• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2013年05月31日 イイね!

『バンディット』 ギア抜けの意外な原因

『バンディット』 ギア抜けの意外な原因まあ、画像を見れば見当がつくとは思いますけれど…

前回のサーキット走行の時から、コーナーリング中にギアがニュートラルに入る症状が出ていました。
曲がっている時に「ストン」とエンジン回転が落ちて、でも、クラッチを握ってシフトを入れると、何事も無かったように走ります。
最初は、シフトダウンをした時にきちっとギアが噛んでいなかったのかなと思い、しっかりシフトダウンをしましたが効果無し。
次に、シフトペダルを路面で擦っていたし、ギアが抜けるのはバンク中のパワーを掛けていない時なので、「シフトペダルが路面に当たってニュートラルに入っているんだな」という事にしたのですが、良く考えてみると、私のバイクは、1ダウン4アップの正シフトなので、仮にシフトペダルが路面に当たってギアが変わるとしても2速->3速になるはずです(恥)
コーナーリング中にシフトペダルを見てみると(ぉぃ)、左コーナーでイン側のステップを踏ん張っている時に、つま先でシフトペダルを押している事が判明(爆) バックステップでは無い事と、土踏まずでステップを踏ん張っていたので、自然とつま先がペダルの上にあったようです。そこで、つま先をステップに載せて走ってみたところ、ギア抜け(ではありませでしたけれど)する事は無くなりました。

…というのが、前回の走行会の話し。
今回も、その事を思い出して“つま先ステップ”で走っていたのですが、何度かギアが抜けます。
「え~、なんで?」と、更にしっかりと意識して“つま先ステップ”で走るのですが、やっぱり抜けます。
そこで、サイドスタンドを立て、コーナリングをイメージしながらステップワークを確認してみると…あ゛

コーナリング中には、つま先でステップを踏ん張り、かかとからくるぶし辺りでフレーム(ステッププレート)を押し付けているのですが、そうするとつま先を路面で擦ってしまいます。もちろん、それ対策にレーシングブーツには「トゥスライダー」が付いているのですが、それがすり減るのが勿体無くて、つま先を内側に入れていたら、内側に入れたつま先で、シフトペダルのアームを押し下げていました(激爆)

なんのこっちゃ (^_^;

おまけ。
私が走ったBクラスの第3ヒート(最終ヒート)です。
ピットスルースタートからしばらくの間、良い感じで固まって走れたので、アップロードしてみました。走行会の雰囲気を感じていただけると幸いです。


ま、見ず知らずの者同士がいきなり走るわけですから、みんな探り探りです(笑)
でも、Bクラスの3ヒート目なので、まだスマートに走っている方だと思います。Cクラス(体験・初心者クラス)の1ヒート目なんて… (((((>_<;))))) ガクブル
Posted at 2013/05/31 23:33:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット・バイク | クルマ
2013年05月26日 イイね!

『バンディット』 九州なかよし走行会 HSR九州 2013/05/26

『バンディット』 九州なかよし走行会 HSR九州 2013/05/26HSR九州で開催された『九州なかよし走行会』に参加してきました。
いつもの「なかよし会」は九州のショップさんの主催なので九州方面の方の参加が主なのですが、今回は愛媛県の二輪自動車協同組合が主催したそうで、愛媛から70台近い台数を送り込んだそうです(驚) 一部の方は、前日からツーリングを兼ねて「体験走行」という形をとったようですが、相当数を新車輸送用の積載車を借り上げて運び、人間は車に分乗して向かいました。私もいつも「お大名走行会」(バイクも人も運んでもらい、私はただ座っているだけなので、感謝を込めてそう言っています・笑)ですが、今回はスケールが違いました(爆)
走行会は、いつもと同じ、初級、中級、上級の3クラスに分けて、各クラス20分の3ヒートでした。
初級クラスは、いつも以上に「サーキット走行体験クラス」の趣が強く、ここぞとばかりにカッ飛んで行く人もいれば、マイペースで流している人もいて、見ている方はいつも以上にハラハラドキドキでした(苦笑) 最初のヒートでは、コースアウト・転倒する人が続出していて、ずっと黄旗が振られていたような気がします(爆) まあ、思い切りが良いというか…若いというか… でも、これで「案外止まらない」「意外と曲がらない」という事が分かってもらえると、安全運転に繋がるかなと思います。2ヒート目、3ヒート目には、あまり黄旗は振られていなかったと思いますし(笑)

私の方はというと、取り敢えずこんな感じです。


3ヒート目に、自己ベストの1分22秒7が出ました ヽ(^o^)丿 今までの自己ベストの24秒8(前回)から2秒も短縮しています。
でも…出たのは出たのですが、“まぐれ”ですね。よく言われる「自分より少し速い人に引っ張ってもらった」だけですし、タイム表を見ても、22秒台は2周だけ。プラス1秒(23秒台)も1周しかないし… 一発だけ速くても意味が無いですからねー
ちなみにアベレージは28秒5。こちらも、前回より2秒ほど短縮できています。こちらは平均周回タイムですから、素直に喜びたいと思います (*^_^*)

バイクの仕様的な事は、空気圧を、天然のタイヤウォーマーで温めた状態(単に炎天下に放置しておいただけ)で、メーカー指定の2.5キロに合わせました。 今、前回走行した時のブログを見返してみると、前回は2.25キロ(1割減)にしていたんですね。完全に忘れていました(爆) ま、2.5キロでも2.25キロでも、操作性に(私は)違いは感じませんでしたけれど。

今回も第2ヒートの時に“おシリ”を撮ってみました(笑)
前回、本人的には「気持ちハングオフ」をしているつもりでしたが、映像で見るとほぼ「リーンウイズ」だったので、今回は、思い切って「ムリヒザ」するつもりで“ケツ”を落としてみましたが…(苦笑)
それでも前回よりかは、おシリの割れ目(違。ツナギのライン)をシートの端に寄せている思いますが、これで、結構外側の足がステップから離れそうになっています。
これ以上おシリをずらすのなら、ステップの位置を変更しないといけないかなぁと思います。

でも、ステップを上げると…コケるような気がするなぁ (^_^;
Posted at 2013/05/29 23:50:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット・バイク | クルマ
2013年05月21日 イイね!

第41回ニュルブルクリンク24時間耐久レース

第41回ニュルブルクリンク24時間耐久レースモリゾーーーーー!ヽ(^o^)丿

インターネットで、「スバルが、ニュルブクリンク24時間耐久レースを、インターネットでライブ中継する」という記事を見掛けたので、見てみる事にしました。
といっても、スタート時間が日本時間で日曜日の24時だし、さすがに24時間見続ける事もできないので、スタート後の1時間と、ゴール前3時間だけを、インターネットライブ中継をやっている、スバル、トヨタ・GAZOO、公式の各ホームページを開いての3画面体制で見てました(笑)

スタート直前に、「フォーメーションラップが始まりました」とのアナウンスがあり、画面を見ていましたが…「そう言えば、“フォーメーションラップ”ったって、25km走るんだよな…」と、今さらながら1周の長さを感じ、オンボードカメラの映像を見て「GT5と同じだー」と感動したりしていました。
翌日、職場の昼休みの時間に見てみると、赤旗中段!になっていて、「なんか重大事故があったのかぁ。ヤバいなぁ。」と焦ったのですが、激しい雨と霧が酷くて走行が危険な為に中断したようで、安心しました。
ゴール1時間前には、クラス2位を走行していたスバルが、完走走行にシフトしている他車を横目に、この時間帯にクラスレコードを出すほどのペースで1位を追っていました。結局、それがたたってガソリン補給に入っていましたけれど。
トヨタはトヨタで、“親分”に花を持たせていました(笑)

結果は、日本勢(ワークス勢?)は、トヨタの86が1台予選でリタイアし、山内さんところのGT-Rは決勝序盤にエンジンブローからエンジンを載せ替えした為にクラス26位と残念でしたが、LFAも86もインプレッサも、共に各クラス2位となっていました。
インプレッサは、3連覇を狙っていたようで、そこは残念ですが、あのゴール1時間前の猛追は素晴らしかったと思います。

やっぱり、レースって良いですね d(^ー^*)

ところで、インターネットライブ中継ですが、3画面も立ち上げていた事と私の家のインターネット回線が細い事もあって、映像が止まり止まりでした(笑)
スバルのトコは映像が止まる事は無く、画面は小さかったですが精細な映像でしたが、ライブ映像はピット内のみで、オンボード映像は少し前の走行を録画して放送しているようでした。
トヨタのトコは、画面は大きかったのですが非常に荒く、映像も止まり止まりでした。しかも、ゴール直前に回線がトラブルで落ちるオマケ付き(苦笑) オンボードの映像は、私が見ていた時間はスバルと同じく録画物でした。こちらもライブの映像はピット内のみでしたが、スバルと違い、女性が色々とレポートされていました。この女性って、ドライバー経験者かレースレポーターの長い方なのかな。原稿を読んでいるだけ風ではなくて、自分の意見として発言しているように聞こえて、好感を持ちました。
公式は…一番止まっていました。オンボード映像があったり、走行映像があったりと一番見たい映像だったのですが、ほぼ静止画でした(笑)

う~ん。有料放送とか、契約したくなったなぁ (^_^;
Posted at 2013/05/21 22:19:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ
2013年05月18日 イイね!

『バンディット』 雨が降る前に

『バンディット』 雨が降る前に本当は、日曜日に走りに出る予定だったのですが、日曜日はどうも雨が降る予報なので、土曜日は午前中が仕事だったのですが前倒しして走る事にしました。

ルートは、黒森峠経由の久万高原町 面河大成地区で大成風穴にあたって、国道33号で帰ってきました。

面河大成地区は、国道494号の旧面河村役場から入って行く道で、入り口に「四国最後の秘境」というゲートがあります(笑) 以前から国道494号を通る度に気にはなっていました。
適当に荒れた路面の程良い上り坂を走っていくと小さい集落があり、その先に、突然巨大な鳥居の神社が出現!実は、この大成風穴への道は、以前に『元プロ』が通っていて、『元プロ』から事前情報を得ていたので、さほど驚きはしませんでしたが、知らずに、この巨大な鳥居が現れると、確かに(不気味なほうで)ビビっていたでしょう。
その巨大な鳥居から少し走ると、目的の“大成風穴群”に到着です。簡単に言うと、上林峠にある風穴のように冷気が「どばー」と噴き出しているのではなく、小さい風穴が寄り集まっているそうです。そこに小屋を建ててカイコの卵の保存として使っていたそうです。確かに小屋周辺に冷気が漂っていて、小屋の内部も涼しかった…のですが、その小屋には電灯が無く真っ暗で、別の意味でも涼しかったです (^_^; ここを訪れる時は、懐中電灯が必要です。マジで。
その後、来た道を戻り、先ほど大きな鳥居に驚いた所に行き、意を決して入ってみる事にしました。
こちらは、“大成神社”という由緒正しい神社で… 失礼ですが、限界集落に近いこの地に、これほどの立派な神社が建っている事がかなり不気味で、「未知の新興宗教か…」と思っていました。帰宅後インターネットで検索してみたところ、まあ、簡単に言うと (^◇^; 大成地区出身の名士が、とんでもない名士になって、失火により焼失した大成神社再建に尽力された…ってとこでしょうか。どのくらい“とんでもない名士”なのかは…そもそも神社入り口に建っている石碑の著が中曽根康弘氏だし、灯篭には県内市町の首長の名が連なっているし、県内有名企業がいっぱいいるし、皇族の名前もあるし…そんな感じ。逆に引く (^_^;
ついでに、県指定の天然杵物の“大成の桂”を見て帰ってきました。

この一連の“大成地区探索”ですが、どうも当時は(いつや?)真面目に観光地化を狙っていた気配があります。というのも、まあ、単純に“トイレを作っている”とか、“展望台がある”とかその程度ですけれど。でも、この大成地区入り口にゲートを設置している時点で、かなり気合が入っていたはずです。
それらが今では全く手入れされていないのは残念ですが、でも、“箱物”ではない観光施設では“金”は生まれず、維持管理費用だけが発生してしまいますから、しかたが無いですね。面河村は無くなっちゃいましたしね (^_^;

そんな事を感じるツーリングでした。
Posted at 2013/05/22 23:09:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | 旅行/地域
2013年05月15日 イイね!

(JZX90) カメラアングル

(JZX90) カメラアングル先日のジムカーナで、アクションカメラの“コンツアー ローム”を持って行って、午前の練習走行が6本あったので、カメラ位置を6パターン試してみました。
そこで、取り付け位置の備忘録と感想を書き留めておこうと思います。

映像はこちら。(再掲載)


(1) フロントウインドウ:(助手席の真正面・真ん中)
一般的な取り付け場所かなと思います。サーキットだとこちらの場所の方が良いような気がします。

(2) リアドアウインドウ(車内):(インナーハンドルの位置、シートベルトアンカーの高さ、カメラは窓ガラスに対して直角、レンズ先はボンネットセンターへ)
高さはこの位置で良いですが、もう少し後ろに取り付けた方が、サイドターン時のサイドブレーキ操作が見えるので良かったです。

(3) ヘルメット:(ヘルメットに取り付け)
コンツアーのヘルメットへの取り付けは、別項で書こうと思うので、こちらでは省略します。

(4) 屋根:(屋根最先端、カメラは屋根に対して水平)
車のスライド量やライン取り、パイロンへの寄せ具合等良くわかるので、ジムカーナにはこの位置が一番良いような気がします。惜しむらくは、もう少し後ろ(ドアミラーが映るくらいかな)に取り付けた方が、パイロンターン等でのライン取りが分かって、良いかなと思います。

(5) フロントフェンダー:(フロントフェンダー後端、マウントをモール直上、カメラはボディに水平)
足回りの動きやタイヤの変形等が分かればなと思ってこの位置に取り付けてみましたが、もっと後ろに取り付けて、タイヤ全体が映った方が良いかなと思います。最も、この映像を見たからといって、私の知識ではセッティンッグに反映できるとは思えませんけれど(笑)

(6) リアドアウインドウ(車外):(リアドアウインドウ前端からマウント1個分後ろ、同下端からマウント1個分上、カメラはリアドアウインドウに水平)
この位置。ハンドルさばきが見えて、パイロンへの寄せ幅が見えて、タイヤの動きも見えてと、結構良いアングルなんじゃないかなと思います。右側しか見えませんけれど。

こうして見ると、(4)の屋根カメラが、後で自分で反省するのには良いのかなと思うのと、(2)の車内カメラは、ハンドルがクルクル回る様が第3者が見て面白いかなと思う(笑)ので、これからは、この2つのアングルで撮ろうかなと思います。
個人的には、「目線」に最も近く、一番臨場感があるはずのヘルメットカメラがイマイチ面白くないような気がする…のが、残念です (´・ω・`) しょぼ~ん
関連情報URL : http://www.contour.jp/
Posted at 2013/05/15 22:00:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタ チェイサー (JZX90) | クルマ

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

お友達

“お友達”になっていただいて、ありがとうございます。
98 人のお友達がいます
黒鷹黒鷹 * 中年オヤジのハッピーカーライフ中年オヤジのハッピーカーライフ *
hiroyukikunhiroyukikun クレスタ普及委員会クレスタ普及委員会
紅の流れ星紅の流れ星 きみやん☆きみやん☆

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ モンキーR モンきちR (ホンダ モンキーR)
通勤用に購入。 ミニサーキットでの“ヒザスリ”兼用にと購入しましたが、あまりにも程度が良 ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.