車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月22日 イイね!
17/4/22 フェラーリ サーキットデビュー TC1000









フェラーリで、サーキット走行デビュー!

BMW M3のO食いさんとTC1000に走りにいきました。

今日の目標は、
①車を壊さない。(これが重要)
②フェラーリサウンドをとどろかせ、楽しむ。
③スピンするところまで攻める。でもコースアウトはしない。
 特に1本目は、タイムは気にせず、スピンするところまで攻めて、車の挙動をつかむ。

という感じで走ろうと考えていました。


O食いさんのM3と





さて1本目。
徐々にペースを上げ、全開走行に。



コーナー進入で全力ブレーキング。おっ、結構ブレーキ効く。
ブレーキを緩め、フロント加重の状態でターンイン。
わーリアが流れる。
ターンインで、こんなにリアが流れるとは。



がまんコーナーで、長ーいフロント加重のブレーキング。
わースピン。

ヘアピンで、ターンインからアクセルオン。
わースピン。



スピンするところまで攻めるという目標を立てていましたが、攻める・・・というほどでなくても簡単にスピン。
まーマシンは見た目以外はドノーマル、タイヤはインドネシア製ということもあるけど。
こんなタイヤ



1本目は、結構スピンしながらも、このマシンの動きをつかもうとしながら走りました。



タイムは45"298。
インプレッサの自己BESTタイムの約6秒落ち。
タイムは狙ってないとはいえ、こんなにも遅いものなのか。
O食いさんのM3に0.5秒ぐらい負けている。
でも、インプレッサのときと違って、タイムを出さなきゃというプレッシャーが無いので楽しい。





マシンも、全開走行しても、ブレーキは最後まで問題なかったし、どこか壊れそう・・・という気配は感じられない。


さて2本目。
2本目は、1本目つかんだマシンの動きを踏まえ、スピンしないように抑えながら、タイムを狙った走りをしよう。


O食いさんのM3とバトル。最終コーナーでスライド。


TOKOさん・・・・・じゃないか。S2000を追走。ヘアピンでスライド。


たまにはスライドをコントロールできることもあるようになって来ました。

そして本日のBEST TIMEの走り。




タイムは44'323

O食いさんの自己BESTタイムは破れたので、師匠の面目は保てました。

2本目は、後半、ブレーキがベーパーロックを起こしてしまいました。
さすがにドノーマルのブレーキじゃやっぱりつらかった。


インプレッサで、タイムを追求するのも楽しいけど、このマシンで、マシンなりで、きれいにコントロールするのをめざしたり、このマシンでのタイムを追及するのも楽しいですね~。インプレッサと違って音いいし。

あとでデータロガーで確認したところ、インプレッサでの最高速は、150km/h前後、355の最高速は130km/h前後でした。
20kmも違うのか。


車壊れなくて良かったー。
Posted at 2017/04/23 08:24:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年04月16日 イイね!
2017/4/16 F355 in 朝霧高原♪ 夢・心・彩・純さん主催のF355ミーティング、
「F355 in 朝霧高原」
に参加しました。

フェラーリミーティングデビューです。




朝霧フードパークに集合。
私は早めに到着し、私が到着した時、すでに2台の355がとまっていましたが、しばらくすると、次々に355の甲高いフェラーリミュージックが聞こえてきて、355がどんどん集まってきます。
極めつけは、前泊グループ5台の355。5台の355が、フェラーリミュージックの和音を奏でながらがつるんで走ってくる。か~っこい~。

約20台の355が集合。
その景色は圧巻でした。







自分も355のオーナーになったというのに、中学?高校?時代にスーパーカーショーを見に行った時の気分。子供のようにワクワクしてしまいました。


夢さんのF355。
ホイールが私と同じBBS LM


つとむんさんのチャレンジ!
と思ったら、ふつうのベルリネッタを改造して、チャレンジ仕様に改造されているのを購入したそうです。

フルハーネスシートベルトの、後ろ側アイボルトの取り付け方を見せていただきました。



くわがたさんのチャレンジ!
サーキット走行もしていたそうで、いかにも走ったという歴戦のあともありました。

ここで、ブリーフィング、全体写真を撮って、前線基地へ向かいました。


前線基地へ向かい、国道から離れたところで、一時ストップ。
開催4日ぐらい前は、悪天候になりそうで、開催が危ぶまれていましたが、皆さんの行いがよかったのか、当日は快晴。富士山がきれいでした。


しばし富士山と355のコラボを眺めて前線基地へ。

前線基地へ向かうところでの、355music和音



前線基地駐車場へ入るところでのミラーの眺め。

ミラーに355が連なっている。

前線基地での355たち。




前線基地からもきれいな富士山が見える。



さて、この日のイベント、ラリーが開催されました。
ナビの指示に従って走ります。


窓を開けて走っていたので、風きり音がすごい。
ラリーというわけではありませんが、ナビの指示で走ってるところがラリーっぽい。



ランチをとったところの駐車場。
ここからも富士山がきれいに見える。



ランチの場所に入るところのロータリー。


ここではドローンで空撮



フェラーリミーティング初参加でしたが、夢のような一日でした。
Posted at 2017/04/18 21:25:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他ドライブ | クルマ
2017年04月02日 イイね!
17/4/2 ハイパーミーティングその2 ギャラリー編それでは続いて、ギャラリーとして見た、マシン、プロドライバーなどです。

自分が満足できる走りができた時は、ギャラリーしてるときの気分もウキウキです。






まずはマシン


ZERO MAX GVB
みん友のsagami@GVBさんのマシンです。


S-CLAFT VAB
スーパーチャージャーを追加して、ダブルチャージャーとしたマシンです。
INPREZA-NET「まさ!」さんのマシンです。


マルシェのVAB


全日本ジムカーナの西原正樹選手のSCクラスVAB


先日本庄サーキットで見た、左ハンドルのナンバー付VABラリー車
もちろん新井選手のラリーマシン


風吹裕矢炭山裕矢選手のヴィッツ4WD国際ラリー仕様


D-Language VAB


井尻選手がドライブする、D-Languageスイフト
ナンバーなしの筑波サーキットタイムアタック専用マシンではなく、ナンバー付の普通チューニングマシンです。



続いてプロドライバー


新井選手


西原選手

西原選手のリコーセイブースには大原兄弟が

大原さんに兄弟そろってお会いしたのは初めて

そして井尻選手
井尻選手写真集です





タイトル画像も井尻選手です。



最後にレースクイーン







D-Languageレースクイーンポストカード7枚コンプリートしました。

Posted at 2017/04/05 12:16:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年04月02日 イイね!
17/4/2 ハイパーミーティングその1 早瀬左近のタイム破る!







サーキットの狼 筑波サーキットラップタイム

風吹裕矢 ロータスヨーロッパターボ 1’05”19(スリックタイヤ)


早瀬左近 ポルシェ930ターボ 1’02”69(スリックタイヤ)

モデナの剣 ナンバー付車両 筑波サーキットラップタイム

剣フェラーリ R32GTR 1'07"35


風吹裕矢 NSX 1'05"49


剣フェラーリ フェラーリ348tb 1'05"39


剣フェラーリ NSX-R 1'03"98


剣フェラーリ フェラーリF355 1'03"613


以上が、サーキットの狼、モデナの剣で、風吹裕矢、剣フェラーリ等がナンバー付車両で出した筑波サーキットのラップタイム。

表にすると



剣フェラーリがF355で出した1'03"613までは、D-Languageチューンをしたことにより、2015年2月28の走郎で1'03"147を出し、破りました。

2016年は、タイムアップはしたものの、2秒台には届かず。

そして今年、2/12のクレバー走行会で、やっと2秒台に入ったものの、1'02"838で、早瀬左近のタイムには届かず。





今回のハイパーミーティング、申し込んだものの、定員がいっぱいということで、キャンセル待ちという形になりました。キャンセル待ちじゃまず無理だろうと、走ることをあきらめていました。ところが2週間ぐらい前にキャンセルが出たので走れるとの連絡が入りました。
走れるようになったことは喜んでいましたが、4月だし、気候的に自己BEST更新ができるとは思っていませんでした。しかし、当日か近づいてきて、天気予報を確認すると、前日は雨で、最高気温10℃、当日は曇りまたは晴で最高気温12℃。
1時間毎天気予報で、1本目の走行時間に当たる8時は7℃ぐらい。これはタイムアップの可能性もある。

自分の、2秒8を出した時ののインカービデオを何度も見直し、また、1分フラットぐらいで走る人のインカービデオを何度も見、あることに気づきました。2秒8で走ったときのデジスパイスのデータを見直し、走り方の変更を試してみることにしました。
前日の夜は、サーキットの狼の筑波サーキットでのAライ模擬レースのところを読み、早瀬左近に勝つぞと、意識を高めました。

さて当日朝、家を出た時は、気温4℃。茨城に着くと気温3℃。これは期待できる。
気温がこれだけ低いのに、不思議とあまり寒くないのは何で?
筑波サーキットに着くと、ガラエボさんがすでに到着していました。1番に到着?
これはポールポジションだ。昨年のハイパーミーティングでは、ガラエボさんがトップタイムだっだし。

タイヤ交換中のガラエボさん。


さて1本目。
気温は8℃。今シーズンの本気タイムアタックでは、BESTコンディションかも。
昨日気づいた走り方を試したところ、1つはダメ、1つはいける。
そして、コーナー後半では、なるべく早くからアクセルをジワーッとふみこみ、横Gを高くする。
HKSのタイムカウンターは今回も不調。そんな中で、1’02”28の数字が!
よっしゃー!やったぞー!・・・・いや、前回はタイムカウンターにだまされた。ほんとに正しい数字か分からない。
走行終了するが、タイムカウンターの数字が信用できるかどうか分からないので、正式リザルトが待ち遠しい。
やっとリザルトが届き、パドックが近かったこともあり1番にもらいに行く。
タイムは?
やった!
1’02”274
とうとう早瀬左近のタイムを破った。
まともにタイムアタックできたラップ4本全て、早瀬左近のタイムを上回っていました。




これで目標だった、サーキットの狼、モデナの剣で出てくる、ナンバー付車両のTC2000のタイムを全て破りました。
しかも今日の走行会の2番手タイムで、トップとは1/1000秒差。



2本目。
気温は12℃?13℃?ぐらいにあがってる。
1本目のタイムに満足してしまい、あまり気合が入らない。
いや、1本目で学んだことをさらに加え、1本目のタイムを破るつもりで走ろう。
ところが気温が上がった以上に、タイヤのグリップが落ちている。リアがずいぶん出やすくなっている。ピックアップがついてるだろうから、それが原因か?
あまり攻めることができず、1本も3秒を切ることもできませんでした。
気温が上がった2本目にタイムアップした人もそこそこいて、2本目だけだと6番手に落ちていました。ただ、私の1本目のタイムを上回ったのは、1本目トップだった人だけだったので、2番手をキープする事ができました。



今回は、各グループ6位まで入賞ということで、サーキット走行では、始めて表彰され、商品をもらえるというラッキーがつきました。
表彰式の写真はありませんが、REV SPEED 6月号に掲載される予定です。

表彰してくれたのは、SKE48の元メンバー梅本まどかちゃん






賞品はエンジンオイル4ℓ


念願の早瀬左近のタイムを破り、サーキットの狼、モデナの剣で出てくる、ナンバー付車両のTC2000のタイムを全て破ることができ、おまけに商品までもらえ、とってもうれしい1日でした。


その2では、ハイパーミーティングをギャラリーした内容を掲載します。
Posted at 2017/04/03 22:49:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年03月25日 イイね!
355F1 初めてのオイル交換昨年末には、購入後3,000km走行したので、オイル交換時期が来たと思っていました。しかし、その頃はGRBのサーキット走行を開始していて、そちらに集中していて、355に乗ることはほとんど無く、オイル交換をする時間も取れませんでした。

GRBでのサーキット走行が一段落してきて、久しぶりに土日共にやらなければならないことが無い日になったので、エンジンオイルの交換をしてもらいにいきました。

日本車なら、通常エンジンオイルの交換ぐらいは自分で行いますが、フェラーリだと、どこからオイルを抜いたら良いかから分かりません。さらに、こびさんの整備手帳によると、2箇所からオイルを抜く必要があり、そのうちひとつは、アンダーパネルを外して抜かなければならないとのこと。

まずはプロに交換してもらい、交換方法を学び、それから自分で行うようにできたらいいなと考えました。

交換を行ってもらったショップは、KSPエンジニアリング
武蔵村山にあり、フェラーリのエンジンをばらすレベルのことができるショップとしては、一番近いと思います。

KSPにつくと、まずは2台のフェラーリが目を引きました。
360チャレンジと430スクーデリア。


工場内には、エンジンを下ろしたF355ケーニッヒ。日本でただ1台の本物の355ケーニッヒだそうです。


エンジンを下ろした360。


奥の方には、F512Mと328GTS。


NSXも多数とまっていました。



さて、我が355がリフトアップされる。




リフトアップされると、これがまたカッコイイ。

メインのドレンからのオイル排出。


車両前方から見ると、


ここのボルトは内六角でした。あとでこびさんのページでしらべると12mm。

かったるいのが2つ目のドレーン。
アンダーパネルを外し、オイルタンクの下と思えるところから排出。

オイルが落ちていくくラインが細くて見えにくいですが。


入れたオイルは、どんなオイルを入れるのが良いのか分からないので、KSPお勧めのオイル、ロイヤルパープル10W-40。聞いたこと無いオイルですが。
ばりかたさんお勧めのMOTUL 300Vもあったのですが、8リッターものオイルを入れると、4万円オーバーになるので、ロイヤルパープルにしておきました。

もうひとつかったるいのが、オイルの量の確認。
オイル量を確認するのは、オイルを温めた状態で行わなければならない。
エンジンをアイドリングさせ、10分ぐらい?して、オイルの量を確認。F1は、オイルテンプメーターがついていないので、水温計を確認しながら行っていたようです。



今回のオイル交換で、オイル漏れ(オイルがにじみ出している)所なんかが見つかり、プロにやってもらってよかったと思ったのと、すぐに修理しないと壊れるレベルではありませんが、修理が必要ということに、心配事が増えてしまいました。


今回オイル交換を見ていたことによって、自分で交換する事は不可能ではないけど、アンダーパネルを外すなどの作業が、車高の低い355では、ジャッキアップで行うのはきつそう。
こびさんみたいに、アンダーパネルにオイル交換用の穴を開けたくなりました。
GRBでは、エンジンアンダーカバーに、オイルフィルター交換用穴を開けています。
これはABS樹脂なので、カッターで簡単に穴を開けることができましたが、フェラーリのアンダーパネルはFRP?こびさんみたいにきれいに開けることができるかどうか。



さて、来週はREV SPEEDハイパーミーティング
今シーズンタイムアタックとしては最後の走行です。
申し込んだ時は、満員ということで、キャンセル待ちとなりましたが、キャンセルが出たようで走れることになりました。
気温的にタイムアップは難しいとは思いますが、思いっきり楽しんで走ってこようと思います。
Posted at 2017/03/26 13:58:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | 整備 | クルマ
プロフィール
「17/4/22 フェラーリ サーキットデビュー TC1000 http://cvw.jp/b/1442819/39651523/
何シテル?   04/23 08:24
monsterGRBです。よろしくお願いします。 10数年前までジムカーナをしていましたが、ギックリ腰→慢性腰痛となり引退。 色々な病院、整体、カイロプラク...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ファン
56 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX STI monster impreza GTRb (スバル インプレッサ WRX STI)
EVO Ⅰ  R205に勝つ  ポルシェのボディ、操作系、ブレーキの剛性感に迫る気持ちい ...
フェラーリ F355 (クーペ) Ferrari F1 tipo355 (フェラーリ F355 (クーペ))
中学のころからの夢だったフェラーリ 念願のFerrari 355F1を購入してしまいまし ...
ポルシェ 993 カレラ 993GT2 Look (ポルシェ 993 カレラ)
空冷最後の993型911カレラ。 ポルシェはやっぱりオーバーフェンダーと馬鹿でかい羽がつ ...
スバル インプレッサ WRX STI PACSmonsterインプレッサ (スバル インプレッサ WRX STI)
PACSmonster impreza SPEC-2 仕様 ジムカーナ仕様 自己最高順 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.