• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヲレサマの愛車 [メルセデス・ベンツ Cクラス セダン]

W202C200クラッチ関係色々交換その2

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2017年10月08日
1
筋肉痛の二日目です。
今回も写真がないですが、ご容赦。
ミッションを戻す前に、クラッチの油圧系統に手を入れます。
油圧系統でやりたいことは、当初2つでした。
1.マスターシリンダの交換
2.油圧配管の交換
ですが、今回は1だけにしました。
というのも、油圧配管との繋ぎ目を触っても漏れている感じがしません。
漏れていると思われるのは、リサーバタンクとマスターシリンダを繋ぐホースの付け根のあたりです。
オリジナルのマスターシリンダはホース取付部は厚いゴムパッキンに樹脂製のジョイントを差し込む方式でしたが、強度や耐久性が何だか不安だったので、改造して、本体にタップでネジ立てて、パイプは金属を加工して、ネジコミにしました。パッキンはフッ素のOリングを使っています。
このホース取付パイプが問題(短い?)のかと思い、もう少し取付パイプを長く作った予備のマスターシリンダに交換します。

はああああ、一番触りたくないところですが、仕方ない、頑張ります。
2
まずは、内装を外します。
運転席下側カバーを外します。
結構たくさんのネジで止まっています。
隠しネジもあるので気を付けましょう。
ボンネットリリースノブやチルト操作部分に隠しネジがあります。
運転席下部カバーを外したら、今度は下右側カバーを外します。隠しネジ一本で止まっています。
次に左側カバーというかエアコン吹き出し口を外します。
そして、ドア下部のサイドカバー?を外します。これは力任せに外します。
んでもって、アクセル付け根の2つのプラスチックナットを外します。
そうして、シートを一番後ろまで下げると運転席足元のカーペットが外れます。

んでもって、リザーブタンクとクラッチ系統の配管内のフルードを空にします。
リザーブタンクは極力スポイトなどで吸い上げて、残りはブリーダプラグから排出します。
ブリーダプラグのは7ミリのレンチです。
ワンウェイバルブで一人排出しました。

3
ここからが大変です。
マスターシリンダを外すには、アクチュエータ固定ナッ1本トとシリンダ本体固定のナット2本、配管のフレア、リザーブタンク接続ホースを外します。
外す順番は配管フレア、アクチュエータ、本体固定ボルト、接続ホースの順です。
フレアナットは12ミリのクローフットレンチを使いました。
アクチュエータはM8で13ミリのレンチ
本体固定ボルトはM6なので10ミリのレンチです。
本体固定ネジは結合が外れたらブレーキ側にずらす。でないと接続ホースがあるので、うまく外れない。
まあ、この辺は少々改造してあるのと備忘録なので、独り言だと思ってください。笑

外してみると接続ホースが湿っている(フルードが滲んでいる感じ)ようです。
なんでだろう、、、
いやー、フルード関係の不具合はテンションの下がり方が半端じゃないです。苦笑

ミッション載せ替えの際には、外側灰色で内側黒色の燃料ホースを使いました。
(丈夫そうなので)
当然耐油なので、大丈夫だと思ったのですが、、、。
ボンネットを開けてリザーブタンク側も見てみると、こちらも接続ホースが滲んでいます。
考えたくないが、接続ホースもやりかえかあ、、。
4
慌ててネットで調べてみると、シリコンホースがエチレングリコールに強そうです。
ネット情報を信じてシリコンホースに変更します。
強度が心配だけど、何とかなると信じてこれまた慌ててホムセンに行き、内径7ミリのシリコンホースを購入。
前回のホースの長さは0.56m。
計らず買いに行ったので余裕をみて2m買いました。
前回の燃料ホースとシリコンホースをつなげて引っ張って、車体の貫通部を通します。
運転席側からボンネット側に通しました。
両側とも長めに残しといて、マスターシリンダとホースを接続したら、ボンネット側からホースを引っ張り室内側を調整して、その後、リザーブタンク側でカットした方がいいです。
リザーブタンク、マスターシリンダ共、締め付けによるダメージを考えて、金属のホースバンドではなく、結束バンド(タイラップ)での固定としました。
5
マスターシリンダの固定は手間取りました。
もう絶対絶対絶対にやりたくないです。汁

以下備忘録
次回の取付順序は以下の通り
接続ホース
配管フレア
アクチュエータ
本体固定ネジ

気をつけること、右下カバーの取付金具が鋭く、体を切ってしまう。養生すること。
6
んでもってリザーブタンクにフルード入れてエア抜きします。
ワンウェイバルブでやりました。
クラッチはブレーキと比べペダルが戻る力が少ないので、一人エア抜きやりやすいです。
7
W202C200クラッチ関係色々交換その2
んでもってミッションを戻します。
やっぱり結構苦労しました。
左側はベルハウジングセルモータの膨らみと車体、右側はベルハウジングとエキマニが厄介です。
これももうやりたくない、、、
何とかミッションをエンジンと繋げて暗くなったので本日は終了です。(写真は降ろした時に撮影したものです。)

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

W202C200クラッチ関係色々交換その4

難易度: ★★

W202C200ハブベアリング実験1

難易度: ★★

W202C200ハブベアリング実験4

難易度:

W202C200クラッチ関係色々交換その3

難易度: ★★

ATF交換4回目 192458km

難易度:

W202C200ハブベアリング実験3

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

初心者です。 皆様の整備記録を参考にさせてもらいながら車をいじっていきたいと思います。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

ポーターキャブ ステアリングギヤBOX&リレーアーム交換(宿題篇) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/13 05:43:32
メルセデスベンツ(純正) エンジンマウント (左) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/01 22:13:07
AliexpressにてPICライター(pickit3)を購入 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/23 08:28:00

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
家族のを引き継ぎました、が、壊れるのとぶつけるのが怖くて殆ど走っていません。ぼちぼちと手 ...
ダイハツ ハイゼットトラック ダイハツ ハイゼットトラック
現在のメインです。 基本的にノーマルで乗ります。 信頼性・維持管理性・耐久性の向上を考え ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
E30の最低グレード。M10エンジン重ステくるくる窓MT左ハンドル。サンルーフもついてる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる