• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Uzzy(M.Ujihara)のブログ一覧

2017年11月11日 イイね!

基礎から学ばないクルマ写真の撮り方 ~紅葉のホワイトバランス編~

基礎から学ばないクルマ写真の撮り方 ~紅葉のホワイトバランス編~すっかり紅葉お出掛けシーズンですね。燃えるような紅葉をバックに愛車を撮りたいという方も多いかと思いますが、ベストな紅葉の期間は意外と短い。まるで桜のように染まった端から散っていきます。ベストなシーンに遭遇したなら是非とも美しくそしてカッコよく撮りたいものですね。そこでどう撮ればいいのか、と色々考えるわけですが・・・紅葉を美しく撮るコツとテクニックはたくさんあります。


そこでいきなりたくさんのコツ、テクニックを覚えて実践するのは難しいので、今日は写真の色に大きく影響するホワイトバランスについてクルマと撮る場合を踏まえて考察してみようと思います。



ホワイトバランスとは
…マジメに書くとメンドクサイので以下引用を参照(←いきなり手抜きかよっ)

 ※wikipediaより

ホワイトバランス(英: White Balance, Color Balance)とは、カメラにおいて、さまざまな色あいの光源のもとで、望んだ色調の写真を得るための補正のことである。パランスについて純白の被写体をどう写すか、という点に代表させてホワイトバランスと言う。一般に赤みがかったり青みがかったりといった光源が多いため、赤-シアンを主軸とする「色温度」の調整が主となるが、他色の方向での調整も含む。


なんのこっちゃ???なのでもう少しわかり易く・・・


※オリンパスHPより
 ホワイトバランスって何だろう?

※ニコンHPより

 ホワイトバランス



うむ、正しく理解するにはちょっと小難しいことが書いてあります。よくわからん、そもそも読むのもメンドクサイという人はこれだけ覚えてください。

ホワイトバランスはこういう時に変更すると有効です。


もっと青っぽい写真にしたい ⇔ もっと赤っぽい写真にしたい

というよりも

もっと冷たい写真にしたい ⇔ もっと暖かい写真にしたい




通常カメラを購入したままで撮る場合はホワイトバランスはカメラ任せのオートになっていますが、撮影時の設定で冷たい感じ、暖かい感じを表現したい場合にこの設定を変更します。よく勘違いされることがありますが、ホワイトバランスは明るさを変更するものではございません。変更しても明るくなったり暗くなったりはしません。

カメラによって設定方法は異なりますが、メニューからホワイトバランスまたはWBを探してみてください。とうしても分からない場合はマニュアルでホワイトバランスの項を参照。設定方法はそれぞれですが、各メーカーとも設定できる内容は呼び方が異なりますがほぼ同じです。


では早速、こないだ撮ってきたトップの写真で見てみましょう。
急いで撮ったので絞りが足りずせっかく紅葉の背景がボケていますが、紅葉とクルマの色合いに注目してご覧ください。参考に各カメラメーカーのホワイトバランスの名称を記しています。(色温度はLightroom推奨値)





①ホワイトバランス:オート(AWB・自動):4700K

特に何も設定を変更しない場合のホワイトバランスはオートとなっているはずで、これはその瞬間にカメラがテキトー(適当)に判断したホワイトバランスが適用されます。このテキトーな判断はセンサーが受けた光をカメラやカメラメーカー独自のロジックで行っており、同じ風景を撮ってもカメラごとに、また光の加減で微妙に変わってきます。カメラを作っているメーカーの人たちの好みともいえます。
さてこの写真は、まあ普通ですかね。細かく見てみるとバックの紅葉は見事に色付いていてクルマもカッコよく写っています。が他と比較するとわかりますが、本来ホワイトパールのボクのエイトがやや青みがかっているようにも見えます。青かぶりとも言われ写真に詳しい人には嫌われる傾向にありますが、逆にこの青っぽさ嫌いじゃない、むしろ好きな人もいますね。ボクもややそうですが。



②ホワイトバランス:太陽光(晴天):5500K

設定を太陽光として撮った時の写真です。キヤノンの場合オートの次にある設定で、比較的よく使いますね。上のオートの場合と比較すると、紅葉の鮮やかさが増して、クルマの青みもかなり解消されています。ただ、細かく見るとわずかに青は残った状態ですが、自然なバランスとも思えるでしょう。



③ホワイトバランス:くもり(曇天):6500K

くもりモードでは全体的に暖かみが増します。背景の紅葉がより鮮やかに燃え上がり、若干盛られた写真になりました。クルマの青みは完全に解消され純白に近くなりました。一般に紅葉でおススメなのはこの辺りですね。



④ホワイトバランス:日陰(晴天日陰):7500K

日陰モードははもっとも赤く、暖かみが感じられる設定です。紅葉を色飽和させておもいっきり秋満開を表現できますが、だいぶ盛られた感じにもなります。太陽光ではまだピーク前だった奥の方のもみじもちゃっかり色付いています。クルマはさらに純白から赤みがさしてクリーム系とも思える色に近づきます。



⑤ホワイトバランス:白熱電球(タングステン、白熱灯、電球):2850K

完全に逆張りの冷徹なモードは白熱電球。ツンドラ気候のツンデレ写真、もう少し暗めで北野ブルーな世界が表現できます。紅葉にはあまりお勧めしませんが、クルマの無機質な雰囲気や夜景などで活躍することもあります。冬の寒々しさを表現するにはピッタリかもしれません。



⑥ホワイトバランス:蛍光灯:3800K

色温度の数字を見ればお分かりかと思いますが、白熱電球よりは太陽光に振ったモード。紅葉は痩せてしまってこちらも季節は冬ですね。クルマも十分に青くシャープな印象を感じ取れます。




いかがでしょうか。
どの写真がよいか?というのはその写真を見る人それぞれだし、その時の気分にも左右されたりするので、優劣は付けなくてもよいのですが、このシーンでは紅葉の鮮やかさをたっぷり表現しつつクルマは自然にカッコよく、をイメージしていたので、くもり~日陰がベスト、とボクは判断しました。そしてクルマはできれば紅葉に引っ張られずに純白で際立ってほしかったので、現像時にさらに色温度を微調整して7350Kとしました。


☆ホワイトバランス:色温度指定:7350K







数値でイメージするならオリンパスのサイトのこの図がわかり易いようでわかりにくいのですが、

太陽光5500K辺りを中心に赤い方←、青い方→、となっていますが、これは光源の色温度であってカメラの設定はこの値を相殺するような逆の数値を設定すると適正になるということです。よけい分かりにくいか。






というわけで、本来は被写体を照らしている光源によってモードを使い分けることで、より見た目に近い正しい色に補正することが目的のホワイトバランスですが、その風景、季節、シーンに合ったモードを設定することで、自分の表現したい写真に近づけることができるので、是非今後の紅葉撮影に限らず活用してみてください。オートモードホワイトバランスは便利だけど、カメラがその風景を理解しているわけではない、意外と外すことがあるのでね。
ちなみにここまで読んでお分かりかもしれませんが、RAWで保存した場合は現像時にホワイトバランスを自由に変更できます。なので撮影時の設定は全く関係なかったりします。っが、撮ってすぐカメラの背面液晶で観てより自分のイメージに近づけておくことは上達への近道ですね。






じゃ、先週長男の関東大会新人戦で山梨に行ったついでに立ち寄った昇仙峡にて、モリモリの紅葉を!ここまで書いて肝心のクルマは写ってないですが(笑)



momiji
MapleSS:1/4000
f/1.6
ISO:500
WB:8100





昇仙峡
昇仙峡
SS:1/25
f/8.0
ISO:500
WB:7250






<camera>
EOS5DⅢ
<lens>
EF50mm F1.2L USM




さて、今日は秋ヶ瀬スローシャッターの予定でしたが、遅くなっちゃったのでキャンセル(もし今向かってるよーという人がいたら急ぎ向かいますので連絡ください)。そして明日の袖森流し撮り教室は中止になりましたが、色々あって多分午前中は袖森にいます。


じゃ


Posted at 2017/11/11 17:05:02 | コメント(6) | トラックバック(0) | カメラのはなし | クルマ
2017年11月03日 イイね!

東京モーターショー2017



空いてそうな日にサクッと行ってきましたので
気になったクルマをちょっとだけフォトレポート













クルマから愛を、もっと。
っと言われるとトヨタは特に愛に飢えているように聞こえなくもないが…
TOYOTA CONCEPT-愛i
TOYOTA CONCEPT-愛i








一瞬コンセプトカーかと思ったけどニューモデル、このまま出るんですね。やるなトヨタ!

3代目 センチュリー
TOYOTA CENTURY








迷走しているのかニッサン…ちょっとよくわからなかった
Nissan concept









バイクが目立ったけどホンダ、クラシカルのようでモダーンじゃないか!
スポーツEVコンセプト
HONDA Sport EV concept










最新のポルシェが最良のポルシェ
911GT3
Porsche 911GT3






こいつを持ってくる辺りがポルシェの余裕を感じますね
356 スピードスター
Porsche 356 speedstar













ときどきバイクはカワサキ
Ninjy H2 CARBON
Kawasaki Ninja H2 CARBON















今この会場で二番目に美しいクーペ?
BMW コンセプト 8 シリーズ
BMW Concept 8series














そして我らがマツダから
アクセラコンセプトかな
Mazda concept KAI (魁)
Mazda concept KAI (魁)







そしてRX-VISIONから発展、今世界で一番美しい4ドアクーペ
Mazda VISION COUPE
Mazda VISION COUPE

将来のRX-8すら予感するが、SKYACTIV-R搭載は当分先?
マツダ、2019年に発売する電気自動車に発電用ロータリー・エンジンを搭載

レンジエクステンダーとしての生き残るのみか…ロータリーの足音は遠いようで…





<camera>
EOS5DⅢ
<lens>
EF50mm F1.2L USM










やはりモーターショーはライティングが相応に煮詰められているので、露出アンダー目でカッコよく撮れますね。明るめの単焦点で臨むのもオモシロいです。

あ、今回オネーチャンフォトはございません。
申し訳ございませんm(__)m



さて今週末から当面の予定は、こんな感じになっております。
11/4-5 自転車関東新人大会山梨境川自転車競技場
11/11 秋ヶ瀬スローシャッター
11/12 第24回 袖森フェスティバル
11/26 もてぎ7時間エンデューロ 2017秋大会
12/10 湾岸併走撮影会




じゃ


「東京モーターショー2017」についての記事

この記事は 東京モーターショー2017 について書いています。
Posted at 2017/11/03 17:08:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | モーターショーレポート | クルマ
2017年10月28日 イイね!

全日本モトクロス選手権第8戦(関東大会)

全日本モトクロス選手権第8戦(関東大会)

1年ぶり!
今年も川越のオフロードビレッジに行ってきました。










毎度泥んこ砂ぼこりが激しいので、今回はカメラにキッチリ対策、レンズ交換しないように7D+70-200、5D3+16-35で行きましたが、初日前半に雨がしっかり降ったので、砂ぼこり少な目でした。そしてコースが湿ってて黒いので、全体的に去年よりコントラストが高い感じの写真になりました。個人的にはこっちの方が好み。








All Japan Motocross Championship









やはりモトクロスは迫力のジャンプシーンがオモシロいんだけど、それ以外も広角、望遠使いながら色々撮ってみましたよ。






All Japan Motocross Championship









All Japan Motocross Championship









All Japan Motocross Championship









All Japan Motocross Championship












レディースクラス




All Japan Motocross Championship









All Japan Motocross Championship












ちびっ子クラス




All Japan Motocross Championship







All Japan Motocross Championship











そして本日の一枚、いや二枚


"Jump Out part1"
All Japan Motocross Championship







"Jump Out part2"
All Japan Motocross Championship
※The ART SPORTS PHOTO GALLERY by 東京カメラ部掲載写真




<camera>
EOS7D
EOS5DⅢ
<lens>
EF16-35mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L IS USM






そしてまた今週末も雨ですね。
ほんとに今年は週末雨多し。
明日は雨の中で筑波走行会撮影ですぅ@クレバーレーシング


そして、12月10日併走募集中です~
湾岸併走撮影会


2017年10月21日 イイね!

澤圭太凱旋!雨のWEC Fuji 6hours









花のナナロク世代、大雑把だけどマメなB型、2児の父親、そしてみんカラ始めて12年(←はい、ここまでUzzyと一緒w)の国際レーシングドライバー澤圭太、昨年Le mans 24時間レースに出場から今年はなんとWECレギュラードライバーとしてもちろんLe mans 24時間も出場からWEC第7戦富士凱旋レース。
今年はパドック入れなかったのでフェンスの外からお届けしま~す。



っと、その前にちょっと復習


→2016
澤圭太、今年は惜しくも2位!GT-Asia Rd7/8@FSW


→WECとは
WEC観戦のススメ







うんうん、そして今回予選ポール、スタートからクラストップを快走、上位クラスをも凌駕する走りを見せてくれました。

Clearwater Racing Ferrari 488 GTE



Clearwater Racing Ferrari 488 GTE




レースはしかし見ての通りハードウェット、雨が弱まると同時に濃霧で視界不良、やがてまた雨が強まり霧は弱まるという繰り返しのコンディション。視界不良となる度にセーフティーカーが出動、そして赤旗で中断、再開も残り1時間で2度目の赤旗で再開されることなく終了となりました。





我らがCarNo61 Clearwater Racing Ferrari 488 GTEは澤圭太トップ快走もセーフティーカーとピットインドライバーチェンジのタイミングで2位に後退、2回目の赤旗中断でそのままレース成立となり2位が確定。再開していればもちろん優勝狙えたレースだっただけに残念ではあったが、チャンピオンシップポイントではトップを奪取、年間チャンピオンが近づいてきた。来年もまたこの富士で会いたい。


Clearwater Racing Ferrari 488 GTE



さて、そこで気になるのは来年のWECについてだが、プロトタイプカー最高峰のLMP1-Hクラスではトヨタの最大かつ唯一のライバル"ポルシェ"が今シーズンを最後に撤退、来年トヨタのみで果たしてレースが成立するのか?今まで日本のチームがル・マンを制したのはただ一度、そう91年のマツダ787Bだけ。トヨタはその栄冠に届きそうで届かない悔しい挑戦を続けてきたが、来年もし1チームだけなら完走=優勝となるが??と思っていたところレースレギュレーションも大幅に変更、チャンピオンシップサイクルも2018-2019シーズンのイレギュラーパターンとなり、ハイブリッドとノンハイブリッドが統合され性能調整が行われる模様。FIAは開発コストを下げて間口を広げ、プライベートチームでも優勝の可能性があるシリーズを作りたいということだろう。トヨタは参戦をまだ名言しておらず、伝統のLe Mansを獲りに行くチームがどこになるのか全く予想もつかない状況。



というわけでボクがLe Mansを撮りに行くのがいつになるのかも全く予想がつかない状況だす(笑)




WECラストランとなったポルシェに、今年のLe Mansも苦渋を味わったトヨタだが





庭の富士ではさすがの1-2フィニッシュ!

中嶋一貴の8号車
#8 TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID

小林可夢偉の7号車
#7 TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID



というわけで、いつの日かLe Mansで会おう!


WEC Fuji 6hours




【業務連絡】
台風の直撃が予想されるため、明日の秋ヶ瀬スローシャッターは中止致します。
次回10/28(土)スローシャッター+レンタルカートを予定しています。




2017年10月03日 イイね!

寸止めの美学(笑)









久々にいつもの沼で定点観測
時間が無かったので30分だけ1本勝負、運よく1回だけ飛んでくれました。




Kingfisher




Kingfisher




Kingfisher




Kingfisher


<camera>
CANON EOS 7D
<lens>
EF400mm F5.6L USM


決定的瞬間は不発だったので寸止め(笑)そして彼の漁も不発だったようです(>_<)
久々に7D使ったけど、連射が速いので楽ですね。画質はちょっとアレですが。ただやはりカワセミくんを狙うにはレンズが厳しいなと。せめてテレコンとかビデオ雲台とか・・・










さて、何件かお問い合わせいただいております秋ヶ瀬スローシャッター・シーズン8ですが、10月22日(日)開幕を考えています。天候も見ながらの開催になりますが、参加希望者ご連絡ください。いつも通り16時頃~19時まで撮影、終了後サーキット秋ヶ瀬でレンタルカート!に行くかもです。

RX-8







あ、今週末10/7or10/8は川越でモトクロス、10/9は筑波で走行会撮影の予定です。
筑波は時間がたっぷりあるので、流し撮り練習会(無料)でも開催しようかなと思うので興味ある方ご連絡ください。




じゃ






プロフィール

「今日は袖フェスでーす」
何シテル?   11/12 11:18
ITエンジニア兼カーフォトグラファーのUzzyです。 1枚の写真にその被写体の躍動感とドラマを詰め込みたい。 もしもどこかですれ違ったなら、 ウッジー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ブログカテゴリー整理と今後の活動 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/01 10:14:19
澤圭太 KART 秘密の上達方法 
カテゴリ:KART
2010/11/07 01:16:40
 

お友達

サーキット、ストリート、写真好き、クルマ好きの方どうぞお気軽に♪ファン登録も歓迎です。
さあ一緒に愛車を撮りに出かけよう!!
127 人のお友達がいます
ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認 セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認
キヨさんキヨさん * 澤 圭太澤 圭太 *
けい@kyeけい@kye * A-specA-spec *

ファン

132 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-8 マツダ RX-8
家族4人が乗れるギリギリの妥協点。そして見た目も運動性のもスポーツカーとしてギリギリの妥 ...
日産 シルビア 日産 シルビア
一応4人乗りでスポーツカー 嫁さんのお気に入りだった青を新車購入。 前車SW20に比べる ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
憧れのミッドシップ2シーター 初めての愛車です。 こいつと夜な夜な関東の山に出かけました ...
日産 マーチ 日産 マーチ
結婚当初Uzzymamaが乗ってたマーチ もはや年式もグレードもあやふやだが、3ドア、タ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.