• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

でみとりのブログ一覧

2017年07月20日 イイね!

Night & Day Train Photographs.

Night & Day Train Photographs.



























1.


久々に黒磯へ。
















2.


目当ては臨時のカシオペア。















3.


この駅は通過する設定だが、緊急停車。















4.


強烈な夕立ちの中でも絵になる機関車牽引列車。

















5.
















6.













7.













8.


数分の後、汽笛一声。
青森に向けて列車は再び動き出す。










9.


カシオペアが去ると豪雨は止み、この小さくとも重要な駅は日常に戻った。










10.


吹田機関区

桜が咲く少し前、大阪を訪ねた。









11.


EF510-511 岸辺駅













12.


EF510-510 岸辺駅












13.


EF210-307 岸辺駅














14.


EF200-17 岸辺駅
















15.


吹田貨物駅

昼も夜も、貨物列車は眠らなかった。














16.


新木川温泉・大阪市 淀川区

そして、以前からチェックしていた銭湯へ。












17.


やはりこれがないと始まらない。












18.


平日の15:00。
営業開始とともに常連客が入店。
私も一番風呂をいただくことができた。

東京の銭湯とは湯船のレイアウトも入浴のお作法も違っていて、とても新鮮だった。









19.


阪急梅田駅

後学のため、ピカピカマルーンの阪急電車にも乗車。
一般の私鉄電車との格の違いを思う存分堪能することができた。









20.


梅田の喫茶店で出してくれたコーヒーポットもピカピカだった。











21.


安治川口駅

ハリポタ電車











22.


安治川口駅

大阪のパワー。
この街はくせになる魅力を秘めている。





Camera : SIGMA DP2x  Canon EOS 1Ds MkⅢ


Posted at 2017/07/20 02:51:53 | トラックバック(0) | 日記
2017年07月05日 イイね!

ダナンの面影

ダナンの面影































1.


今年のAPEC(アジア太平洋経済協力,Asia Pacific Economic Cooperation)はここ、ダナンで開催される。

それもあるのだろう、空港は随分きれいだなという印象を受けた。
















2.


そして、海辺のリゾートも東南アジアのイメージとは少し毛色の違う部分でもあるように感じた。









…では従来からのダナン市街地はどうなのか?













3.


市街地はイメージ通りだった。

スクーターの往来する雑然とした道路。















4.


ハン市場

市場の中は、どこか昭和の雰囲気もあり。

昔の秋葉原デパートやラジオ会館界隈…
















5.


上野のアメ横と近いかもしれない。














6.


コン市場界隈

市場上屋の軒先にも様々なお店が出ていた。














7.


真夏の日差し。


















8.


これもダナンの一つの顔であり、人々の活気が感じられた。













9.


市場から一本路地裏へ。














10.


真空地帯も十二分に愉しめた。














11.


高層ビルと巨大な吊り橋が印象的な夜のダナン中心部。















12.


2014年に琵琶湖のほとりから移築された観覧車 ”旧イーゴス108"。

今ではダナン・アジアパークのシンボル "Sun Wheel"として第二の人生を送っている。














13.


"Sun Wheel"の足元で毎夜行われるナイトショー。














14.


Cafe NoName

こちらのCafeはバンドの生演奏が素晴らしく、2日連続で遊びに行ってしまった。















15.



スッキリとした青空を見ることのできない日本の梅雨…

そんな時こそ青空を眺めに、地球のどこかへまた行ってみたい。



Camera : SIGMA DP2x


Posted at 2017/07/05 21:52:24 | トラックバック(0) | 日記
2017年06月30日 イイね!

世界遺産・ホイアン旧市街

世界遺産・ホイアン旧市街


























1.


ダナンから南へ約20kmにある街ホイアン。

















2.


かつて水運業で栄え、外国との交易も盛んだったベトナム中部の都市。
















3.


ベトナム戦争(1955年-1975年)においても戦火を免れ、古くからの町並みを残す。
1999年には世界文化遺産に登録された。











4.


日本橋(遠来橋) 1593年

16世紀末から江戸幕府による鎖国開始までの間、日本の商人もここに移り住み交易を行った。
この日本橋は当時居住していた日本人によって架けられたとされる。













5.


この日も天気は最高。
強烈な日差しもあって体感気温は40℃を超えていた。

カフェでいただくコンデンスミルク入りのベトナムコーヒーが一層美味しく感じられる。











6.


この天気もあって、観光客は少ない。











7.


かつてこの国を支配していたフランス文化の影響だろうか。
西洋風の建築物もたくさんあった。





…ともかく、日が暮れるまでプールに避難である。









8.


夜。
ホイアン旧市街に戻ってみると、人、人、人。











9.


岸辺のみならず、川にボートで乗り出す人々。














10.


何とも懐かしい。
駄菓子屋さんのような雰囲気のお店。










11.


日本橋のライトアップ。











12.


街中の通りには提灯がいっぱい。










13.


毎日が夏祭り。












14.


カフェやレストランでもゆったりとした時間が流れていた。












15.


一歩裏道に踏み込むと、ここは夜のパリかと思うようなギャップに驚いた。











16.


冷めやらぬ街の熱気。









17.


人々の歓声と笑顔。









18.




ホイアンの夜はまだまだ終わりそうにない。






Camera : SIGMA DP2x
Posted at 2017/07/01 00:32:43 | トラックバック(0) | 日記
2017年06月28日 イイね!

夏色のダナン

夏色のダナン

































1.


東京から飛行機で南へ。
5時間も飛んだだろうか。スッキリとした夏空が見えてきた。














2.


目的地のダナンへのランディングは日没頃。















3.


6月のダナンは真夏。














4.


Hyatt Regency Danang













5.













6.


これを見ると南国に来た実感がわく。















7.


Furama Resort

フラマのインフィニティープール。
プールの水面と水平線が一致した壮観な眺め。










8.














9.













10.


果物の甘みや爽やかさが◎のスムージー。













11.


Golden sand resort and spa Hoi An

滞在中、昼間はずっとプールで涼んでいたものの強烈な日差しで真っ黒に焼けてしまった。








12.


スコールが去っていよいよ空は澄み渡り…










13.


西の空は茜色に染まった。



Camera : SIGMA DP2x








Posted at 2017/06/28 21:07:25 | トラックバック(0) | 日記
2016年12月15日 イイね!

東京の冬。夜の写真たち。

東京の冬。夜の写真たち。
































ゆっくり写真を撮ろうと考える。これは常々。


冬は昼間の時間が短い。これは季節的な要素。


以上を踏まえると、今の時期は夜の写真が増えてくる。
夜の方がより魅力的に感じる風景を求めて…。







1.


東京の東の外れには小さな操車場が今も残る。
街の明かりを遠くに感じて行き交う列車を眺める。














2.


東京から千葉へ向かう特急列車の車窓には、家路を急ぐ瞳がいくつも映り込む。










3.


貨物列車はこれから未明にかけてが本番。










4.


人々の生活を支えるべく、寒く眠い夜をひた走る。









5.


行き交う列車を、ただ、ぼーっと眺めて。










6.


また一本。
貨物列車は続々と現れ、ここで編成を組み直し目的地を目指して旅立つ。










7.


隅田川周辺にある大きな貨物駅でも深夜は同じく活況。








8.


少し散歩すればすぐに隅田川の流れに行き着く。

スカイツリーが建って久しい。
ここからの風景にも馴染んできたように思う。








9.


近くで見ても、未だに大きいのか小さいのか実感のわかないデザイン。
圧迫感の無いスマートなデザインと言えば聞こえが良いかもしれない。

この鉄塔の建つ前にはセメントの貨物駅があった。







10.


そんな下町を通る王子街道沿いの田端機関区には、遠路新潟からのお客さんが一休みしていた。












先日、東京の冬には珍しく雨が降った。


11.


丸の内仲通りのイルミネーション。
昨年と同じく、雨の日に眺めてみた。









12.


雨に濡れた路面にも光が映ってとても綺麗。












13.















14.
















15.


悪天候の深夜ということもあり、ゆっくり愉しむことができた。












16.


満月の夜。
普段は漆黒の東京湾も少し明るみ、沖合いに紅色の光が一筋。

この日、ゲートブリッジは離れた場所から眺めてみた。












17.


同じく海辺。
夜の晴海客船ターミナル。











18.


にっぽん丸が入港し、休むひととき。











19.


レインボーブリッジは文字どおり虹色で輝いていた。










20.


海辺で風も強い深夜。

それでも東京タワーの温かい姿で寒さも少し和らぐ。










21.


このハートマークの効果もあるかな。













22.


日本橋のイルミネーションは控えめ。
なので少し派手な演出をしてみた。









23.


重鎮の表情は年末といえど一寸の緩みも感じられない。











24.


東京駅。
赤れんが側の駅前は開業当初の頃のようにすっきりさせるようだ。

この混沌とした工事風景もそろそろ見納めか。








25.


駅前にある中央郵便局。









26.


中ではささやかなクリスマスイルミネーションを見ることができた。







冬の夜は長い。
だからこそ、夜にしか見れない風景を集めてみた。







Posted at 2016/12/15 23:17:23 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「Night & Day Train Photographs. http://cvw.jp/b/1454776/40117612/
何シテル?   07/20 02:51
素敵なセンスと 活きた写真が好き。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

内装はがれ箇所 貼り直し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/12 16:18:31
チェックイン カウンターですら、意外と知られてない手荷物の賠償責任限度額 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/06 22:16:07

ファン

218 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ Mlle HIRONDELLE (マツダ アテンザ)
2008年4月からの相棒。 年間25000kmほどをともに歩む。 旅は飛ばさずマイペー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.