車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FSW レーシングコース パドック内 『SPARK × ワンスマラウンジ』 Open!!
会員限定(40名)、PIT開放、フリードリンク、荷物預り、更衣室ロッカー完備等
ワンランク上のFSWを走る方々向けのサービスです。
専用HP
こちら へ、Facebook専用ページは こちら
(Start時間やPit開放等はHPを参照下さい、グループレンタル利用予約受付中)

FSWワンスマラウンジ取次FSW公認の『シャシン並走撮影サービス』 >>>
こちら

Vol.22『FSW徹底攻略車載10車種編』 1/13 AUTOSALON会場より発売Start!!
ワンスマDVD Vol.1~21 【絶賛発売中!!】 >>> こちら

ワンデイスマイル公式HP >>> こちら
ワンスマイベント情報が欲しい! こんな事をやってほしい!等は >>> 事務局 info@onedaysmile.jp へ
 澤圭太 Facebook >>> こちら
澤圭太の『リニカナ☆ドライブ』コラム掲載中 >>> ドラサポ.com 会員登録募集中!!

▽▼ ワンスマ 参加募集中イベント ▼▽
CCMC鈴鹿走行会2017同乗ドラサポ年間スケUp !! >>> こちら
ワンスマカート2017年間スケ近日公開!! ↓ ↓ ↓
2/19(日)木更津、4/29(土・祝)ラー飯能、7/30(日)APG御殿場
10/1(日)平塚Fドリ、12/30(土)CITYKART

2/19(日) ワンスマカート2017 華CUP Rd.1 木更津サーキット【14チーム 募集中】 >>> こちら
2/25-26(土日) 年に1度のFSWプレミアム合宿レッスン【定員 キャンセル待】 >>> こちら
3/3-4(金土) 九州ワンスマ オートポリス スポーツ走行ドラサポ【募集中】 >>> こちら
3/5(日) ゼロエンジェルカップ in 千葉ハーバーサーキット【募集中】 >>> こちら
3/16(木) CCMC鈴鹿走行会 同乗ドラサポ【残1名募集中】 >>> こちら
3/19(日) 袖-1GP 2017 Rd.1 / 袖森FESTIVAL 22th 【募集中】 >>> こちら こちら
3/26(日) FSWワンスマラウンジ シミュトレ / 本庄トレ 【募集中】 >>> こちら



ドラサポ募集中(2-3月月) FSWや袖森、茂木などで開催!!
希望の走行イベントやスポ走日程を提案日程以外にもご相談下さい!
2月の予定 >>> こちら 3月の予定 >>> こちら

広場トレーニングプログラム >>> こちら  【各イベント募集中】

3/5(日)オーバル特集、3/23(木)基礎反復
広場トレ映像集 >>> こちら

【シミュレータートレーニング】
プライベート個別トレーニング相談募集中(info@ワンスマメールへ)
代々木八幡RFC / アキバDDRでの開催 >>>日程調整中
 3/26(
日)ワンスマラウンジにてシミュトレ(定員4名残2名)【要ASK】

2017年02月22日 イイね!
TSS バンセン 2日目から3日目(公式予選へ)昨日(21日)は兄Sarun君の事を褒めたので今日(22日)は弟Gy君のことを褒めます(笑)

彼は兄Sarun君のお下がり車両である997CUPで昨年1年TSSを戦いました。
最初は流石に私の6-8秒落ちから始まりましたが、本番に強いという弟気質が活きて開幕戦からAmクラスでは表彰台圏内を走れるようになりました。

Pro-Amクラス(Sarun君がSuper Trofeoで出場している方)はプロと同等か1-3秒落ちの戦い。
Amクラスは速くてもプロの3秒落ちで大体4秒落ち位までに収まっていれば表彰台が狙える感じ。

997はパワーアップもしていて駆動系がだいぶお疲れモード。
今週のバンセンも市街地特有のバンピーな路面なのに事前にバンピーなBiraでも沢山走り込みをしてしまっていたらしく1日目の練習走行で私の試走の後Gy君が走行中に997Cupに良くある3速が割れるって言うトラブルが発生!

これで初めてバンセンチャレンジだったGy君の大切な1日目の3本の走行をフイになってしまったのです。

レースの世界では良くある事ではあるものの、経験がモノを言う市街地でこれは大きな痛手。

私が中古で1日目の走り出しが44秒台だから新品でコースが綺麗になると41秒台位だろうと推測。
そこからAmクラスのトップは45秒台と大体予想通りのタイム差でした。

問題はGy君、ここで腐らずに、しっかり私の車載映像を見まくってました。
バンプの位置や昨日(22日)の公式練習1本勝負(30分)をどうやってペースを上げていくか?をレクチャーして望みます。

2分19秒から始まって、2分6秒、2分2秒、1分58秒、1分55秒となったところで赤旗。
再スタートの際はある程度まで来ているから自分より少し速い同じクラスの車両見つけて追いかけてみな!とアドバイスして1分57秒、54秒、混んでいたのでスペース開けて次が52秒・・・そして最後の2LAPは50秒台を連発という感じで無事終了しました。

プロなら当たり前ですがこのラップチャート凄いと思います。
ちゃんと自分の中で自分をコントロールしている。。。

行けそうかな? はまだ行っちゃだめよ。最後の2LAPにとっておいて。
行けると思う! は明日の予選に取っておいて。
ここは確実に行ける! ってとこだけ少しづつ上乗せしていこう。

12LAP以上走れるからちょっとづつスピードアップして、絶対にブレーキで突っ込み過ぎは気をつけて、最後に50秒切れる位までこれれば最初の走行として合格ライン。

そう言ってましたがしっかりその通りに走ってきました。

データで見てもリスクの高い海側はまだ余裕を残しているし、今日(23日)の予選は100%プッシュするよ!って言ってましたが上手に”なだめて”、昨日のプラクティスの最後の2LAPの状態からスタートして75%→85%→93%→95%位で終えれば良いよ、とにかく予選だけど君にとっては2回目の練習走行だから・・・と。

Sarun君とは全くキャラは違うけどDNAは感じる(笑)

今日は52秒位からスタートして49秒、47秒位で走れればOK。
これで同クラスの集団に追いつくので明日からの決勝3回の中で沢山走って今年のTSSシリーズの中でのバンセンシリーズに経験を持っていければOKだと思ってます。

一応、赤旗出たらタイヤ2セット目に交換するけど出なければ1セットで30分通すよ。
タイヤがタレるより慣れてペースが上がる方がまだ大きいだろうし、皆が2セット目に変える為にPit-Inしている時コースが空いて走りやすくなるだろうからそこがチャンスだよ・・・と。

速く走って貰う事も大切だけど今のGy君には先に繋がる沢山の経験をなるべくして貰える環境づくりのほうが大切だと言う観点でコーチングをしております。
Posted at 2017/02/23 18:00:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月21日 イイね!
バンセン市街地コースでのコーチング1日目【Step by Stepを粛々と進める】『1本目は50-75%プッシュね!』
こうして1本目の練習走行にSarun君を送り出した私。

今までの本人のバンセン市街地コースの経験、購入して自宅でシミュトレを重ねてきた経験、それらを合わせつつ、今年から使用しているウラカントロフェオ車両での1年の経験と合致させる事が最初のステップ。

走り初めの市街地コースの路面の滑りや易さやバンピーな路面にセットが合っているか?の確認も大切です。

ここで44秒台で走ってきた彼、このセッションで弟Gy君の997CUP改をDriveした澤のタイムも44秒台だったので通常3秒位のタイム差があるからだいぶ、余裕を残したな~という印象でした。

2本目は澤が997CUPを弟Gyに任せてウラカンをDrive。
1本目の彼のDrive映像見てある程度予想をした状態でなるべく慣熟時間を短く、彼がその後走れる時間を確保するように・・・

引っかかったりしながらも各セクターの精度を高めておいて、20分の走行で最後クリアラップ確保で39秒2で彼に交代し、残り20分で彼も41秒台をマーク。
(彼に渡す時にまだ車が跳ねるから前後共にSOFTに、すぐできる処置をして送り出す)

データを見て、セクターベストなら既に43秒台だね、あと1.5~2秒位はT1が上り坂をもっと計算して止めすぎないように(ここで0.25sec)、T2以降の山区間はヒルトップのバンプを電子制御アクセルの特性理解してハーフ固定で通過、下りのスラロームはもっと点と点を線で結ばないように・・・(ここで0.25sec)、ヘアピンはOKでシケインが無くなった裏ストレート後の直角右はまだブレーキ余っているよ。(ここで0.25sec)

で、ここからが問題、シーサイドに出るまでの狭い区間~ランナバウトシケインまでがコンマ8秒も差がある、この区間は前回のバンセンの時も彼が997CUPで出場していて問題となった部分。
(要は彼のDriving特性が合ってない部分)

『ここは直角の出口もっと外使う、次の左は”止めてから曲がる”じゃなくて゛曲げ始めてから止めかける”位で曲がれるから、出口ここももっと使って、でもランナバウトシケインの進入に影響ない程度に抑えて・・・』

ここからシーサイドはOK、でも左直角はちょっとブレーキ行き過ぎている。この傾向はT1にもあって全体的に行き過ぎるとこうやってボトムが下がってそこでロスなんだよ(・・・とデジスパデータ見せながら)と。ここからシーサイド後半の最終コーナーまでは左高速が止めすぎてコンマ4秒ロス。
4速→3速のシフトダウンによる減速を計算したいね・・・ で、最終はOKよ。

あとはタイヤや程度の良い中古に変わるから3本目は気温も下がって路面も更に良くなるから40秒台と言わずに澤タイムと同等(39秒台)に入れる事を目標にしよう。
(最初タイヤ変えてこのコースにトレッド面が馴染むまで滑るから注意ね、とも)

そうして始まった3本目、きっちりクリアラップを探して39秒3をマークして帰ってきた彼。

やっぱりWengに続く、10年に1度のアジアのジェントルマンDr次候補になれる逸材だわ~~!

・・・と言うコーチング業が続くバンセン1日目でした。
Posted at 2017/02/22 11:35:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月20日 イイね!
【World Endurance Championship / WEC フル参戦 正式決定】以下正式発表とさせて頂きます。
引き続きご支援のほど宜しくお願い致します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関係各位

いつも澤圭太のワンスマ活動、レース活動にご支援頂き誠にありがとうございます。

この度、ワンスマ主宰でありレーシングドライバー澤圭太はクリアーウォーターレーシングと共にF-1GP、WRC、WTCCと並んでFIAの4つの世界選手権レースの内の1つである、2017 WORLD ENDURANCE CHAMPIONSHIP(WEC)にFerrari 488GTEでGTE Amクラスフル参戦を正式発表致します。

以下ご査収頂きますように宜しくお願い申し上げます。

チーム体制:
チーム CLEARWATER RACING / クリアーウォーターレーシング(シンガポール国籍)
出場レース WORLD ENDURANCE CHANMPIONSHIP
出場クラス LM-GTE-Amクラス
出場車両 FERRARI 488GTE
ドライバーラインナップ
① Weng Mok Sun(チームオーナードライバー/シンガポール)
② Matt Griffin(アイルランド)
③ 澤圭太(日本)
チーム運営 AF CORSE(イタリア)

WEC 2017 レースカレンダー
1-2 April / Prorogue Official test Italy Monza
16 April / 6H Silverstone UK
06 May / 6H Spa Belgium
17 June /24H Le Mans France
16 July / 6H Nurbrugring German
03 September / 6H Mexico City Mexico
16 September / 6H Austin U.S.A
15 October / 6H Fuji-Speedway Japan
05 November / 6H Shanghai China
18 November / 6H Barhain
(合計9ラウンド)

CLEARWATER RACING チームアナウンス:
What an amazing start to the 2017 season it's been so far!!
With our commitment to enter a Ferrari 488 GTE for a full season entry in the World Endurance Championship (WEC) for our fearless leader Weng Sun Mok, the ACO showed their love and support for Clearwater Racing by granting us a 2nd entry for the Le Mans 24-Hours also in a 488 GTE.
With Weng and Matt Griffin onboard and confirmed for the WEC, I'm sure it will be no surprise to anybody who knows us that the "Silver" seat in the 488 will be filled by none other than Long time Clearwater Racing stalwart, Keita Sawa from Japan!!
Sawa-San has a storied history with us that includes helping us win the 2014 GT Asia Drivers and Teams Championships, the 2016/2016 Asian Le Mans Series Championship & numerous race wins.
We are so pleased to welcome Sawa-San back home for this World Championship title bid we are mounting......
now on the the WEC Prologue at Monza in April.....

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関連記事:
またオートスポーツWEBで紹介された内容がYahoo Japan Newsトピックス(スポーツ)でも紹介されました。 >>> こちら

WEC オフィシャルHP >>> こちら

Asian Le Mans / Braking News >>> こちら

澤圭太が主宰しますジェントルマンドライバー向けドライビングレッスン団体『ワンスマ』の活動レポート2016をご査収下さい。 >>> こちら

2016澤圭太およびワンスマ『名場面フォトギャラ映像』 >>> こちら

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
澤圭太コメント:
この度正式にクリアーウォーターレーシングと共に世界選手権WECへのフル参戦を発表させて頂きます。
1月のAsian Le Mansシリーズ/タイ戦の際にチームは2017WECにフル参戦を発表し、ドライバーラインナップに加えて頂いておりましたが各方面の調整を経てやっと正式に発表が出来てまずは一安心しております。
チームオーナーのWeng氏が自分の引退レースに選んだWEC参戦に世界の素晴らしいドライバーを沢山知っている彼が私をJointドライバーとして指名してくれたのは本当に光栄なことです。
彼がレースを始めた2007年~のPCCA時代、チームのコーチとして帯同した2012年~、一緒に組んで彼がチャンピオンを獲得した2014年GT-Asiaなどがあって彼のようなアジアのジェントルマンDrを牽引してきた立場の最後も見届けられるという事は幸せです。
WECは世界選手権で世界的な自動車メーカーが凌ぎを削ります、2018年以降はレギュレーション変更によってGTE-Amクラスは消滅するかもしれないという噂もあり、もしかすると今年が最初で最後の世界チャンピオンを獲得するビッグチャンスだとも言われています。
2016年に夢かなって初挑戦したLe Mans24時間レースにもこれで自動的に2回目の挑戦をする事となります。
日本でレースをしていたらなかなか手にできないチャンスでしょう、私を応援して下さるパーソナルスポンサー様、個人サポートシステムのFORZA!! Keita2017メンバー様の理解や更なる支援、そして国内ワンスマ活動も含めた全体的な計画を進めて万全の状態で開幕を迎えたいと思います。
4輪レース20年目、40歳になった今でも毎年自分の中で環境がステップアップでき、またこうした大きな挑戦が節目となる2017年も出来る事は本当に幸せな事だと思います。
全身全霊で皆様に何かを感じてもらえる走り、レースを続けていく所存ですので引き続きご支援のほど宜しくお願いいたします。

生涯成績(1994~1997のカートレースは除く)
澤圭太4輪レース公式戦生涯成績
全173戦出場、表彰台71回、優勝回数20回、PP獲得10回、ファステストラップ4回
(表彰台獲得率41.0%、優勝勝率11.6%)
参考サイト >>> こちら

澤圭太略歴:
レーシングドライバー、株式会社ABSSA代表取締役、ワンスマ主宰
澤 圭太 1976.8.16生(40歳) 千葉県出身 B型 176cm/66kg

15歳でレーシングカートを始める。地方選手権チャンピオン、全日本レーシングカートで活躍後、1998年4輪レースに転向し1999年にF4関西シリーズチャンピオン獲得。
2001年には全日本F3選手権に参戦、2002年から全日本GT選手権(現スーパーGT)に参戦し、2003年には3勝を挙げてシリーズ2位を獲得、同シリーズ通算4勝。
2006年から海外レースに転向、ポルシェカレラカップアジア(PCCA)に参戦、2008年はポルシェ最高峰レース、スーパーカップにスポット参戦。2009-10年マカオグランプリGT-CUP2連覇、『マカオマイスター』の異名を取る。2011年PCCA日本人初シリーズチャンピオン獲得後、2013年迄PCCA参戦、2014年はGT-AsiaにFerrari 458GT3を使用するClearwater Racingから参戦し通算4勝でシリーズ2位を獲得する。
2015年ドバイ24時間レースではPorsche991カップをDriveしクラス優勝、GT-Asiaには日本人唯一のBentley GTカーのドライバーとしてBentley Team Absoluteに移籍し通算2勝でシリーズ2位となる。
2016年はAsian Le mans シリーズでのチャンピオン獲得で再びLe mans 24時間への参戦権利を取得しClearwater Racingと共に”30代でルマンに行く2という公言通り念願のLe Mans出場、予選クラスポール、決勝クラス4位完走を果たす。
アジアで活躍している日本人プロドライバーのパイオニアとして認知される一方で、20年に及ぶレース活動の経験を活かしてサーキットレッスンイベント「ワンデイスマイル」を2009年に設立。日本国内の活動、アジア圏のジェントルマンドライバー向けのトレーニングを合わせると”年間200日以上サーキットにいる男”とも。
みんカラブログや専門雑誌を通じても、”走れる、イベントが作れる、教えられる”とサーキットユーティリティプレーヤーとして第一人者、モータースポーツの面白さやドライビングテクニックを伝える活動を通じてアマチュアモータースポーツの活性化にも国内外問わず心血を注ぐ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年協賛スポンサー様:
2017年の澤圭太のレース活動は以下の企業様にご支援によって実現しております。
(順不同・敬称略)

Lion Sight Forex Trading
FORZA!! KEITA 2017
P.S.C. Starch Products PLC.
冨士森内科クリニック
T.A.O(ティーエーオー)
延命酢
REGARO(レガロ)
デュアル・ポイント・システムズ
アップリフト
藤井工務店
東京ベストプラン
Arai HELMET(アライヘルメット)
Djac(ディージャック)
ROCKPORT(ロックポート)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共宜しくお願い申し上げます。

株式会社ABSSA 代表取締役 ・ワンスマ主宰・レーシングドライバー 澤圭太
Posted at 2017/02/20 15:14:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月20日 イイね!
Youtubeで人気の車関係の映像を配信している 『55 Drive のたかっか』さんの持ち込み企画でシミュレーターの活用術に関する映像にワンスマとして協力させて頂きました。



先日こっそり代々木八幡EEJ/RFCやワンスマラウンジで収録している・・・と言っていたのはコレでした。

今回は免許を持ってない人でもシミュレーターを活用して早い段階からDrivingを体験するのは有効なのか?という軸でお話は進んでいきますが、1月のオートサロンで実施したシミュトレもそうだったように・・・

リアルかどうか?(映像・機材・ソフトウェア)とか
所詮ゲームでしょ!とか
グランツーリスモじゃだめなのか?とか

皆さんのコメントを見ていても予想どうりの反応の部分もあって興味深いです。

今回はあくまでも”序の口編”で、もっと深い所に掘り下げた内容や別の切り口での映像などたかっかさんは既に準備を進めておりますので今後、要チェックですよ。

私も、この収録を終えて次のステップに向けて既に『こんな事を次はやってみたいな~』というプラン持ってますので。

実際こういった映像を通してワンスマの存在を知ってDVD購入や広場トレ、The学への参加に繋がるケースも多いのでこうした草の根活動も大切だよね!という印象の月曜日の朝です。

今週は今夜からタイへ出発してTSSバンセン(市街地)レースのコーチング、土曜日朝には帰国してプレミアムレッスン(お陰様で16名定員)へと流れ込む死の!WEEKロードとなります。
Posted at 2017/02/20 09:35:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月19日 イイね!
ワンスマカート華CUP in 木更津 【時間の使い方を工夫するのも主催者責任】主催の責任者として・・・
いつもワンスマイベントはその立場で臨んでます。

自分本人が凄く楽しんでいるようですし、スタッフも運営サイドが楽しそうにやっている。
これがワンスマの特徴の1つでもあると思いますがこれは作戦です。

今回は・・・
アクアラインの渋滞に嵌り易いから早く帰りたいって言う人多いだろうな~と思いつつ・・・
レンタルカートに慣れている人はサラッと練習→個スプ→決勝とコンパクトにやったほうが次に予定入れられるって言うのもあってイイだろうと思いつつ、思い切って2時間個スプと決勝の間にインターバルを設けました。

これは主催者とサーキットの時間の使い方の大人の事情の部分もあっての意図的ではない部分から始まって、でもそれならそうでこういうメリットとしても捉えられるよな?という工夫の部分。

イベントで知り合った仲間、共通の趣味の仲間と走りの話や作戦の話をするのって盛り上がるし距離が縮まるでしょ?
慣れてない人はいきなり走って、何だか良く解らない内に疲労感だけ残って終わってしまうのがモータースポーツなので、ちょっとその場を離れて休憩してもう一度考えてから集中できると言うようなタイスケって助かるハズだと思った部分がありました。

慣れている人や次の予定がある人からは予想通り・・・
『夕方から〇〇へ移動して走る予定なのにタイトだ』
『帰りアクアラインの渋滞にハマる』
・・・と言う声を頂き個別に事情や思惑を説明させていただきました。

逆に帰り際、『何回か参加してレンタルカートには慣れてきたけどまだまだ慣れきってなくて今日みたいに個スプで接触してしまったメンバーが居たからチーム員からこういう風に走ったほうが良いとランチしながら話せてそれから仕切り直しで決勝走れた部分に助けられて決勝は気持ちよく進められた』と思惑通りの声を頂いたのは嬉しかった。

ワンスマは毎回同じサーキットではなく楽しみの部分として毎回サーキットが変わります。
タイヤバリアに当たってもタイヤバリアが動いてくれるようなサーキットもあれば、コース幅がそもそも広くてなかなかコースアウトやコース外の何かにレンタルカートの速さで当たるという事が起きづらいサーキットもあれば今回のようなしっかり作りこまれたレンタルカート専用コースで当たると跳ね返ってきたり、施設の場所的な制約上どうしても危険スポットとされやすい場所があったりするサーキットもありますから、”コースに順応する”とか”それぞれのコースの楽しさを理解する”、そしてどこに舞台を移してもワンスマカートならではの『慣れてない人を慣れている人が守ってあげる』という視点とそれを参加者全てが理解して共有出来る空間づくりが大切です。

今年、毎戦開催するサーキットで事前に参加予定者向けの事前練習回をやっているのもそれも1つの目的で、今日はそれでも練習走行や個人スプリントで案の定『ちょっと危なっかしい場面』が何度か見られました。
練習会に参加していても慣れているという意識が慢心になる事もあるし、参加してないとサーキット初走行だったり久々に走ったりで1人の持ち時間5分10LAP程度では完全にアジャストするのは難しいのも事実です。

主催者としては皆さんにまずは安全に、その上で楽しく参加してもらえるように時として『注意喚起』が必要で、今日の時間割は結果的にはこの注意喚起とそれでも楽しんでもらう為のルール説明などを昼のインターバル時間として確保した時間を活用して”じっくり”と出来た事がイベントの厚み感として演出になったとも思います。

前半パートは『おいおい頼むよ~~!』というハラハラドキドキでしたが(苦笑)、たまたまかもしれないけど後半パートの決勝はクリーンで接戦でいつもより長めの決勝でも最後まで見ていていい意味でハラハラドキドキだったでしょう?

アトラクションはいつもよりアンバサダーの華さんがあっち向いてホイっ!!よりTeam 87 Projectに意識が行き過ぎていて弱かったり。
Djacさんから協賛で頂いたカート用ヘルメット&ヘルメットカバーの目玉でじゃんけん大会が盛り上がったり。

物は考えようとも言いますが、この時間の使い方を工夫して皆さんの満足度を上げる小細工も立場的には大事で、これはデメリットかも?という部分も逆転の発想でプラスに転換する位の気概が重要。
それはアクアラインの帰りの渋滞をも『皆で反省会しながら帰れる時間が増えるでしょ?』って言える位の逆転の発想を押し切る力でもあります(笑)

親善大使の華さんが今年始める新しいプロジェクトもまずは知って貰う事が大切なのでアトラクションに”無理やり”入れましたがこれもシャレです、『Team 87 Project』ってなんだ?と意識付が出来れば御の字でここから先は本人の気合の問題(笑)

ワンスマカートは次回はラー・飯能戦が4/29(土・祝)です、また事前練習回を企画しようと思ってますが新しいサーキットを走るドキドキを行った事ないから!とかちょっと遠い気がするから!とか言わずにワンスマだったら何かそんなデメリットに見える事もメリットにさせてくれるかも?って騙されたと思って引き続き参加して欲しいなと思います。
飯能はカートは本格的だしコースもレンタルカートのサーキット風ではない醍醐味あります。

ワンスマカートはついつい想いがあるからブログが長くなってしまうけど。。。そういう事です。

またワンスマカートで会いましょう!!
Posted at 2017/02/20 00:58:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
みんカラセレクト
プロフィール
「TSS バンセン 2日目から3日目(公式予選へ) http://cvw.jp/b/145876/39363368/
何シテル?   02/23 18:00
レーシングドライバー 澤 圭太 1976.8.16生(40歳) 千葉県出身 B型 176cm/66kg 15歳でレーシングカートを始める。地方選手権チャンピオ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
BENTLEY 岡山-FSW戦のPRビデオ公開~!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/05 10:19:02
6日(木)はFSW P2 で広場トレ【ドタ参募集中、23日(日)8ersも】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/03 08:30:07
色々な想いを胸に日本に帰国します~!!【ワンスマニュースをどうぞ!! 茂木ドラサポ等】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/16 22:34:25
お友達
実際は基本的に友達は少なく(笑)数より質で勝負派です。
ただ【みんカラ】に関しては”来るもの拒まず去るもの追う”のスタイルで行きますのでお誘いお待ちしてます~。
870 人のお友達がいます
秀明@とわだ魂秀明@とわだ魂 * さぼいあさぼいあ *
ホットロードホットロード *みんカラ公認 ksjetksjet *
ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認 ましゅ~ましゅ~ *
ファン
667 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ iQ トヨタ iQ
2008年12月16日納車の カーオブザイヤー受賞カーです。 ミーハーで奥さん用で購入し ...
トヨタ レジアスエースバン トヨタ レジアスエースバン
2010年5月よりワンデイスマイルのカートや備品を積んでの PRカーとして導入しました。 ...
アルファロメオ その他 アルファロメオ その他
なんでっ!?と思われるでしょうが、 皆さんにまずはこちらの一品をご紹介したいと思います。 ...
その他 その他 その他 その他
全然トヨタアルファードじゃないけど・・・ これ僕用に車種名とメーカーにその他を入れてもら ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.