• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おちゃけんのブログ一覧

2017年11月08日 イイね!

日産とスバルに同情

日産とスバルに同情ここのところ世間を騒がせている、日産とスバルの「無資格者による完成検査」問題。


この報道で、メディアは

「国土交通省の抜き打ち監査により、両社は車両の完成検査を長年無資格者に行わせていたことが発覚した」

とだけ報じていますが、この意味を車に疎い一般の方はどう受け止めるのでしょうか?

この端的な表現からは、あたかも自動車についてズブの素人にいい加減な品質検査をさせていた、


「品質管理を全くしてしていないか、もしくは疎かにしているとんでもない自動車メーカー」


と言っている様にしか聞こえないのではないでしょうか。

この問題の背景は結構複雑で、昭和26年制定の「道路車輌運送法」に基づき定められている、日本独自の車検制度が発端だと説明しないあたり、マスコミの作為的なメーカー虐めと言うか・・・


確かに法に定められたことを守らないのはダメですし、一部監査逃れや隠ぺいに類する行為があったと報じられていますから、ダメなことをしていると言う自覚は現場にはあったのでしょう。
それは非難を逃れられないと思います。


が、、この問題の本質は、その「道路車輌運送法」に基づいた最初の車検を適切に受けていない車が公道を走ってしまった、と言うことですよね。
我々が一般的に認識している最初の車検は、新車登録後3年経過時の「1回目の車検」だと思いますが、新車を買って登録する際が本当の1回目の車検(新規検査)なんですよね(0回目の車検とでも言いましょうか・・・)。


画像の書類は新車メーカーが発行する「完成検査終了証」ですが、この完成検査終了証が保安基準適合証の代わりとなるので、メーカーの完成車ラインの最終検査は法に基づいた「国家資格」を持った検査員が実施しなければならない、と言う事です。

同じ基準で厳しい検査を正確に実施しても、その検査員が車検検査・保安基準適合検査の国家資格を持っていなかったら、法的な保安基準適合検査を何もしていないと同じ扱いなのですね。


と言う訳で、

「メーカーが品質管理をしていない」ということではない」

のです。

自動車メーカーの品質管理は非常に厳しく(私もその方面と仕事上のかかわりがありますので体感しております)、工程管理は所定の管理工程図に則って確実に実施されていると思います。

だから、「そのままお乗り頂いても危険はない」とメーカーは言うのですが、これも事情を把握していない一般の方から見たら、「責任逃れ」に聞こえるでしょう。


化石の様な実態に合わない法律を抜本的に改正しないで運用し、抜き打ち監査でメーカーの非をあげつらうよりも、メーカーそのものの品質管理体制全体をISOの様に規格化して監督官庁の認定をするとか、年に何百万台も完成車を生産する国の基幹産業たる自動車メーカーの管理方法と安全の担保を、もっと合理的にしないと国が足を引っ張るようなものです。


報道機関の皆さんも、ただセンセーショナルに重大事件発覚!的なアオリで良く説明もせず「日本企業の品質神話崩壊」なんてイメージに誘導するのではなく、物事は詳細や背景まで正確に伝えてほしいものです。



日産さんとスバルさんにはちょっと同情致します。。

が、どんな理不尽なコトでも、法に定められたら守るしかないので頑張って下さい(^^;


<2017/11/14 追記>

私のブログ文中に勘違いによる間違いがありました。

完成検査の有資格者の定義についてですが、その後の報道の中にあったQ&Aで、


【完成検査員については、自動車型式指定規則の実施要領(国交省の通達)に「当該検査に必要な知識及び技能を有する者のうちからあらかじめ指名された者」と記されており、これに反している。資格は国家資格ではなく、認定基準は各社によって違う。】


このような回答がありました。

しかし、こうなってくると有資格者と無資格者の境界が曖昧で、今回問題となった無資格者とされる方も、事前の教育と実習で十分な知識技能を持っているならば、社内で完成検査員として任命していれば問題なかったとも言えます(むしろ、メーカー毎に認定基準が異なる「有資格者」によって、保安基準適合検査の代替である車両完成検査を実施させていることの方が、制度として問題なのでは?)。

加えて、


【この問題が影響する範囲は国内販売向け車両】


とも書かれていました。

こうなると、ますます国と自動車メーカー間の制度とその理解の齟齬の問題であって、品質管理そのものの問題とは切り離して説明してほしいと感じます。
Posted at 2017/11/08 18:32:51 | コメント(5) | トラックバック(0) | 色んなクルマ | クルマ
2017年11月02日 イイね!

宮城へGo!

宮城へGo!明日から3連休と言うパラダイス前の木曜日をお過ごしの方も多いのでは、と思います(^^)


かく言う私もそうなのですが、本日休暇取得により4連休なのです。


先週までの4週連続、秋の長雨+台風2連発で大雨と言う、10月にあるまじき最悪の天候・・・
本来であれば最高の車遊びシーズンと言うのに、グダグダと家でくすぶっておりました(T-T)


そんな折、息子が宮城のおばあちゃんのところに行きたいと言い出し、それなら今週末にエリーゼでロングドライブしてみようかと思い立ちました。

宮城のおばあちゃん=私の母ですが、ちょくちょく行ける距離ではないので会えるときに私も息子も顔を見せてあげないとな、何て考えるようにはなりましたが、よくよく考えたらまだ60代なので全然です(^^;



家にはネコ様がおりますので、誰かが家臣として仕えねばならないため、今回は息子と2人です。
プロバックスシートの出来はなかなかだとの専らの評価ですが、リクライニングなしのペラペラシートに窮屈な室内、エアコンはあるのでその辺は大丈夫なものの、、マイ腰は耐えられるのか。
111Rはグランドツーリングにも使えるエリーゼと専門誌に書いてありましたが、比較対象がエリーゼファミリーとあっては、何の安心材料にもなりません(笑)

最大の心配事であった天気も1週間前から見る見る回復し、我ながら晴れ男ぶりに感心しております。




久々の晴れの週末、しかも3連休!
皆様も心行くまで堪能されますよう。

只今、那須高原PAでございます。



夕食は何かお高めの素材を使っているらしい親子丼、美味しいです( ̄ー ̄)
Posted at 2017/11/02 19:13:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | エリーゼ | 日記
2017年09月10日 イイね!

ペットの巣立ちとバイク神社

今回のブログは昆虫嫌いの方は特にご注意下さい。。
なるべくキモいのやグロいのは掲載していないので、大抵の方は問題ないと思いますが(汗)



さて、わが家はJRの駅から1.3km位の住宅街ですが、まだ周辺が田畑だらけだった戦時中に祖父が移り住んだため、比較的広い庭があります。
おかげで車の保有や整備がし易く、私としては非常に助かっています(^^;

庭には椿やツツジ、柿の木と梅ノ木の老木等があり、夏場にはセミの幼虫が沢山出てきて羽化するらしく、抜け殻が沢山ぶら下がっていたりします。



その庭木の中に、私が小学生の頃にスーパーで買ってきた実に入っていた種から大きくなった、柚子の木があります。
ご存知の方も多いと思いますが、柑橘系の木にはアゲハ蝶類の幼虫が付きます。
4月頃から11月頃までの1年の半分は、ヒラヒラと黄色っぽいナミアゲハ、最近多くなった気がするクロアゲハがその木の周りを舞っています。産卵に来ているんですね。

かなりの数を産んでいると思われるのですが、柚子の木は丸坊主にはなりません。幼木ならそうなるのかも知れませんが、木が大きく葉も生い茂っていることが理由だと思っていたら、アゲハ蝶の卵が成虫になれるのは約1.6%、100~200個に1個の割合なんだそうで・・・(T-T)

ちょこちょこ食べられた痕はありますが、それじゃ丸坊主になる訳が無い・・・



卵から幼虫の頃に命を落とす原因は色々ありますが、多いのは鳥などの捕食者によるものと、意外に多いのが寄生虫によるものらしい。それももうすぐ蝶になれる最終段階で寄生する、ヤドリバチやヤドリバエ類による被害が非常に多いらしい。

「ブランコヤドリバエ」とか、「アオムシコバチ」でググるとすぐに画像が出て来ますが、昆虫類がダメな方は特に、そうでない方でもそこそこ気持ち悪い絵なのでお勧めしません。。



私は田舎育ちなモノで、子供の頃は昆虫類が大好きでした。
やっぱり最も好きだったのはクワガタ虫、カブトムシはそうでもなかったですが、、
トカゲなんかの爬虫類もよく捕まえてたっけなあ。

毛虫の類は刺すものも多いので大嫌いでしたが、イモムシは気持ち悪いけどケムシ程に毛嫌いはしていなかったです。

しかし、大人になるとクワガタとかコオロギ、バッタやカマキリは平気ですが流石にイモムシは気持ち悪い。



でも、そんな時にふと見た柚子の木に付く、結構大きい幼虫・・・
アゲハ蝶の終齢幼虫でした。

気持ちが悪いけれど、別に大事にしている木でもなく実害はないし、そのまま蝶になって元気に巣立ってね、と思ってみたら変なアリみたいな虫が背中に付いている。

調べると・・・

「アオムシコバチ」はアゲハの幼虫が前蛹から蛹になった時に産卵・寄生する。もうすぐ蛹になる終齢幼虫を見つけると、産卵のために蛹になるまでしつこくしつこく付け狙う

なんて奴だ!

もう少しで醜く長い幼虫時代を終えて、綺麗な蝶になって大空に飛び立つ寸前でエイリアン張りの手段で食い殺すなんて。。


しかし冷静になると、そんな寄生虫もそうすることでしか生き残れない因果。
好きでそんな虫に生まれた訳ではなかろうが、そこはそれ、やっぱり肩を持つのは綺麗なアゲハ蝶です。

最大ボカシで自粛の図(背中の黒いアリっぽい2匹がアオムシコバチ)。



虫を追い払い、恐る恐る枝ごと切って保護。
調べると終齢からは数日で蛹になり、2週間程で成虫になるとのこと。

4~5日はこの姿でしたが、生きているか、元気か、覗いている内に芽生えた感情。


「キモかわいい」


パリパリ音を立てて柚子の葉っぱを食べている姿を見ていると、ちゃんと成長しているか気になるようになり、数日後・・・



蛹になった!

このまま5~6日目までに変な虫が出てこなければ、後は問題ないハズ。
待つこと14日目。
蛹の色に変化が・・・黒っぽくなりました。



朝の6時頃に色の変化に気付き、翌日には羽化するかなと思い嫁様に伝え、本社会議でいつもより1時間早く出勤したその日の8時過ぎ、出勤直前の嫁様からメールが届く。

タイトル: 「蝶が・・・」



おおお~!!!


立派な立派なクロアゲハに(^^)

このアゲハ蝶、幼虫時代に調べて分かっていたのですが、「ナガサキアゲハ」と言う、長崎でシーボルトが発見した蝶です。
アゲハ蝶の中でも最も大型の部類に入る蝶だそうです。
柄から判断すると、美人の女の子です。
羽が乾くまで飛べないので、3~4時間後に玄関ドアを開放するように義母に頼み、昼頃には大空に飛び立って行ったそうです。



子供は息子しかいないけど、娘が巣立って行く気持ちの何分の一かが分かった気がします(笑)



そして、神社巡り。。

栃木県高根沢町にある神社。

前回の月待の滝の道中で発見した、冗談ぽい神社・・・その名も











「バイク神社」




正式名称:安住神社



元々は安産のご利益で有名な神社らしいのですが、自動二輪車振興会?だかの認定第1号「バイク神社」とやらで(と言う事は他にもある)・・・

交通安全の愛車の御祓いもあり、宮司さんもいるので御朱印も貰える。



※通常版の御朱印もあり



お守りもヘルメット被ったのとか、可愛いヤツがありました。



神社の塀にはこんな車関係の広告も沢山。
そしてバイク乗りには恐らく聖地の扱い(笑)



気になってしまい結局行って見ました(^^;



もちろん、ここでの願い事もジャンボ1等できれば前後賞付き。
不甲斐ない政治家と異なり、私は一切ブレません。

遊びにお誘い頂いた時、アヴェンタとか乗ってきたらお察し下さい。。
Posted at 2017/09/10 18:04:34 | コメント(11) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年08月31日 イイね!

月待の滝もみじ苑 蕎麦ソロツー

月待の滝もみじ苑 蕎麦ソロツーお盆中もずーっと雨でしたね・・・。

お盆が明けても週末はずーっと雨か雷予報。。


全然趣味車に乗るタイミングが得られず、アシ車で近所をウロウロの毎日でした。
そんな中、久々にまずまずのお天気予報で、先週日曜日に茨城は月待の滝のもみじ苑に蕎麦食いソロツーに行って来ました(^^)






途中休憩した7‐11にて。
実はエリーゼ、4月に購入してから7月に1回だけ屋根外して乗っただけで、全くオープンにして乗っていません。
滅茶苦茶暑い日にオープンで乗ったら、日焼けしてヒリヒリするわ慣れないから周りの風景から何から落ち着かないわ(笑)
これから良い季節になるので、まずはお友達とのツーリング時にでも、オープンでのロングドライブにトライしてみようかと思います。





ここは以前、アッチョンさん他と皆さんでツーリングに行き教えて頂いた場所です。
滝は大きくはありませんが、落水の裏側に入れるんです。




おばちゃんが滝の前に長らくたたずんでおられました。
おそらく物凄く出ていると喧伝されている、マイナスイオンを浴びていると思われます。







もみじ苑では、私は10割蕎麦で嫁は普通のざる蕎麦を注文。
11時半過ぎに入りましたが、前回ツーリング時とは比較にならない混雑・・・
あれ?この前はこんな暑い時期じゃなかったからかな?

私達も注文から30分ほど待ちましたが、食べ終わる頃には1時間待ちのアナウンスが(^^;
蕎麦を食べる場合は少し食事の時間をハズして行った方が良いかもしれません。

蕎麦は、10割は固めですが蕎麦の風味がとても良く、普通の8割の方はのど越しが絶品でした!


滝を離れると嫁のリクエストで、「鷲子山上神社」(←読めるでしょうか?知らないのに一発で読めたら天才認定です)に立ち寄り。
何でも御朱印コレクションを集めているらしい。

この神社、茨城県と栃木県の県境に跨いで建ててあるのです。




こんな感じ・・・


別名ふくろう神社とかで、少しふざけた感じのでっかい金色フクロウが鳥居の奥に(^^)






他にも境内散策ルート上に無数のフクロウの置物があり、撫でて下さいとのメッセージが。
お賽銭をその度に入れて願い事を伝えましたが、家族の無病息災は年頭に依頼済みなので、今回は



「ジャンボ宝くじ1等」当選(前後賞は場合によってハズれても可)



と言う、非常に現実的かつ煩悩にまみれたお願いを10回ほど祈って参りました。。

それとこの神社、山の上にあるのですが道が細いです。
本来は一方通行ではないのですが、すれ違いに非常に苦労するほど道が細く頻繁に接触事故がある様で、神社が自主的に一方通行規制をしています。
栃木県側からは、道路交通法上は恐らく問題が無い様ですが神社の進入禁止表示があり、茨城県側から入る様になっていますのでご注意下さい。
それであっても、大柄な車で行くのは止めた方がいいかと・・・(汗)





正直、行き先は混んでなくて日帰りに丁度良い距離で、田舎道ならどこでも良かったのですが、気持ちの良いドライブになりました(^^)

ただ、せっかくのライトウェイトスポーツ、本当は同乗無しの方がワインディングも楽しめるので・・・ゴニョゴニョ(^^;

Posted at 2017/08/31 12:51:59 | コメント(10) | トラックバック(0) | エリーゼ | クルマ
2017年08月15日 イイね!

ケンカの仲裁

ケンカの仲裁家庭内で大喧嘩発生。

仲裁の結果、とばっちりを受けた私の足(T-T)


当事者①←加害者。




当事者②←反省中




地味に痛い。。
Posted at 2017/08/15 21:16:43 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

おちゃけんです。既に40を過ぎ家族と6匹の猫に囲まれ、余裕もない中でギリギリ964を維持しながら楽しんでます。←紆余曲折の末、ロータス・エリーゼS2に乗り換え。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

パジッド RS4-2&RS1-9 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/10 20:32:36

お友達

車種、生息地、趣味趣向、一切問いません。お友達のお誘いはお気軽にお願いします!※セールスやイイね稼ぎ目的の登録の方、大人のマナーが分からない方や極端に礼節を欠く方(オモシロコメントやジョークは大歓迎です)、あまりにも感性が異なる方等まれに削除する場合もありますが、他意はありませんので悪しからず。
118 人のお友達がいます
金八 ジネッタ金八 ジネッタ * おぬまおぬま *
JL289JL289 * ドラ猫ちゃんドラ猫ちゃん *
悠輔悠輔 * worksTKOworksTKO *

ファン

109 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
紆余曲折あり、長らく遊んだ964改から乗り換えです。 エリーゼ フェイズ2 111R。 ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
メルセデスベンツCクラスステーションワゴン、S204後期型C180。 前車W211が1 ...
ダイハツ ソニカ 通勤Spl. (ダイハツ ソニカ)
Z11キューブに代わる、次期通勤Spl.です。 初めての軽自動車購入です。 今まで代車 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェ 911(964)に乗っています。元々はカレラ4で、仕様変更を重ねて今はターボボ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.