• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しろ。のブログ一覧

2018年01月14日 イイね!

スイスポばかり構う日々、だけど

スイスポばかり構う日々、だけどスイスポが我が家にやって来たのは2017年7月15日
早いもので、そろそろ半年を迎えます。
久々のMTにも大分慣れて、すっかり自分の中では日常の足として定着した印象です。
通勤でMT辛くない?と聞かれることがありますが、スイスポのクラッチはかなり軽いので、意外と苦にならないんです。


昨年末、Z時代の知人との忘年会から高校の同窓会をはしごするため、茨城→埼玉→東京とスイスポで走ってきました。
136馬力という数値自体は様々な車と比べて標準程度ですが、スイスポには軽さ(1,050kg)という武器があります。軽さが走行性能に大きな影響を与えることを、改めて認識しましたね。
そう考えると、ZC33Sは車重が970kgになり、トルクが大幅UPしているので、ZC32Sと比べたら相当速いのでしょうね~。
スイスポが1.6Lである最大の理由であったであろう「ジュニアWRC」への参戦がとっくに終了してしまった今、1.6Lに拘る理由は無いわけで、1.4Lターボ化はオーナーにとってメリットが多い変更ですよね。自動車税も安いですし。
でも見た目はZC32Sのほうが好き!(負け惜しみみたいですがw)



それにしてもうちのスイスポ…



「通勤車両だから弄らない」だなんて、一体誰が言ったんでしょうね…







アタシだよ!!(;´Д`)(ちょっと古いw)



この半年の間に、大きなパーツとしては
燈火類LED化
マフラー
エキマニ
ECU
車高調

あたりに手を加えてきました。

そして迎えた今回の







純正フルエアロ化。


結局、一通り手を入れてしまいましたね…。
車両を購入した店舗でないのにいつも丁寧に対応していただいているスズキアリーナでエアロを取り付けていただいたのですが、その店舗のメカニックの方に「ペースが速いですねw」と言われてしまいました(汗)

ただ、これ以上は手を入れる箇所がそれほど無いのではという印象です。
モアパワー、速さを求めるのであればTM SQUAREのインテークBOXは気になるところですし、TRUSTのターボキットという選択肢もありますが、我が家にはIS Fがあり、どこまでスイスポに手を加えてもIS Fのパワーには敵わないと思うと、

スイスポでは街乗りでの軽快感とMTによる楽しさを、管楽器のようなエキゾーストとともに味わい、
IS Fでは中高速域~サーキットでの力強い走りを、V8ならではのド迫力のエキゾーストで楽しむ。

このように使い分けて、どちらも楽しくて壊れにくい仕様をキープするのが賢い選択かなと自分なりに思っています。


スイスポオーナーの方が交換される割合の高いその他のパーツについては、


【ホイール】
純正のデザインが気に入っており、スペーサーでイイ感じのツラが出ているのでそのまま。
一時期、「これいいなぁ~」と

5ZIGEN ProRacer Z1
を眺めていたことはあります。購入宣言ではありませんw


【ウイング】
ウイングを付けるとやんちゃ感が増してしまうので、現状のまま。最も純正っぽく振る舞えるのは

TRUSTでしょうか。
とはいえ、IS F同様にサーキットを走るのであれば欲しくなるでしょうけれど、今のところ走る予定がないので不要です。ウイングに関してはスイスポよりもIS Fに検討したいくらいですが、妻からNGを突き付けられそうです…。
IS FのリアスポレスでもFSWで2分フラット付近で走れる方が自分の知っている限りでも何名かいらっしゃるので、ウイングよりまず自分の腕を磨けと言う話ですね。


【エンブレム】
「S」マークがデカくてダサいと言われることがありますが、自分はスズキ車であることをアピールするこのエンブレムに誇らしさを感じているのでそのままです。
こんなにコスパが高くて楽しい車を作ってくれるスズキには感謝しています。
(ところどころチープなところはありますが…ウェザーストリップとか)
エンブレムを総ブラッククローム化するような感じであればアリかも?


と、このような印象です。

純正+αくらいでカスタムしているので当然といえば当然ですが、今の仕様がとても乗りやすくて不満が少ないんです。
その分何かに特化している箇所は少ないのですが、「今、何かに特化したカスタムをするのであれば、スイスポではなくIS Fですればいい」と思っていることも、今の仕様に満足できている理由の一つだと思います。


ブログのタイトル通りスイスポばかり構う日々ですが、IS Fも乗っています。
バッテリー上がり防止対策として、また、自身のIS Fへの愛着を無くさないために、週に一度くらいはある程度の距離を走るようにしています。

そんなIS Fですが…こちらも近々仕様変更を予定しています。
一箇所は16日実施予定で、もう一箇所は納品待ちです。うちのIS Fの個性の一つでもあった箇所へ、ついに手を加えることに。若干個性は無くなりますが、今回は性能面に期待したいパーツなので装着が楽しみです!


主に環境対策という理由で、大排気量NAからダウンサイジングターボへと切り替わりつつある最近のエンジン事情。
もし2代目IS Fが登場するとしても、LS500に積まれたV6ツインターボ「V35A-FTS」エンジンをベースにしたものになるのではないかと推測しています。もしそうなったと仮定すると、ミドルセダンに大排気量NAの組み合わせはもう二度と無いはずで、IS Fをしばらく寝かせたら価値が上がるかも?なんて甘い考えを抱きつつw、まだまだIS Fとは付き合っていこうと思っています。
Posted at 2018/01/14 13:47:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | スイフトスポーツ | 日記
2017年12月25日 イイね!

はじめての減衰調整

はじめての減衰調整







グランツーリスモSPORTにスイフトスポーツ追加!やったぜ!

どうせ新型のZC33Sでしょ?
で、でも、もしかしたら開発時期的にZC32Sの可能性も…?

ZC31S…(´・ω・`)ショボーン


というわけでこんにちは、しろです。
ZC31Sが嫌いなわけではないんですけど、自身の愛車が登場してくれればドラテクの向上に直結するかなと思っていたのでちょっぴり残念でした。
といいつつ、ZC31Sはすぐ購入したんですけどね。
IS FはRC Fで代用し、ZC32SはZC31Sで代用。どちらも惜しい!^^;


さて今回は、先日スイスポに投入したカーライフ史上初の車高調「FLEX Z」のお話です。


16段減衰調整付きで、16段戻しが最もSOFTな設定です。ショップの方から「減衰は全部真ん中くらいにしておきましたよ~」と伺っていたのでしばらくそのまま乗っていて「純正よりマイルドでいい感じ♪」とウキウキしていましたが、せっかくの車高調、いろいろ試してみようと思ってダイヤルを確認すると…8段戻しと10段戻しが混ざっていました^^;
一般道はともかく、高速道路の路面が荒れた場所で揺れが収まりにくかったので、ちょい硬めの前後6段戻しで乗ってみましたが、今度は硬すぎる…
前後全て8段戻しにしたところ、乗り心地と走行性能のバランスが良さそうでしたので、ここを基本位置にしようと思います。

それにしても、減衰調整式の車高調ってこんなに変化を感じられるものなんですね…。
もっと地味な変化かと思っていました(汗)
用途に応じて使い分けられるくらい乗り味が変わるので、もっと早く試していればと後悔しています。
ZC32Sはフロントはボンネットを開ければすぐダイヤルが見えますし、リアもラゲッジ左右のカバーを開けるとすぐにダイヤルにアクセスできるので、見た目的にスマートですし作業も楽ですね。EDFCは便利そうですが、そこまで頻繁に調整することは無いかと思い見送りました。そのうちやっぱり欲しくなるかもしれませんが。


車高調を交換してだいぶ乗りやすくなったスイスポ。
ルンルン気分で乗っていたのですが、足回りを交換してから、異音が発生…。





車から降りると「ギィ~」、酷い時には軽い轍を通り過ぎるたびに恒常的に「ギギッ、ギギッ」と鳴り続けています。また、リアハッチ開口部を体重をかけて押し込むと、同じように「ギギッ、ギィ~」という異音が。
こういう症状ってディーラーやショップに持っていくと収まってしまうんですよね~。

まさに「車あるある」w


鳴らない時もあるので傾向を分析してみたところ、気温が低い時に発生しやすいようです。
昨日は気温が低めで異音が発生している状態でしたので、急いでショップに駆け込んで異音を確認してもらったところ「これは足回りの異音で間違いないでしょう、後日組み直してみます」とのことでした。

で、その日は高速道路に乗る用事があったので目的地までピューっと走って車から降りるときに「どうせまた鳴るんだろうな…」と嫌な気持ちになっていたのですが、鳴らないんです。
その後も異音は発生せず、翌日である今日も異音は発生していません。
高速道路を長距離走行したことでパーツが馴染んでくれたのであれば良いのですが…また出るようでしたら、当初の予定通り、年明けに足回りを組み直していただくことになりそうです。
Posted at 2017/12/25 14:41:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | スイフトスポーツ | 日記
2017年12月08日 イイね!

五感を刺激する一日

こん○○は。
しばらくぶりのブログ更新です。
ここ最近の車ネタといえば、スイフトのフロントガラスが割れたことでしょうか。この機会にクールベールに交換することにし、来週預かってもらいます。ついでに色々とチョメチョメしてしまう予定^^;
IS Fは週1くらいのペースで動かしています。バッテリーメンテナーに繋いでしまうとずっと乗らなくなってしまうかもしれないので、今は購入を保留しています。そんなIS Fはもっぱらメンテ中心ですが、年明けあたりに動きがある予定です。走行性能に影響があるパーツ…のはず。


さて、今回のブログは12月7日(木)のお話です。
すぎすぎすぎさんのブログを拝見して興味を持ち、チケットを手配いただいて、はじめて人形浄瑠璃文楽を鑑賞してきました。


妻と二人で鑑賞したのは、初心者向けの文楽鑑賞教室

(1)日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)
(2)解説・文楽の魅力
(3)傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)


の3本立てでした。
簡単にあらすじを説明すると
(1)は見初めた男への嫉妬に狂う姫が蛇に姿を変えて川を渡る話
(3)は横領したお金で遊女を身請けした男が、処刑される前に父に会うために遊女と地元に逃げる話
です。
物語をただ説明しようとするならあっという間に終わりますが、それだけではない魅力があることが、演者さんたちが直接細かいところまで解説してくれる(2)「解説・文楽の魅力」のおかげでよく分かりました。
解説といっても堅苦しい感じではなく、くすっと笑みが溢れるようなネタを交えて説明してくれるので、我々のような初心者にオススメできる内容でした。


文楽鑑賞後は、今回文楽をご紹介いただいたすぎすぎすぎさんに段取りいただいて「レストラン コバヤシ」さんへお邪魔してきました。
以前からブログで度々取り上げられるのを見て、行ってみたいなぁと思っていたんです。


今回のメニュー

事前にすぎすぎすぎさんがお店の方と打ち合わせてくださった、「ワンオフ」なメニューです。


自家製カラスミのせトースト



自家製パン



根室産エゾ鹿の赤ワイン漬けカルパッチョ



相模湾産真サバの燻製マリネ
ウイキョウ・ディルのサラダ添え




ハンガリー産ガチョウのフォアグラのテリーヌ
イチジクのコンフィ サラダ ブリオッシュパン添え





本日の魚料理

3種類の魚を一度に楽しめる贅沢な一皿。


根室産エゾ鹿のロースト
キノコのソテー マロンのピュレ ポワヴラードソース


最近流行りのジビエですね。
撮る前に一口食べちゃいました…
鹿はそれほど独特の風味が無くて食べやすかったです!
牛肉とはまた違う食感で美味でした。


特選 A5和牛ランプ肉の網焼き ベリーレアロースト
キノコと根菜のソテー マッシュポテト




メインディッシュの後、様々な種類のチーズをいただきました。



食べやすくカットしていただきました。

手前の2つは同じチーズなのですが、カットの薄さで味が変わることに驚きました。
チーズ大好きな妻が隣で「こんなにたくさんのチーズを一度に食べられるなんて♪」と大喜び(笑)


モンドールというチーズ。

とってもまろやか!生キャラメル的な食感でした。


デザートは、すぎすぎすぎさん定番の
カスタードプリン

を自分も注文して…


紅玉のタルト



洋梨のコンポート


3つのデザートを妻と2人でシェア!食べ過ぎですね(汗)



小菓子をいただきながらコーヒーで締め。


ボキャブラリーに乏しくてうまく表現できないだろうから写真で伝われば…と思ったのですが、肝心の写真が残念な感じになってしまいました。
RAWで撮影すれば良かった…。

このままではお店の名を汚しかねないのでリベンジが必要ですね。
またお店にお邪魔しなくては!


今回すぎすぎすぎさんには文楽鑑賞からディナーの手配、さらにはここには書けないところまでお気遣いいただいて、



「これが仕事のデキる人間のやり方かー!!」


と感じました。冗談っぽく書いていますが、本当にそう思いました。

人間的な大きさを見習わせていただこうと思いながら帰路につきました。

すぎすぎすぎさん、今回は五感を刺激する一日をサポートしていただいて、本当にありがとうございました!
Posted at 2017/12/09 18:14:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常のネタ | 日記
2017年11月12日 イイね!

愛車と出会って5年!

愛車と出会って5年!11月10日で愛車と出会って5年になるらしいです。あっという間の5年でした。


みんカラで用意してくれた定型文を使いつつ、この1年の愛車との思い出を振り返ります。





■この1年でこんなパーツを付けました!

PHILIPS X-treme Ultinon HID 6200K D4S/R
TOM'S GTシフター
トヨタ(純正) センチュリー用 ウェザーストリップ
Grazio&Co. RCF シフトノブ
TRD / トヨタテクノクラフト カーボン・インテリア・パネルキット
THINK DESIGN HI-GRIP STEERING TYPE-1
TOM'S Advox Sports

5年も経つのに未だにクルマいじりがやめられません(;´Д`)


■この1年でこんな整備をしました!
リンクを貼るのが面倒になってきたのでw整備手帳のページからどうぞ。

G-Link、地図データ更新(11月10日)
コーティング・メンテナンス(12月4日)
エンジンオイル交換(12月5日)
デフオイル交換(1月6日)
エンジンオイル&フィルター交換(2月19日)
エアコンフィルター交換(2月24日)
足回り仕様変更(Advox→Advox Sports)、アライメント調整(4月12日)
マフラーカッター磨き(5月4日)
フロントブレーキパッド交換(5月10日)
エンジンオイル交換(5月10日)
撥水ガラスコーティング施工(5月10日)
ブレーキからの異音→解決(7月27日)
ヘッドランプシステムチェック発生→解決(7月28日)
オーディオ不具合発生→復旧(8月6日)
3回目車検(8月30日)
エンジンオイル&フィルター交換(8月31日)
ヘッドライトレンズクリーニング&コーティング(11月9日)


■愛車のイイね!数(2017年11月12日時点)
636イイね!

これだけの方にイイね!をしていただいてありがとうございます。

なお、自分がイイね!をするのは主に「好きな車種」「カスタムの方向性が近い車」で、イイね!返しなどは行っておりません。この点、あらかじめご了承いただければと思います。



■これからいじりたいところは・・・

空力にちょっぴり手を入れる予定で、その後は未定。
全体としては自分好みの仕様に仕上がっているので、今後は維持中心になるかと思われます。


■愛車に一言

何度か乗り換えたいと思う時期があったものの、7月に納車されたスイスポのおかげでIS Fの良さにも改めて気付くことができました。

これからもお世話になります。


>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2017/11/12 13:33:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | IS F | 日記
2017年10月07日 イイね!

グランツーリスモSPORTに、よりリアルを求めるために。

グランツーリスモSPORTに、よりリアルを求めるために。いよいよ10月19日(木)の発売となる
グランツーリスモSPORT」。

これまでのGTシリーズはコントローラーで操作していましたが、昨年末引っ越してリビングのスペースに余裕ができたので、今回は本格的なハードを用意してGTに挑もうと思い、ソフトの予約を済ませたあとで





T300RS GT EDITION



TH8A シフター



AP2 Racing Wheel Stand



を購入してしまいました。


さらに




PlayStatiion VR



こんなものまであります^^;



PSVRは妻がファイナルファンタジーXV(FFXV)のVRコンテンツをプレイしたくて買ってきたもので、購入当時、自分は「わざわざ朝早起きして並んで、抽選を受けてまで買うものかな~」なんて思っていましたし、まだFFXVのVRコンテンツも登場しておらずホコリを被っている状況でしたが、グランツーリスモをVRでプレイできればシミュレーターとしてよりリアルになります。本格的なシミュレーターと比較しても、シートとG以外はいい勝負になるのではないでしょうか。
今となっては「妻Good Job!」という思いです(笑)



残念ながらIS Fは収録されていないようなので、収録車種の中で最も挙動が近いと思われるRC FがGT内でのメインカーとなりそうです。
一方、通勤用の愛車スイフトスポーツも同じく収録されていませんが、そのスイフトスポーツの製造メーカーであるスズキはなんと収録車種0台(´Д⊂ヽ

しかし今回、ついにRUFではなくポルシェがGTシリーズ初収録!そんなポルシェを筆頭に、車種がだいぶんエンスーな方向に寄りましたね。
収録車種を絞ってよりリアルな挙動を目指したということでしょうか。前向きにそう思うことにします^^;


ああ、10月19日が待ち遠しいです!
それまでにドラクエ11終わらせないと…w



【グランツーリスモSPORT 収録車種162台】
・Alfa Romeo 4C Gr. 3
・Alfa Romeo 4C Gr. 4
・Alfa Romeo 4C Launch Edition
・Alfa Romeo 4C Gr. 3 Road Car
・Alfa Romeo MiTo 1.4 T Sport
・Alpine Vision Gran Turismo
・Alpine Vision Gran Turismo 2017
・Alpine Vision Gran Turismo Race Mode
・Aston Martin DP-100 Vision Gran Turismo
・Aston Martin Vulcan
・Aston Martin One-77
・Aston Martin V12 Vantage GT3
・Aston Martin V8 Vantage S
・Aston Martin Vantage Gr. 4
・Audi R18 TDI (Audi Sport Team Joest)
・Audi R8 LMS (Audi Sport Team WRT)
・Audi Sport Quattro S1 Pikes Peak
・Audi TT Cup
・Audi TTS coupe
・BMW i3
・BMW M4 coupe
・BMW M4 Gr. 4
・BMW M4 Safety Car
・BMW M6 GT3 (Walkenhorst Motorsport)
・BMW M6 GT3 M Power Livery
・BMW Vision Gran Turismo
・BMW Z4 GT3
・Bugatti Vision Gran Turismo
・Bugatti Veyron 16.4
・Bugatti Veyron Gr. 4
・Chevrolet Chaparral 2X Vision Gran Turismo
・Chevrolet Camaro SS
・Chevrolet Corvette C7 Gr. 3
・Chevrolet Corvette C7 Gr. 4
・Chevrolet Corvette Stingray C7
・Chevrolet Corvette C7 Gr. 3 Road Car
・Citroen DS3 Racing
・Citroen GT Gr. 4
・Citroen GT Race Car Gr. 3
・Citroen GT Road Car
・Daihatsu Copen RJ Vision Gran Turismo
・Dodge Charger SRT Hellcat
・Dodge SRT Tomahawk GTS-R Vision Gran Turismo
・Dodge SRT Tomahawk S Vision Gran Turismo
・Dodge SRT Tomahawk Vision Gran Turismo Gr. 1
・Dodge SRT Tomahawk X Vision Gran Turismo
・Dodge Viper Gr. 4
・Dodge Viper GTS
・Dodge Viper SRT GT3-R
・Ferrari 458 Italia
・Ferrari 458 Italia Gr. 4
・Ferrari 458 Italia GT3
・Ferrari LaFerrari
・Fittipaldi EF7 Vision Gran Turismo
・Ford Focus Gr. B Rally Car
・Ford Focus ST
・Ford Mustang Gr. 3
・Ford Mustang Gr. 4
・Ford Mustang Gr. B Rally Car
・Ford Mustang GT Premium Fastback
・Ford Mustang Gr. 3 Road Car
・Gran Turismo Racing Kart 125 Shifter
・Honda Civic Type R FK2
・Honda Project 2&4 powered by RC213V
・Honda Sports Vision Gran Turismo
・Honda NSX
・Honda NSX Gr. 3
・Honda NSX Gr. 4
・Honda NSX Gr. B Rally Car
・Hyundai Genesis 3.8 Track
・Hyundai Genesis Gr. 3
・Hyundai Genesis Gr. 4
・Hyundai Genesis Gr. B Rally Car
・Hyundai N 2025 Vision Gran Turismo
・Infiniti Concept Vision Gran Turismo
・Jaguar F-Type Gr. 3
・Jaguar F-Type Gr. 4
・Jaguar F-Type R coupe
・Lamborghini Huracan GT3
・Lamborghini Huracan LP 610-4
・Lamborghini Veneno
・Lexus LC500
・Lexus LF-LC GT Vision Gran Turismo
・Lexus RC F
・Lexus RC F Gr. 4
・Lexus RC F GT3 prototype (Emil Frey Racing)
・Mazda Atenza Gr. 3
・Mazda Atenza Sedan XD L Package
・Mazda LM55 Vision Gran Turismo
・Mazda Roadster S (ND)
・Mazda Atenza Gr. 4
・Mazda Atenza Gr. 3 Road Car
・McLaren 650S coupe
・McLaren 650S Gr. 4
・McLaren 650S GT3
・McLaren Ultimate Vision Gran Turismo
・McLaren MP4-12C
・Mercedes-Benz A45 AMG
・Mercedes-AMG GT S
・Mercedes-AMG GT Safety Car
・Mercedes-AMG GT3 (AMG-Team HTP-Motorsport)
・Mercedes-Benz AMG Vision Gran Turismo
・Mercedes-Benz AMG Vision Gran Turismo Racing Series
・Mercedes-Benz SLS AMG
・Mercedes-Benz SLS AMG Gr. 4
・Mercedes-Benz SLS AMG GT3
・Mini Clubman Vision Gran Turismo
・Mitsubishi Concept XR-PHEV Evolution Vision Gran Turismo
・Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition
・Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition Gr. 3
・Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition Gr. 4
・Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition Gr. B Rally Car
・Mitsubishi Lancer Evolution Final Edition Gr. B Road Car
・Nissan GT-R Gr. 4
・Nissan GT-R Gr. B Rally Car
・Nissan GT-R Nismo GT3 N24 Schulze Motorsport
・Nissan GT-R Premium Edition
・Nissan GT-R Safety Car
・Nissan Concept 2020 Vision Gran Turismo
・Nissan GT-R LM Nismo
・Peugeot 208 GTi by Peugeot Sport
・Peugeot 908 HDi FAP – Team Peugeot Total
・Peugeot L500R Hybrid Vision Gran Turismo, 2017
・Peugeot L750R Hybrid Vision Gran Turismo, 2017
・Peugeot Vision Gran Turismo
・Peugeot Vision Gran Turismo Gr. 3
・Peugeot RCZ Gr. 3
・Peugeot RCZ Gr. 4
・Peugeot RCZ Gr. B Rally Car
・Peugeot RCZ GT Line
・Peugeot RCZ Gr. 3 Road Car
・Porsche 911 GT3 RS (991)
・Porsche 911 RSR (991)
・Porsche Cayman GT4 Clubsport
・Porsche 919 Hybrid (Porsche Team)
・Renault Clio R.S. 220 EDC Trophy
・Renault Megane Gr. 4
・Renault Megane R.S. Trophy
・Renault R.S.01
・Renault R.S.01 GT3
・Subaru Viziv GT Vision Gran Turismo
・Subaru WRX Gr. 3
・Subaru WRX Gr. 4
・Subaru WRX Gr. B Rally Car
・Subaru WRX STI Type S
・Subaru WRX Gr. B Road Car
・Toyota 86 GRMN
・Toyota 86 Gr. 4
・Toyota 86 Gr. B Rally Car
・Toyota 86 GT
・Toyota FT-1 Vision Gran Turismo
・Toyota FT-1 Vision Gran Turismo (Gr. 3)
・Toyota S-FR
・Toyota S-FR Racing Concept
・Toyota TS050 – Hybrid (Toyota Gazoo Racing)
・Toyota TS030 Hybrid
・Volkswagen Golf VII GTI
・Volkswagen GTI Roadster Vision Gran Turismo
・Volkswagen GTI Supersport Vision Gran Turismo
・Volkswagen GTI Vision Gran Turismo Gr.3
・Volkswagen Scirocco Gr. 4
・Volkswagen Beetle Gr. 3
(引用元:Autoblog 日本版 http://jp.autoblog.com/2017/10/07/all-162-cars-gran-turismo-sport/
Posted at 2017/10/08 13:37:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | ゲーム | 日記

プロフィール

「@kenicaba さん、こ、これは痛そうですね…(;´Д`) いつも停めるところはどうしても油断してしまいますよね。」
何シテル?   02/19 16:08
様々なボディタイプの車を乗り継ぎ、2012年11月より初のセダン、今のところ一代限りのLEXUS IS Fのオーナーです。 2015年9月、初代コペンから乗り...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

車の写真を撮るときに気をつけていること。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/31 13:41:26
FSW攻略 コカ・コーラコーナー&100R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/12 15:58:11

ファン

47 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS-F レクサス IS-F
2010年9月登録の2011年モデルをCPOで購入しました。 納車時走行距離:18,44 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2017年7月15日納車。 納車時走行距離:29,598km 通勤車両として ・車両価 ...
日産 ジューク 日産 ジューク
妻の愛車・16GT FOURです。 コペンがエンジンブローしてしまい、修理費がかさみそう ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
・FRのMTに乗りたい ・一度はクーペに乗っておきたい ・初のMT車なので、NAの自然な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.