車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
キミーラC275。昨年約7ヶ月近く振りに工場から帰って来た緑キミーラ(キミーラC275)。

交換したパーツは・・・・

オルタネータx2(笑)
ドライブベルト
パワステホース
ステアリングラックブーツ
サーモスタット
イグニッションコイル



そして、エンジンルーム内で一番熱がこもる場所(非接触温度計で計測)にあるオルタネーターの冷却の為の導風パイプ設置。
それに伴いパワステオイルタンク・イグナイター・イグニッションコイルの移設/位置調整等々。






イグナイターは移設出来る中で通気性が一番良いらしい場所に・・・・


ボディ下面に出した導風パイプに手を当てて見ると、結構吸い込んでるのでカナリ期待できるかも!!(^v^)
元々の構想だと、オスタ後ろからVバンクを通って下にパイプを降ろす作戦だったが緑キミーラはそこをパワステタンクへのオイルホースが通っており、仕方なく上を通した。

見た目もあるので(笑)追々改良予定(^O^)/

しかし、断熱ホースとコルゲートチューブとタイラップの悪夢(>_<)

さて走りの方は・・・・・・


やはり赤キミーラよりも明らかに高回転型な味付けだ。
そしてヒューンと云うかギューンというか、ちょっとイタリア車の様な官能的なサウンドがする!!
排気系ではなく、エンジンからのサウンドだ。

テーマ832とフェラーリ365GT4に乗る生粋のイタ車オタクの友人K岡氏が云うんだから間違いない(笑)
正月の走り初めで赤キミーラを試乗してもらった時の記憶から、緑キミーラとの違いに驚いていたよ。
キミーラの素性を知らない人はOHVとは思わないかも(^v^)


次回、宮が瀬でも行ってみよう・・・・・・・・
Posted at 2017/01/23 00:36:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月21日 イイね!
&#39;70ゼロハンで行こう!!全国50億のR&Pファンの方々お待ち同様でした!!もう一息です・・・・・・・

最近すっかりゼロハン記事がメインなこの頃(^_^;)







R&Pはバルーンタイヤを履く為に、エンジンを左にオフセットしてチェーンラインを出している。
その為クラッチアームがフレームに干渉する対策として、アームを短くしてるのでレバー比が変わりクラッチが重いのだ(ーー;)
しかし、寄せ集め号はそれにしても重い(>_<)
手が小さい自分は力が入り難くて短時間しか乗ってられないよ!!(+o+)

ポポグリーンR&Pは色々と改造して軽くなったがまたやるの面倒くさいなぁ・・・・・
そう思いながらストック部品のレバー見てると(@_@;)おぉ~

上:R&P 下:CB50

同じと思ってたレバーに種類がある事発見!!
ハンドルスウィッチ周りが同じ、CB・TL・XE・ノーティダックス・R&Pの縦型エンジン系は同一かと思っていたが、少なくともCB50とR&Pはレバーが違う事が判明。
寄せ集め号はまさに寄せ集めなんで、以前に最終型CB50の左集中スイッチに変更して余ったCB50JX-1用の物を流用したのだ。
R&Pは上記の理由でクラッチ重くなってしまったので、メーカーがそれと気づかれない様にレバー形状を手直しして軽く操作できるようにしたのだ!!(ホントか?)
R&P用(多分)にするとカナリ軽くなったよ(^O^)/

次はバッテリーが駄目なままのテスト走行中に過電流が流れ切れてしまったテールランプだが、切れて無い球付けてもテールが点かない・・・・・・・先日リヤキャリア塗装したのでアースが落ちて無かったようだ(笑)
ついでにバルブを6V用LEDにしてみた!!

今はこんなのあるんだねぇ(^v^)


無事点灯。光に方向性があるのでどうかと思ったが一応ナンバーも照らしてる・・・・・・

そして、6Vバルブ切れ防止にシリコン整流器からレギュレートレクチファイアーに変更。

ついでにウィンカーリレーをICタイプに変更。


カブ用らしいのを流用。
これに伴い、フロントキャリア裏のレジスターを撤去!!
テスターで測ったがエンジン回しても6ボルトちょっとで安定している(^v^)


次にマフリャ加工・・・・・・
外してみると中から水がドボドボ(@_@;)

水が出るのは完全燃焼してるからと聞いた事あるが・・・・・・
とにかく、R&Pはこれでマフリャが錆びて穴開くんだよ(+o+)

ところが、ノーティダックスの初期型のマフリャはこうなってる!!

上:R&P 下:ノーティ


左:R&P 右:ノーティ


下がノーティで、マフリャ内の一番低い水が溜まる所に水抜きがある!!
上のR&Pマフリャはその場所チョイ上に穴が空き水が漏った痕が(ToT)


久々のロウ付けで穴埋め・・・・・・下手くそ!!(>_<)


そして、水抜きのニップルを付けた。
穴開けてタップ立てたがこの部分の肉厚が薄くて微妙な感じだが(^_^;)
いやぁ~、これ効果あるよ(^_^;)とにかく水が出る出る出る。。。。。。。。。

出来れば、マフリャ新品時にやりたかったよ、多分もう中はザクザクだろう(笑)


Posted at 2017/01/21 21:57:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | R&P | 日記
2017年01月09日 イイね!
R&P調子良くなったよ(^O^)/R&P調子良くなるとホントあのダメダメだったのは何だったのか(^_^;)

ただ何となく回るけどガス薄い感じなんで、ジェットニードルを初期型ノーティダックスの先が細めのやつに交換。
M/Jもノーマルの#70から#75に交換して見たがちょっとゴボツく感じがあったので、手持ちでその間の#72に落ち着いたが、実は良く分からない(笑)

マフリャ加工でエンジンちょっと元気になった気がするので、M/Jも大っきくしたがノーマルよりギヤチェンジが忙しくなったのでスプロケットも換えるかなぁ・・・・・・

それから、右ウインカーの点滅がおかしい。
点くのが遅かったがそのうち点滅しなくなったと思ったら後ろのバルブが点いて無い・・・・・
後ろウインカー触ってみるとグラグラで揺すってみると点いたり点かなかったり(>_<)
ボディアースが取れてない様だ!!
普通ならウインカー留めてるネジをギュッっと締めればいいんだが、なんと締め切って無いグラグラの所で錆び固着でネジ回らない(>_<)
インパクトドライバーでシコタマやっても、ビクともしないでテールライトの土台が曲がりそうなのでドリルで揉んで破壊!!

折れたボルトもどうにか撤去出来無事に完了。
やはりアースが取れて無かった様でウインカーも正常になりました・・・・・・アースは重要だ!!



次回’70ゼロハンツーリングが楽しみだなぁ(^O^)/

友人のポポグリーンR&Pとの対決も・・・・・・
Posted at 2017/01/09 22:25:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | R&P | 日記
2017年01月08日 イイね!
ナンバー取りました!!R&P寄せ集めR&P最終テストする為ナンバー取りました。

いろんな状況で走行テストしてダメだししよう(^_^;)





友人のル・マンいつ見てもカクイイね。


早速全開走行して見ると・・・・
ブリバリベゴォパンッ!!と薄いんだか濃いんだか?アイドリング~低速域以外が絶不調(@_@;)
やはり実際に公道走ってみないと分からない・・・・・・でも、マフラーエンド以外ノーマルだしなぁ?

そこで、プラグ・コイル・点火時期に的を絞って確認!!

プラグ交換したが変わらず・・・・・

コイルはアース不良/接触不良、断線は無い様だし熱くなったりしてない・・・・第一エンジンの掛りも良いし、アイドリングも安定していて何分もそのままでも変化なくアイドリングを続けられるので問題ない様だ・・・・・

点火時期も、タイミングライトで確認したが、F(点火)マークは合ってるし・・・・んっ?
エンジン回すと進角が足らない?(@_@;)

現在付いてるフライホイールはこのタイプだけどコレはCB50用じゃないか?


そこでストックの別のフライホに交換。


合わせて見ると・・・・・・・


T・・・・・・上死点
F・・・・・・ファイヤー!!(点火)
=・・・・・最大進角

CB50の方が点火時期が早く進角が大きいって事?それとも最大進角の刻印が同じだから進角も同じなのか?
とにかく、上記のT・F・=が違うフラホーのストックパーツはひとつしかなかった・・・・・・・
パーツリストだと前期/後期でR&Pのフラフォーは品番が違うので2種類ある。
馬力も違うので点火時期で落としているのか?何れにせよこのエンジンは前期型なので、後期エンジンにこのフライホイール付けたら吹けないのか????気になる!!






そしてテストラン!おぉ~良くなった!!(^O^)/と云うか普通になった(笑)
点火時期&進角のせいだったようだが、原因が正確に分からないまま直ってしまった典型的な素人整備(笑)
それと、バルブクリアランス調整とヘッドボルト4本規定トルクで増し締め。




プラグが焼け気味で回るけど何となくトルク感が無いので次回煮詰めよう。

Posted at 2017/01/08 22:17:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | R&P | 日記
2017年01月04日 イイね!
作業開始!!寄せ集めR&Pの作業再開です!!









錆びっさびのノーマルマフリャを錆び取り、加工・塗装しました。

Before


After


加工は初期型ノーティダックスのマフリャを参考にしてエンドを小細工(^_^;)

1973年の発売時の初期型ノーティはこんなで、歯切れのいい音がする。
メーカーもレジャーバイクといえども良い音を造ったのだろう・・・・・・バイクには音も重要だ!!
初期型はカムもCB50と共通らしく、乗ってみると後期より活発なフィーリングだ。

それが、1976年の後期型からエンジンが今もエイプにも使われているタイプが新設計され・・・・
「エア・クリーナー、消音器の内部構造を一部変更し、騒音の低減をはかりました。」となってしまう。

マフリャエンドも・・・・・・(@_@;)

このエンドを○×△して初期型ノーティ仕様に加工!!

もちろん、大人げないものでなく1973年当時のサウンドに(^_^;)


テスト走行が楽しみだ!!

Posted at 2017/01/04 18:54:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | R&P | 日記
プロフィール
「@照明小僧131 さん>なるほど!!CJサブロクは鉄製なのか・・・・」
何シテル?   12/18 23:00
昔話は記憶が薄れてしまったので曖昧な部分もあるが記録に残す意味でもアップしてます。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
コブラバケットシート大改修! ~着衣編 その3(これでおしまい)~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/24 01:01:56
流用電動パワステの必須パーツ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/25 23:17:39
クラッチマスターシリンダー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/14 11:19:35
ファン
48 人のファンがいます
愛車一覧
アウトビアンキ A112 アウトビアンキ A112
ルーテシア16Vの後釜として入庫。 友人からの貰い物で元はノーマルjuniorだったが ...
フォルクスワーゲン クロスポロ フォルクスワーゲン クロスポロ
父の形見。受注色のため2ヶ月~半年待ちと言われたので展示車を無理云って購入。(画像はショ ...
TVR キミーラ TVR キミーラ
レーシングカー張りのチューブラーフレームにクラシカルな香り漂うFRPボディのデザイン。 ...
TVR キミーラ TVR キミーラ
キミーラもう一台来ました!! エンジンがオプションのHC(ハイカム)仕様で275psと ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.