車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月12日 イイね!
ホンダAWDシステムの弱点生活4WDに特化して進化し続ける、ってういか、なぜか拘るホンダのスタンバイ4WDですが、デュアルポンプでデビューして以来、電子制御化された現在まで、大きな弱点が・・・。

システムがオーバーヒートを起こします。

常時FF 、必要時4WD。なので、常時4WDとなるような状態を想定しておらず、常時4WD状態が長時間続くとオーバーヒートを起こし、システムダウン。


氷上をレーシング速度で走らせると、即ダウン(笑)

で、自分のステップワゴン、北海道でも屈指の豪雪地帯に住んでいるので、当然4WDを選択したわけで、最新の電子制御AWDシステムを搭載しています。
んで、なかなか賢くて、デュアルポンプ時代のおバカなシステムとは比べ物にならず、日常ではなかなかの性能を発揮します。
へ~っ、ちゃんと走れていいですね~。というのが正直な印象。
速度を上げると、レスポンスの鈍さとか、コーナリング中の違和感とか、絶対的な安心感みたいなものは、常時4WDの車に適いませんけど、常時FFが燃費に大いに貢献していることを実感すると、よくできましたと素直に褒めたい。

が、

先日、急激な天候悪化でABSのシグナルフラッシュが点灯するほどのツルツル路面になってしまった峠を越えた際、下りの終盤、突然のシステムダウン。4WDにならず・・・。なかなか進まず・登れず、肝心な時に本物のFFになってしまうとは、愕然。
エンジンを切って再起動で復旧するのですが、ツルツルで狭い危険な峠、安全に停止できる場所もなく、結局、下りきるまで、トラクションコントロールが効きまくる切ない運転。
システムダウンで驚いたのは、挙動が不安定になったこと。アクセルオフ状態でも、かなりきめ細かくリアのトルク配分をしているようです。
一瞬、へ~っと感心しましたが、そんな大事なときにシステムダウンとはあり得ません。
まあ、ツルツルの路面で4WD状態が長く続き、システムダウンしたのでしょう。
ツルツル路面に遭遇してから時間にして20分位だったのですけどね。日中だったので割と安全運転だったのに。

軟なシステムに唖然。

冬季豪雪地帯でステップワゴンを走らせてみると、不満もちらほら

マフラー部がタイヤの跳ね上げた氷雪に埋められ、異常振動に見舞われます。

ドアと給油口は常に凍り、給油するたびに給油口が叩かれてボコボコになりそうな不安(笑)ドアはいつも力まかせに引っ張るので、ドアノブとれたら怖い(爆)
スライドドアは氷が挟まって、たまに半ドア状態、突然の半ドア警報に唖然。

冬、少々頼りないのが、ホンダ車の弱点。

北海道の鷹栖でなにを試験しているのでしょうか?
寒い日は、温かい建物内でサボってませんか?

もっとしっかりテストして欲しい(笑)

Posted at 2017/02/12 05:36:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | ステップワゴン | 日記
2016年12月19日 イイね!
21日目で初体験新車で我が家にやってきて21日目

おかまちゃんになりました。

信号待ち中に、がっつり掘られました。

〒な赤い車と、赤い車がバックでごっつんこって・・・

なんじゃそりゃ~!!!!!!

(´・ω・`)ショボーン
Posted at 2016/12/19 23:59:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月02日 イイね!
ekスペースカスタムを買って、運転して、えええ~っ?
となったことが一つ。

ヘッドライトのローハイ操作がいまだに、三菱オリジナル。

昔は、各社各車種いろいろな操作方法があって、違う車に乗る度に、これはどうなんだ?とドキドキしながら運手したものであるが・・・
現在は、奥でハイ、中立でロー、手前でパッシングという操作方法がスタンダード。
このスタンダードな操作が、人の感性に合っていると思う。
世界中でこれほど普及したのも納得である。

引いてハイビーム、軽く引いてパッシングという三菱の操作こそ、現在は、特殊かつ不自然。

エボに乗っているときもアイに乗っているときも、三菱のこれはダメだと思っていた。
ハイビームでウインカーなんか出さないし、レバーもグニュグニュして気持ち悪いし、全然意味ね~し、と、個人的には、全否定である。

他社から乗り換えを考えるとき、昭和の名残ともいえるこの特殊な操作は、三菱車に乗るという覚悟さえ必要となる。

操作が一社だけ違うというのは、他社から乗り換えると、たいへん不便。年寄りや車の運転が苦手な人ならちょっとしたパニックにもなると思う。
三菱が他社の車を学べば、いつか、三菱もスタンダード方式になるだろうと思っていた。

現行ekシリーズは、日産の息のかかった車。
日産もローハイ切替はスタンダード方式。
なので、現行ekシリーズからは、スタンダード方式に替わっていると勝手に思い込んでいた。

が、違った。

これは三菱という会社の信念というより、内向きの証拠であろう。

大袈裟な話かもしれないが、この操作方式が変わったとき、三菱の変革は始まるのだと思う。

ただ、期待はできないので、国交省さん、基準作って、この操作方法やめさせて~。
Posted at 2016/12/02 21:00:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月26日 イイね!
さようなら、三菱アイ我が家の車の機能整理の続きです。

無限RZ、Nワゴンスラッシュ、アイ

無限RZ、ステップワゴン、?

さて、どうなったのか?



奥様の嫁入り道具として我が家にやってきた三菱アイ。新車で購入して以降7年目、大事に乗っていましたが、それなりに整備が必要になってきたので、入替を真剣に検討する時期となってきました。

かわいくもかっこいい洗練された外観とは裏腹に、走りも質感も中身に良いところがないアイという車。
発売されたときには、ミッドシップすげ~三菱!と褒めたたえた自分ですが、乗ってみてがっかりした現実。発売当時、新鋭気鋭のプラットホームが消滅も納得の駄作とは、悲劇ですね。

正直、この車を運転するたびに、近年の三菱という会社の技術力を疑っていた。
さらに、技術力も微妙なのに燃費競争に追従している三菱については、嘘くさいと懐疑的であった。
その予想が、ずばり的中し、自身の洞察力に自信がつきました(笑)

が、そのスキャンダルにより、我が家のアイも不幸の連鎖に巻き込まれました。
世は冷たく、いまや中古車業界では三菱の車は嫌われ者。

三菱車というだけで、査定額が無いに等しい超廉価額
 
アイさん、ドナドナするなら三菱ディーラーで下取りする以外に利益なし。

おかげさまで、他社乗り換えでアイを下取りとか単独売却という選択肢は選べなくなり、我が家の愛車の機能整理にはNスラのドナドナも要検討とました。


我が家の車の機能整理で、いろいろな妄想をいだいておりましたが、三菱車を巡る世間の風当たりの強さを肌身で感じ、選択肢が限られる現実を目の前にして、妄想崩壊後の家族会議。

我が家で欲しいポスト・アイは、奥様の通勤車兼街乗り買い物車。
奥様の好みと総合すると、軽・4WD・リアスライドドアで、赤で、ちょっとかっこいい車。
 
三菱にもちょうどいい車がありました。
ekスペースカスタム。

逆に、アイを価値相当に換金するとなると、これを買うしか選択肢がないという現実。

これでいいというか、これがいいという流れになり、我が家の軽コミューターがアイに代わりこれになるなら、実用車(ステップワゴン)に代わるのはNスラ・・・。
ということで、Nスラのドナドナが決定。

そんなわけで、詳細に検討した結果、街乗り中心なら、NAでナビなしで十分


と、交渉の駆け引きが面倒なので、一発勝負の金額設定も含み作戦を練って三菱ディーラーで決算セールに挑みましたが・・・

欲しいNAグレードの欲しいカラーの車が・・・

年内生産予定なし!(唖然)

納車は早くても5か月後!(愕然)

有り得ない!
潰れそうな会社が、かろうじて売れる車を
造ってない!
在庫もない!
ほんと、馬鹿な会社だ!
いや、馬鹿を通り越している!
なんて会社だ!
潰れてしまえ!

と怒り心頭に、普通なら、う○こして流さず帰るところだが、ここは、嫁と嫁の家族が長年の付き合いで大事にし、大事にされている、三菱ディーラー。
なので、第三者の自分、ぐっと我慢で、大人の対応。


じゃあ、買える車はなんでしょう?

ターボグレードなら年内に生産できる予定・・・

はいはい、この悪況に報いる数字を出してください。

ということで、値引きも、下取りも、納得というか、もう何十台も新車契約に立ち会ってきた自分が、そこまでする?と唖然とする価格が提示され、無事、一件落着で押印。
ちょっとその詳細は書けません。
ネット上で独り歩きされても、責任が負えません。

で、待つこと2ヶ月、やっと、我が家にやってまいりました。

ekスペースカスタム T 4WD

自分の家に赤い車を置くのは初めてです。
赤って、見るにいいんですが、運転すると恥ずかしくなります。
赤い車を乗っている男性になんらの悪気も偏見もないのですが、なんというか、口紅を塗って外を歩けば、たぶん、こんな気持ちなんだろう。と・・・

これに、たまに自分が乗ると思うと、ドキドキです。

で、NAでいいやと望んだ商談でしたが、結局ターボになり、相変わらず我が家の車3台は全部過給器付です。

さて、ekスペースさん、エンジンはもっさり、脚もモヤモヤで、正直、走りに褒められるところはありませんが、脚車と割り切れば、広大な室内空間に文句なしの積載性と利便性、質感も良く十分に快適。室内が狭くチープなアイに比べれば雲泥の差。

正直なところ、ライバル車と比べると少々微妙なところもあって、5年後、この車がもっとまともになってなければ、三菱製の軽とは縁を切る決心をしましたが・・・。

もっとも実用性に難のあったNスラとアイが整理され、やっと使える車が我が家にやってきて結局のところ大満足です。



突然進行した我が家の怒涛の車入替作戦は、とりあえず大成功と満足の結果となり、しばらくは、愛着を持って、3台に接したいと思います。



ところが課題も発生。

我が家の洗車は基本手洗いで、全部が自分の仕事。

RZ、Nスラ、アイでも一日がかりで、やっとでしたが・・・
構成が、RZ、ステップ、ekスペースに変わり、洗うべき面積が、倍に・・・

眩暈がします。
Posted at 2016/11/27 00:08:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月20日 イイね!
ステップワゴン購入の際、決算に付き合い、まあ、どうでもいいと買ったものですが
基本頼れるもは、全部頼る、ダメダメな自分なので、きちんと使っています。

安全運転時には、本当に楽ちんです。助手席からマジで寝るなよ!と怒られます。

ただ、電子制御関係は大雑把なホンダ。
ロボット技術は、車にフィードバックされてないのかしらね。

で、やはり、この運転支援システムの制御も、残念ながら大雑把。

今日は、時間指定の予定があったのですが、出発が少々のんびり過ぎて、道中焦り気味。
が、ダメダメの自分、しっかりと、運転支援システム起動。

が、いつもの安全運転時の雰囲気と少々違う。
ステアリングの修正が多く、ブレーキも強烈。
うわぁ~、こりゃ酷い運転だな~。と思っていたのですが・・・

ついに助手席の奥様から、ツッコミが・・・

コンピュータ、運転下手すぎ。システム切って、きちんと運転しろ!

まあ、流れをリードするような走りをする際は、このシステムはダメダメですね。

ホンダさん、奥様に怒られたよ~、と開発者にクレームを入れたいお話。
Posted at 2016/11/20 01:48:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | ステップワゴン | 日記
プロフィール
「さようなら、Nボックススラッシュ http://cvw.jp/b/1443750/38701288/
何シテル?   10/15 20:18
M2です。 免許を取って以来20年、使ったガソリン代が1000万円を超えていることに気づき、以来、無駄にドライブすることがほとんどなくなりました。練習は必...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
乗ってる車はホンダですが、
ホンダマニアではありません。
全車メーカー平等に敬意を表しております。
お誘いの際は、その旨御理解くださいませ
30 人のお友達がいます
atenza178atenza178 * GV☆GV☆
waka7waka7 えすんねえすんね
リュウ@元BNR32リュウ@元BNR32 たくろー@みらーじゅたくろー@みらーじゅ
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
CR-Zのスタイルに惚れ込み、まさかの2台目
ホンダ ステップワゴンスパーダ ホンダ ステップワゴンスパーダ
小型犬サイズに大きくなったチワワのために
三菱 eKスペースカスタム 三菱 eKスペースカスタム
奥様の通勤 街乗りお買い物専用
ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
2010年 草ジムカーナ・サーキット走行会仕様 2011年 草ジムカーナ・サーキット走行 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.