車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月23日 イイね!
トヨタ bBオープンデッキ先日京都市内で見かけたトヨタ・bBオープンデッキ。bBは当時、デザインや明確なコンセプトから大人気となり、また広々としな車内空間や見切りのいい箱型のデザインであることから、若者の男女問わず、年配の方まで幅広い層に受け入れられたモデルでした。

その中でもこのピックアップタイプのオープンデッキは、出た当初から斬新なモデルでインパクトはあったものの、あまりにも奇特すぎるためかあまり売れていなかったようです。ただ、探せばちょくちょく見かけますので人とは違った車に乗りたいといったコダワリがある方が乗っておられるのでは・・・といった印象があります。

こういう奇抜なモデルを出せるのはトヨタだからこそでしょうね。今では軽自動車ですら「遊べるモデル」が沢山登場しております。今こういったモデルを出せばもっと評価が高かったかも知れませんが・・・。

リアです。

完全にピックアップの代わりとして使用されています(爆)しかしながら、元々黄色という外装色に加え、通常のピックアップでは貨物登録となり毎年車検となるものの、オープンデッキは5ナンバーですので車検は乗用車と同じ。こういう商用的な使い方をするにはある意味賢い車種選択と言えます。

ただ、やはり初めて見かけたときはドえらい車でドえらい使い方しちゃってるよと驚いたものですが・・・・笑
2017年02月23日 イイね!
三菱 パジェロ J-TOP先日神戸にて見かけた三菱・パジェロ J-TOP。最近は街中でも2代目パジェロを見かける機会が減ってきましたね。当時はかなりの台数が売れた三菱の大ヒットモデルであったのですが、近年のエコ志向や海外から熱いラブコールを受け、どんどん国外へと輸出され代替されていっているモデルですので、見かけなくなっていくのも仕方のないことではありますが・・・。

この個体はJ-TOPと呼ばれるモデルで、フロントルーフは電動キャンバスサンルーフ、後部は幌で覆われた4駆ブームの中で登場したワイルドな外観のモデルです。他のSUVでもこのような後部が幌であったり、ハードトップながら脱着が可能であったりしたモデルがたくさん存在いたしました。シティーユース向けのマイルドな乗り味が売りであったエスクードでさえも後部が幌のモデルをラインナップしていた時代でした。


リアです。

最近はSUVも高級志向なものばかりとなり、こういった悪路をガンガン走れそうな様相のSUVは当時より減ってしまいましたね。時代の変化と言われればそうなのですが、何とも寂しいものです。また、J-TOPはあまり見かけることも無く、自分は未撮影ながら本拠を抑えている極上フルノーマルの赤いJ-TOPを京都で発見しており、それも近々撮影しに行かねばなあと思っている次第です。

Posted at 2017/02/23 02:11:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 街で見かけた珍車(三菱) | クルマ
2017年02月21日 イイね!
日産 シルビア先日茨木で見かけた日産・シルビア。不人気であったこともあってあまりにも見かけることの少ないS12シルビアでした。職人が手作業で組んでいたといわれるFJ20エンジンを搭載したTURBO RS-Xで、これはこのエンジンを搭載したことでコストが掛かり過ぎて250万を超える価格となってしまったことも販売不振に少なからず影響しているのではないでしょうか。

一見すると日本車らしからぬデザインをしており、なかなかカッコいいデザインをしております。当時はプレリュードが大ヒットしており、日産側もこのモデルもそういったキャラクターに当てはめたかったのではと思いますが、FJ20を搭載してしまったばかりにイメージはこの個体のような大きなボンネットバルジの付いたスポーティなイメージが拭えないモデルとなってしまいましたね。

フロント。直線基調でリトラクタブルのライトはいかにも当時のスポーツカーといった様相でカッコいいですね。

FJ20エンジンはDOHCヘッドで背高であったため、ボンネットには収まりきらず、ボンネットに穴をあけ、フードバルジで蓋をすることで無理やり搭載してあります。遠くから見たらダクトにも見えてカッコいいですが、実はこのように「4VALVE DOHC TURBO」のステッカーが貼ってあり、当時らしい主張をしてきます。

サイドのステッカーでもFJ20搭載を主張。

モーター店ではガゼールという兄弟車も販売されておりましたが、見かける機会の少ないモデルですね。

リア。テールランプが特徴的ですね。

シルビアといえば後のS13が異例の大ヒットとなったこともあり余計にこのモデルが不人気といわれてしまっているのかもしれません。タマが少ないこともあり、じっくり見かける機会のなかったモデルでしたが、今回じっくり見ることが出来てうれしかったですね。

Posted at 2017/02/22 00:30:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 街で見かけた旧車(日産) | クルマ
2017年02月20日 イイね!
ダイハツ アプローズ先日京都市内にて見かけたダイハツ・アプローズ。京都市内だけでも5台ほどアプローズの生存を確認しているのですが、今回は初めて遭遇した個体で後期のモデルでした。

前期の大衆的なデザインからダイハツのフラッグシップモデルとして豪華な外観にMCし、どちらのデザインも好みが分かれそうです。恐らく前期の方が受けが良いようにも思われますが、自分はメッキパーツで装飾が施された後期モデルも小さな高級車のようで、なかなか捨てがたいな思っているのですが・・・。

リアです。当ブログをご覧の方の大半はご存知ではないかと思われますが、アプローズは一見セダンに見えるものの、ガラス部分も一体化して開口するリアゲートの5ドアハッチバックです。セダンの利便性と開口部を大きくして大きな荷物も車内に放り込めるように積載性も向上しているこのモデルはかなり冒険的で面白いモデルだと思います。

おまけで以前関西舞子サンデーに参加されていたダイハツ・アプローズの前期モデルの写真も掲載いたします。







こうして前期と後期の写真を並べると、違いがよく分かりますね。
2017年02月17日 イイね!
ダイハツ シャレード以前奈良県内で見かけたダイハツ・シャレード。このモデルは最終モデルの後期型に当たるモデルで、当時の流行のデザインらしく、丸みを帯び、半月型のグリルを採用。女性に一層受けそうなデザインへとなりました。

後に発売されたストーリアなども姿を見かけなくなってきている中、さらに街中で見かけなくなってきているモデルといえます。

フロント。ライトの形状なども前期とはことなり、随分違った印象に見えます。また、前期はバブル時に設計された恩恵を受け、質感の評価が非常に良かったものの後期ではコストダウンにも手を加えられています。

リヤです。

前期はホットモデルなどもありましたのでマニアも結構いらっしゃると思うのですが、こちらは少々地味なデザインでもありますので将来残りにくいのはこちらではないかとも感じられますね。
プロフィール
「トヨタ bBオープンデッキ http://cvw.jp/b/1483862/39364789/
何シテル?   02/23 22:22
しばとらと申します。旧車、中途半端に旧いネオクラシッカー、または全く売れなかった珍車、そしてあまり見かけることの無い高級車など変態的な車が好きです。ブログでは主...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
ケアンズで見た車たち③ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 00:55:28
蛭子さんがアニメ化!?(驚!!) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/11 21:51:05
日産 スカイライン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/11 05:14:22
ファン
140 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ コルサ トヨタ コルサ
トヨタ コルサ(EL41)TXに乗っています。こちらがメイン車です。通勤、通学、旅行はこ ...
スバル サンバー サンバー550 (スバル サンバー)
たもん号と呼ばれています。サンバー550です。2012年3月まで営業車だったのを車検切れ ...
スバル サンバートラック サンバー550トラック (スバル サンバートラック)
部品取りに購入しました。昭和53年式スバルサンバー550。サンバー5の中期型、スーパァデ ...
日産 クルー 日産 クルー
仕事している会社で社用車として使用されているクルーです。 走行距離78万キロ超。エンジ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.