でますます燃費の値は良くなっていくはずなのでリッター20は行くかもしれない。3台用自転車キャリアを装着し、MTBを載せたが高速で支障が出るわけでもなかった。つまりは充分なパワーが確保されていると言うわけだ。

そして、運動性能はより軽快に静粛性は2クラス上昇した。ナビもみやすくなり、ラジオがデジタルになって別世界になった。街乗りはブリジストンのスタッドレス、ブリザックLM001(欧州専用モデル)がかなりリジッド系なので多少コツコツするが、夏には標準タイヤのプライマシー3でソフトな乗り心地になるのではないだろうか。アイドリングストップなどは真空地帯にいるかのような錯覚を起こす。2.0Dで感じたカラカラ音等に起因するもっさり感は完全に消えた。

高速に入るともうレクサスと大して変わらない乗り味になる。
驚くのはセーフティーセンスだ。レーンキープもプリクラッシュもかなり早い段階で警告を出してくる。ベルギー人は欧州でも屈指の雑ドライバーなのでこういった機能は本当にありがたいだろう。自分の想像でしかないが、この安全装備のサプライヤーは某ドイツメーカーなので、トヨタ側はそもそもアベンシスをテストカーに据えて開発していたのではないか…それくらいしっくりくる。
そして、Biビーム・LEDヘッドライトの明るいこと!これから夜間走行は楽勝かもしれない。
後部座席も乗り心地がよりよくなり、音楽も良く聞こえるのだそうだ。欧州ではセダンよりワゴンだが、やっぱりセダンの快適性はワゴンのそれよりいいのだ。

テラコッタの内装は本当にいい。素材感の独自性とギラギラ感のなさがいい。最近の高級車は少しくどすぎたと思う。また、初めて日本車でダイアゴナルの線がいいなと思えるセンターパネルに会った気がする。
勿論、アベンシスには絶対的な何かはない。走りが楽しいとか、もうこれ以上はないだろうみたいな贅沢感。そういうものは一切ない。便利ぃとか、画期的ぃとかもない。

でも、いい旅が出来そうな気がする。真冬に高速を駆けて、暖かいコーヒーを飲みながら異国の風景を流していく瞬間。旅の思い出を噛締めながら1000キロ走る復路など、が既に頭に浮かんでくる。テラコッタは煉瓦的な温かみがある。


そう、自分は移動する我が家を手に入れたのかもしれない。
Posted at 2015/11/03 09:17:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | アヴェンシス | クルマ

プロフィール

「ポルシェにリコール命令=排ガス不正ソフト搭載-独当局 http://a.msn.com/00/ja-jp/AAoWjFG?ocid=st
何シテル?   07/29 03:59
アルピニスタス・グッチシマです。ターボバージョンの500 by Gucciに乗ってます!よろしくお願いします。 車でのヨーロッパ旅行に興味ある方はこちらをどう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アベンシスワゴン トヨタ アベンシスワゴン
BMW製エンジンを積んだアベンシスです。ロードサインアシスト、DSPオーディオ、脱着式ト ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
パノラマルーフ、ターボバージョンのグッチです。イタ車はバルケッタ、アルファ・ロメオ146 ...
トヨタ アベンシスワゴン トヨタ アベンシスワゴン
数年前2代目アベンシス・リフトバックに乗ってました。今回はプリウスからの乗り換えです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.