• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FreeDogのブログ一覧

2017年12月08日 イイね!

物語A177:「突入と乱戦」

リッチ編集が使えないなぁ~。
---------------

正面の軍曹と裏口のポッケーリ達がヘンロイの合図で、同時に丸太小屋に飛び込む。

飛び込んだ曹は手近に居た「松」を素早く張り扇で打ち倒す。
ダッチェがその倒れた「松」に馬乗りになり、止めの張り扇を振り上げた。
ほぼ同時に裏口から飛び込んで来たフランが「梅」に組み付いた。
張り扇を使わなかったという一つ目のミスをフランは犯してしまっていた。
ポッケーリはフランに組み付かれた「梅」に止めを刺すべく張り扇を大きく振り、「梅」と共にフランをも叩き伏せてしまった。
フランの二つ目の大きなミスは味方の張り扇の打線上、敵の「梅」との間に入った事である。
戦場において敵と味方の間に分け入る事は終わりを意味し、その責任は打撃者でなく、分け入った愚か者の側にあるのだ。
ポッケーリは戦場のルールに従って、敵である「梅」と共にフランをも打ち据えた。

「竹」が居た。
軍曹とポッケーリが「竹」の動きを目で追っていた。

「竹」は部屋の中央の洗い物を干している物干し竿に素早く手をかける。
軍曹とポッケーリには「何故物干し竿」に手を掛けるのだと疑問に思い、その行動は理解できない予期せぬ事であった。
その「赤い下着干し竿」は剣豪の佐っ佐小五郎から奪い取った「赤い下着干し竿」であった。
ヘンロイはそれが唯の物干し竿と思い、武器とは考えていなかった。それで、軍曹にもポッケーリにもその事を伝えていなかった。
軍曹達にとっては「赤い下着干し竿」は予想外の武器、それも強力な武器であった。

「竹」は「赤い下着干し竿」を一振りする。
振り上げた張り扇をフラン諸共「梅」に打ち下ろしたポッケーリが側頭部にその打撃を受けて餌食となる。
同時にこんがらがって一塊となっているフランと「梅」を裏口から外にはじき出した。「梅フラ」は裏口の外に玉のように転がり出されてしまう。

ポッケーリ達を倒して、大きな円を描いて振られてくる「赤い下着干し竿」は軍曹を狙ったが間一髪で軍曹はよけた。
「竹」が逆方向に回していたらポッケーリやフランと同じ目に軍曹達が合っていたかもしれない。
実力の内である運が軍曹は良かったのだ。

「赤い下着干し竿」はダッチェにも届かなかった。
だが、ダッチェは功を焦ってしまった。「赤い下着干し竿」を「竹」から奪い取ろうと「松」の跨ったまま、果敢に足を踏み出したところであった。
体制も芳しくないうえに、動き出した行動は急に止まれない。
体の体制を変えられない状況となっている。
そして、「運の神」はダッチェに微笑まずに別の「うんの神」がダッチェに微笑んだ。
「赤い下着干し竿」に乾されていた洗濯物が回転する「赤い下着干し竿」の遠心力に負けて竿からスッポリと抜け、ダッチェに向かって飛んだ。
まだ乾いていない洗濯物だ。
ダッチェはそれを目にしても避けられなかった。

「梅」の1週間穿いたブリーフパンツがダッチェの顔面に貼りつく。
乾ききっていないので水分が糊となって、べったりと顔に貼りついてとれなかった。
「竹」の1週間も身に着けていた褌がそのブリーフパンツをさらに落とさないようにダッチェの頭部に絡みついて縛りつける。
そして、最後に「松」の何日穿いたか分からない、少し色の付いた紙おむつがダッチェの頭にすっぽりと被さってしまった。

襲撃のサポート役で窓から様子を窺っていたヘンロイは「赤い下着干し竿」が、I村歴6年物の幻の銘酒「泡立ち盛り」の焼酎瓶をテーブルから舞い上がらせるのを見た。
その刹那、ヘンロイは窓を枠ごと蹴り崩す勢いで小屋の中に突入する。

「竹」は剣豪の佐っ佐小五郎から奪い取った「赤い下着干し竿」を狭い小屋の中で振り回したのである。当然の様に長い竿は、小屋の柱を殴りつけて狂気の回転運動が止まった。
打ちつけられた柱に割れ目が一筋入った。強烈な一撃であったが、「赤い下着干し竿」は撓っただけで、打撃の振動のすべてを「竹」の腕に伝えた。強烈な反動の衝撃を受けて「竹」の動きが止まった。
剣豪「佐っ佐小五郎」でしか使えこなせない「赤い下着干し竿」であった。

ヘンロイは打撃の衝撃に耐えて動きが止まってしまった「竹」を張り扇で壁に叩き飛ばした。その「竹」を軍曹が押さえつけると、猿ぐつわをかまして縛り上げ、簀巻きにした後、棺桶に放り込んだ。
その棺桶の錠を掛けると、何重にもチェーンを巻き付ける。
埋める穴を準備していなかったので、引きずって行き、地下室へ通ずる階段から蹴り落とす。
地下室の電灯を消して扉に2つある鍵をかけて、扉を板で打ち付けて塞ぎ、重いソファーをつっかい棒にしてドアの前に立てかける。
コンバットチームを率いるだけある歴戦の戦士の完璧なまでのサンタス軍曹の敵捕虜確保の行動であった。

-- 猫達の小劇場 その91 --------------------
灰色猫と黒猫が呆けた顔をして並んで座っている。
ウサギが飛び跳ねて来た。
二匹の目がキラリと光る。

火起こし担当の放火兎は薪を山程に背負っていた。

だが、薪を背負う兎を見ると本能的に襲撃する狸と遭遇し、放火兎は燃え上がる背中の薪を背負ったまま泥船の浮かぶ池に向かって逃げていった。

事故に備えて、火起こし担当は放火兎だけではない。

兎の急ぐ姿を見ると本能的に競争したくなる陸亀が薪を運んで来た。だが、陸亀の思惑とは別に現場到着の頃には食材がほろ良く発酵している事を二匹は推測できた。
陸亀の存在はこの時点で忘れられた。

黒猫が馬鹿にしたような白い目で調理の炎を失った灰色猫を上目使いで見上げると、コンロをおもむろにテーブルの上に乗せる。
黒猫の背後から自尊心と勝利のオーラが燃え上がっているのが目に見えるようである。

だが、そのコンロは電気コンロであった。
むなしくプラグがぶら下がっている。
これは野外パーティーでのお約束のボケであった。

灰色猫は黒猫を川に放り投げ、蜻蛉は二度と浮いて来ない様に石を抱えて、その後を追って行った。

黒猫と蜻蛉がその場を立ち去るという今の成り行きに灰色猫はにやりと笑い、懐から水槽に入れた電気ウナギを取り出す。
灰色猫は用意周到である。

水槽に電気コンロのプラグを放り込み、掻き混ぜ棒で電気ウナギを執拗に突き回す。
電気を起こす事よりもその行為に楽しみを次第に覚え、執着していく灰色猫であったが、その掻き混ぜ棒が金属である事を灰色猫は失念していた。

そのころ、食材の全てを蟻さん達が持ち運んでいた。

--続く
この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは一切関係ありません。
この物語の著作権はFreedog(ブロガーネーム)にあります。
Copywright 2017 Freedog(blugger-Name)
Posted at 2017/12/08 21:42:55 | トラックバック(0) | 物語A | 日記
2017年11月12日 イイね!

物語A176:「丸太小屋の包囲」

窓から暖炉の暖かい明かりが漏れている丸太小屋を、暗闇の中で倒木に身を隠して見張っていたヘンロイとポッケーリにサンタス軍曹とダッチェ、フラン、ドクが合流した。
軍曹はヘンロイから簡潔に現況を聞きとると、一方が川に面した丸太小屋の様子を窺った。
どこにでもあるような丸太小屋で側面の軍曹から見て河を正面にした左側にはロッキングチェアの置かれたウッドデッキのある入り口があった。裏口はその正反対の右側を向いている。
簡素な作りの木製の扉で一蹴りで消し飛んでしまいそうな脆い扉に見える。
暖かい光が漏れてくる窓は森の側にあり、軍曹達が潜んでいる倒木の方を向いていた。

軍曹は直ぐに丸太小屋から目を離すとポッケーリとフランに裏口へ回るよう指図する。
軍曹自身はダッチェを連れて正面に回った。
軍曹は丸太小屋を表と裏から奇襲する作戦でいた。

丸太小屋の側面には窓があったが、奇襲をかけてもそこから脱出できる敵の数は窓の大きさから限られる。
代わりに窓は中の様子を窺うには充分な大きさであった。
軍曹はヘンロイを丸太小屋の中の偵察でそこに配置した。
万が一、窓から逃げる敵が出現してもヘンロイだけで充分にその敵に対応できると軍曹は判断していた。

ドクもヘンロイと同じ側に配置したが役割は違っていた。
奇襲とはいえいざ戦いとなると騒ぎが起こるのは必然的であった。
この騒ぎを聞きつけて森から駆けつけてくる敵が現れるかもしれないと軍曹は推測した。
それで、軍曹はドクに丸太小屋とは正反対の内陸に広がる森の動きを監視させたのである。

もちろん、サンタス軍曹は「毬高雅(いがこうが)忍び隊」が森に分け入ってドクと同じように敵の監視の任務に当たっている事は十分に承知していたが、あらゆる事を想定して最善を尽くしす軍曹であった。
過酷な戦場で生き延びてきた軍曹の処世術である。

さらにドクはコンバットチームの中で唯一の従軍医師であった。
負傷兵の治療を優先させる為にも、ドクが戦闘に巻き込まれないようにするべきであると軍曹は決めていたのだ。
無事に皆を家に帰す。
これが軍曹の座右の銘その6である。

ヘンロイが丸太小屋の暖かい明りに輝く窓に低い姿勢で忍び寄った。
そして、素早く立ち上って窓の隅から中を覗き見る。
素早い動作で、時間的には一瞬であったが、中の様子を手に取るように把握してしまうヘンロイであった。

標的は3つ。
壁の武具から察すると牢番か老練の老村民兵。
暖炉を囲むように配置した安楽椅子やソファーで思い思いの格好で寛いでいる。
奇襲すれば壁の武器を手にする事は不可能である。
今にも滑り落ちそうになっている手グラスの中の一つはI村の幻の銘酒、I村歴6年物の「泡立ち盛り」だ。
ヘンロイの視線はこれに一番長く固定されていた。
「泡立ち盛り」の件を隠し、軍曹とポッケーリに丸太小屋の状況を体全体を使ったジェスチャーで送る。
だが、軍曹はその様子からヘンロイが何かを隠していると見抜いた。
戦場では第六感も必要なスキルである。

-- 猫達の小劇場 その90 --------------------
灰色猫と黒猫が呆けた顔をして並んで座っている。
蜻蛉が飛んで来た。
二匹の目がキラリと光る。

蜻蛉は二匹の完璧な変装に仲間の蜻蛉達と勘違いしている。
その蜻蛉の仲間に対する献身的でまめな働きによって、二匹がその一角を陣取るテーブルの上に取り皿や漬け皿や箸といった食器類が準備される。
灰色猫は特大のマイディッシュと狙った食材を他の箸から守る先制攻撃的防御機能の付いた箸を握ってテーブルの前に座して、横に細長い目を期待に輝かせつつも、大きく左右にスイングさせて、偵察と警戒も怠っていない。
しゃぶしゃぶパーティーの始まりなのだ。

次に、様々な新鮮な食材がテーブルに並べられ始めた。
テーブルに色を添えるように旬の野菜が盛られる。
豆腐やこんにゃく、練り物の準主役達も準備万端となった。
そして、最後にパーティーの主役であるジューシーな赤身の肉が、さらりと湯に通すだけでうまさを醸し出す厚みにスライスされた完璧な姿でそれら食材の中心に登場した。
火起こし担当がやってくる影が見える。

--続く
この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは一切関係ありません。
この物語の著作権はFreedog(ブロガーネーム)にあります。
Copywright 2017 Freedog(blugger-Name)
Posted at 2017/11/12 19:15:41 | トラックバック(0) | 物語A | 日記
2017年11月04日 イイね!

シュツエーション その1(愚痴が)

戦国の雄姿、「真田赤兜カレー」ここにあり!


知将ですぞ。
だが、そのカレーがなんと好んで食べない鶏肉だった!

どちらにしろ赤いカンムリ被った、ただの天狗ではないか。
もちろん、他の肉だったら・・・猛将だぁ~

そんな過去の亡霊を使って揶揄するのはどうかと。

という事で過去は過去でも、情緒ある「函館明治のカレー」などはいかが?


明治時代の事を学校で習ったかな?
学期末が理由で時間切れが多くほとんど教わったことがないが、明治は世界に躍進していた時。
その後、天狗になって暴走したようでもあるが。
この時代は進駐軍やある国はとって凄く気に入らないのでは。

転じて、平成の事、ほ・・・・北海道は中国に土地を売っているって?!なんかニュースに出ていたぞ。
ずいぶん前にもニュースで取り上げていた。
箱物買いから箱物売りへ転じているのかのぉ~。
破産の次は何でしょう。まさか、「売〇奴」

そして、「ありそうでなかった中華街のカレー」なんてな。
でも、旨い物は万国どこでも旨い!


話を戻して、学校とは!未来を見つめる。
「三重大学カレー」。過去を知って未来を知るのも必要ようですけどね。


そして、学徒の情熱を支える「情熱ポークカレー」ですな。


うーん。最近の学生は唯の「あほんだらカレー」ではないのか?


(通りすがりの立ち読み人)
えーい!ややこしい事を書いていると「自衛隊オリジナルカレー”撃”」だぞ!


さらに「磐梯山岩なだれカレー」ですべて流し、


すべて忘れて「よさこい祭りビーフカレー」で・・・

Posted at 2017/11/04 23:14:12 | トラックバック(0) | ぼーや木: ご当地狩れー | 日記
2017年10月16日 イイね!

物語A175:「転んでもタダでは起きぬ」

サンタス軍曹は新兵村民アモレにW・カビの重機を預けてその場に残し、ダッチェ、フランと従軍医師ドクを連れて、副官ヘンロイの待っている上流へと向かった。
出発の前に、サンタス軍曹はアモレに、直に下流の偵察から戻ってくる重機専任のW・カビの指揮の元でビッグジョンと共に守備と陣地構築・整備に当たるように伝言を託す事を忘れなかった。

そんな訳で誰も居ない河岸に取り残されてしまったアモレは重機を握りしめながら一点をじっと見ていた。
盛り土の天辺から突き出た蠢く白い手をいつまでも凝視している。
まるでアモレは催眠術に掛けられたかのように目を逸らせる事ができないでいた。
河の流れる水音が孤独の寂しさをアモレの心に押し寄せてくる。
小魚の跳ねる水音が聞こえてくる程の静寂が辺りを包み込んでいた。
重機のずっしりとした重さもアモレの心に安心感という錨を投げ込んで来ない。
視線の先の白い手はアモレの精神を着実に蝕び、確実なる崩壊へと導くために、気味悪く蠢き続けている。

アモレにとって白い手は不気味に蠢いているように見えるが、その動きには規則性があり、それは服部貞子の通信手段である手話の動きであった。
その手話の意味は「SOS(助けろ!)・OUT(ここから出せ)・SOS(言うことを聞け!)・OUT(呪ってやるぞ!)・SOS(聞こえてんのか?)・OUT(土に代わってお仕置きだぞ!)・・・・・」といった風に続いており、多少のアレンジはある物の、ただただ穴から出すようにと哀訴しているのだが、新兵村民アモレはその手話を全く理解できなかった。
一般兵卒の訓練課程には無い教科であったのでアモレは手話を教わっていないのだ。
ましてや、極秘「毬高雅(いがこうが)忍び隊」の手話など一般兵卒に教える筈がなかった。

それで、手話の分からないアモレは「おいでおいで、地獄の底までおいで」といったようないろいろな恐怖の誘いをその白い手の動きから想像してしまっていた。
そういった想像は新たな恐怖を生み出し、生み出された恐怖はさらに恐ろしい想像を生む。
その恐怖と想像の連鎖反応はアモレの体を硬化させてしまい、金縛りにあっているかのように身動きを出来なくしていた。
悪夢なら目覚めてほしいと心底から思うアモレだが、思うたびに恐怖の嵐が吹き荒れてその微細な思いを吹き飛ばしてしまう。
残されたのは暗黒の森を背景にして白い腕がしきりに地獄の煮え釜の中へアモレを誘う光景だけであった。
アモレは正気を失わないように必死に耐えていた。
これ以上の恐怖は、既に崩壊タイマーが赤点滅するアモレの精神崩壊を決定付けていた。
しかし、現実はアモレの精神に無情の剣を刺し貫くのである。

突然、群青色の夜空を背景に天辺から白い手の突き出た黒い土饅頭がむくむくと盛り上がり始める。
蛍達が一斉に集まってきて雷のように一瞬だけ蛍火を輝かせて辺りを明るくする。
アモレの目が更に見開き、その一瞬の間だけ照らされた残像を凝視する。
アモレの正気の大半は既に飛んで、何も考えられないでいた。
次第に盛り上がる黒い土饅頭が黒髪を振り乱した服部貞子の恐ろしい姿を成してきた時、矮小な光の粒の蛍達が一目散に逃げ去って、真の闇夜となった時、アモレの恐怖は絶頂に達した。
そして、「あっ!漏れちゃった~。」と発して、股間を暖かい液体で濡らしながら、全ての意識がぶっ飛んで、その場に倒れて身動きしなくなった。

服部貞子は星降る夜空を背景に静かにゆっくりと立ち上がった。
服部貞子を中心にして周囲の温度が急激に下がっていった。
服部貞子は長い漆黒の黒髪を一振りして泥を振り払うと、目の前に倒れているアモレを前髪の毛の隙間から氷のような眼差しで覗き見る。
恐怖に顔を歪ませて小便を漏らしながら気絶している壮絶なアモレの姿を見て、うっすらと赤く細い唇に笑みを漏らした。

「毬高雅(いがこうが)忍び」を名乗るだけあって、感情を表に出さないが、服部貞子のこの薄笑いは新たな忍術の発見に心の内奥から大喜びし、猿鳶伽椰子に勝ったと心底から内震えて歓喜している精一杯の感情のあらわれであった。
心の中で「毬高雅(いがこうが)忍び隊」の隊長の座を奪取していた。

-- 猫達の小劇場 その89 --------------------
灰色猫と黒猫が呆けた顔をして並んで座っている。
蜻蛉が飛んで来た。
二匹の目がキラリと光る。

蜻蛉は分厚い真っ赤な新鮮でジューシーな生肉をぶら下げて、川岸にやってきた。

この肉を蜻蛉から巧妙な罠を使って強奪する事に何度も失敗した灰色猫達が先回りをしていた。

肉の到着を待って集合していた蜻蛉の群れは、灰色猫と黒猫がカエルや燕、そして蜻蛉の最強の天敵である洟垂れガキの集団を解き放って、その場から一掃していた。

灰色猫はサッカーボールを皮一枚で繋げて二つに割り、蜻蛉の大きな両目を模して頭に被っている。
黒猫は幼児向けのサッカーボールを同じようにして被っていた。

二匹の変装はかなり滑稽であったが、大きな複眼で見る蜻蛉はその違いに気が付かなかった。

料理を始めた蜻蛉の後姿を見て二匹は勝利の笑みを零した。

--続く
この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは一切関係ありません。
この物語の著作権はFreedog(ブロガーネーム)にあります。
Copywright 2017 Freedog(blugger-Name)
Posted at 2017/10/16 21:18:38 | 物語A | 日記
2017年09月17日 イイね!

物語A174:「伝令、服部貞子」

モロビック・サンタス軍曹は自ら率いるコンバットチームを3つに分散させた。

右腕である副官のヘンロイと歩兵ポッケーリを河の上流へ偵察に向かわせる。
重機担当のW・カビと歩兵ビッグジョンは下流へ向かわせた。
河岸を隈無く捜査して丸太部隊の上陸を滞りなく完遂させる為である。

W・カビが常に背負っているチームにただ一つしか支給されていない貴重な重機は、隠密裏に行動しなければならない偵察行動には不都合な真実であるため、軍曹は居残り組の元に置いて行かせた。
軍曹はこのような機会が到来すると、この重機をチーム全員に交代で担当させるようにしている。
こうする事でチームの誰もが重機を容易く操れるようになり、万が一にもW・カビの身に何かが起きても戦闘に強大な威力を発揮するこの重機を無駄に寝かせておく事がなくなるのだ。

河沿いの偵察に出した強者たちはサンタス軍曹と長い間行動を共にしてきたベテランの部下達である。
偵察中に敵と遭遇し戦闘になっても作戦遂行の為に成すべき事をしてのける信頼できる部下達であった。
そして、まだその域に達していない新兵村民歩兵のダッチェ、アモレ、フランを居残り組として後に残した。
軍曹にとって彼らの能力はまだ未知数である。
戦闘にすら参加していない新兵であるので当たり前だが、戦闘に対する彼らの能力もまだ見極めていない。
つまり、軍曹にとってはまだ「信用ができない」のである。
さらに、新兵には大事な仕事がこの場にあるのだ。

サンタス軍曹は新兵のダッチェ、アモレ、フランと従軍医師ドクとで陣地の構築を急いだ。
だが、その陣地構築の前にサンタス軍曹はこの名も無い河岸に金縁の立派な看板を立てて「モロ海岸」と命名するセレモニーを開く事を忘れていなかった。
この時、銅像を持って来なかった事を軍曹は悔いていた。

そして、サンタス軍曹の元にその報せが届いたのは軍曹達が何個目かの塹壕を掘り進めている時であった。
上流へ向かった副官ヘンロイの伝令で服部貞子が、新平村民歩兵達が掘り進めているタコつぼの検分していた軍曹の背後にこっそりと忍び寄りそっと冷たい手をその肩に掛けたのである。

サンタス軍曹はその肩に掛かる手の冷たさに一瞬の間だけ恐怖したが、その恐怖は軍曹の怒りの源となり、怒りは軍曹の戦闘力を急激に高めた。
ピィポピッポピー!
軍曹はレベルアップした。
攻撃力が5ポイント上がった。
守備力が2ポイント上がった。
精神力が3ポイント上がった。
知力が10ポイント下がった。
ボーナスポイントをスキルに割り振った。
ゴリゴリラキングのスキルを習得した。

様々な危険をかいくぐってきた歴戦の戦士サンタス軍曹は服部貞子にとって生まれて初めての思いがけない行動に打って出た。
軍曹は服部貞子の肩に懸かった冷たい手を掴み取るなり、腰を軽く落として掘りかけのタコツボへ一本背負いで貞子の体を投げ込んだのである。
軍曹のその行動はあまりにも素早かった。
服部貞子が自分の身に何が起こったのかわからずに穴の底で茫然としている間に、そのタコツボを軍曹は速やかに埋めてしまった。

埋めた穴の盛り土の天辺から貞子の白い腕が夜空に向かって伸びている。
不気味に蠢く手の手話でサンタス軍曹は副官ヘンロイからの「敵アジト発見、至急応援請う」という伝言を知った。
情報戦を生業にしている「毬高雅(いがこうが)忍び」を名乗るだけあって、服部貞子はあらゆる状況下においても、情報伝達できる数々の手法を身につけているのだ。 

-- 猫達の小劇場 その88 --------------------
灰色猫と黒猫が呆けた顔をして並んで座っている。
蜻蛉が飛んで来た。
二匹の目がキラリと光る。

草葉に隠れていた二匹はロープを道一杯にピンと張る。
凝ったものではなく直球の平凡なトラップだ。

罠に掛かった蜻蛉の持っている肉を奪い取ろうと狙っているのだ。

すでに肉奪取を確信している二匹の口の中から肉汁が溢れているかのようにを垂らしていた。

目の前を肉が何事も無く通り過ぎて行く。
何の障害もなく通り過ぎて行く。

蜻蛉は飛んでいるのだ。
なので、地を歩く足を引っ掛けるロープのトラップには何の意味もない。

数百の嘲りに満ちた複眼が二匹の目の前を飛んでいく。

灰色猫は近くにいたを投げつけ、命中した。

--続く
この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは一切関係ありません。
この物語の著作権はFreedog(ブロガーネーム)にあります。
Copywright 2017 Freedog(blugger-Name)
Posted at 2017/09/17 09:45:10 | 物語A | 日記

プロフィール

「物語A177:「突入と乱戦」 http://cvw.jp/b/1467453/40822034/
何シテル?   12/08 21:42
FreeDog(寒;)です。よろしくお願いします。 好きな言葉「笑う門に福あり。」 さぁ、みんなでブログ読んで笑いましょう! 嫌な真実「My JOKE...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

愛車一覧

ホンダ フリードスパイクハイブリッド ホンダ フリードスパイクハイブリッド
フリードスパイクハイブリッドに乗りました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる