車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月22日 イイね!
クロM最後のメーター撮影今日タイヤ館に行ったら、担当さんからタイヤ価格の値上げを伝えられました。
ヨコハマに続き、ブリヂストンも6月から値上げです。
昨年、スタッドレスタイヤを買っておいて良かった…(汗)
一方ノーマル(夏)タイヤについては、もうハイグリップタイヤ(ポテンザ)を購入する事はないので…(苦笑)
ちなみにココへ来た理由としては、クロMの次期愛車のための情報収集をしてきました。
どんなメーカーであれ、例えOEM車両となってもスズキ製またはダイハツ製が購入対象となるだろうから、それぞれの特徴を事前に知っておきたかったのが目的ですね!
できれば、早いうちに(社外品の)実用装備は整えておきたいところです。

その帰り、ついにクロMのオドメーターが9万kmを表示しました♪
前回のゾロ(8ゾロ)に続き、これが最後のキリ(9キリ)撮影となりますね。
4万kmを超えたところで納車(中古車購入)したクロMは、これまで5回のキリ番を突破してきました。
今回も総走行距離10万kmを超える事なく手放しますが、まだまだエンジンは元気です☆
だからと言って、初年度登録から15年目を迎えたクロMの下取り査定額が高く評価されるワケではないけど、このクルマの次期(3人目)オーナーとなった人には「イイ買物をした」と感じてほしいですね!

明日は、ダイハツ車の商談をしてきます。
Posted at 2017/04/22 18:13:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月17日 イイね!
ふれあい市から花見へ昨日、サンフェスタと周辺の問屋街にて「卸町ふれあい市」に行ってきました。
前回も訪れているので、得意そうに混雑の中を掻き分けながら買得商品を次々に購入!
それなりの収穫はありました。
サンフェスタ屋外会場での「ご当地グルメ祭り」は、特に初出店した料理店も無かったので、今回は買物だけで会場を後にしました。
また、この日は春にしては暑いくらい気温が高かった事もあり、ほぼ桜も満開だろうと予想したので、進路を若林区から泉区へ…♪
隠れ桜スポットとも言える「松森城(鶴ヶ城)公園」に向かいます。
桜の開花状況は、ブログ画像のとおり満開でしたね☆
ただし駐車スペースそのものが狭く、駐車可能台数も10数台と少ないので、行くなら軽自動車やコンパクトカーで来る事をオススメします(汗)
後日フォトギャラリーでも更新しますが、桜だけでなくココから見渡す風景もイイですよ!
Posted at 2017/04/17 16:59:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月13日 イイね!
ヘッドランプユニット内ノーマル化4月なのに、今週は寒い日が続きましたね(汗)
でも、明日から県内も20℃超えと、春らしい気温に戻ると言う事で、週末は快適に過ごせそうです。
もしかしたら、この暖かさで(地元も)桜が満開になりそうですね☆

それでは過去ブログで予告したとおり、クロMのノーマル戻しはヘッドランプユニット内の灯火類まで進める事ができました。
ブログ画像では、中央にある抵抗内蔵LEDウインカーとして使用したフィリップス製「アルティノンLED」と、車幅灯で採用したスタンレー電気製「ウインカー用アンバー白熱球」、そして前照灯にはIPF製の「スーパーJビーム極黄」をノーマルパーツに戻しました。
特にポジションランプとヘッドランプは、この世代(平成17年以前)のクルマとしては保安基準適合(車検対応)となるオレンジ&淡黄色のカラーバルブが装着できるのが魅力でしたね♪
しかしながら次期愛車は古くても、確実に平成20年式以降のクルマになるので、これらのパーツはクロMを最後に引退となります。

ヘッドランプユニット以外で、その下にあるレンズカバーとT10形のLEDバルブは、後付けしたカーゴルームランプ一式で、それぞれスズキ純正品(ディーラーオプション)と、IPF製「スーパーLED-Xバルブ6000K」を取り外しました。
もし、仮にスズキ車以外のクルマに買い替えると、カーゴルームランプユニットは不要になってしまいますね(苦笑)
最後に、中心を囲むようにしている青いケーブルは、レミックス製の「アーシングケーブル」です。
今回の作業でヘッドランプユニットを外さなければならなかったので、ついでに撤去しました。
残念ながら、取り外した後の変化は判りませんでしたが…(笑)

次回は簡単なアクセサリーパーツと、オーディオ・レーダー探知機・ETC車載器・リモコンエンジンスターターを残すのみとなりました。
これらは無いと不便なので、中古車購入が成約した後で一斉に撤去したいと思います。
ここまで来ると、クロMとの別れが目前に迫ってきているのだと実感しますね。
Posted at 2017/04/13 23:58:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月09日 イイね!
愛でつくるクルマが、ある愛で選ぶクルマが、ある。
…と言うワケで、スバルディーラーで中古軽自動車を見た後で、今更ながら現行インプレッサを試乗した。
テストカーはハッチバックボディのスポーツで、1600ccエンジン搭載車もあったが、やはり新たに直噴化された2000ccエンジン(154PS/20.0kgfm)搭載の「2.0i-S」を選択…
もちろんリニアトロニック(CVT)のAWD仕様だ。
まず、クルマを発進して感じる事は、内外装だけでなく加速も上質になっているのが好印象だね。
SI-DRIVEは最初からスポーツ(S)モードにしているものの、驚くほどトルクが太いワケではなく、荒々しさが感じられないまま車速がグングン伸びている。
また直噴機構ではあるけど、水平対向エンジンの恩恵なのか、予想に反して回転振動も少ない。
ボディも、この新型インプレッサから新設計の「グローバルプラットフォーム」と呼ばれる高剛性化により、1ランク上の車格を感じさせるね。
…とは言え、主に幹線道路となる試乗コースでは難しいが、例えばステアリング及びブレーキング操作が多い峠などで走らせると、曲げ剛性と捻じれ剛性の高さが直に伝わるだろう。
これは、サスペンション剛性の高さも付け加えておきたい。
フロントにストラット式、リアはダブルウィッシュボーン式と、先代モデルとサス形式は変わらないが、全く別物と言っていいほどスポーツカーらしいステアフィールだ。
これは、標準装備の18インチタイヤ(225/40/18)の役目も大きいと言える。
ただ、街中走行ではホイールの重さが感じられ、単に加速性能を優先させるなら、1600ccエンジン搭載車に装着されている16インチタイヤ(205/55/16)の方が軽快に思うかもしれない。

新型インプレッサは、ハンドリングマシーンと言っても過言ではないくらい完成度が高かったのが正直な感想である。
しかしながら、先代同様に排気量設定が中途半端な印象だ。
いわゆるベーシックモデルとして、1600ccエンジン搭載グレードが存在していると思うが、車格を考えると2000ccエンジン搭載車で十分に担えるのではないだろうか。
ましてスポーツの名が付いているのなら、ボディやサスだけでなくエンジンにもスポーティーな性格を与えてほしいのが本音である。
そこで、レヴォーグに搭載している1600ccターボエンジンを設定してくれると、購入層はハッキリするのではないかと思った。
今後、クロスオーバーモデルの「XV」が秒読み開始となるが、ハッチバックとセダン共に、もっとダウンサイジングターボの活躍の場を分け与えてほしいね。
スバルは、低燃費だけでウリにするメーカーではないハズだ。
Posted at 2017/04/09 08:21:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月04日 イイね!
黒フィルも夏仕様へクロMに続き、黒フィルも春支度が完了しました。

まずは、春先に定期交換しているワイパーから…♪
今年はワイパーブレードごと交換したので、過去に交換したカウルトップ&ワイパーアームに続き、ようやく黒々した状態となりましたね(笑)
購入したのは、日本ワイパブレード(NWB)が製造するAQ(オートバックス・クオリティ)ブランドのグラファイトワイパーですが、(NWBの)純正品と全く形状は同じなので違和感なく使えてます☆
ちなみに、クーポン使用して左右で800円くらい安く買えましたが、あるいはホームセンターでNWB純正品(デザインワイパー)を購入すると、価格的に同じくらいかも…(苦笑)

ところで、今シーズンからフロントタイヤが(中古品だけどw)新しくなりました!
先月末、12ヶ月法定点検ついでにスタッドレスタイヤからノーマル(夏)タイヤへ交換です♪
過去ブログでは、残溝が9部山以上のトーヨータイヤ製になると書いてましたが、パーツレビューで更新したとおり「ルマンLM703」から「プロクセスT1R」に履き替えとなります。
ちなみに、タイヤ2本のうち1本はラベルが貼られたまま…



つまり未使用(中古)品です。
こちらのタイヤは、一般的に減りが早いと言われる運転席側にセット!
ちょいとだけ使用された9部山タイヤは、助手席側にしてアルミホイールへ組み込んでもらっています。
T1Rは方向性パターンを採用してるので、タイヤローテーションはクロスできませんが、これまでの運転でコンフォート系タイヤのワリにスポーティーな味付けで、ワインディングは面白そう☆
一方で快適性に関わるロードノイズは、サイレントコア(特殊吸音スポンジ)付きのLM703と比べてはいけませんね(汗)
さらに、ホイールをツライチセッティングしているクルマには、イイ意味でフェンダーから逃がしてくれているので、同じタイヤ幅でも干渉しにくいタイヤだと思いました。
製造年が少し古いと言うだけの曰く付きタイヤですが、とても良い条件で譲って頂いたので、ありがたく使わせてもらいます♪
Posted at 2017/04/04 17:53:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「今度こそ最後の撮影☆」
何シテル?   04/22 16:43
新車購入した自分専用の黒いカローラ・フィールダー(黒フィル)と、中古車として購入した家族専用の黒いMRワゴン(クロM)を所有しています。 MRワゴンは、実用性...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
皆さんの意見を心待ちにしています☆
お互いコメントが無い期間が長いと、登録しても辞退する場合もあります‥
コメントを入れるのが好きな方、ぜひ友達になりましょう♪
14 人のお友達がいます
みうら@宮城みうら@宮城 * みどりペコちゃんみどりペコちゃん *
それぃゆそれぃゆ "イチギク"EVOAMG"イチギク"EVOAMG
ヒロ@80ヒロ@80 メッチンメッチン
ファン
40 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ カローラフィールダー 黒フィル (トヨタ カローラフィールダー)
発表当時、カローラとしては斬新な内外装が好印象で新車購入し、現在は車齢10年を超えた12 ...
スズキ MRワゴン クロM (スズキ MRワゴン)
前愛車アルトが役目を終え、家族専用として初代MRワゴンに買い替えました。 (時々、自分が ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.