車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月17日
ホーキング博士のおっしゃる通りだと思う。

さまざまな分析を行い、粗悪な映像通信の疑似テレパシーについては並行宇宙側の装置の故障などが原因とみられ、これは当然地底人やアース帝国の仕業であるといえる。
実体験そのもので感触や温度、実体を伴う転送については明らかに並行宇宙での実際の活動だ。


これは今朝そう思って造った簡単なポリリス円盤である。ボクがピラミッド(バルカン星)にポリリスと戻ったとき、ボクは小型のヴィークルに乗っていた。この円盤のデザインは現代の地球で簡単に作成できるものだが、あのときのポリリス体ヴィークルにはこの要素がいずれも全く備わっていないものだった。
効率の悪い、到底モノリスやコンピューターとは呼べない粗悪ぶりなものだったのであ
る。

ボクを就寝中宇宙に連れ出しているのだとすれば、相手は本当は円盤を知らない悪意あるエイリアンなのかも知れない。


この画像では、たった一つの一般円柱だけで作成している。適度にしわが見られ、生物であるというのも多少はうなずける。



一般円柱。画像の円柱の高さは125ftである。



何も変わっていないように映るが、ポリゴンメッシュに移してある。



縦方向の分割を再度指定し、6分割したところこのような変化が。何もしなくても天蓋と底が膨らむのである。



底部の様子。この時点では側面にしわが発生している。



高さを1/2に、側面を1.5倍にした様子。これは明らかに近年、宇宙にボクを呼びだし遮蔽装置を持ったと豪語しに現れたエイリアンの円盤とは異なる。こんな簡単なものなのに彼らのはそうでない造りに見えたし、一体どこが円盤なのか?と改めて質問したくなるほどの違いだ。やはりあれはゾンビ船である。



天蓋と底をサイズ変更し、くり抜きに備えてコピーを隠しておく。



底部。ここを分離して180°変更すると円盤情報のそれに近いものとなる。



くり抜きを行うため、蓋と底は二重にしなければ形状を保てない。



ワイヤーフレームで映した円盤の上面側



底部


結論から言って、生物ではあるが到底〝ポリリス体~モノリス〟とは認められない。時代遅れの人工知能なのだろうか。
最近ボクが指摘するようになり、就寝中に妨害を受ける機会は減ったと思う。




地球に生まれてすぐ、サレックにもカーク提督にもあるいは、最低界のハーデス(よく思い出すとマッコイの老けた声にも似ている)のどちらとも言えない声がテレパシーで、ご覧の映像(一応動画ではあった)と同時に届き、〝そうか、フム。〟などと考えていた。

このとき、ボクが地球に来る前はアンドリア星で暮らしていたことと、その惑星の気温を伝えてもらったほか(実際に転送された。赤ちゃんの頃でしかも、耐えられない寒さだった)そこから以前はバルカン星でうさぎの二足歩行版だったこと、
もちろんすぐに思い出したさボクの場
合。

そして見慣れないこの宇宙船でトゥレスと旅したときの様子を教えてもらえた。光が届かない、追いつかない猛烈な速さなので実際は真っ黒な機体に見えた。
後部からは不気味なろうそくの炎が噴射というより揺らめいてい
た。
なおこの機体は1968年の地球から転送されて見せられたもので、考えてみたらこれもたった1本の一般円柱ですぐに造れる。


以上だ。帰途に使用するかもしれない宇宙船候補はだいたい網羅しておいた。
最低界の時同様に、迎えの宇宙船が来るなら必ず地球の各政府にコンタクトがあるはず
だ。
可能性はほぼゼロだが、実際に宇宙でエンタープライズ号やD7、ウォーバードそれにクルーザー・ドック艦そして戦艦イプシロン、4STD果てはディーリデクスとXウイングにも乗ったことがある。操縦もしたことがあるしこの最後の画像の分をやっておこうかな。機体は船やジェット機などと同じでとんがり帽子が先端、そこには操縦室がある。ロケットとは異なり先端から常に水平状態で、室内もそれに合わせた造りなので床があるはずだ、そこにモノリスが直立していて、地上に降りる際も高度ゼロで水平浮力と後部側を前に入れ替えて噴射して止まる。
通常の乗り降りはすべて転送ビームで地上から見えない高度から行うが、
前述のように緊急の降下も可能であ
る。




ブログ一覧 | Starbase Pegase | 日記
Posted at 2016/10/17 12:03:14

イイね!0件



今、あなたにおすすめ
この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「わたしはアルピンで良いですね、ジャン・レデレの頃のが気に入っています」
何シテル?   04/22 18:09
子うさぎの、ベランダンです。 並行宇宙のヴァルカン星(大昔のロミュラ星です)で数百億年ほどの昔に、生まれましタ。 出身はそこから遠く離れた現在のロミ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
2 人のお友達がいます
スパイクともスパイクとも GULFTECH  CARBONBOOMGULFTECH CARBONBOOM
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー アルピーヌ ROANNE ロアンヌ (ルノー アルピーヌ)
93年型のアルピンA610ターボは、スピダーと同じ5本スポークのホイールが装着されている ...
ルノー メガーヌ ルノー・スポール SIMONE シモーヌ (ルノー メガーヌ ルノー・スポール)
乗り出してから1年、1万㎞はすぐに走ったが、コンパクトな車内であるにもかかわらず狭い後方 ...
オランダその他 その他 Lorraine ロレーヌ (オランダその他 その他)
日本正規輸入版の前車と2台がかりで長距離通勤に使用。 フェンダーに映えるウルフ・ラインが ...
プジョー 207 (ハッチバック) プジョー 207 (ハッチバック)
ラセンタという、花のような淡いカラーのこれもスポーツカーだった。 踏みしろはアルピーヌに ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.