• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ミハエル・シューマサシのブログ一覧

2007年11月07日 イイね!

中嶋一貴、来季はウィリアムズでF1フル参戦!

中嶋一貴、来季はウィリアムズでF1フル参戦!







CARVIEW記事抜粋
現地時間(以下、現地時間)7日、ウィリアムズがプレスリリースを通じ、来季のドライバーラインアップを発表した。ニコ・ロズベルグ、そして中嶋一貴がレギュラードライバーとして2008シーズンに臨む。
 2007年はGP2に参戦し、6度の表彰台、新人最高のランキング5位の好成績を残した中嶋。また、ウィリアムズのテストドライバーも務め、引退したアレクサンダー・ブルツに代わりF1最終戦ブラジルGPでレギュラードライバーとして起用され、スポット参戦ながらF1デビューを果たしていた。初レースを10位で完走、ファステストラップも全体5番手の好タイムを叩き出すなどの健闘が認められ、ついに来季のレギュラードライバーのシートを手に入れた。
 中嶋は今回の決定に、「今年は僕にとって、これ以上ない最高の年です。3月にアルバートパークにてF1ドライバーとして走行できたことはすばらしい経験であったし、そして今、AT&Tウィリアムズのレースドライバーとして正式に指名を受け、夢が叶ったことが本当に嬉しい。TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)を通じてサポートしてくれたトヨタに心から感謝しているし、ウィリアムズには僕に対する信頼に感謝している。来季が始まる前にやるべきことがたくさんあるが、必要なことはすべて行ない、ウィリアムズとトヨタにすばらしい投資をしたと思ってもらえるようにしていきたい」と意気込みを語っている。
 また、チーム代表のフランク・ウィリアムズ氏は、「2008年印象的で広くから賞賛された実績を残し、ニコが3年連続ウィリアムズのドライバーとして来季も参戦することを発表でき、嬉しく思う。今季、我がチームを感心させた一貴は、よきパートナーとなるだろう。一貴は、すばらしいF1レーサーになるに相応しい素質を持っており、来季においても我々は彼の才能に磨きをかけることができるよう、彼が必要とするすべてのサポート、援助を行なっていくつもりだ」と中嶋に期待を寄せた。

【中嶋一貴:プロフィール】
名前 中嶋一貴 Kazuki Nakajima
主なレース歴 02年全日本カート競技選手権FAクラス 3位、03年フォーミュラ・トヨタ チャンピオン、04~05年全日本F3選手権参戦(04年全日本F3選手権 5位、05年全日本F3選手権 2位)、05年SUPER GT(500クラス) 8位、06年F3ユーロシリーズ 7位、07年GP2シリーズ 5位(表彰台6回、ポールポジション1回)、ウィリアムズ・テストドライバー
生年月日 1985年1月11日
国籍 日本(愛知県)
身長 173cm
体重 62kg
婚姻の有無 独身
※上記プロフィールはウィリアムズおよび中嶋一貴の公式ホームページより



中嶋jr.がついにF1に本格デビューですね。
ニコ・ロズベルグを相手にどこまでやれるか楽しみです。
お父さんを超える走りを魅せてもらいたいですね!
2007年11月06日 イイね!

M.シューマッハ、MotoGPテストに参加し好タイムをマーク

M.シューマッハ、MotoGPテストに参加し好タイムをマーク








carview記事抜粋
現地時間(以下、現地時間)5日、2006年に現役を引退したミハエル・シューマッハが、スペイン・バレンシアで行なわれたMotoGPのテストにドゥカティで参加。好タイムをマークし、周囲を驚かせている。6日、イタリアの新聞“ガゼッタ・デッロ・スポルト”紙などイタリア複数メディアが報じた。
 MotoGP最終戦バレンシアGPを4日に終え、翌5日はメディア向けのテスト日を迎えたリカルド・トルモ・サーキット。M.シューマッハは今季MotoGPクラスを制したケイシー・ストーナーのマシンに試乗し、トータル58周の中で1'37.890のベストタイムをマークしている。ホンダのダニ・ペドロサが記録した今季バレンシアGPのポールタイム、1'31.517から約6秒差という結果に、その走りを見守ったライダーからは驚きの声が上がった。
 M.シューマッハ本人は、以前イタリアのムジェロ・サーキットで経験したテストを振り返りながら、「僕はバイクを愛しているからただ楽しみたかっただけで、特に期待はしていなかった。ムジェロでは自分の目標から15秒遅れだったんだ。ここでは10秒以内には入りたいと思っていた。そうしたらもっといい結果が出て、満足してるよ。もちろん興奮した。2輪はモノコックの中で走るワケじゃないから、転倒したら怪我をするしね」と満足げにコメント。また、MotoGPに参戦する予定はないとも語っている。
 往年の名ライダー、ランディ・マモラは、M.シューマッハの走りに対し「まず最初に考えたのは、28歳ではなく38歳なのが残念だということだ。2、3年のうちに本物のライダーになれるだろうからね。今だってそう悪いものではない。以前ムジェロで走った時とは別物だ」と高く評価。さらに、現MotoGPライダーのマルコ・メランドリ(ホンダから来季ドゥカティに移籍)も、「午後1時からの走行だけど、2時間前にはもうライダースーツを着て、興奮気味にピットボックスを回っていて好感が持てたよ。少年みたいだったね」とM.シューマッハに好印象を抱いていた。




速い人は何に乗せても速いのですね~。
いくらF1レーサーでコースを知っているとは言え、バイクじゃ勝手が違うのでしょう。
その中でGPライダーの6秒落ちって凄いのではないかと思います。
個人的には、ランディ・マモラが懐かしかったです。
昔、カジバのバイクでレースに出ていたような。
その頃は衰えていましたが、全盛期は無冠の帝王って呼ばれてランキングの上位に食い込むライダーだったみたいですね。

2007年11月02日 イイね!

アロンソ マクラーレンを離脱

アロンソ マクラーレンを離脱












GPUPDATE.NET記事抜粋
マクラーレンチームは、フェルナンド・アロンソとの間で彼がチームを離脱することに合意したことを本日発表した。アロンソはマクラーレンとの契約があと2シーズン残っていた。
 アロンソはこれかF1での新たな挑戦を見つけることになった。彼はルノーに戻ることが予想されている。チーム代表のフラビオ・ブリアトーレはアロンソ復帰を心から願っていることを公の場で明らかにしている。



ずっと噂になっていたこの話、実際に起きるとかなりショックです。
例えアロンソとロン・デニスの性格が合わなくても、双方プロですから勝つためなら一致団結すると思っていたのですが。
アロンソはいばらの道を歩み出したように思うのですが・・・。
2007年11月02日 イイね!

F1世界選手権歴代チャンピオン年表

F1-LIVE.COM記事抜粋
2007年ドライバーズチャンピオンに輝いたキミ・ライコネン(フェラーリ)は1950年から発足したF1世界選手権史上第58代、29人目のチャンピオンに輝いた。
 フィンランド人ドライバーとしては1982年のケケ・ロズベルグ、1998、1999年のミカ・ハッキネンに続く3人目である。
またフェラーリは過去8年間で6回ドライバーズチャンピオンシップを制している。


1950年 ジュゼッペ・ファリーナ (ITA) アルファロメオ
1951年 ファン・マヌエル・ファンジオ (ARG) アルファロメオ
1952年 アルベルト・アスカリ (ITA) フェラーリ
1953年 アルベルト・アスカリ (ITA) フェラーリ
1954年 ファン・マヌエル・ファンジオ (ARG) マセラティ、メルセデス・ベンツ
1955年 ファン・マヌエル・ファンジオ (ARG) メルセデス・ベンツ
1956年 ファン・マヌエル・ファンジオ (ARG) フェラーリ
1957年 ファン・マヌエル・ファンジオ (ARG) マセラティ
1958年 マイク・ホーソーン (ENG) フェラーリ
1959年 ジャック・ブラバム (AUS) クーパー・クライマックス
1960年 ジャック・ブラバム (AUS) クーパー・クライマックス
1961年 フィル・ヒル (USA) フェラーリ
1962年 グラハム・ヒル (ENG) BRM
1963年 ジム・クラーク (SCO) ロータス・クライマックス
1964年 ジョン・サーティース (ENG) フェラーリ
1965年 ジム・クラーク (SCO) ロータス・クライマックス
1966年 ジャック・ブラバム (AUS) ブラバム・レプコ
1967年 デニス・ハルム (NZL) ブラバム・レプコ
1968年 グラハム・ヒル (ENG) ロータス・フォード
1969年 ジャッキー・スチュワート (SCO) マトラ・フォード
1970年 ヨッヘン・リント (AUS) ロータス・フォード
1971年 ジャッキー・スチュワート (SCO) ティレル・フォード
1972年 エマーソン・フィッティパルディ (BRA) ロータス・フォード
1973年 ジャッキー・スチュワート (SCO) ティレル・フォード
1974年 エマーソン・フィッティパルディ (BRA) マクラーレン・フォード
1975年 ニキ・ラウダ (AUT) フェラーリ
1976年 ジェームズ・ハント (ENG) マクラーレン・フォード
1977年 ニキ・ラウダ (AUT) フェラーリ
1978年 マリオ・アンドレッティ (USA) ロータス・フォード
1979年 ジョディ・シェクター (RSA) フェラーリ
1980年 アラン・ジョーンズ (AUS) ウィリアムズ・フォード
1981年 ネルソン・ピケ (BRA) ブラバム・フォード
1982年 ケケ・ロズベルグ (FIN) ウィリアムズ・フォード
1983年 ネルソン・ピケ (BRA) ブラバム・BMW
1984年 ニキ・ラウダ (AUT) TAGマクラーレン・ポルシェ
1985年 アラン・プロスト (FRA) TAGマクラーレン・ポルシェ
1986年 アラン・プロスト (FRA) TAGマクラーレン・ポルシェ
1987年 ネルソン・ピケ (BRA) ウィリアムズ・ホンダ
1988年 アイルトン・セナ (BRA) マクラーレン・ホンダ
1989年 アラン・プロスト (FRA) マクラーレン・ホンダ
1990年 アイルトン・セナ (BRA) マクラーレン・ホンダ
1991年 アイルトン・セナ (BRA) マクラーレン・ホンダ
1992年 ナイジェル・マンセル (ENG) ウィリアムズ・ルノー
1993年 アラン・プロスト (FRA) ウィリアムズ・ルノー
1994年 ミハエル・シューマッハ (GER) ベネトン・フォード
1995年 ミハエル・シューマッハ (GER) ベネトン・ルノー
1996年 デーモン・ヒル (ENG) ウィリアムズ・ルノー
1997年 ジャック・ビルヌーブ (CAN) ウィリアムズ・ルノー
1998年 ミカ・ハッキネン (FIN) マクラーレン・メルセデス
1999年 ミカ・ハッキネン (FIN) マクラーレン・メルセデス
2000年 ミハエル・シューマッハ (GER) フェラーリ
2001年 ミハエル・シューマッハ (GER) フェラーリ
2002年 ミハエル・シューマッハ (GER) フェラーリ
2003年 ミハエル・シューマッハ (GER) フェラーリ
2004年 ミハエル・シューマッハ (GER) フェラーリ
2005年 フェルナンド・アロンソ (ESP) ルノー
2006年 フェルナンド・アロンソ (ESP) ルノー
2007年 キミ・ライコネン (FIN) フェラーリ



こうやって歴代チャンピォンを並べていると、ミハエル・シューマッハの独壇場時代を超える時代はやってこなそうな予感。
ミハエル・シューマッハは7回チャンピォンを獲りましたが、5連覇ってスゴイっすね。
他に5回チャンピォン獲ったのは、ファンジオだけ。
プロストは4回、セナ3回。
個人的にはライコネンがどこまでやれるか楽しみです。
次世代も伸びていますから、シューマッハの記録は厳しそうですが、同郷のハッキネンの記録は破れるかも!?

Posted at 2007/11/02 21:30:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | F1GP2007年シーズン | パソコン/インターネット
2007年10月22日 イイね!

2007年F1ブラジルGP決勝

2007年F1ブラジルGP決勝






F1-LIVE.COM記事抜粋
2007年F1世界選手権第17戦ブラジルGPの決勝が日本時間22日(月)1時(現地時間21日(日)14時)からアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ、通称インテルラゴス・サーキットで行われた。
 し烈なタイトル争いが展開されてきた2007年のチャンピオンシップ。長くて短かったシーズンに、ついに終止符が打たれる時が来た。決戦の舞台インテルラゴスは快晴。気温37℃、路面温度61℃のドライコンディションで71周のレースが幕を開けた。
 スタート直後は衝撃のシーンが連続した。チャンピオン最有力候補のルイス・ハミルトン(マクラーレン)がオーバーラン、大きく順位を落としたのに続き、8周目には突如スローダウンして18番手まで後退。こちらもチャンピオン候補の一角、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)もペースが上がらず苦しいレースが続いた。
 そんな中、順調なレース運びで勝利をもぎ取ったのはフェラーリのキミ・ライコネン。チームメイトのフェリペ・マッサを従えて、悲願の初タイトルを獲得した。2001年のデビューから7シーズン目にしてつかんだ栄冠に、ライコネンは安堵の表情を見せた。
 マッサは昨年の優勝に続き、母国ブラジルで好成績を残している。
 3位はアロンソで3冠達成はかなわず。4位ロバート・クビサ(BMWザウバー)、5位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、6位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、そして7位に惜しくも史上初のルーキータイトル獲得を逃したハミルトンが入り、8位にはヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)がつけた。
 トゥルーリ以外の日本勢は中嶋一貴(ウィリアムズ)がF1初レースで10位完走。ラルフ・シューマッハ(トヨタ)が11位、佐藤琢磨(SUPER AGURI)が12位で完走を果たし、ルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトン(ともにHonda Racing F1)、山本左近(スパイカー)はリタイアとなっている。
 チャンピオンシップを整理すると、ドライバーズ・ランキングは110ポイントのライコネンがトップ、2位は109ポイントのハミルトン、3位は同じく109ポイントのアロンソとなった(勝利数はともに4勝だが、2位の数はハミルトン5回、アロンソ4回とハミルトンの方が多いため)。4位は94ポイントのマッサだった。コンストラクターズ・ランキングは204ポイントのフェラーリ、2位は102ポイントのBMWザウバー、3位は51ポイントのルノーとなり、フェラーリが2004年以来のダブルタイトルを獲得した。
 全17戦のスケジュールで世界を転戦してきた2007年F1世界選手権は幕を閉じた。2008年の開幕戦はFIA発表の暫定カレンダーによるとオーストラリアGP(3月16日決勝)。新たなシーズンの到来が待ち遠しい。



誰がこんなシナリオを描いたのでしょう!?
中継中にも右京さんがしきりに言ってましたが、マンガみたいなシナリオのレースでしたね。
個人的なことですが、今日は何かが起きる!って感じでレースが始まる前から武者震いみたいなものが止まりませんでした。レースに出る訳じゃないのに(爆)
こんな感覚でレースを見たのは10数年ぶりというくらい久々です。
日本でF1中継が始まって以来、初めての展開である3人のドライバーによるタイトル争い
結果から言えば、一番劣性だったキミ・ライコネンのモノとなりました。
今回のレースにかける意気込みは、F1関係のサイトにUPされている写真からもうかがい知れました。
自分のブログにも書きましたが失うものは何もない!って感じの目つき。
ライコネンにはシンプルな展開だったのかもしれませんね。
勝つしかないのですから。
スタートから気迫が感じられました。
普通なら気張ってミスしそうな場面で、ハミルトンをパスですからね。
逆に余裕があるハミルトンが気張ってしまったような感じ。
その後もハミルトンはアロンソにパスされ・・・。
気迫負けですね。
F1のタイトル争いをすでに経験している2人は違いました。
その後もハミルトンにミッション・トラブルが出てスローダウン。
復活するも万事休す。
ただ、レースでのオーバーテイク・ショーは素晴らしかったです。
アロンソもいつもの精彩を感じられないようなレース。
マッサとライコネンの争いは手に汗握りました。
マッサも母国だけに勝ちたい一心とも思えるペース。
ライコネンを上回っていました。
が、2度目のピットインで形勢逆転。
ライコネンのピットに入るまでの3周くらいは神がかりの走りでしたね。
私は右のフロントタイヤが心配でした。
テレビでもわかるくらい痛んでましたから。
トラブルもなく、ピットインを済ませ、コースに1位で復帰。
後はゴールにクルマを運ぶだけ!
それだけのことですが、過去のライコネンはこの場面でトラブルですからね。
観ている側として気が気じゃなかったです。
それでもライコネンは最後までマシーンを攻め立てます。
そして、ゴール。
ついにライコネンのタイトルが現実に!
いつものライコネンとは違って、嬉しそう!
スタッフをねぎらう姿は本心でしょうね。
スタッフの頑張りも必要ですが、ライコネンが諦めることがなかったから達成できたのでしょう。
表彰台で紙吹雪に包まれている姿を見て自分もこみ上げるモノがありました。
これでもう無冠の帝王じゃないですね!!
来年はカーナンバー1を背負ってライコネンが戦います。
来年は今年以上に熾烈な展開が起きるかもしれませんね。
力をつけたハミルトンとニコやクビサ、ヴェッテル・・・アロンソもチーム次第ではまだまだ来ることでしょう。
マッサも開幕から飛ばしてくるはず。
絶対すごいシーズンになるだろうと期待できます。
今年も楽しくF1を観させていただき、ありがとうございました。
来年もヨロシクです!!と関係者の皆さんに伝えたいです。
来年も楽しみましょう♪

プロフィール

「タイヤ、どーすっかな!? http://cvw.jp/b/149375/40814896/
何シテル?   12/06 20:06
差障りのない男です。 中性洗剤のような男です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産(純正) キッキングプレート(赤) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/01 11:37:30
V37で雪道を走った印象とか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/13 16:17:57
意外と普通 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/30 07:10:16

お友達

一緒に坊主めくりをしませんか?
101 人のお友達がいます
ぽーる^^ぽーる^^ * fukafuka *
金子浩久金子浩久 * ☆大佐☆☆大佐☆ *
NISMOキッドNISMOキッド * 器≪Utsuwa≫器≪Utsuwa≫ *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R 自慰亭有 (日産 NISSAN GT-R)
平成26年2月28日(金)大安、納車されました。 2009年モデル。平成21年2月登録の ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
初めてのメルセデスベンツ。 32歳~ ひょんなことから縁を感じ、ネオクラなSLクラスを所 ...
輸入車その他 自転車 イタ公のイ太郎 (輸入車その他 自転車)
初めてのイタ車。衝動買い。 自分による自分のための誕生日プレゼント。
日産 エルグランド BIG MOBY DICK (日産 エルグランド)
家族のクルマ。 38歳~ 主に嫁さんが使用します。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.