• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年05月07日

やはり欧州製が安心できる



 SKRYDSTRUP R&D MR-9 との組み合わせ



 16ディレイ #1 はオンリー・ディレイで常時オンなので、バッファー・インするやり方でも構わない。
パッチ・ベイのような使い方ができ、かわりにコントロール・チェンジ機能は備わっていないので全箇所ループ使用とリターン入力にバッファーが入っており、詰めなくてもハーフラック機材の I/O を分散して使うことができる。

 SKRYDSTRUP R&D MR-10 になると、ピッチ・ファクターから2つの入力(バッファー入力)を受けて16ディレイ以降全てループ可能になる。一段目のピッチ~はリレー・バイパスを使い16ディレイはふたつとも DSP バイパスを使用するので、ここにフット操作でトゥルー・バイパスが入るのはとても便利ダ。



 エフェクターをたくさん使う場合の、 MR-10 を2台駆使するセッティング(まだ試してはいない)。
海外製では有名な RANE (レーン)のパッチベイが高音質ダ。

 5/9 追加)




 ()部分を選択式にすることで、機材を軽量化可能にする案ダ。
16ディレイの後にイコライザーをon/off するのはエフェクトとして向いている。
 アンプ(160)のビブラートはオンのままの場合アンプ(120)はずっとビブラートがオフである。
 アンプ(160)のビブラートがオフのままの場合アンプ(120)は少しスピードを高めたビブラートや、コーラスを使う。また、ハーモナイザーでベースの音色にする場合はどちらのアンプもモノで鳴らす。


 fx ラック


 コンパクト・エフェクター類はハーモナイザーを除きノックダウン。リストから外れた機材はプリアンプなど。グラフィック・ファズは逆回転風ファズが得られ、ボスrod-10をディストーションにセットすれば対のサウンドで交互に鳴らせる。16ディレイ2台をピッチ・ファクターと同じようにラック台上に載せれば、ポリ・コーラスとグラファズを載せ換えて大体の音色はラック1台で賄える。



 スイッチング・システムは音色の幅を出したい場合に備え、同じものがもう一台有ればほぼピッタリの計算になり、つい買いたくなってしまうもの。だがここまで洗練させれば、フリーダムカスタム・ギターリサーチ製のループbox ひとつで足りるだろう。
 狙い目は先頭のコーラス・マシンで、ボクの場合はフリケンシー・アナライザーの追加ダ。この2台をループabにつなぐことで、今後の購入はmr-10(現在輸入停止中)ひとつとループboxにグラファズとポリ・コーラスで完成。

 だが。

いろんな曲を試すのにやはりこれだけでは、各種規制に対応しなければならない場合の想定でありヴォーカル・マイク接続(ギターと一緒に鳴らせる)のためのエコー・マシンなど、まだまだ買い物は続くのである。実はグラファズとエコー・マシンはかつては所有していたのだが。多分これではもう一台スイッチャーが必要になるだろう。





 ロックトロン社製ループ・エイト一台にバッファー機能を一台分追加し、このあたりで音質的にもなかなかのシステムが完成できたといえるのダ。
やはり、ギターは座っても立っても弾ける楽器ダ。

***************************************************************************

 (5月11日 更新)


 最近はすっかり MR-9 (8 LOOP 全段バッファード)のセッティングが気に入っていたので、ほぼ使い切ったということでひと安心。
ロックトロン・ループエイトと同社製バッファー・アンプが交代で加わるのも、間近ダ。
 追加中の機材は製作中のストラト(ローランドのデジタル・ギタシンをコントロールできる。トーンはなし、変則チューニングに合わせてあり予備のキットを載せ換えると GR-300 もコントロール可能ダ。G-303A もちゃんとカスタマイズしてあり、好きなサウンドのためには妥協は許されない)のほかロックトロンとボスのペダル、本日中にアナログ・エコーも手に入るかも知れない。

 デザインがより向いた現行のステレオ・ポリコーラスとグラファズは、ラックにマイクロ・シンセとグラファズをノックダウンする際購入予定。ビンテージのほうは必要なし。




 ループエイトをシステムに組み込む案。




 こちらはピート・コーニッシュ製ミニルーティング・システムとマトリクス・スイッチャーを、組み合わせる案ダ。
 1 IN - 3 LOOPS - LINEAR BOOST - A/B OUT に TUNER OUT が基本パックになっていて、ラッチ・リモート1とアンラッチ・リモート1を追加する考えダ。これによりグラファズを追加できるようになる。

 マトリクス・スイッチャーの利点は音質以外にもあり、使用する機材の I/O ジャックがたいてい左側(背面右側)であるため、図で表すと JC-160 に送るチャンネルは問題なく JC-120 に送るチャンネルに使う機材の入出力端子に揃えるようにパッチベイとして機能できることが挙げられる。
図の場面でなら、インプット4をインプット10に変更しバッファー・アウト4をインプット4に接続するほうが向いているかもしれない。


 コーニッシュ・ミニルーティング・システムを組み合わせた接続。ぜひ採り入れてみたいこのシステムは、数年前オーダーしておけば現在とピッタリ合う仕組みダ。リモートをふたつ追加する必要が出たので、これでよかったのだと思う。




















ブログ一覧 | Starbase Pegase | 日記
Posted at 2016/05/07 10:57:08

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ギター・コントローラー G303A ...
BLADE 66さん

BOSS の FV-100 は、傑 ...
BLADE 66さん

まだまだポリ・コーラスは先
BLADE 66さん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今後はクルマの話題なんて全く起きないことだろう。ときどきルノーだ」
何シテル?   02/19 17:02
子うさぎの、ベランダンです。 並行宇宙のヴァルカン星(大昔のロミュラ星です)で数百億年ほどの昔に、生まれましタ。 出身はそこから遠く離れた現在のロミ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

2 人のお友達がいます
スパイクともスパイクとも GULFTECH  CARBONBOOMGULFTECH CARBONBOOM

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー アルピーヌ ROANNE ロアンヌ (ルノー アルピーヌ)
93年型のアルピンA610ターボは、スピダーと同じ5本スポークのホイールが装着されている ...
ルノー メガーヌ ルノー・スポール SIMONE シモーヌ (ルノー メガーヌ ルノー・スポール)
デザインは悪くなく、改造にこだわらずとも速く安定感がある。 強度が高いと感じるが、リアを ...
オランダその他 その他 Lorraine ロレーヌ (オランダその他 その他)
日本正規輸入版の前車と2台がかりで長距離通勤に使用。 フェンダーに映えるウルフ・ラインが ...
プジョー 207 (ハッチバック) プジョー 207 (ハッチバック)
ラセンタという、花のような淡いカラーのこれもスポーツカーだった。 踏みしろはアルピーヌに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.