車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
Ferrari Chassis #0858Ferrariの長いレーシングヒストリーの中で、330Pシリーズほど成功したレーシングカーは無いと思う。



Formula OneはFerrariの本業なので毎年新車を出し、参戦を続けている唯一のコンストラクターなのだが、70年代初頭までは耐久レースにも積極的に参加していたのはご存知の通り。
1964年の330Pから毎年熟成をかさね、
330Pシリーズの完成形が1967年の330P4である。


ここに紹介するのはChassis# 0858、
P3からのコンバージュンではなく、最初からP4として製作された3台のうちの1台。




ご存知の方も多いと思うが、0858のボディは2012~2013年に作り直されている。
100%オリジナルではないが、こんなにかっこいいんだから
まあいいではないか。





ドアを開けて乗り込んでみたい。



シートはシャシに固定されている。


当たり前だが、レースで勝つための装備しかない。


シートの後ろにはV12 3967ccユニットが、

1気筒あたり3バルブ
燃料供給はキャブではなくて、
LUCAS製の機械式インジェクション。

450馬力を発生し、トップスピードは320kphに達したという。

Ferrariのレーシングマシンの美しさは、
1967年がピークだったのではないかと思う。
Posted at 2017/03/20 20:31:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | Ferrari | 日記
2017年03月11日 イイね!
新型アバルトと綺麗なおねえさん
有楽町阪急Mens にアバルト595が展示されていたので覗いてみた。
今年からフェイスリフトされたそうだ。


3月20日追記
友人がAbarth595の試乗記をブログにアップしました。
動的性能のインプレッションについては、
以下URLをご覧ください。
http://freelifeshare.com/blog/car-life/drive-abarth595series/


バンパー下部の形が変わって、迫力が増したかな。



後ろも変わったね。


展示車はLHDの3ペダルMT。
アバルトに乗るならこの組み合わせでしょう。



車を見ていると、
綺麗なお姉さん登場!!



芸能人には疎いのですが、すぐにわかりました。
橋本マナミさんです。


イメージと違ってすごく上品な方でした。
愛人というよりは、本妻がふさわしいでしょう。


白衣を着て、
胸でかい



白衣姿もいい!




肌の具合をチェックしたり、


化粧水をつけたり。

リヒト、羨ましいぞ。

もちろんアバルトについても語りました。

コンパクトカーは座席の間隔が近いから、好きな人と乗るにはいいそうです。
自分でも運転してみたい♡とおっしゃってました。

いやー、おじさんキラーですな。
すかっり魅力にやられました。


おいらの助手席はいつでも空いてます。(*^。^*)

アバルト595が当たるキャンペーンやっているそうです。
日本に1台限りの特別なブルーだそうです。
応募してみようかな↓
http://www.webuomo.jp/news/?p=36931

Posted at 2017/03/11 21:05:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | イタリア車 | 日記
2017年03月05日 イイね!
Ferrariの過去と未来いよいよジュネーブモーターショーが開幕です。
Ferrariおたくとしては、812 Superfastの現車を早く見てみたいものです。


最後のNA12気筒と噂されていますが、
どうなんでしょう?


このエンジンの基本設計は2002年に発表されたEnzoに遡ります。
その後
599、599GTO、F12、La Ferrari、F12tdf
そして812と
長きにわたり受け継がれてきました。










自分はMid engine車のcab forwardなフォルムが好きなのですが、最後のV12 NAを味わうには812を選択するしかないのでしょうか?

1947年にFerrariという車名を冠した最初のモデルは125 Sportでした。


モデル名からわかる通り、
排気量はわずか1500ccの12気筒、


出力は100馬力ちょっとでしょうか。


車両重量は650kg程度なので相当軽快に走るはずです。


未来のFerrariが目指すべきは、車両重量の軽減と徹底的な効率の追求です。
現代の安全基準満たしながら、使用材料の最適化で車両重量は1200kg以下。
エンジンは排気量を4.0L程度に抑えて、出力は600馬力もあれば十分、もちろんV12自然吸気。
低負荷領域はHCCI燃焼で、熱効率を極限まで高めて各国の燃費基準を達成。
出力が必要な領域ではストイキ燃焼に切り替えて、
12000rpmまで回しましょうか。
官能的な音が聴けるはずです。

Enzoの想いを受け継ぐ自動車製作者なら、ハイブリッドなんて安易な手法に逃げてはいけません。



2022年式 330P5の完成です。
Posted at 2017/03/05 19:22:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | Ferrari | 日記
2017年02月28日 イイね!
Girard Perregaux Competizione
ハイブランドや高価な時計には興味が無いのですが、
Berlutiの靴と鞄そして、
Giard Perregauxの時計にはなぜかグッとくるものがあります。


昨年の春に発表されてしばらく忘れていたこの時計

急に気になりだしました。
クラシックレーシングカーが出てくる
プロモーションビデオ↓もカッコいい。
https://youtu.be/yv6PsyjIj0s


1993~2003年まで(だったかな?)ジラールぺルゴはFerrariのオフィシャルウオッチでした。

2001年に360 Modenaを注文した際に勢いでジラールぺルゴの時計も買ったのですが、最近は使ってないや。
そもそも出かけるときに腕時計をしていない。

昔話はともかく、この時計どうなんでしょ。

ケースは43mmで、カーボンとチタンの複合素材

サイズは大きすぎいいですね。

派手な素材とデザインの時計が多い昨今、こいつは正統派な感じで好感がもてます。

腕に乗せてみると、

とっても軽い、しぶい。


まるで自分で見てきたように書いてますが、
ジラールぺルゴって探すと、希望のモデルが見つからないんです(´;ω;`)

この時計を持っている方、もしくは在庫しているお店をご存知の方、ご教授ください。

当方、時計はど素人です。
Posted at 2017/02/28 22:58:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年02月26日 イイね!
友人のブログ友人のブログのリンクを貼っておきますので
ご覧ください。

行き先や内容が被っていたりしますが、(*^。^*)
視点は異なります。

http://freelifeshare.com/category/blog/
Posted at 2017/02/26 22:36:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
プロフィール
「この護衛艦というか、ヘリ空母見てみたいです。どこに繋留してあるんですか?」
何シテル?   04/10 05:40
Ferrariおたくですがみなさまよろしく。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
59 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ
我が家の足として活躍中。 使い勝手の良いサイズ。 燃費も147に比べると3割くらい向上 ...
フェラーリ 458スパイダー フェラーリ 458スパイダー
久しぶりに復活したトンネルバックスタイルにやられました。
アルファロメオ 4C スパイダー アルファロメオ 4C スパイダー
試乗してみたら思ったよりも良くて・・・ 現代車のレベルでは十分軽いといえる、 実測10 ...
フェラーリ F430 Berlinetta フェラーリ F430 Berlinetta
マニュアルで乗れる最後のV8 Ferrari。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.