車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月15日 イイね!
お花見ドライブ 上越市

今週後半

新潟県上越市の高田城へ
桜を見てきましたよ



天気のいい朝
BRZで上信越道を走って新潟方面へ



長野市辺りは、まだ桜は無いですね



新潟県に入ると妙高山は雪雲で覆われてますよ!



道に雪は無いけれど、周りには雪がたっぷり残っている場所がありますね

中郷で高速を降りて国道18号で上越市に入るころ
強い雨が降ってきましたよ・・・



一時雨との予報だったが、ざーざー降ってきた

お天気アプリで確認すれば、雨は1時間程度で止んで晴れる予報

その間、目的地の高田城へ向かわず桜が綺麗な場所を
ロケハンしながらブラブラ


予報通り雨が止んだので、BRZを河川敷の駐車場に置いて歩く



雨上がりの河原はぬかるんで、BRZもドロドロだよ・・・


10分ほど歩いて桜が満開の高田城!








山の方は、まだ雲が多いな



今回ここへ来たのは少し前に
たまたま桜が綺麗な表紙の上越方面の観光案内が目について
「新潟の桜って見に行ったことないなぁ」と思ったから

この時期は群馬や長野と新潟の県境辺りは、まだ雪が多いイメージ
タイヤも夏タイヤに履き替える時期で危ないんじゃないの?と 敬遠気味

初めて来てみましたが、とても綺麗



地元の方が「左に妙高山が見えるんだけど今日は雲でダメだね」

山の上の雲が取れたら良いのにな
しばらく待ちましょう


城内は屋台がたくさん出ていて賑やかです!



射的とか占いもありましたよ

食料を調達してると「新潟名物 ポッポ焼き」とは何だ? イカか?



覗いてみたら柔らかくて、フワフワのパンのような長細いお菓子



黒糖の香りがして美味しい

みなさん大量に買ってますよ!
自分も真似して買って、ちょこちょこ食べながら帰り道も食べてたな


午後になったら、もっと晴れるかと思っていたが雲が多くなったよ



自分の後ろ側は青空が多いのに、何故じゃ?



午後になったら賑わってきましたよ!
休日になると訪れるお客さんは多いんだろうな

案内板には「日本三大夜桜」とありますが
この日は、ここまで

いつか来てみたいですね


さて、河原の駐車場に戻ってBRZを見たら
雨が乾いてボディは、まだら模様・・・

午前中に見つけた良さげな桜の木に寄り道しながらドライブ



ボディが汚れているので、BRZは小さ目

桜は綺麗だけど太陽は雲に隠れ気味



日が射したり、雲に隠れたりで写真は難しい

田んぼが広くて、田植えの準備で水を張った頃もいい景色になりそう




国道18号で長野方面へ戻ります



妙高山が見えたらいいのに、相変わらず雲の中

妙高高原まで来たら雲が取れてきましたよ!



最後の最後に姿を現した妙高山



もう少し早く雲がどいてくれたら良かったのにね


この後は国道18号で長野市まで走って更埴ICから上信越道で群馬に帰還

この日の走行距離は 525km  燃費表示は 13.4km/L


初めての新潟の桜見物でしたが
とても良かったです


ご覧いただき、ありがとうございました

Posted at 2017/04/15 06:00:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月09日 イイね!
創業100周年 スバルのルーツ探し
自動車メーカーのスバルは
今年創業100周年

今回は100年前のスバルの
ルーツを探してみましたよ

(今回は長くて写真も多いです)


スバルは4月1日から社名を
「富士重工業株式会社」から 「株式会社SUBARU」へと変更





そして2017年はスバル創業100周年


初め聞いた時は、100年もクルマ造ってたか?と思いましたが
2017年は前身の中島飛行機(当初は飛行機研究所)が設立されて100周年

そこからカウントするの!?  とも思いましたが
スバルが造っているのはクルマだけでなく航空機や



航空機の構成部品を生産をしているし




BRZが造られている群馬県太田市の本工場は、



中島飛行機時代の
太田製作所



2010年と戦
後の1947年を比較すると当時の工場が今でも残ってます


出典:国土地理院ウェブサイト 
           CKT20102-C49-4 2010/04/25(平22)    USA-R444-151 1947/11/01(昭22)
 

1947年の写真は米軍に爆撃された跡が残っています

1945年2月10日に爆撃機による空襲を受けるが、投下された爆弾は
群馬の強い空っ風に流され東側(写真右側)に逸れたそうです

空っ風のおかげか? 爆撃を免れた工場は現在 BRZの他、
WRX現行型、LEVORG、新型IMPREZAが生産されています

本工場の南門正面へ続く、4車線の広い道



現在はエンジンやトランスミッションを生産する大泉工場にあった

太田飛行場へ完成した機体を搬送する専用道路だった道


ここで、しばし考える

この工場ができたのは1934年、昭和9年11月
まだ100年前じゃないですね

100年前を探して太田市内を移動します


中島飛行機は太田製作所以前は太田市のシンボル、金山の麓の
大光院(呑龍様)に隣接した 呑龍工場で軍用機や民間機を生産



ここで中島飛行機は発展成長を遂げ、生産数も急激に増えたため
太田製作所を作ります

現在はスバルの北工場



軽自動車を生産していた頃は、サンバーのフレームを生産してました


戦後はラビットスクータを生産しており北側にある駐車場に
当時のテストコースのバンクの跡も見ることができます

ここは中島飛行機が本格的に航空機製作を始めた場所



~~~~~~~~~~

中島飛行機の創始者、中島知久平は1917年12月10日に呑龍様の隣にあった
空き家の洋館に「飛行機研究所」の看板を掲げる

以後、この12月10日は中島飛行機の創立記念日と定める

~富士重工業三十年史より


簡単に100年前につながりましたよ!

しかし!?、
スバルの企業情報を見ると「創業は1917年(大正6年) 5月」

12月でなくて5月!


それと、
~~~~~~~~~~
中島飛行機の創始者、中島知久平



18歳の時に軍人を志して上京し、
海軍機関学校を優秀な成績で卒業

後に海軍機関大尉となりアメリカやフランスへ航空事情を視察
航空機は将来、軍艦に代って最も重要な兵器となる事を確信して
飛行機の研究に没頭します

海軍を待命のまま生まれ故郷の(太田市)尾島町の養蚕農家の借家に
「飛行機研究所」の看板を掲げ・・・

~小学生の頃読んだ「まんが太田の歴史」より 


「尾島町に戻って飛行機研究所を作る」というのが
記憶の中に残っていたので
太田市尾島へ移動します



ここは、昭和5年に衆議院議員に当選し政界進出を果たした
中島知久平が両親のために生家近くに建造した「旧中島家住宅」



~~~~~~~~~~

主屋の設計監督は宮内省内匠寮出身の伊藤藤一
建築の意匠・構造・素材において学術的価値が高く、規模も大きく
質の高い遺構であり、明治の宮殿建築としての特徴が見られる建物

~太田市HPより抜粋


建築費は当時の金額で約100万円
昭和6年に完成した大阪城の復興天守の建設費が約47万円

大阪城の天守閣の倍以上のお値段!

敷地面積は10000平方メートルを越える・・・



建物も大きく立派なのに、庭にある巨大なヒマラヤスギに驚いた

平成28年7月25日、国の重要文化財(建造物)に指定されました
建物の一部が地域交流センターとして公開されています

神社の拝殿のような重厚な造りの車寄せのある玄関から入ります



立派な造りの天井の車寄せの床は白御影石

太い柾目の柱の下には淡い桜色の岡山産の万成石
玄関入り口の白御影石の階段は継ぎ目のない1本もの
奥に見える大きなガラス戸のガラスはイギリス製・・・なんじゃそりゃ ^ ^

見学できるのは玄関棟の広間・廊下・洋風の応接間2部屋のみ



管理されてる方が細かいところまで説明してくれました


大きなシャンデリアとステンドガラスなどの豪華な装飾に目がいく



壁や家具にも綺麗な装飾が施されています 

家紋の「下がり藤」がいろんなところにありますよ!



びっくりしたのが大理石の暖炉の中の電気ストーブ



藤の花模様に開けられた上の部分は装飾ではなく

水を入れると加湿器になったそうです

昭和5年にこんなものがあったんだ、群馬の太田に・・・

床は寄せ木の複雑な模様、玄関の天井の交差する木の組み方も凝ってます



解説を聞くたびに「はぁ~」と溜め息出ちゃう ^ ^

外に出て瓦を見ると、下がり藤の家紋がびっしり!(拡大してね)



外からは次の間、客間、仏間、両親の居間を見れます

次の間、客間の天井は折上格天井でシャンデリアを吊るしていて
床には応接間に敷いてあった超高級ペルシア絨毯



襖や壁の下側に見られるシミは、昭和22年のカスリーン台風で利根川が

氾濫したときの浸水の跡だそうです

中島邸は会社や政界関係者の迎賓館でもあり、南側に流れる利根川の
河川敷の滑走路から離発着する飛行機を見せていたそうです



あれっ!?
利根川に滑走路があったのは知ってましたが、もう少し西にある
飛行機のラジコンのイベントをやってる滑走路辺りだと思ってたよ


中島邸の南側の滑走路跡辺りに行ってみました

これは昭和21年の航空写真
(赤枠:中島邸 青枠:格納庫、事務所など 黄:誘導路)

出典:国土地理院ウェブサイト USA-M159-A-5-98 1946/06/08(昭21) 

ネットで調べていたら、同じように中島飛行機のことを調べてる人がいて
真似してみました

航空写真の青丸の所にBRZを置いて、後方に格納庫



この辺りが滑走路へ向かう誘導路



河川敷に出て鉄塔手前辺りまでが滑走路のようです



1917年(大正6年) 5月に作った飛行機研究所はこの辺りなのかな?

明確な場所はわからなかったよ・・・

滑走路があった河川敷へ降りてみる(車高が低いクルマは厳しいかも)



中島飛行機は翌年1号機を完成させ、ここで飛ばしますが失敗!
更に失敗を繰り返し、6号機にて見事に飛ばすことができました



自分も、ついに
スバルが世界に飛び立つ原点を見つけることができました!

え〜、なんだか最後は上手くまとまらないような感じですが

おしまい!


ご覧いただき、ありがとうございました

Posted at 2017/04/09 06:31:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月07日 イイね!
やっと見頃の桜

今年の桜の開花は遅く

やっと見頃になった
近場の桜を見てきました




朝、BRZを走らせ群馬県の館林市へ

桜が綺麗ですよ!



市内を流れる鶴生田川にはたくさんの鯉のぼり!



現在「こいのぼりの里祭り」を実施中だそうです

川沿いの遊歩道を歩きながら桜と鯉のぼりを眺めるが、風が無いから
泳いでないの

遠くから観光できたお客さん「風がないと目刺しみたいね」だって

「風よ吹け〜ぇ」と念じながら? 下流側へ来ると泳ぎだしましたよ!



地元の園児達が描いた鯉のぼりは可愛いですな



「風よ、もう少し強くなれ〜ぇ」と念じるが、力尽きたようで
いくら待っても、軽く揺れる程度の風がたまに吹くだけ・・・

散歩するには気持ちの良い午前中でした



観光客と観光バスが、どんどこやって来て混んできましたよ!

次の場所へ移動します


やって来たのは、群馬県太田市



太田市のシンボル金山の麓の大光院、呑龍様へ久しぶりにきました



BRZを境内の駐車場に置いて、市内を流れる八瀬川へ



川の両岸のソメイヨシノが綺麗です



館林市のようなイベントはやってませんが、



夜はライトアップしているそうです



たくさんの地元の方が散歩しながら桜を楽しんでいました


さてさて、あと少しでお昼になりますよ!
八瀬川のすぐ横にある、だるま食堂へ



2月に初めて来たリーズナブルな食堂
桜が咲く頃になったら、また来ようと考えていました

今回はカツ丼の上、600円!



お肉は薄めですが、丼を蓋するような感じの大きさ

カツ丼も、どこか懐かしい味でした

次は400円の親子丼だな


お昼に満足して移動します

やって来たのは自宅近くの河原の堤防



毎年恒例の? クルマ撮影会

毎年やってるけど、いつもと変わらない写真だね



午後は暖かくなり自転車は気持ち良さそう



この後は、ブラブラ走って早めに帰還

次は、少し遠いところまで桜を見にドライブしたいですね


ご覧いただき、ありがとうございます


Posted at 2017/04/07 06:00:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月01日 イイね!
菜の花の路

とても暖かく晴れた日

綺麗な菜の花を見てきました




この日は、たまった用事を片付けたり
調べ物?をしたりで近場をウロウロ


一通り片付けた後、利根川へ

大きな堤防は一面、菜の花に覆われてますよ!




青空の下、黄色い花が綺麗です



優しい風にゆらゆら


静かな菜の花の風景の中、たくさんのミツバチの羽音が良く聞こえる



みなさん忙しそうに働いてますよ!


ここには、お気に入りの菜の花の路があるんですよね




春の僅かな期間だけ現れる路

こんなに綺麗な風景の中のドライブは最高です




ボディを優しく撫でられると



ニカッと笑ってしまう ^ ^





え~実際、この道の幅は普通車サイズでは狭く
走ったらボディを擦ったり、花を踏み潰してしまう



それに地元の人が自転車で畑に行ったり、散歩したりしで
道を塞ぐわけにもいかないし


実は広い側道から入って、そこにBRZを置いてるだけなの



角度を変えながら望遠レンズで撮ってます

その代わり、自分は花の間に入るから花粉だらけになってしまうが・・・


そんなことをしながら暖かな一日を過ごしました

ご覧いただき、ありがとうございます



Posted at 2017/04/01 05:43:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月29日 イイね!
スーパーGTで試し撮り








スポーツやモータースポーツ写真を撮るのに使っている
Canon EOS7D MarkII

先日キヤノンのメンテナンスに出して、10日ほどで戻ってきました



使い方が乱暴なので何か狂っていないか心配でしたが
シャッタースピードの調整のみで、オートフォーカスや露出等は異常なし

ボディやセンサーを清掃してもらい、ファームウェアも最新になって
帰ってきました


先週末、試し撮りをしに富士スピードウェイで開催された
スーパーGTの公式テストへ出かけてきました



朝は富士山が綺麗に見えたけど、午前の走行開始前には雲に覆われてしまう



空全体に雲が多くなってきて



風も冷たくなり、寒い一日となりました



シーズン開幕前のテストと言えば気になるのは新型車や新チーム

好調なレクサスLC500勢はトップ5を独占



レッドブルが今シーズンからサポートする KeePer TOM'S



牛さんが窮屈そうだし、スポンサーロゴもごちゃごちゃだよ


GT300クラスでは群馬県高崎市に本社を置くNEXUSが
D’Stationレーシングとしてポルシェ911 GT3 Rで参戦



GT300クラス8位

群馬県の会社のチームということで気になってましたが、
ホワイトボディにグリーンのストライプが綺麗でかっこいい


同じくグリーンが綺麗なベントレー コンチネンタルGT3
GT300クラス7位



大きくて迫力のあるスタイリングがいいですね


こちらもグリーンを基調としたキャラクターに華やかさが加わった
グッドスマイルレーシングのメルセデス AMG GT3



メルセデス AMG GT3勢も好調

その他、埼玉トヨペットのマークX GT MCもグリーンのボディで
今年はグリーンのクルマが目立ちますな


さてさて、今年のSUBARU BRZ GT300はどうなったかな?

ギアボックスとデフを一体化してリヤ部に搭載し
トランスアクスル化したのが大きな変化



午前中は少し走っちゃ、しばらくピットインの繰り返し・・・
毎回のことだけど、ちょっと不安

午後は精力的に走ってクラス6位でした



まずまずかな?
重量配分も良くなってタイヤを上手に使えるクルマになってるといいな


GTマシンの他に気になるクルマもありましたよ

スーパーGTのセーフティーカーは新型NSXになってました



富士スピードウェイのオフィシャルカーには
スバル レヴォーグが採用されてました



午前の走行開始前に走ってきてびっくりしたよ!

最近のスバルのレーシングカラーを纏ってかっこいいですな!



ホイールもBRZ GT300と同じデザイン
お昼はピット見学より、こっちに夢中・・・・・

午後に第13コーナーへ行ったらコースサイドにレヴォーグが待機中



BRZ GT300と一緒に撮れました ^ ^

この日のテスト走行は時間を変更して増やしてくれたので
見学場所を移動しながら写真撮影を楽しめた一日でした


ご覧いただき、ありがとうございます

Posted at 2017/03/29 05:59:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「お花見ドライブ 上越市 http://cvw.jp/b/1490211/39611628/
何シテル?   04/15 06:00
BRZの走行記録・メンテナンス記録です フォトギャラリーをメインでやっています みんカラ登録したけど、ブログの使い方が良くわかっていないので・・・
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
ファン
68 人のファンがいます
愛車一覧
スバル BRZ スバル BRZ
納車10ヶ月待ちでした・・・  狭くて不便なクルマだけど、走らせると面白い 初めてのFR ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.