• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しばとらのブログ一覧

2017年10月13日 イイね!

ボルボ 264TE

ボルボ 264TE以前京都市内で見かけたボルボ・264TE。ボルボ・260シリーズをベースとしたストレッチリムジンで、75~81年に生産されていたモデルです。東ドイツの公用車として多数が採用されていたモデルだったりしますが、日本にも輸入されている個体が「京33」なんていうナンバーを掲げて現存していたとは大変驚かされました。

このモデルは正規で当時輸入販売を行っていた帝人ボルボから販売が行われており、この個体も恐らくは正規モデルでは無いかと思われますがこれは凄いですね。

この260シリーズは人気のある5ドアワゴンや4ドアセダンを初め、このリムジンの他にもベルトーネ架装の2ドアクーペなども存在し、非常に人気の高さを窺わせるモデルです。

あまり走行距離も走っていないような気もしますので、捉えられただけでも恐らく奇跡なのでしょうが、機会あれば前からのカットも抑えたいものですね。
2017年10月11日 イイね!

日産 ウィングロード

日産 ウィングロード昨年大阪府某所で撮影出来た日産・ウィングロード。ウィングロードとしては初代に当たるモデルで、それほど古いモデルに感じられなさげですがこのモデルは最終モデルでも1999年式。それはもう見かけなくなって来ているはずですよね。

退色しやすそうな赤&シルバーとのツートーンですが、塗装が驚くほど綺麗な状態が維持されているのを見ると保管条件が相当いいのではないかと思われます。派手な色ですがブルーにこのシルバーとのツートーンもあったりとなかなか配色は若々しい色も設定されており、今となってはレアカラーに分類されるのではないでしょうか。

この個体は後期型に当たるモデルで、実はこのウィングロードはマツダにもOEMされていました。探してみるとなかなか見つからないもので、今年は6件ほどの収穫しかありませんのでこのモデルも気づけば絶滅危惧種となっている可能性もあるのではと思うのですが・・・。
Posted at 2017/10/11 23:56:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 街で見かけた珍車(日産) | クルマ
2017年10月09日 イイね!

プジョー 205 GTI

プジョー 205 GTI以前隣町のショッピングセンターの駐車場で見かけたプジョー・205 GTI。日本においては86年より導入が開始され、この個体の1900ccモデルは88年に登場。この個体は左ハンドルですが右ハンドルのモデルもこの1900ccモデルの登場と共に設定されています。

恐らくナンバーか
ら推察すると当時新車で販売されていた頃の登録でずっと今まで大切に乗ってこられたのでしょうね。

フロント。このGTIは205の中でもホットハッチ的なスポーツモデル的存在で、もっと凄い物でターボ16というモデルも存在しました。そちらはアウディやランチアなどが活躍していた当時非常に人気の高かったグループBのほホモロゲーション取得の為市販されたモンスターマシンでした。

フロントグリルのエンブレム。
ピラーを見ると1900ccモデルであることを主張。当時らしいワンポイントでとてもカッコいいですね。
暗く見えにくいですが後部アングル。この時期のこの手のモデルは世界的に人気になってきており、そこそこの高値で取引されていますが、このモデルも同じく程度の良い個体に巡り合うのはなかなか大変そうですね。ちょくちょく見かける個体ながらいつも綺麗に保たれており、きっと今も大切に乗っておられることでしょうね。

2017年10月06日 イイね!

日産 フィガロ

日産 フィガロ以前地元で見かけた日産・フィガロ。当時日産が販売していたパイクカーシリーズのBe-1、パオに続く第3弾目となったモデルで、初代マーチをベースに91~92年に限定2万台抽選販売が行われたモデルでした。

流石に年式が年式ですので以前よりだいぶ街中では姿を消しているものの、やはり以前として人気が高く、綺麗に直しているマニア所有と思われる個体を度々見かけることがあります。

そんなモデルですが、この個体はナンバーから推察すると当時よりずっと乗っておられるようで、かなり程度が良く、大切にされているのが分かります。全く同色のものに中学の頃の先生が乗っていましたが、普段使いしていることもありやはり相応にヤレており、最終的には3代目プリウスへと代替されてしまったのが思い出されました。

フィガロもグレーやクリーム色など複数色がありましたが上記した理由もあり、フィガロと言えばやはりこの色の印象が強いですね。一時期クラシカルに市販車をベースとして仕上げたモデルがブームとなり様々なメーカーが出しておりましたが、バブルもありますが当時の日産のパイクカーシリーズは本当に素晴らしいデザインで、90年代初頭のモデルとは思えないかなり出来の良いモデルだと思います。

また、このモデルは海外でも人気があるので下手したら今でも海外へと渡っているかもしれませんね。その先生の乗っていたフィガロもエンジン不調ながら想像以上の高価買取が実現したそうです。中古で出ている台数もここの所かなり少ないので、貴重な1台、これまで同様大切に乗り続けていただきたいですね。

Posted at 2017/10/06 01:27:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 街で見かけた珍車(日産) | クルマ
2017年09月26日 イイね!

スズキ エスクード

以前地元で撮影出来たスズキ・エスクード。初代エスクードも気が付けばだいぶ姿を消してきたモデルですね。特にノマドのV6なんて少ないと思われますが、案外僕の撮影個体はV6が多いような気もいたします。

さらにこのモデルは限定車のゴールドウィンリミテッドで、他にも同じくスポーツ用品ブランドであるヘリーハンセンの名前が取られた特別仕様車が設定されていました。

このモデルの登場により他もメーカーもシティユースにも適するSUVを次々と登場させ、与えた影響は非常に大きかったと思います。しかし、ラダーフレームでしっかりと当時の4駆と同等程度の性能を満たしていたモデルでした。そのコンセプトは3代目までしっかりと引き継がれておりましたね。

プロフィール

「ボルボ 264TE http://cvw.jp/b/1483862/40571559/
何シテル?   10/13 23:27
しばとらと申します。旧車、中途半端に旧いネオクラシッカー、または全く売れなかった珍車、そしてあまり見かけることの無い高級車など変態的な車が好きです。ブログでは主...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

NP300ベース ルノーピックアップトラック  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/10 01:25:09
ケアンズで見た車たち③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 00:55:28
蛭子さんがアニメ化!?(驚!!) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/11 21:51:05

ファン

148 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コルサ トヨタ コルサ
トヨタ コルサ(EL41)TXに乗っています。こちらがメイン車です。通勤、通学、旅行はこ ...
スバル サンバー サンバー550 (スバル サンバー)
たもん号と呼ばれています。サンバー550です。2012年3月まで営業車だったのを車検切れ ...
スバル サンバートラック サンバー550トラック (スバル サンバートラック)
部品取りに購入しました。昭和53年式スバルサンバー550。サンバー5の中期型、スーパァデ ...
日産 クルー 日産 クルー
仕事している会社で社用車として使用されているクルーです。 走行距離78万キロ超。エンジ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.