• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年02月25日

日本とインドの「経済愛」が過熱しても日本外交の苦境は救われない―SP華字紙



Record China記事抜粋
>22日、シンガポール華字紙は、日本とインドは経済的な“熱愛”関係にあるが、これが日本外交の苦境を救うことにはならないと論じた。中国新聞網が伝えた。以下はその内容。
 日本とインドの代表は2月16日、東京で経済連携協定(EPA)に署名した。今後10年以内に両国間の貿易総額の94%の品目について、関税を段階的に撤廃していくという。日本はこのEPAを経済“開国”の重要な第1歩とみなし、両国高官はこの締結を「素晴らしい」「歴史的な」といった言葉で絶賛した。今回のEPA締結が持つ意義が並大抵のものではないことがうかがえる。
 日印はこの1年ほど、経済的な“熱愛”状態が続いている。その背景には一体どんな要因があるのか。まず、今の日本は経済、内政、外交のいずれにおいても苦境に陥っており、すぐに好転する気配はない。経済ではついこの間、中国に追い抜かれて世界第3位に転落したばかりだし、外交でもロシアと北方領土をめぐる対立が激化。韓国とも互いに同じ米国の同盟国でありながら、歴史問題と領土問題が大きく横たわっている。
 菅直人内閣は国内の政局と世論の影響を受け、「遠交近攻」(遠くの国と手を結び、近くの国を攻める)政策をとっている。日米同盟を深化させて米国の「アジア復帰」政策を利用したい考えだが、反対に米国のアジア戦略の犠牲になっている。北方領土問題の複雑化がその良い証拠だろう。インドとの“熱愛”もこの「遠交」政策の重要な一環。インドと良好な関係を保つことは日本にとって大きな価値を持つのである。
 インドは中国と同じBRICsの一員で、人口が多い新興国だ。最近の日本企業は12億の巨大な市場よりも、インドの経済成長(年9%)と2億4000万人の中産階級に夢中のようである。だが、「遠くの水は喉の渇きをすぐには癒せない」と言うではないか。長く慣れ親しみ距離も近い中国市場から、事情も良く分からず距離も遠いインド市場への転換を図るとは。リスク分散のように見えて実はさらに大きな「不確かなリスク」を背負ったことに日本は気付いていない。
 インドの北東アジア、特に中国に対する影響力はごくわずかだ。中国もインドとの協力関係を強化しており、インドが日本の強力な助っ人になることはあり得ない。日印の“経済愛”は急速に高まっているが、日本の「遠交近攻」政策の苦境を救うことにはならないだろう。



最近、中国のパンダが話題になりましたが(レンタル料が年8000万・・・・)、忘れてはならないのはインドの象。
聞いた話ですが、日本が敗戦後、当時のインドの首相が日本の子ども達を元気づけるために像を寄付してくれたそうで(パンダはレンタル料が年8000万・・・・)。
色々な面で、インドという国は親日国という話ですよね。
日本を大事に思ってくれる国は敬意を示したいものです。
日本とインドでがっちり手を組んで、シナを@%$&#=と思うのはダメ??
ブログ一覧 | 時事ニュース | ニュース
Posted at 2011/02/25 00:11:36

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2011/02/25 00:18:46
インドは中国と日本、どっちを選んでくれるかなぁ
コメントへの返答
2011/02/25 00:21:08
日本とどこまで親密になるかはわかりませんが、少なくとも国境問題を抱えている中国とは仲良くならないでしょう。
インドは日本のODAにも感謝を示してくれているみたいですし、中国とは大違いなのは事実ですな。
2011/02/25 00:26:46
とりあえず友好の証にタタ1台お買い上げですね。
28万円で財布にも優しいですよ。
っと書いてて思いましたが、冷静に考えると猛烈に安いですね。
コメントへの返答
2011/02/25 06:53:02
自分ができることとしては、「インドのカレー、最高!!!!」と叫ぶことですねw

それはさておき、タタの28万円はものすごく安いですね!!
2011/02/25 01:28:40
日印関係の強化こそ国益でしょう。
Tata系列としてジャガー(絶対にポク大事のような言い方はしたくありません)、ランドローバーを買うのもありだと思うんですが、問題はアフターサービスが(;´Д`)
コメントへの返答
2011/02/25 06:54:02
右に同じく!

アフターサービスに関しては、日本と交流を深めて、お互い勉強するのもアリかとw
2011/02/25 01:38:22
連コメすいません。当然ながらJaguarやLand Rover買う余裕も無いです。
とにかく、インドとの連携うまくいって欲しいものです。
コメントへの返答
2011/02/25 06:54:28
インドとの連携はうまくやってもらいたいですね!!
2011/02/25 03:15:33
中印国境紛争がまだ続いてますからね、
今だインドは核弾頭の搭載が可能な中
距離弾道ミサイルを、パキスタンと中国
に照準をあわせてるとか(汗)
 仲が悪いインドの事をシンガポール華
字紙が良くは書かないでしょうね。
コメントへの返答
2011/02/25 07:16:31
中国にとってみれば、日印が蜜月の関係になることは脅威ではないかと。

外堀を固められ包囲されるようなものですからねw

中国も景気が悪くなってますから、インドよりも中国へ注げと言いたいのでしょうw
2011/02/25 04:09:16
「経済愛」とか「熱愛」とかウザいですねー・・・
「フツーに」貿易できるだけだっつうの─
あんたんトコがフツーじゃなくメンドクサくて
ルール守んないだけだっつうのww
あと
カネ返せww
コメントへの返答
2011/02/25 06:58:55
フツーに貿易、国交で良いと思うのですよねw

もし中国が「愛」を求めていたとするならば、「愛」は芽生えなかったということですwwww
カネ返せww
2011/02/25 04:29:16
イギリスに住んでみると、ホントにインドの人は日本人には友好的ですよ。
日本の国益を考えると、インド、ベトナムとは仲良くしたいですね。
コメントへの返答
2011/02/25 07:01:22
はじめまして。
コメントありがとうございます。
びじょんサンはイギリス在住でしたか!
イギリスでもインド人の方は日本人に友好的なのですね。
日本に来られているインド人の方も明るい方が多く、気さくで義理堅い人がいらっしゃいます。
2011/02/25 09:51:09
インドや親日の東南アジア諸国と連合組んで、軍事演習でもやれば北京原人共は焦るでしょうね。
そう言う国々と関係強化をする事こそ国益にだと思います。
コメントへの返答
2011/02/25 10:09:11
おっしゃるとおりです。
東南アジア諸国と共存共栄したほうが良いと思います。
シナとは共存共栄ということが成り立ちませんから・・・。
2011/02/25 13:50:20
私もインド人の友達がいます。
親日だし素晴らしい人です。

私もシナなんかでなくインド・ベトナム・タイがいいと思います。
タイはちょっとまだあやしいですが、インドやベトナム人はよく働きます。

シナ人は自分達が儲かると思わなければ、日本人となんてつるみませんわ。
コメントへの返答
2011/02/25 13:56:02
sayuさんはインドのお友達をお持ちでしたか!
僕は近所のインド料理屋さんでしか、インドの方と接する機会がありませんが、そこの店長さんが気さくで面白い人であります。

お互い、敬意が無ければ、国交など成立しませんし、まして経済活動などあり得ませんw

日本はシナのサイフじゃないんだからww
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「やっぱスパルタンですね。 http://cvw.jp/b/149375/40261070/
何シテル?   08/17 21:39
差障りのない男です。 中性洗剤のような男です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産(純正) キッキングプレート(赤) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/01 11:37:30
V37で雪道を走った印象とか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/13 16:17:57
意外と普通 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/30 07:10:16

お友達

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R 自慰亭有 (日産 NISSAN GT-R)
平成26年2月28日(金)大安、納車されました。 2009年モデル。平成21年2月登録の ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
初めてのメルセデスベンツ。 32歳~ ひょんなことから縁を感じ、ネオクラなSLクラスを所 ...
輸入車その他 自転車 イタ公のイ太郎 (輸入車その他 自転車)
初めてのイタ車。衝動買い。 自分による自分のための誕生日プレゼント。
日産 エルグランド BIG MOBY DICK (日産 エルグランド)
家族のクルマ。 38歳~ 主に嫁さんが使用します。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.