• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FSW レーシングコース パドック内 『ワンスマラウンジ』 Open!!
会員限定(40名)、PIT開放、フリードリンク、荷物預り、更衣室ロッカー完備等
ワンランク上のFSWを走る方々向けのサービスです。
専用HP
こちら へ、Facebook専用ページは こちら
(Start時間やPit開放等はHPを参照下さい、グループレンタル利用予約受付中)

FSWワンスマラウンジ取次FSW公認の『シャシン並走撮影サービス』 >>>
こちら

最新版 Vol.22『FSW徹底攻略車載10車種編』 好評発売中!!
ワンスマDVD Vol.1~21 【バックナンバーも発売中!!】 >>> こちら
梅雨時全品1000円OFFキャンペーン実施中っ!!

ワンデイスマイル公式HP >>> こちら
ワンスマイベント情報が欲しい! こんな事をやってほしい!等は >>> 事務局 info@onedaysmile.jp へ
 澤圭太 Facebook >>> こちら
澤圭太の『リニカナ☆ドライブ』コラム掲載中 >>> ドラサポ.com 会員登録募集中!!

▽▼ ワンスマ 参加募集中イベント ▼▽
CCMC鈴鹿走行会2017同乗ドラサポ年間スケUp !! >>> こちら
ワンスマカート2017年間スケジュール!! ↓ ↓ ↓
2/19(日)木更津、4/29(土・祝)ラー飯能、7/30(日)APG御殿場
10/1(日)平塚Fドリ、12/30(土)CITYKART



7/29(土) FSWワンスマラウンジ シミュレータートレーニング【4名定員残1名】
7/30(日) ワンスマカート 華CUP 2017 Rd.3 APG御殿場【定員20チーム 残僅!!】 >>> こちら
8/13(日) 袖-1GP Rd.3【募集中】 >>> こちら
8月の本庄トレ【日程調整中】
9/7(木) 鈴鹿CCMC同乗ドラサポ【募集中】 >>> こちら
9/14(木)FSWレーシングコース30台限定走行枠【同乗走行ドラサポ有】 >>> 近日募集スタート

ドラサポ募集中(7月) FSWや袖森、茂木などで開催!!
希望の走行イベントやスポ走日程を提案日程以外にもご相談下さい!
7月の予定 >>> こちら

広場トレーニングプログラム >>> こちら  【各イベント募集中】

8/3(木) 8ers練習会(定員)、8/20 一般反復(定員)  >>> こちら
9/10(日)、9/14(木)、9/24(日)開催【募集中】

 上記:キャンセル待含めて参加受付中!!
広場トレ映像集 >>> こちら

【シミュレータートレーニング】
プライベート個別トレーニング相談募集中(info@ワンスマメールへ)
代々木八幡RFC / アキバDDRでの開催 >>> 7/29(土)ワンスマラウンジで開催(残1枠 要直メール)

澤 圭太のブログ一覧

2017年07月20日 イイね!

企業様福利厚生でレンタルカートイベント運営【週末:本庄トレ午後の部急募ほか】

企業様福利厚生でレンタルカートイベント運営【週末:本庄トレ午後の部急募ほか】本日(21日)はいつもワンスマの広場トレーニングなどにご自身の車両で参加されている方が経営されている企業のサマーリクリエーションの一つとして依頼を受けた福利厚生カートイベントの運営で足立区のシティーカートでした。

予算や参加者の経験値、立地条件などに応じてワンスマカート華CUPで培ったノウハウを投入したイベント企画運営もワンスマはお手の物です。

幹事さんは予算だけ会社から確保して参加希望者を募ってチーム編成をしておくだけで現場での回しやサーキットとの折衝など全て本業とはかけ離れている煩わしい部分はワンスマにお任せ。

当日も会社の役員と参加者の雰囲気・盛り上げに徹したり、自分も参加者として楽しめる余裕が生まれますよ!

最近は金曜日は半休にして皆でリクリエーション!とか秋になると企業運動会やろう!って言う所も増えてくると思いますのでせっかくクルマに関連している企業なら玉投げじゃなくてレンタルカートで遊ぶのが普通でしょうっ!!(笑)

今日は炎天下の時間帯で未経験者が多かったので2時間の最小パッケージで開催。
「こんな楽しい遊びを社長は誰も誘わずに今までこっそり楽しんでたなんてズルいっ!!」みたいな声も出てましたし、エクササイズとしてのカートの有効性や会社のチーム連帯感の向上にももってこいです!

凄くリーダーシップを取る方、気を使って細かく動く方、社長が一番楽しんじゃっている等、初めてお会いする方ばかりですが社長もワンスマプログラムに参加されているときとはやはり社員の前での雰囲気は違うし、個々の競争本能が働いたときの個性や集団の中の個の性質など客観的に見ていると凄く楽しかったりします・・・

今日の企業は国際色豊かでやはりいい意味で”緩~い”雰囲気なので凄く初めてのカートも汗まみれになりながらエンジョイされてました!
この後、美味しい会食会へと続くそうなのできっと美味しいお酒を飲んでるんでしょうね~~!(笑)

ワンスマは夏休みに突入しての最初のWEEK、明日は8ers・エイターズ(12名定員)の開催。
日曜日は本庄トレーニング(午前は4名定員で午後は残り数名枠あり:澤&東体制で実施)です。

週明けの7月最終週は29日(土)のFSWワンスマラウンジでのシミュトレが残り1名。
30日(日)のワンスマカート 華CUPが19台目にエントーは突入して個人枠もチーム枠の残僅か!!

8月3日(木)の広場トレは定員ですがもしかしたら2名追加募集が出来るかも?
8月13日(日)袖-1GPは全力募集中!
8月20日(日)広場トレも定員なので9月の広場トレ開催日程の発表をお待ちくださいっ!!の状態。

夏休みの走りの計画も是非ワンスマを活用ください~~!!
Posted at 2017/07/21 17:17:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月19日 イイね!

夏の走行は絶対的タイムではなく質の高い走行を目指すべきっ!!

夏の走行は絶対的タイムではなく質の高い走行を目指すべきっ!!今日はWECニュルから帰ってきての初仕事、CCMC同乗鈴鹿ドラサポでした。

ケイマンFIA-GT4、ボクスターGTS、997GT3RS、Z33、アルファ4C、S2000の6台を東イントラと私で2時間の走行を使って同乗&データ解析のドラサポ。

いつもながら鈴鹿はとっても走っていても難しくて、でも楽しいサーキット。

ニュル(GPコース)とかルマンのサルテサーキットは素晴らしいけど決してチャレンジングでは無いですからね。

シルバーストンはとてもハイスピードテクニカルでスパは凄くチャレンジングでしたけど。

5月の後半からフェラーリチャレンジやWECのマシンばかりDriveしていてロードカーをハイスピードなサーキットで走らせるのは実は久々だったので、改めてこれはこれで難しいよね!って再認識しました。

今日の目玉はスリックタイヤを履いたGT4規格のケイマンGT4です。
同乗走行で19秒台なんおで既に991GT3とかGT3RSとかと同等レベルのタイム。
・・・と、言う事はFSW走ったら1分50秒前後なんだろうと。

同乗である事、タイヤの前後サイズが推奨と少し違ってバランスが違う事、30度を越える気温を考えると単独でキッチリいい季節に走ると2分16-17秒が出るでしょう。

そうするとやっぱりGT3規格のマシンの7秒落ち位と言われるFSWで1分47秒位のマシンなんでしょう。

この季節、人間にも少しきついけどクルマ(エンジンやタイヤ)にも厳しいので練習は量よりも質を求めるべきです。

1LAPのタイムを気にすると同じように走ってもコースや車両によっては2~3秒平気で違うはずだから出たタイムに一喜一憂してはいけません。

画像のように3月に走った同乗のタイム2分28秒台と同じように走った今日(7月)の同乗タイム(32秒台)では4秒も違う!

絶対的なタイムではない部分で自分の走りを解析し、改善点を見出し、走りで調整をしていく・・・これが出来るようになるとドラサポに参加して得た同乗のプロDrのデータや車載を有効活用出来ていると言えますね!
Posted at 2017/07/20 12:49:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月18日 イイね!

WEC Rd.4 ニュル戦のレポート配信【フォトギャラもあり】

WEC Rd.4 ニュル戦のレポート配信【フォトギャラもあり】WECニュル戦から無事に帰国して最初のロード、ワンスマ鈴鹿CCMC同乗ドラサポ実施の為に西へ向かう道中ですが先週のWEC戦レポートを配信致しましたので皆さんにもご紹介したいと思います。

+++++++++++++++++++++++++++

関係各位

【WEC Rd.4 Nurburgring / Germany】参戦レポート ワンスマ 澤圭太

いつも澤圭太のワンスマ活動、レース活動にご支援頂き誠にありがとうございます。
以下、WEC 第4戦(ドイツ・ニュルブルグリング)の参戦レポートです。
お時間ある時にご査収下さい。

フォトギャラリー: こちら

前回 2017 WEC Rd.3 Le Mans 24h 決勝映像(ダイジェスト): こちら

++++++++++++++++++++++++++++++++

【お知らせとご報告】
① WEC FSWラウンド(10月13-15日開催)に向けて7月8日(土)にFSWにてメディア向け記者会見が開催されました。
Autosport WEB >>> こちら
その他「東京中日スポーツ新聞」など

② 先月のWEC Rd.3 Le Mans 24hを経てFORZA!! keita 2017メンバーの皆様、およびパーソナルスポンサー様にレポートが掲載された「SCUDERIA誌」やLe Mans 現地でのお土産品などのGODDSの配送を行いました。

③ ワンスマが運営しているFSWワンスマラウンジの新規協力PR企業様を募集しております。
興味のある方は資料をお送りさせて頂きますのでご連絡をお待ちしております。

④ 10/13~15日に開催される母国レースFSW WEC戦に向けて
新規(追加も可)のパーソナルスポンサー様、およびFORZA!! keitaメンバー様を募集しております。
興味のある方は資料をお送りさせて頂きますのでご連絡をお待ちしております。

⑤ 三栄書房発行のAUTOSPORT誌別冊「ル・マン特集」にて掲載頂きました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

WEC開幕からの2戦をクラス優勝→3位と連続表彰台獲得、そしてチームも澤自身も2回目に挑戦となるル・マン(Rd.3)でも表彰台は逃したもののクラス5位(WECフル参戦組みではトップフィニッシュ)でシリーズをリードした形で中盤戦、ドイツ/ニュルブルリング(グランプリコース)にやってきたClearwater Racing。

今回でヨーロッパでの開催は最後となり、9月からのメキシコ→USA戦やアジア圏(日本、中国、バーレーン)に向けていい流れを持続したい所。

木曜日のコースWALKや受付、チームMTGを経て金曜日には公式練習がスタート。
まずはオーナーDrのWENG選手が初コースという事で周回を重ねる。
エースDrのMATT選手もマシンバランスチェックと基準タイム出しを実施、その後澤も初コース慣熟も兼ねて走行。
MATT選手が1分59秒台(新品タイヤで57秒台)、澤も中古タイヤで58秒台、WENG選手が中古で2分2秒台。
まずまずの滑り出しだったがマシンバランスが完調ではなくセットアップの再施工が求められる状況。

土曜日の公式練習は午後に行われる予選シミュレーションをMATT選手とWENG選手が、澤は決勝用のバランスチェックを実施。
マシンのリセッティングによってバランスは改善され予選での上位ポジション獲得にも期待が掛かる。
午後の予選はMATT選手が渾身のアタックで1分56秒3で2位、続いてWENG選手も午前の予選シミュレーションでのタイムを上回るタイムを出すものの2分00秒7で2人の平均値タイムで競われる予選はクラス5位で予選通過となった。

日曜日の決勝日、朝はこのWEEK初の雨で、スタートからWETレースになる事が心配されていたがWEC決勝前に行われるサポートレースの時点でスリックタイヤで走行ができる程に回復、スタートDrを担当する澤が決勝グリッドへ車をピットアウトさせる頃にはほぼ完全なドライへとコンディションは戻っていた。

クラス5位からスタートした澤はブロンズDrがドライブする86号車のポルシェを1コーナーで交わして難なくクラス4位へ、続いて同じくブロンズDrがドライブするポルシェを先頭にした2番手争いに加わる。
序盤はタイヤと燃費を温存して様子を見る作戦だが間に入ったもう1台のフェラーリ(シルバーDrがドライブ)がポルシェを果敢に責め立てる、いよいよバトルに持ち込みT2~T4で並走しながら何とかポルシェをパス、それに乗じて澤もラインをクロスさせてポルシェのオーバーテイクに成功しクラス3位へ。
前のフェラーリはバトルでタイヤを酷使した様子でペースが上がらず澤は最終コーナーで加速が鈍ったフェラーリの横に並んでT1で遂にクラス2位へと上がる。

前に出てからは温存していたものをフルに出し切って単独でフルプッシュ!!
先行しているクラストップ走行のアストン(元F-1ドライバー)のP.ラミー選手と30秒以上あった差を地道に削って23秒位の差まで縮めて1回目のPit-inでWENG選手へと交代する。

WENG選手は交代に少し手間取るトラブルがあり15秒ほどロスをしてしまったが予定通りのペースで周回を重ねる(クラス3位走行)、しかしタイヤカスを拾ってコースアウトを喫しグラベルの先のタイヤバリアに軽くヒット、幸いマシンのダメージはほぼなく、コースに復帰し周回を続けるも約45秒のロスでクラス4位へと交代する。

予定より少し早いPit-inでMATT選手のスティントが始まる、1分58-59秒台のGTEプロクラスと遜色ない素晴らしいペースで周回するMATT選手だがクラス3位に挽回するのがやっと、そして再度WENG選手へと交代。

WENGは1回目のスティントの事もあってか慎重に周回を重ねるが一度拾ってしまったタイヤカスが取れずにマシンのバランスが悪化して2分3~6秒のタイムで周回するのがやっと、自身のベストの走りを発揮できずに苦戦をしている模様。
クラス5位に戻ってしまった状態で残り2時間となり澤が再度2回目のスティントが始まる。

1分59秒台での周回で挽回を狙った澤だったがピットアウトした所がプロクラスのアストンと2台のフォードのバトルの真っ只中でアマクラスの車両のタイムに近いスローペースでバトルを延々と続けている状態で抜くに抜けない苦しい状況となる。
前が開けた時にはタイヤも垂れて00秒台キープがやっとという不本意なスティントとなる。

しかしクラス4位の86号車ポルシェに肉薄する位置まで挽回して最後アンカーのMATT選手に全てを託す。
MATT選手はプロクラスをも凌ぐハイペースで周回を重ねクラス4位を走行、しかし中盤の様々なロスが積み重なって出来た差は1LAP分以上あり今日はここまで、6時間の決勝はクラス4位でフィニッシュとなった。

スタートスティントで澤がもっと早い段階でクラス2番手に上がれていれば・・・
ピットでのロスやタイヤカスを拾ってのペースが上がらない症状、コースOFF、プロクラスのバトルに巻き込まれる等が無ければ・・・
タラレバは禁物ですが、もう1台のフェラーリ(54号車)も結果2位でしたがもっと早くポルシェを抜いていれば最後トップとは5秒差だったから勝てるチャンスがあったでしょうし、逆に言うとあそこでポルシェ(77号車)のブロンズドライバーが頑張ったから彼らはクラス優勝が出来たとも言える。
アストンは序盤トップを走行するもダンロップタイヤとのマッチングにロングランの決勝は苦しんでいた模様でクラス3位がやっと。
そう考えると勝てるチャンスが無かった訳ではないし、決勝はフェラーリは安定した速さを発揮していた事を考えると多少のロスがあっても2-3位を獲得できるチャンスは十分にあっただけに残念な結果となった。

優勝したのはドイツが地元となるポルシェ、2位は序盤に澤とバトルを演じた54号車のフェラーリ、そしてシリーズを争うアストンは3位という事で、今回は表彰台を逃す4位でしたが幸運だったのはシリーズを争うアストンともシリーズポイント的には大きく迫られず、8ポイント差でまだシリーズをリードしている状態。
WEC世界選手権に初参加のアジア母体のチームがヨーロッパラウンドを終えてシリーズをリードしているなんて誰が予想しただろうか?
このまま9月のメキシコとUSAラウンドを今回の経験も活かして上手く戦い、我々の本拠地とも言えるFSW(日本)、そして上海に凱旋するべく戦いを続けていく。

レース全体では最高峰のLMP1(ハイブリッド)クラスはこちらも地元のポルシェが底力を見せて横綱レースで1-2フィニッシュとなった。

++++++++++++++++++++++++++++++++

澤圭太のコメント:
今回もシルバーストンやスパに続いてヨーロッパの有名なサーキットでのレースが出来る喜びを感じながらの現地入りでした。
いつも通りコースへのアダプトは数LAPで済んで自分の環境アジャスト能力の高さでWENG選手が走行する時間をより確保出来る環境を作れていると思いますし、スタートDrは開幕戦のシルバーストン以来でしたが個人的には納得の走り、頭も使って会心の走りが出来たと思っていています。前半戦を経て、ルマンも経て世界レベルのドライバー達とも技術も意識も対等に戦える感触がより強く感じられています。
9月からはメキシコ、USAとまだまだ知らないサーキットでのレースが続き、チームもWENG選手もディスアドバンテージをどれだけ最小限に留めるか?決勝でのロスの積み重ねを如何に抑えるか?が鍵だと認識してます。私も自分の立場で出来る事でチームに引き続き貢献しながら更に速さも上手さも成長させて行きたいと思います。
現状でシリーズをリードしている事自体、実は驚くべき状況なのかもしれませんが、序盤は本当にチームは良いレースをしてきたからの結果で、このままこの調子を持続すれば本当にチャンピオンも夢ではないと思っています。
その為にも次の北米2連戦はチームの今年を占う意味でも非常に大切でどんな形で自分たちのディスアドバンテージが無くなるアジア決戦に戻って来れるか?是非注目をしていただきたいです。
ネットやTVでも遠く日本から応援してくださった皆さん、本当に応援ありがとうございましたっ!!
引き続きご支援のほど宜しくお願いいたします、ありがとうございました。

生涯成績(1994~1997のカートレースは除く)
澤圭太4輪レース公式戦生涯成績
全177戦出場、表彰台73回、優勝回数21回、PP獲得10回、ファステストラップ4回
(表彰台獲得率41.2%、優勝勝率11.9%)
参考サイト >>> https://www.driverdb.com/drivers/keita-sawa/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

露出関係:
FIA WEC >>> こちら

8月15日BS-NHKでのルマンの特別番組放送が予定されていて澤も出演予定です。
(追って詳細はご案内させて頂きます)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2017年協賛スポンサー様:
2017年の澤圭太のレース活動は以下の企業様にご支援によって実現しております。
(順不同・敬称略)
Lion Sight ForexTrading
FORZA!! KEITA 2017
冨士森内科クリニック
P.S.C. Starch Products PLC.
T.A.O(ティーエーオー)
延命酢
デュアル・ポイント・システムズ
アップリフトモデルズ
アベ・エキスプレス
藤井工務店
REGARO(レガロ)
東京ベストプラン
Arai HELMET(アライヘルメット)
Djac(ディージャック)
ROCKPORT(ロックポート)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

WEC 2017 レースカレンダー
1-2 April / Prorogue Official test Italy Monza (DONE)
16 April / 6H Silverstone UK (DONE)
06 May / 6H Spa Belgium (DONE)
04 June / Le Mans Test Day (DONE)
17 June /24H Le Mans France(DONE)
16 July / 6H Nurbrugring German(DONE)
03 September / 6H Mexico City Mexico(NEXT)
16 September / 6H Austin U.S.A
15 October / 6H Fuji-Speedway Japan
05 November / 6H ShanghaiChina
18 November / 6H Barhain
(合計9ラウンド)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。今後共宜しくお願い申し上げます。

株式会社ABSSA 代表取締役 / ワンスマ主宰 / レースドライバー 澤圭太
Posted at 2017/07/19 18:31:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月17日 イイね!

WEC ニュル戦 クラス4位で表彰台逃すもシリーズトップは堅持!

WEC ニュル戦 クラス4位で表彰台逃すもシリーズトップは堅持!「俺日本語は分からないけど走り終わった直後に良くあれだけ喋れるねっ!!」

これはスタートスティントを終えて直ぐにドライバー控え室でチーム帯同のマッサージをしてもらってJ-SPORTSさんのインタビューに答えた直後のフィジオの談(笑)

決勝日の朝はこのWEEK初のしっかりした雨で、サポートレースの様子をホテルのTVで見て走行ラインをチェックしたりしてましたが我々のスタートの頃にはほぼコースは乾いてドライでスタート。

クラス5位でしたが間に挟む2台のポルシェがジェントルマンDrスタート(ブロンズ)、トップのアストンが元F-1ドライバーのP.ラミーさんという形成。

スタートで難なく4位にあがり2位にブロンズのポルシェ、3-4位(自分)がシルバーDrのフェラーリという2位争いが序盤は熾烈で間に挟まったフェラーリがポルシェのコーナー立ち上がりのピックアップが良くてコースの特性上抜きあぐんでいる感じ。

では・・・と言うことで自分から2台を料理しようと試みるもちょっとリスクが高いな~という感じだったので作戦を変えてちょっと様子を見てみる事に。

LMP1-P2が来るタイミングでもチャンスを伺ったけどこのポルシェのブロンズDrはなかなかやりおる・・・隙がない。

私はタイヤを温存して燃費も温存して、エアコン効かせて体力も温存(苦笑)

フェラーリ君が私が”死んだふり”したのでいよいよバトルに持ち込みT2~T4で並走しながら何とかポルシェをパス、それに乗じて死んだふり作戦からチャンネル変えてT4出口でスピードが衰えた隙を見逃さずに3位へ、フェラーリ君を直ぐに抜くとまた後ろからポルシェ君につつかれると思い、ポルシェが離れてくれるまで数LAP待って、いよいよバトルでタイヤがタレ始めたもう1台のフェラーリくんを料理に掛かる。

最終でP1-P2が来たタイミングで上手くクロス掛けて並び掛けたが幅寄せされて諦め(後で彼に黒白旗が出されていたらしい 苦笑)、次に正攻法でT1でブレーキング競争でやっと前に出てクラス2位。
ちょっと無理したので接触してしまったけど相手も自分も影響が最小限になるように並行に当たるように少し車をスイングさせたのも良かった(苦笑)

前に出たら温存していたものをフルに出し切って単独でフルプッシュ!!
先行しているP.ラミーさんと30秒以上あった差を残り15分で地道に23秒位の差まで縮めてPit-in。

抜いたフェラーリ君も頑張って一時8秒位まで広げたけど5秒差位まで縮めてきていたけど1LAP前にピットイン(私は途中の燃費温存で1LAP余計に走れた)。

その後Weng→Matt→Weng→SAWA→Mattと流れましたがWengの1回目でDrチェンジに時間を要して15秒ロス、タイヤマーブルに乗ってコースアウトしてしまって1分ほどロス(これもマシンにダメージがほぼ無かったのがラッキーだった)、2回目のWengのスティントもタイヤのピックアップに悩まされてペースが上がらず苦しそうでしたがMattは流石の走りでプロクラスのペースにも負けない雰囲気。

プロクラスは我々とは違う開発タイヤなのですが今週はどこのチームも外していたのか?レースペースはあまりアマクラスのコントロールタイヤと変わらない感じでしたね・・・

私の2回目のスティントはその影響をモロに受けて・・・ピットアウトした所がプロクラスのアストンと2台のフォードのバトルの真っ只中でいつもなら直ぐにバイバイなのですが自分が59秒ペースを想定しているのに2分00~02秒で延々とバトルしているもんだから抜くに抜けない(苦笑)

そんなこんなしている間にタイヤが垂れて前がクリアになってからも00秒台キープがやっとという不発のスティントでした。

最後はMattさんが再度会心の走りで無事に4位でチェッカーという流れでした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

振り返ってれば・・・
スタートスティントで私がもっと早く2番手に上がっていれば・・・
(もう1台のフェラーリも結果2位でしたがもっと早くポルシェを抜いていれば最後5秒差だったから勝てるチャンスあったでしょうし)
逆に言うとあそこでポルシェのブロンズが頑張ったから彼らは勝てたとも言える。
アストンはダンロップタイヤとのマッチングに決勝は苦しんでいた模様でやはりクラス3位がやっと。
Wengの2回のスティントでのトラブルなどが無くいつものペースで走れていれば・・・

1回目のスティントが終わった時点では2位だったフェラーりの5秒前、つまり勝ったポルシェと同じ位置位に居れる状況だった訳で「勝てないレースでは無かった」でしょうし、完璧ではなくても「2位か3位は取れるレースだった」と言えるでしょう。

みんな完璧に走ったら皆勝てちゃうって話ですが(苦笑)
とにかく減点法じゃないけど皆レベルが拮抗しているから如何にロスを最小限にするか?です。
ルマンの時もそうだけど接触やコースアウトは絶対に避けられるものじゃないしミスする事も想定内で厚みのある作戦と懐の深い走りが必要だって事なんでしょうね。

しかしGT-AMクラスの5台だけだけど表彰台を掛けた争いは熾烈でトップの15秒以内圏内で走らないとチャンスが無い!
ブロンズはブロンズなりに、シルバーはシルバーなりに、そしてゴールド/プラチナもなりに、ノーミス&ノートラブルで走れる環境作りを3者共に、そしてチームもやらないと行けない。

凄く緻密で紙一重のレースを毎回やっていて毎回痺れてます。。。

だから今回は表彰台を逃す4位でしたが幸運だったのはシリーズを争うアストンも今まであまり見せなかった弱い部分があったと言う事と3位だったからポイント的にも大きく迫られずいまだ8ポイント差でシリーズをリードしている点。

初参加のアジア母体のチームが世界選手権でヨーロッパラウンドを終えてシリーズをリードしているなんて誰が予想したでしょうか?(笑)

このまま9月のメキシコとUSAラウンドを今回の経験も活かして上手く戦って、我々の本拠地(笑)FSW-上海に格好良く凱旋レースがしたいです。

個人的には納得の走り、頭も使って会心の走りが出来たし、世界レベルのDr達とも対等に戦える感触がより強くなりました、40歳最後のレースとしてはまだまだ成長過程ですが合格点かな?(笑)

ネットやTVで遠く日本から応援してくださった皆さん、本当に応援ありがとうございましたっ!!

今日(月曜日)はニュルの周りを少し散策、お土産も30日のAPGカートレースの為に賞品買い出しをして(笑)今夜の便で帰国します。。。

ここだけの話、今週一番エキサイトだったのは・・・ノルドシュライフェの2LAPでした(爆)
Posted at 2017/07/17 16:55:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月16日 イイね!

WECニュル戦の決勝日の朝【優勝したシルバーストンと同じ作戦に戻すの巻】

WECニュル戦の決勝日の朝【優勝したシルバーストンと同じ作戦に戻すの巻】おはようございます。

WEC決勝日の朝をこちらは迎えております。

昨日の公式練習&予選を無事終えてクラス5位からスタートします。

公式練習では条件は違えど、マットさんより速いタイムも出ていて安定しているし、心配していた速いクラスのマシンとのコミュニケーションも色々なパターンの予行練習が出来ました。

マシンのセットアップも実は金曜日はイマイチだったんですがマットさんと敏腕エンジニアのお陰できっちりいつもの信頼できる仕上がりに戻ってます。

予選はマットさんが2位のタイムでしたから速さは充分あるしウェンさんもいつものように決勝に照準を合わせてきっちりまとめてくるので初コースでも心配なし。

今回はデビュー戦で優勝した時同様、私がスタートDrで序盤のレースを作って進めていく作戦。

責任重大ですが楽しみながら集中していつものいい走りをしたいと思っております。

シルバーストン、スパと前半戦でWECに慣れ、ルマンで満足しきれる結果では無かったけどしっかり戦える自分を確認、ランキングトップとしてチームも自分自身もルマンでの反省点を踏まえて恥じないレース運びをする決意です。

現地時間の午後1時スタート(日本の夜8時)で6時間の決勝の後、TVの前で応援してくれている皆さんと表彰台でお会いできるように頑張りたいと思いますので応援を宜しくお願いいたします~!!
Posted at 2017/07/16 14:52:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
みんカラセレクト

プロフィール

「REVSPEED広告掲載【29(土)シミュトレ、30(日)APGカート急募】 http://cvw.jp/b/145876/40155720/
何シテル?   07/28 10:49
レーシングドライバー 澤 圭太 1976.8.16生(40歳) 千葉県出身 B型 176cm/66kg 15歳でレーシングカートを始める。地方選手権チャンピオ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

BENTLEY 岡山-FSW戦のPRビデオ公開~!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/05 10:19:02
6日(木)はFSW P2 で広場トレ【ドタ参募集中、23日(日)8ersも】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/03 08:30:07
色々な想いを胸に日本に帰国します~!!【ワンスマニュースをどうぞ!! 茂木ドラサポ等】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/16 22:34:25

お友達

実際は基本的に友達は少なく(笑)数より質で勝負派です。
ただ【みんカラ】に関しては”来るもの拒まず去るもの追う”のスタイルで行きますのでお誘いお待ちしてます~。
867 人のお友達がいます
路傍の7路傍の7 * タケラッタタケラッタ *
Nジャン(N-JUNKIE)Nジャン(N-JUNKIE) * rsport240rsport240 *
fukafuka * あんだ~あんだ~ *

ファン

687 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ iQ トヨタ iQ
2008年12月16日納車の カーオブザイヤー受賞カーです。 ミーハーで奥さん用で購入し ...
トヨタ レジアスエースバン トヨタ レジアスエースバン
2010年5月よりワンデイスマイルのカートや備品を積んでの PRカーとして導入しました。 ...
アルファロメオ その他 アルファロメオ その他
なんでっ!?と思われるでしょうが、 皆さんにまずはこちらの一品をご紹介したいと思います。 ...
その他 その他 その他 その他
全然トヨタアルファードじゃないけど・・・ これ僕用に車種名とメーカーにその他を入れてもら ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.