車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月22日 イイね!
平泉・中尊寺サーキットばかりではつまらないので、今回は菅生から比較的近い岩手県平泉に行ってきました。








奥州藤原氏三代(清衡・基衡・秀衡)100年の栄華を誇った平泉。

その中でも印象的なのは中尊寺であろう。

西暦850年に開山されたと言われているが実質的には藤原氏初代清衡(きよひら)によって1105年に建造が始まった。





■月見坂(参道)

入口からいきなり急坂だ。

菅生最終コーナー(勾配10%)を思い出す(笑)

入口から本堂までは600m、金色堂までは800mを歩く。





■中尊寺境内全体図

中尊寺は金色堂のイメージが強すぎて他に何があるのかまったく知識はありませんでした。

行ってみると金色堂や本堂の他に小さなお堂がたくさんあり、思いのほか時間は掛かります。

写真多めにアップしてますがこれでも半分程度しか載せてません。






■参道

参道沿いの杉並木は江戸時代伊達藩によって植樹されたそうです。





■弁慶堂

源頼朝に追われた義経は幼少期に世話になった藤原秀衡を頼って武蔵坊弁慶らとともに平泉に入り、秀衡の庇護を受けた。
秀衡の病死後、四代目泰衡は頼朝の圧力に屈して義経を討伐する。
義経は自害、そして弁慶は雨の様な敵の矢を受けて立ったまま壮絶な最期を遂げた。
後世に「弁慶の立往生」と語り継がれる。




義経を自害に追い込んだ泰衡であったが、義経をかくまったという理由で鎌倉幕府の奥州征伐によって100年続いた平泉の栄華と藤原氏は滅びる。

そして藤原氏滅亡500年後、松尾芭蕉はこの地を訪れ、遠い戦乱時代に思いを馳せて心を痛めたに違いない。

   「夏草や 兵どもが 夢の跡」




■立地

中尊寺は標高130mの東西に長い丘陵地にあり、大和朝廷と地域豪族が争った国境に位置する。

眼下には北上川が流れる。





■中尊寺本堂








■ご本尊「釈迦如来坐像」  

高さは一丈六尺(4.8m)  ※撮影OK





■本堂隣の峯薬師堂




■大日堂





■金色堂まであと少し





■鐘楼





■金色堂

中尊寺入口からお堂を見ながら歩くこと30分余り。

ようやく金色堂に着きました。




初代清衡によって西暦1124年に建造された金色堂は本尊や壁・柱に至るまで黄金一色の輝きを保ってました。

またシルクロードを渡ってもたらされた貝・象牙・宝石の細工が施されており当時の技術の高さを垣間見ることができます。



【黄金の国ジパング】で有名なマルコポーロの東方見聞録によると、

「ジパング(日本)は莫大な金を産出し、宮殿や民家は黄金でできているなど、財宝に溢れている。」

とあり、奥州は金を産出し、黄金の宮殿は金色堂を指すと言われている。

(マルコポーロは実際には日本に来ておらず中国で聞いた話しを記述した)



中尊寺の東、今の陸前高田市にある玉山金山から大量に金が採掘されて金色堂に使われたそうです。



松尾芭蕉は金色堂を見てその威光に感激したことでしょう。


       「五月雨の 降り残してや 光堂」




堂内写真NGのためネットで見るか、機会があれば是非実際に見ていただきたい。

旅行に行く時は必ず小型双眼鏡を持ち歩いてるので、この金色堂もそれを覗いて細部まで見ることができました。

これ便利ですよ。









平安時代後期に東北地方で十数年続いた大きな内戦により多くの命が奪われた。

その霊を慰めるために藤原清衡が中尊寺を建立して極楽浄土を目指す。







その思想は二代三代にまで受け継がれ平泉は100年の長きにわたり繁栄した。

しかしながら源氏政権統一を目論む鎌倉方としては奥州勢力は脅威であったため、義経を口実に藤原氏を滅亡に追い込み、そして鎌倉幕府の基礎を固めることとなる。







国破れて山河あり

とはこのこと...

無常観が伝わってきます。






久しぶりにカメラを回した(^^)





【中尊寺ガイド】

・拝観料 800円(金色堂・讃衡蔵宝物館共通) その他本堂などは無料

・駐車場 中尊寺入口:町営第1・第2 普通車400円(毛越寺町営P割引100円券配布)
       月見坂沿い本堂方面山の上に民間Pあり(料金不明)
       ⇒町営Pを利用して月見坂参道徒歩をオススメします

・食事  町営第1Pに多数お店あり(わんこそばも有)


・境内案内図 http://www.chusonji.or.jp/forvisitors/pdf/chusonji_map.pdf
Posted at 2017/03/22 22:17:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年03月20日 イイね!
2017 Round 2 SUGO (3/18)昨年11月、菅生の魔物に遭い10ラップでリタイヤしたのでリベンジに行ってきました。








サーキットから見える蔵王の雪景色は絶景ですね。

スキーは20年程やってないので今でも滑れるか自信ないけど、樹氷見ながら滑ってみたいです。




今年初の菅生HowMatch走行会なので台数多いかと思いきや午前中のみ開催とあって普段よりは少なめでした。

最後の30分間はほとんど走行車両はなくて赤旗中に間違って走行してるんじゃないかと思うほどマジ貸切り状態。

そのクリアラップにベスト更新し、菅生通算6回目の走行でようやく1分43秒後半に入ってきました。(^^)v

前回走行はリタイヤなので、その前の走行は一昨年11月だから実に1年4ヶ月ぶりです。

車両トラブルもなく順調かな。





速い人は40秒以下(30秒切りはプロレベル)で走るけど私の当面の目標は42秒なので、

今年中にあと1回行って何とか43秒前半、あわよくば42秒を達成したい。

ちなみにSUGO初走行は今から4年前で、その時は52秒台でした(笑)



そうそう、

魔の最終コーナーアウト側はアスファルトに改修されたので安心して踏めますヨ!






今年の予定(開催スケジュールは確定ですが、行く行かないは未定)

Round 1 FSW (2/26)
Round 2 SUGO (3/18)


4/22 FSW
9/9 SUGO
9/18 SUZUKA
10/21 FSW
12/2 SUGO
12/24 FSW
12/29 MOTEGI
Posted at 2017/03/20 20:10:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット走行会 | 日記
2017年03月14日 イイね!
MR-X炎上か?(笑)排気漏れとピロ化FSW走行中に起きた排気漏れ。










きょんさんの車載動画見てこりゃ重症だわと気付いた。

(勝手に動画もらいました、すみません)




ボンドカーの新兵器みたい(笑)



で、スピリッツに持ち込んでみると、蛇腹が見事に破裂してる。





SARDスポーツキャタ(6SMT用)に交換して丸8年。

よく長持ちした方でしょう。

修理というより・・・一式交換で直した(笑)




ついでというワケではなかったですが、

以前から足回りブッシュが相当ヘタッてきてたので今回ピロに変更しました。

乗り心地は格段に良くなり、ステア反応は驚くほど向上してます。

ブッシュ劣化してるとサスの動きはそこに吸収・分散されてサス本来の性能が発揮されてないことに気付きました。

最近はタイヤの性能も良くなってるので、高価なダンパー購入するより、

このピロとタイヤに任せれば安いダンパーでも十分働く気がします。



さてと、

週末は仙台魔物のリベンジに行ってきます(^^)
Posted at 2017/03/14 21:01:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2017年03月05日 イイね!
2017 Round 1 FSW (2/26)丸一日FSW走行会だというのに写真全然撮ってないです(-_-;)








年1回、この時期に開催される丸ごと一日走行会、30分×4本。

今年はタケさん(MR-S/VTEC)、初参加のきょんさん(MR-S/VTEC)、そしてふみさん(S15)の4台でピット借り放題w


写真はお二人のブログ見てくださいませ。



タケさんときょんさんとは御殿場市内で前夜祭でもご一緒しました。

きょんさんとはこの時に初めてお会いして、なかなかのイケメン好青年(笑)

わいわい楽しく過ごしました。



翌日。

天気に恵まれ、朝のうちは冷え込みましたが昼頃は比較的暖かくて走行日和。

ふみさんは車両トラブルが発生して残念ながら午前でリタイヤ。

大事に至らないといいのですが。



皆さん、午前中はモチベーション上がってたけど、ランチ食べた後はダラダラムードで4本目は疲労困憊状態。

次回は2本にしようと満場一致でしたよ(笑)



きょんさんは初FSWながら見事なタイムで、私の記憶ではFSWのMR-S最速ラップだと思います。

4本目はきょんさんからタイム関係無しにランデブーしましょうと声掛けてもらったので

そこそこのペースで追っかけ走行。





3ラップ目(?)のストレートでスリップに入られ





バヒューンとオーバーテイクされてあっという間に見えなくなりました(笑)






きょんさんのMR-Sは、K20A/VTECに戸田ハイコンプと4スロ仕様だとか(@@;

9500レブの9000シフトアップとか言ってたな~?

好青年な変態です(笑)




結局この日は、
1本目:この日のベストながら自己タイムには大幅に及ばず。
2本目:ペース上がらず。
3本目:走行中に急に具合悪くなり走行中断。(実はこの1週間前に持病再発してた)
4本目:薬飲んだので走行止めようかと思ったけど、ペース落としてきょんさんとランデブー走行。


車にも体力にも厳しい一日でしたが、友人とわいわい話ながら楽しい一日が過ごせました。

皆さん、お疲れ様でした。


実は4本目走行中、急に排気音が大きくなったので気にはなってたけどそのまま走行。

走行終了後に、助手席側の窓が開いてたのに気づいたのでそのせいかと思ったら、

帰り道は明らかに排気漏れしてる音が出てました。

そして後日、きょんさんのブログ(車載動画)を見て衝撃の瞬間が映ってるではないか!

それはまたこの次のブログで(笑)






今年の予定(開催スケジュールは確定ですが、行く行かないは未定)

Round 1 FSW (2/26)

3/18 SUGO
4/22 FSW
9/9 SUGO
9/18 SUZUKA
10/21 FSW
12/2 SUGO
12/24 FSW
12/29 MOTEGI
Posted at 2017/03/05 22:51:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット走行会 | 日記
2017年03月02日 イイね!
2016 Round 5-7(SUGO/FSW/MOTEGI)昨年後半の走行会アップしてなかったので備忘録として。









◆Round 5 SUGO (11/26)

結局電スロ不調で10周リタイヤでした。

コーナー立ち上がりにアクセル全開にするとスロットルが開かずストール気味。

ただし、一度エンジン切って再始動してから徐々に踏んで行けばスロットルも反応するので自走で帰れたというわけです。

スピリッツにたまたま電スロ中古があったのでそれに交換したら特に問題なく走れてます。

電スロ不調の原因は不明だけど走れればもうどうでも良い(笑)



魔の最終コーナー・ロードサービスw







◆Round 6 FSW (12/25)

クリスマスにサーキット!

電スロ交換したのにベスト大幅落ちで肩落として帰宅(苦笑)

タイヤも微妙だったしアンダー強かったかな。




◆Round 7 MOTEGI (12/30)  【Top写真】

FSWから1週間も経たず年末にもてぎw

アンダー解消のためフロント減衰を若干下げたら効果出たのか0.5秒ですがベスト更新。
(前回ブログでタイム落ちと書いたが間違いでした)

このところ更新どころかタイム落ちの幅をいかに小さくするかが課題みたいになってきました。

体力と同じで年齢重ねると維持するので精一杯。。。





●2016 走行

Round 1 FSW (2/21)
Round 2 FSW (4/30)  ベスト更新
Round 3 MOTEGI (5/22)
Round 4 SUZUKA (9/19) ベスト更新
Round 5 SUGO (11/26) リタイヤ
Round 6 FSW (12/25)
Round 7 MOTEGI (12/30) ベスト更新
Posted at 2017/03/02 22:04:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット走行会 | 日記
プロフィール
「平泉・中尊寺 http://cvw.jp/b/1450440/39497344/
何シテル?   03/22 22:17
Eishing++ : エイシン です。 Eishing++ : ++(プラプラ)はC言語のカウントアップからのパクリ^^ 決して+(プラス)に対抗し...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
基本的にコメントやりとりの無いいきなりのお誘いはご遠慮願います。
何度か絡むかオフ会でリアルに会って下さいませ。
107 人のお友達がいます
オサカメオサカメ * 峠のKen峠のKen *
エマレスエマレス * ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】みんカラ公認
950950 Y.J.M.Y.J.M.
ファン
73 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ MR-S MR-X spec RS (トヨタ MR-S)
MR-X spec RS(MR-S 改)に乗ってます。 2007年の夏、H14年式中古 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.