車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月23日 イイね!
サーブ 9000以前地元で見かけたサーブ・9000CS。見慣れないデザインの車が前を走っているなあと思ったらサーブ、しかもはじめてお目にかかった9000でした。このサーブ9000にはいくつかボディタイプが存在し、通常の4ドアセダンの9000CD、そして5ドアハッチバックの9000CC、そしてセダンのようなデザインながらアプローズのように5ドアハッチとなっているスポーティなハッチバックのこの9000CSが存在しています。

このモデルはフィアットと共同開発で誕生したモデルで、ランチア・テーマ、フィアット・クロマ、アルファロメオ164と姉妹車という関係に当たるモデルですが、日本には正規で輸入が行われたものの、フラッグシップモデルであったこともあり600万以上といったかなり高額なモデルであったこともあり非常に希少なモデルでは無いでしょうか。

この個体は当時のナンバーである「大阪33」の二桁ナンバーという点も凄いですね。よほどこだわりがあって購入、そして乗っておられるに違いありません。

後継であるサーブ・9-5も含め、サーブは日本においては見かける機会が全般的に少ないメーカーですが、このモデルは特にその中でも希少には違いありませんので、維持はかなり大変かと思われますがずっと乗り続けていただきたいものですねぇ。
2017年04月22日 イイね!
スバル サンバー以前豊能にて見かけたスバル・サンバー。当時は沢山走っていたであろうKTサンバーですが、今ではすっかり見かけなくなったモデルですね。しかしながらこうして残っているのが流石農家コンディション。大切に今でも使用しているのでしょう。

さて、この個体は林道を抜けた村の中、もはや愛機では突っ込んでしまったら最後、Uターン不可能な道路を突き進んだ結果発見至った個体で、もう1度遭遇するにも道が分からずもう2度と遭遇することは無いであろう個体です。ナンバーは軽貨物ながら「大阪51」の2桁ナンバーを掲げた謎の個体です。また、同じスバル車の物でこそありますが、別モデルのホイールキャップがいいアクセントとなっておりますね。


リアです。この縦に並んだ灯火類がこのモデルの特徴とも言えますね。この後8回くらい切り返してようやく引き返すことが出来たわけですが、当然こんな素晴らしい個体がいるとは知らず迷い込んだ道でしたので、機械モノが相手でも出会いというものはいつあるか分からないなあと感じさせられた次第です。
2017年04月22日 イイね!
トータス タントシリーズ以前地元で見かけたダイハツ・タント。ではありますがなんだこの顔・・・。

調べてみたところ、このモデルはダイハツ純正ではなく、トータスという自動車販売店がカスタムした「タント・クラシック」というカスタムカーのようです。軽自動車のハイト系のモデルではワゴンRやプレオなどのモデルにクラシック調のモデルがメーカー純正で設定されたことがありましたが後部ドアがスライドドアとなっているハイト系モデルには今までクラシック調モデルは確かにありませんでした。タントもかなりの数が売れ、大ヒットとなったモデルですが、その中でもこのモデルは目立つこと間違いないでしょうね。

丸目となり、クラシック調のグリルが与えられるとかなり印象が変わって見えますねぇ。当然、少数のみ製作されていると思われ、自分はこの個体が初めて見たモデルとなりました。

また、スタイルが変わりますが同じくトータスが製作した「タント・ベアー」。こちらは滋賀県にて遭遇した個体です。名前の通り、フロントデザインがクマのぬいぐるみの顔のように見えるようデザインされたモデルで、間違いなくターゲット層は若い女性でしょうね。ライトが目、楕円形のグリルは鼻、ということでしょうか。

少し違う角度より。こちらは同業の知り合いが別個体を撮影しており、自分も知ることとなったモデルです。こちらのモデルはダイハツのエンブレムが装着されていることもあり、出来も良いのでメーカー純正かと必死になって調べた覚えがあります。

こちらも流通台数は少ないでしょうから、希少なモデルであることは間違いないでしょうね。

最近は軽バンでワーゲンバス風にカスタムするようなのも流行っておりますので、こういったモデルも一定数の需要があるのではないでしょうか。

ちなみにこれらを製作しているトータスはラパンをルノー・キャトル風に仕立てたモデルやコペンをベースにレトロ調に仕立てた「KMコペン」など、街中やイベントで稀に見る仕様のモデルを製作しており、こういったモデルの製作を得意としているようですね。
2017年04月19日 イイね!
ダットサン ブルーバードU以前京都市内で見かけたダットサン・ブルーバードU。先代の510ブルより大型化され、車格が上級化されたモデルでした。

この個体は4ドアセダンですが、2ドアハードトップ、5ドアワゴンといった設定があったのも当時らしいでしょうか。また、2ドアハードトップはクーペを廃して登場したモデルで、真新しさを感じさせますね。この個体は2000GT-XでL20搭載のスポーティグレード。しかしながら「京56」ナンバーにフェンダーミラー。当時の雰囲気を感じさせる凄まじい個体です。

普段より大切に保管されているからこそのこのコンディションでしょうか。車両の雰囲気からかなり好きで乗っておられるようですね。特徴的なサメ顔は残念ながら後追いなので撮影出来てはいないのですが、賛否あるアクのあるこのデザインも個人的にはかなり好きなモデルです。

ちなみにエンブレムの「NAPS」は「Nissan anti pollution system」の略で50年排ガス規制の適合のための仕様変更が施されていることを示すものです。またこのエンブレムが外されてしまうことが多く、こういったのが残されているのもうれしい限りですね。


Posted at 2017/04/20 00:23:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 街で見かけた旧車(日産) | クルマ
2017年04月17日 イイね!
いすゞ ジェミニ去年地元のホームセンターの駐車場にて遭遇したいすゞ・ジェミニ ZZハンドリング・バイ・ロータス。地元では見かけない個体だなと思ったのですが、ナンバーから推察するとどうやら来客であったようで、イベントのステッカーが貼ってあったりすることから愛着を持って保護されている個体であるようですね。

この個体は中期に当たるモデルで、このハンドリング・バイ・ロータスだけでなくイルムシャ―などのスポーツグレード、そしてユーロルーフなるキャンバストップのラインナップ、そして多数の特別仕様車があり、いすゞの乗用車部門が輝いていた時代のモデルであるように感じます。

このBBSのホイールはZZ-SEでは標準、それ以外ではオプションという扱いでしたね。

サンルーフ付き。

今となってはこういったモデルを入手された方はなかなか手放さないと思いますので、購入しようと考えるとなかなか手が届かないモデルのように感じます。

また、この中期と後期ではリアのナンバーの取り付け位置が異なりますので、その辺もガラッと印象が変わるモデルですね。しかし、どのモデルにも言えることですが、やはりスポーツグレードはマニアに手厚く保護されることもあり、残りやすいのですがベースグレードとなると本当に見かけなくなってしまったモデルでもありますねぇ。

プロフィール
「サーブ 9000 http://cvw.jp/b/1483862/39657475/
何シテル?   04/23 23:05
しばとらと申します。旧車、中途半端に旧いネオクラシッカー、または全く売れなかった珍車、そしてあまり見かけることの無い高級車など変態的な車が好きです。ブログでは主...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
ケアンズで見た車たち③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 00:55:28
蛭子さんがアニメ化!?(驚!!) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/11 21:51:05
日産 スカイライン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/11 05:14:22
ファン
143 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ コルサ トヨタ コルサ
トヨタ コルサ(EL41)TXに乗っています。こちらがメイン車です。通勤、通学、旅行はこ ...
スバル サンバー サンバー550 (スバル サンバー)
たもん号と呼ばれています。サンバー550です。2012年3月まで営業車だったのを車検切れ ...
スバル サンバートラック サンバー550トラック (スバル サンバートラック)
部品取りに購入しました。昭和53年式スバルサンバー550。サンバー5の中期型、スーパァデ ...
日産 クルー 日産 クルー
仕事している会社で社用車として使用されているクルーです。 走行距離78万キロ超。エンジ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.