• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しばとらのブログ一覧

2018年01月19日 イイね!

ヒュンダイ XG

ヒュンダイ XG以前大阪府南部で撮影したヒュンダイ・XG。そういえばこんなのも撮影していましたが、忘れていました。ヒュンダイのモデルは日本で正規販売していた頃、あまりにも売れずに撤退したとよく言われておりますが、このブログでは頻繁に登場するメーカーですので実は売れていた?と錯覚はしませんかね。

このモデルはプラットフォームはディアマンテ。少し前までは三菱のモデルのライセンス生産を行っていたりしたメーカーでしたが、この頃よりオリジナルのデザインが与えられるようになっています。特にこのXGの前期は個人的に好感度が高く、後期はナンバーの位置がバンパー上、トランク部分に移動しマジェスタみたいになるのですが、この前期はいやらしさを感じない、落ち着いたデザインのモデルでは無いかと思います。後に販売されるグレンジャーよりもこちらの方がデザインでは好きでした。
alt
流石に撤退してから久しくタマも減ってきていそうですが、先日もシルバーのXG、そして黒のTBを見かけましたのでまだ細々と生き延びている個体がいるようです。現在のヒュンダイのモデルはアクが強く結構目立つのですが、この辺のモデルは少々地味であるからかあまり目撃証言が上がらないですよね。

2018年01月17日 イイね!

マツダ センティア

マツダ センティア以前地元で見かけたマツダ・センティア。このモデルは2代目となるモデルで、先代の低めのデザインよりも押し出し感や重厚感のあるモデルとなっています。

先代モデルは元々当時高級車ブランドとして「アマティ」を設立する予定であり、先代モデルはフラッグシップモデルでありながら高級感を感じさせるモデルというよりパーソナルセダン。それがアマティ設立それ以前の問題で経営難でマツダ自体の経営の危機となり、先代センティアがやむを得ずフラッグシップモデルとなった経緯があります。
alt
当然ながらパーソナルセダンというだけあって低い流麗なボディでは居住性、収納性に劣るためモデルチェンジの際はこのようなデザインへと変貌。モデルチェンジの際にこのようなフラッグシップモデルと言える堂々とした車格になりました。

しかしながらこのデザイン、当時設立予定だったアマティの幻の高級モデル、「アマティ・1000」に非常にデザインが酷似していると言われています。ですが、このモデルの登場はバブル崩壊後。コストダウンも行われたのは当然ながら時代も厳しく、他社のこのクラスのモデルよりは見かける機会が少なかったモデルですね。

2018年01月15日 イイね!

トヨタ ハイエーストラック

トヨタ ハイエーストラック以前大阪府某所で見かけたトヨタ・ハイエーストラック中期型。これも地方では結構見かけたものですが最近は見かける機会がすっかり少なくなってきたモデルですね。

ざっくり前期、中期、後期と分けられるこのハイエーストラックですが、実際にはちょくちょくとマイナーチェンジをしているようでそれらの違いを探すのもなかなか興味深いモデルであります。現在はハイエースにトラックがあったのかと若い方なら思われるかもしれません。しかしながらハイエースには初代の登場からからずっと箱型以外にもトラックの設定のあったモデルでした。
alt
別の日には撮影のしやすい路上へと出てきていたため撮影。上の写真では商用車らしくガンガン使われていそうな様相ですが実際にはそんなに使われず普段は仕事をサボっているのか経年を感じさせないこの美しいコンディション。普段は屋根付きの車庫に置かれているのは間違いないでしょう。
alt
リアのステッカー類も状態は良好。今回の撮影はナンバーからは遠方での仕事ですが実際には走行距離も少なそうです。鳥居の錆の少なさやキャビンの後部も綺麗でこれにはビックリでした。
alt 

本拠はナンバーの地域なのでしょうが、まだまだ使われていると良いですね。


2018年01月11日 イイね!

日産ディーゼル コンドルS

日産ディーゼル コンドルS
以前和歌山県で遭遇した日産ディーゼル・コンドルS。地元では排ガス規制の影響ですっかり淘汰されてしまったモデルですが、近場の近距離の配送や建設車両としてこのようなベッドレス車が価格も安価であったことから好んで導入されました。

このように比較的距離を走らないダンプやタンクローリーなどの生き残りが非常に多いモデルだと思います。
alt

このモデル、2t車である初代アトラスワイドのキャブが流用されており、また初代アトラスはキャラバンのフロントドアが流用されていることから、ドア下部の形状がフェンダーと合わないため違和感を感じますね。
2018年01月08日 イイね!

三菱 プラウディア

三菱 プラウディア
以前京都市内で見かけた三菱・プラウディア。このモデルはY51フーガをOEM供給受ける形で久々に名称が復活したモデルです。プラウディアはエンブレムを変更するだけでなく、グリルもフーガとは異なるデザインへとなっておりますので、印象もガラッと違って見えるモデルですね。自分はこちらのデザインの方が品行方正な雰囲気で好きだったりします。
alt
少し異なるアングルから。営業ナンバーということでハイヤーなんでしょうね。三菱の役員を乗せることがあるので三菱車の方が好ましいという事での導入だったのでしょうか。
alt
先代プラウディア、その前のデボネアもそうでしたがこのモデルも「三菱系企業の重役車」のイメージが強かったのかあまり見かけることも無く2016年12月にラインナップから消滅してしまいました。

Posted at 2018/01/09 01:41:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 街で見かけた珍車(三菱) | クルマ

プロフィール

「京都では個人タクシーも含めだいぶJPNタクシーが増えてきました。車両価格が高くもう少し導入が遅いのでは無いかと思っていましたが、デビュー当日から走ってましたね。」
何シテル?   01/20 09:31
しばとらと申します。旧車、中途半端に旧いネオクラシッカー、または全く売れなかった珍車、そしてあまり見かけることの無い高級車など変態的な車が好きです。ブログでは主...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

NP300ベース ルノーピックアップトラック  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/10 01:25:09
ケアンズで見た車たち③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 00:55:28
蛭子さんがアニメ化!?(驚!!) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/11 21:51:05

ファン

153 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コルサ トヨタ コルサ
トヨタ コルサ(EL41)TXに乗っています。こちらがメイン車です。通勤、通学、旅行はこ ...
スバル サンバー サンバー550 (スバル サンバー)
たもん号と呼ばれています。サンバー550です。2012年3月まで営業車だったのを車検切れ ...
スバル サンバートラック サンバー550トラック (スバル サンバートラック)
部品取りに購入しました。昭和53年式スバルサンバー550。サンバー5の中期型、スーパァデ ...
日産 クルー 日産 クルー
仕事している会社で社用車として使用されているクルーです。 走行距離78万キロ超。エンジ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.