• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シュナバスのブログ一覧

2016年05月23日 イイね!

amazon kindl2の修理

amazon kindl2の修理カミさんが昔amazon.com (アメリカ)から直接購入したamazon kindl2の電源が入らなくなったため修理をしてみました。












本体の裏蓋のフックを外し中を確認・・・
特に問題なし!
電池パックを取り外して一旦電源をカット。

暫くしてから再セットしたら正常に戻りました。


以前、バッテリー交換をしましたが作りが悪かったのか電源端子の接触不良だったようです。
簡単に治ってよかったです!!

Posted at 2016/05/23 22:21:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年05月15日 イイね!

ニキシー管時計(nixie watch)

ニキシー管時計(nixie watch)久しぶりの投稿です!!

小型のニキシー管(冷陰極放電管)1960年代、LEDが一般化する前に良く使用されたデバイスを使用して腕時計くらいを目標に小型化したニキシー管時計を作成してみました。

電球と違い熱はあまり発生しません。

ニキシー管を発光させするには小電力ですみますが(LEDより少ないかも)3V電池から170Vに
昇圧する回路(DC-DCコンバータ)が電力を大く消費します。


動画をUPしました。(節電対策編)




ニキシー管はロシア製(多分旧ソ連時代に作製された物)IN-17が安く手に入ったため4本を
使用しました。



アメリカ、サンディエゴにあるショップからRTC(real time clocks)とニキシー管用コントローラーと
昇圧回路を購入しました。

左からRTC(バックアップバッテリー付き)、コントローラー、昇圧ユニット


まずは、テストボードでニキシー管の表示確認。表示には直流170V以上が必要なためカメラ用
リチュウムイオン電池CR2 3Vを昇圧ユニットで約170Vにして点灯してみました。


ニキシー管用コントローラーユニットを改造してユニバーサル基板にニキシー管とRTC、ニキシー管
コントローラー、昇圧ユニットをセットしてはんだ付けをして作成しました。





3D CADでハウジングを腕時計風に設計してみました。

勘合部分など細かい所を修正して3Dプリンターで作成してみようと思います。

アメリカから入手したニキシー管腕時計と大きさを比べてみました。

ニキシー管腕時計が完成しました!!
Posted at 2016/05/15 11:48:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニキシー管 | 日記

プロフィール

シュナバスです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

コーディング・オフ会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/27 05:29:02

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
BMW E90 LCI 325i (2500cc) に乗っています。 これからも宜しくお ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.