• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2009年05月30日 イイね!

《モンきち》 思えば遠くへ来たもんだ

《モンきち》 思えば遠くへ来たもんだいや、近いんですけれどね (^^;

今日は午前中のみ仕事だったのですが、帰宅して昼飯食って昼寝したら、妙に疼いて(笑)しまったので、モンきちでお散歩してきました。
いつもの『お散歩コース』のつもりで出発しましたが、なんとなく気が向いたので寄り道をしてみました。
地元の方向けに言うと、「奥道後の裏道。ロープウェイの頂上に行く道」と言うとわか…らないか(爆) そんな道があるんですよ (^^)
私も免許を取って20年近く。その道の存在を知ってはいましたが通った事はありません。表の道は何百回も通っているんですけれどね(笑)

麓側から入り、少しの間は舗装された一車線でしたが、お寺を過ぎた途端に道幅減少。2m無いかな。しかも落ち葉が道を埋めていました。
左側は山を切り出した壁。右側は切り立った崖。まあ崖と言っても2~5mくらいですが。もちろん、ガードレールなどという近代的な物はありません(怖
鬱蒼と生い茂った森と、大きな岩がゴロゴロ転がっている川。不気味な雰囲気です(恐
もっとも、山の上の方は竹林やミカン畑で、作業をされる軽トラックが通っているようで、全くの廃道では無いですけれどね。
かなりな急坂で舗装が荒れて割れた道を、モンきちは2速20キロくらいでトコトコと登ります。健気ですね~(笑)

いい加減登ったところで、峠の頂上付近の四差路に到着。
「ン?どっちへ行けば良いんだろう…」
道案内の看板は立っていましたが、錆びて読めません。
「う~ん。…真っ直ぐ行ってみるか」
と、取り敢えず直進してみました。
直進は下りになっていましたが、すぐにほとんど廃道状態に。
「あれ。こっちじゃ無かったのかなぁ」
と不安になりましたが、車が通った跡があったので、頑張って走ってみました。

暫く走ると、きれいな道に出て、集落に入りました ε=( ̄。 ̄;)ホッ
そのまま走り、国道に出ました。

真っ直ぐ国道で走れば10分かも20分くらいで到着する距離ですが、1時間近く掛かっていました (^^;

2回目通る事は…無いかな (^^;


ちなみに、画像は、この辺りです↓
Posted at 2009/06/05 00:05:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | ホンダ モンキー | クルマ
2009年05月29日 イイね!

【ネタバレにつき】        ストリート・レーサー        【閲覧注意】

同名のロシア制作の映画があり、そちらの方が有名なようです (^^;
┌──────────────────────────────────────
│タイトル:ストリート・レーサー(原題:The Ultimate Fear of Speed)
│監督:ジェフ・センタウリ
│脚本:ナイジェル・P・ロケッツ
│出演:デイル・ラター/アダ・メイ・ジョンソン/アレックス・トーレ/ミコ/チャイナ
│配給:A55Films(?)
│公開:2003年(日本未公開。できるわけ無いだろ・笑)
│上映時間:80分
│制作国:アメリカ
│解説:「ワイルド・スピード」シリーズ、「頭文字<イニシャル>D」に続く、カーレース・アクションに待望
│の最新作が登場。NSX、スープラ、セリカなどの日本車に加え、フェラーリ、ヴァイパーなどの外国
│車も多数登場し、車ファンにはたまらない作品に仕上がっている。迫力のレースシーンから、スリ
│ル満点のアクションまで、人気要素を凝縮した最高のエンターテイメント!
└──────────────────────────────────────





おかしいなぁ。「アダルトコーナー」に並んでいなかったはずだけれど (^^;
結局、9発、発射してます。80分の上映時間でですよ(笑)
確かに、『車ファンにはたまらない作品』ですね(爆)

ストーリーは、元ストリートレーサーで現レーサー(と言っても、大型バイクでウイリーやジャックナイフ等をするエクストリーム バイクスタント)の主人公が、昔参加していた賭けレースに戻ってくるのですが、このレースに参加する主人公の幼なじみが、運転テクニックでは主人公に勝てないので、主人公を仲間に闇討ちさせて怪我を負わせてレースに出られなくしましたが、主人公の恋人が代わりにレースに出て、勝利する。というものです。
また、どう考えてもこの一連のレースのストーリーとは関連が無いと思うのですが、この幼なじみというのが麻薬ファミリーのバカ息子で、麻薬の売買を行っているのですが、最後は、親子共々主人公に殺されてしまいます(ぇ
なんの為に、主人公は賭けレースに戻ってきたのか…サッパリわかりません(笑)
もしかしたら、幼なじみの親父が開発していた新しい麻薬の開発をぶっ壊す為に戻ってきたのか…と深読みする事もできますが、そんな描写は一切ありませんし、それなら、わざわざ賭けレースに参加する必要はありませんしね。単に、闇討ちされた報復に殺害したとしか思えません(ぉぃ

肝心のカーレースの方です。
コースは特設の狭っまいオーバールコースです(笑)
セリカやシビック、インテグラ、NSX等のスポコン仕様車がずらりと…8台くらいかな。あとは、ポルシェ911とダッジバイパーとフェラーリF355と…カーSEX仕様のカウンタック(爆)
メイキングを見ると、国産スポコンは、地元のあんちゃんのを借りているようでした。
さすがに、F355等高額スーパーカーはノーマルでしたが…
レースは見所ありません。よくもまあ、あんな狭いところで走るなぁと言うのが素直な感想です。
安っぽい映像処理バリバリですし、主人公は逆手ハンドルですしね (^^;
そうそう、この主人公は、車は逆手ハンドルなのですが、バイクスタントは、スタントマンではなくて主役本人がやっているンですよね。これは正直凄いと思いました。イケメンのスタントマンを主役に抜擢したのかもしれません。

カーレースあり(一応ね)、バイクスタントあり、爆破シーンあり、格闘あり、SEXありで、飽きはしませんが、結局、主人公が賭けレースに参加した理由と、“大人になったクリリン”(笑)が何者なのかはわからず終いでした (^^;
わかった事は、放射能を浴びると絶倫になる事と、カーSEXでスピード恐怖症が治るという事です(爆)

こんな映画を、「ワイルド・スピード」「頭文字D」と同列に扱うな~(爆)(爆)
Posted at 2009/06/04 00:46:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ
2009年05月29日 イイね!

[ミニカー] トミカ Honda リトルカブ

[ミニカー] トミカ Honda リトルカブトミカ No.6 Honda リトルカブ 1/33 2007年8月18日発売 378円(定価)

トミカシリーズのバイクは、VFR800Pを買いましたが、バイクはコレだけで、なんとなく寂しいので、買ってみました。

一応、バイク乗りですしね(笑)

でも、「カブ」と「リトルカブ」の違いは、わかっていません (^^;
2009年05月23日 イイね!

『FW』 リベンジ

『FW』 リベンジFWの修理が終わったので、「リベンジ」をしてきました。
前2回、ツーリングの途中で壊れましたからね~ (^^;
ルートは、上林峠 -> 大川嶺 -> 四国カルスト -> 酷道与作 -> 国道494号 -> 井内峠です。

9時半集合の19時着で、距離が約250キロ。
時間は別にかまわないのですが、250キロは、結構きました。なンせ、250キロといっても、ほとんど一車線の山道。見通しは悪いは、直線は無いわで、一時も気が休めません。
ま、その緊張感が心地よいんですけれどね(変態)

けれど、もう、暫くは、バイクはいいですわ。
疲れた…翌日は全身筋肉痛でしたし (^^;

どうでもいい話ですが、画像は大川嶺の頂上から、来た道を撮影した物です。
普段は人っ子一人いない場所なんだそうですが、今日は大渋滞です。
というのも、この場所はツツジの名所だそうで、数日前に地元新聞が「ツツジが満開になっている」と報道したので、人(皆さんご高齢の方ばかりでした)が大挙して訪れているのだそうです。

画像右側から、渋滞しつつ登ってきたのですたのですが、ちょうど右端のカーブで完全に車列が止まってしまいました。
こちらはバイクだし、オーバーヒート寸前 (^^;) だったので、申し訳なかったのですが右側から抜いていくと、その先の直線でUターンしている車両が何台かいました。話を聞くと、もう何十分も動いていないとの事。そのおじさんの話では、車が脱輪していて通れないらしいとの事でした。
おじさんは、そう言うと、その場にレジャーシートを広げてご家族と一緒にお弁当を食べ始めました(笑)

渋滞の列に申し訳ないと思いつつ前へ進むと、目的の頂上に到着。
ン?脱輪なんかしていないぞ。

どうやら、前述のとおり、普段は人っ子一人来ない場所なので、観光地として整備されていないのです。なので駐車場がありません。皆さん路肩に止めたり路駐したりしています。その駐車している列が、どんどん伸びていき、渋滞となっているようです。そのうえ、後方の車は「駐車場が無くて路駐している」なんてわかりませんから、単なる渋滞と勘違いして、車内で辛抱強く前車が動くのを待っている…と (^^;

画像をよく見るとわかるのですが、この渋滞の最大の原因は、中央上部に見えるキャンピングカーのようです(笑)
キャンピングカーは路肩に止めていましたが、車高があり後続車からは前方が見えないので、後続車が「前が渋滞しているから止まっている」と勘違いをしているようです (^^;

教えてあげた方が良いのかなぁ…

それよりも、「脱輪」の話しは、どこから出てきたの?(爆)
こんな狭くて短時間状況でも、事実と異なる情報が一人歩きするんですね。
これが、大災害や大事故や重大事件だったりしたら…
『デマ』って怖いなぁと思った出来事でした (^^;
Posted at 2009/05/27 23:59:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 旅行/地域
2009年05月22日 イイね!

【ネタバレにつき】           GTR           【閲覧注意】

久しぶりに“大人のDVD以外の”DVDをレンタルしてみました(笑)
これ以降はストーリーや感想を書いているので、「これから見るぞ~」という人は気を付けてください (^_^;
┌──────────────────────────────────────
│タイトル:GTR(グランド・ザ・レース)
│監督:ミヒャエル・ケウシュ
│脚本:ギュンター・クナール
│出演:カイ・レントロト/ユリア・スティンスホフ/カロリン・イムゲ/クリスチャン・トラミッツ
│配給:TVM
│公開:2003年(日本未公開?)
│上映時間:95分
│制作国:ドイツ
└──────────────────────────────────────
ストーリーは、ひょんな事から違法賭けレースに参加する事となった主人公とその娘。そのレースを取り締まる警察と、警官なのに主人公の車に同乗する事になり、主人公と恋に落ちる婦人警官。カーチェイスあり、コメディあり、ロマンスありの映画です。





くだらん。本当にくだらん(爆)
DVDのパッケージを見て、「キャノンボール」な内容を期待したのですけれどねぇ… てか、この映画、「キャノンボール」と「ナイトライダー」と「TAXI」をパクった…というか、パロディのような気がします (^^;

参加車は10台くらいかな。
主人公のムスタング(ドイツの映画なのに、なんで主人公がアメ車?)。
賭けレースの主催者と思われるピンクのベンツSL。
未亡人がその子供達と一緒に、夫が残した借金の借金取りから逃れる為に乗り逃げした、夫の亡骸が積まれたままの霊柩車。
おしゃべり好きなゲイが乗るスマート。
主人公を監視する為に参加したマフィアが乗るハマー?
あとは、オペルとかポルシェの944とかのドイツ車のチューニングカーがちらほら。

一番期待したカーチェイスは…郊外やアウトバーンっぽい所で車体を左右に揺らしているだけです (^^;
一応、オープニングでフェラーリ348が街中をカーチェイスする場面と、レース中に主人公のマスタングとポルシェ944がバトルして944がクラッシュするシーンはあります。

賭けレースというのは、例えば「キャノンボール」だと、東海岸から西海岸まで自由に一気に走るのですが、このレースは、ヨーロッパ中を走り回るのですが、一日一日集合場所が決まっていて、最終日のゴール(結局スタート地点)に最初に戻ってきた者が勝者となります。
「なんかヘンなの」と思って見ていましたが、コレって“ラリー”なんですね。
ラリーなので一日ごとに参加車が集合する(サービスパーク)。そういえば、作中に、その集合場所の入り口でタイムチェックしている場面がありますし、指定された場所へ向かい、そこで次のルート図をもらう場面も描かれています。ラリーはヨーロッパ発祥ですからね。そんな関係からでしょうか。…「キャノンボール」のパロディだからのような気もしますが…(笑)

この賭けレースの主催者と思われる男性が乗っているピンクの500SL。このSL。高性能人工知能が搭載されています。ええ。どう考えても「ナイトライダーのK.I.T.T」のパクリです(笑)
ただし、こちらは女性です。その為、ドライバーの彼女にヤキモチを焼き、ドライバーを悩まします。そんな感じなので「ナイトライダー」のパクリではなくてパロディなのかなと思います(爆)
この映画の見所は、実はこのSLとのやりとりなのかもしれません(爆2)
“見所”と言っても『くだらねぇ~』と脱力してしまう方の“見所”ですけれどね (^^;

一応この映画のメインのストーリーは、正義感バリバリの新人婦人警官が、主人公に拉致されてムスタングに押し込まれ、それでも最初はレースを潰す任務の為に頑張るのですが、やがて主人公の境遇に共感し、また、主人公も同様に惹かれていくというものです。まあ、ありきたりの内容ですね~ (^^;

ところで…
この映画のタイトルは『GRAND THE RACE』の頭文字を取って『GTR』となっていますが、ホントのタイトルは『crazy race』のようです。
なんか、あまりにも…な内容なので、邦画タイトルを考える時に、無理矢理、タイトルだけで釣れる名前にしたような気がします。確かにゲイのおっさんはcrazyでしたが(笑)

↓のコメントに騙されてはいけません。(よくここまで話しを膨らませて書けるなぁ・爆)
DVDを買うなんってもってのほか。よほど他に見る物が無い時なら、レンタルするのは止めはしませんけれど (^^;
Posted at 2009/05/27 00:32:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画/テレビ | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

お友達

“お友達”になっていただいて、ありがとうございます。
98 人のお友達がいます
おっちょこおっちょこ * らきぱぱらきぱぱ *
☆ ふみや ☆☆ ふみや ☆ 和81@二代目銀二郎和81@二代目銀二郎
ハマタクハマタク 中年オヤジのハッピーカーライフ中年オヤジのハッピーカーライフ

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ モンキーR モンきちR (ホンダ モンキーR)
通勤用に購入。 ミニサーキットでの“ヒザスリ”兼用にと購入しましたが、あまりにも程度が良 ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.