車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月26日 イイね!
2位でいいんです(か?) (2017姫路セントラルパークジムカーナ第1戦)よくよく見返すとそりゃダメだよなと思うかるあおです。
今日は雨にならないことを祈りに姫路セントラルパークへ行ってきました。
今年の姫センジムカーナ緒戦です。

---

いきなり今日のコース図。左下からスタート。
前半はクルマのパワーがモノを言う。

中間をくぐって、後半セクションでどっとパイロンが増えます。
高速コーナーからスラローム後のターンと、横Gかかりながらターンと、しくじったら次もダメなターンとでミスはどこもできない。



同クラスのさくさんは、ナンカンNS-2Rで登場。
これにやられてしまうと今シーズンずっと「アジアンタイヤでIt's OK!」と言われて飛車角落ちの余裕を見せつけられてしまうのでなんとかしたい。
(しかし、なんとかしたがこれでも速い..。)



AE86のほうのハチロクのくろハチさんには姫路でやられっぱなしである。
ここはなんとかしたいが、するするとクルマを動かして抜けてくあたり、速いんよね...。

---

練習1本目でコースの雰囲気をつかもうとするが、スタート後の外周区間はクルマの両脇のパイロンが狭くて邪魔。
針の穴を通す、じゃないけど、とっちらかると危険です。

それから中間タイム計測後の左コーナー、ずるずるに腰砕けになるから高速過ぎるのは危険。
KAZUYAさんが身をもって証明した。うん、危険。

ターンは意外とまあまあできるかも。
ゴール手前は振りっ返しでつながる。

---

そして本番1本目。
なにやら初参加なS2000の若者(同クラストップバッター)がいきなりえらい速いタイムでゴールした!
なになになになに???そういうことされると後ろのおじさんたちは困るんだけども!!!

さて気を鎮めて自分の番。
スタートして、外周を右に曲がるところでずさっと滑ってたいへん焦る。
左右のパイロンの中に収まらないと!
えらい減速したが、気を取り直して走り直す。
思えばイケイケな走りでなく、いたって減速の多いグリップ走行だった気もする。
後半のターンもなんとか済ませてゴールすると2位!
くーっ、追いつけなかった!!

---

中間タイムがえらい遅い分をどうやら後半のターンセクションで稼いでいるようだ。
なんだか先週とおんなじ...。
何が変なんだか、原因も分からず、しかし1位の若者のタイムだとこちらはほんとミスなしで走りきってもどうだか分からないぐらいキビしい走りが求められる。

そんな2本目。


こっちは車載


しまったまたおんなじところでずるっと滑った...。コース向かって右奥がとにかくヘタで、ここでタイム落としてる気がします。

それから中間をくぐる前のコーナーでブレーキペダルが鉄板になりました。
ま、まがれん...規制パイロン手前までわりと為す術もなくふくらんでしまった...。

後半のターンもよく見れば、なんか回るスピードとか立ち上がりとかがもっさりで、もっともっと速くなる余地はありそう。
そんなリザルトはこちら:


ぐぅー、タイムが変わらん!
1位の方はパイロンによく当たったけど生タイムは1分19秒台まで縮めている。
(中間タイムは1秒半も違うので、つまり後半で1秒こちらが盛り返してはいるんですが)

ということで、うーんな2位でした。
車載とかGPSとか見るに、やはり前半0.5秒でも稼げてたらほんと楽なのにな、と思いますまったく。

ということで反省の多いジムカーナは今年も続きます。
うん次もがんばるぞ!
Posted at 2017/03/26 21:17:30 | コメント(5) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
2017年03月19日 イイね!
おつりの多い料理店 (2017四国地区ジムカーナ第1戦@瀬戸内海サーキット)最近すっかりご無沙汰でして、えへへ、のかるあおです。
さすがに2017年のジムカーナ緒戦については書かざるを得まいよ。

---

オフシーズンにもそれなりに駆り立てられるように練習したつもりなんだけど、何だか物足りないまま開幕した四国地区の第1戦であります。
ゲートオープン7時はつらいのでほぼ高速で移動。
天気は大変よろしい。2本ちゃんと走れるのがうれしい。

今日のコース図:


だいたい緒戦と決まっている瀬戸内海サーキットは、やる前からいつもあきらめている(ほぼコース巡回でターンが極端に少ないし難しくもない)のですが、今回のターンは多くてしかも難しい。

180度前後ではありますが、どれもそれなりに横Gが残る状態でアプローチするのと、フリーターンは間口が結構狭くて悩ましいこと。
なんだかこの悩み方はパイロンジムカーナのそれに近いな。



われらがリア駆動B車両クラスのエントリー台数は比較的多めで、大変よろしいのですが不出走が2台(1台はここ最近ほとんどやり込められてる方)なのでライバルは減った...。

---

意外に今日は緊張しないぜと臨んだ1本目は、じつは緊張していた...。
まったく手足がリンクしない。
コース図で向かって上方へ向かうタイトコーナーはどちらもS字っぽい進入になるんですが、どちらもがっつりとおつりを頂いてふらふらに。

フリーターンはおつりで慌てている間に突入してしまい禁断のバックギア!
そうそう、しかもスタート直後のスラロームパイロンですでにペナ1も貰っているためさっぱりな走りです。
ほんと、ここのコース部分はいつもイケてない。

---

2本目はこんなのでした。ちょっと昼寝していいリラックスができたのかも。


といいつつ、ほぼターンのないセクションで構成される中間タイムはぶっちぎり遅い!
40秒程度のところで1~2秒差もやられている。
しかし後半のパイロンのおかげでタイム差はさほど広がらずに済みました。
たなぼたな3位をいただきました。

---

とはいえ、その前半コース部分でまったくタイムアップしなかった(ただでさえ遅いのに、さらにもちょっとタイムダウンしてる)し、無意識のハンドル切り過ぎからの立ち上がりでタコってたりと、悪い部分が多過ぎます。

タカタあたりで、ハンドルあまり切らずに走る練習をしないとダメな気がする。

---

まあしかし、頂いたものはありがたく貰っておきますということで早めの解散。
疲労は少なめ。
さらに、瀬戸内海サーキットにほど近い温泉に立ち寄ってグッタリして帰りました。


んー、コースジムカーナつらいなー。地区戦の2本勝負つらいなー。

Posted at 2017/03/19 22:28:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
2017年01月31日 イイね!
賛成の反対の反対みたいですいませんかるあおです。

日曜日は相変わらずなださき練習でしたが、GPSロガーをちょいとお借りしてスタートのテストをしてみました。

最初2本が3500回転ぐらいから、いつものスタート動作〜スタート、
後の2本が、4500回転ぐらいから同様のスタート。



ロガーの動体検知がどれぐらい正確かな?と後から思わなくもないですが、停止位置を揃えて測ってみた感じですと、4500回転ぐらいからのスタートがよかったみたいです。

そもそも3500回転からというのが低過ぎたかもしれません。
ホイールスピンを避けたいという思いからでしたが、スタート動作の所作によっては如何様にでもなるので、とにかく今の所作であれば4500回転ぐらいから始めたほうがいいのでしょう。

---

それから今さらですが、ドア気味にターンしようと思ったらターン位置ではパイロンが見えない(左ターン時)ことに気付きました。
こういうの、自分の車両感覚のなさとも言えますが、誰かにふと指摘してもらって初めて気づくものですね。
だって今まで、パイロンが見えるぎりぎりまで引き付けてからターンしてたんですから…。
Posted at 2017/01/31 08:15:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
2016年11月23日 イイね!
ベータ02に履き替えと言いつつ1年を振り返るかるあおです。公式戦はすべて終了。中国地区フェスティバルはチェリジム年間表彰式とカブるので出られません。

ーーー

ジムカーナをやってつくづく変わったと思うのは集中力かと実感しております。

先の姫路最終戦でも本番2本目では細心の走りを意識を保ちつつ(結果はともかく)続けることができました。

その代わり、2本ないし3本走るともうヘトヘトです。
チェリジムでは表彰式の準備までの間、それから表彰式後にたっぷり練習できるんですが、ここんとこまともに走った記憶がない。
集中力を使い果たしているというか、本番2本走行していた時の集中力に上げることができないのでかえって危なそうだからというか…。

ーーー

さて本日はオイル交換。
その前に、姫路最終戦で履いてた本番タイヤを街乗り用に履き替える。


内側のミゾが想像以上につるペタだった。こりゃ滑る訳だ…。
現状の参戦ペースだと、1シーズンで1セット超のタイヤが必要そうです。

街乗りタイヤに履き替えて走るとハンドルが重い。
そうそうS2000は元々こんなハンドルの感覚だったと思い出す。こんなハンドルの重さでサイトターン時にハンドルが回せるんかなという不安とともに。

これは多分、「アンダー気味」ということなのだろう。
前後タイヤのバランス、というか少なくともフロントタイヤの効き具合はこれを参考にすれば分かるなあと。



235幅のR1Rだとハンドルの重さがなくなり、回すに呼応してクルマの向きが変わろうとする。
これはこれで、直線とタイトコーナーで構成されるなださきにはピッタリくるが、Rが大きく路面の悪い姫路では「手オーバー」を誘発するグリップレベルに違いない。

ここまでのグリップだとバランスを崩すから、当初の215、あるいは225ぐらいまでがフロントタイヤの幅としては使いやすそうである(リア245幅の場合)。

ーーー

さてオイル交換とは別件の作業にて、ホイールをゴシゴシして頂く。
お暇にされてるやりさんもいらっしゃった。示し合わせた訳ではないが、シーズン終了というのはしみじみと寂しいに違いない(想像です)。



さらに、ダンロップのベータ02を街乗り用に急遽履き替えさせてもらう。



S2000の前期純正ホイールは16インチで、これについてたSドライブはさんざんのターン練習その他ですり潰していたのでちょうどよい代わりとなった!

ーーー

ありがたく全ての作業が終わって帰路に。

やはりベータ02だと切り始めからグリップ感がありハンドルが軽い。しかしその分、速度を落としているには違いない。
一方で直進に抗うことができずハンドルが重いということは、曲がらんけど速度はあまり落ちてない。
面圧とかの話も聞くに、あまりタイヤは太くし過ぎないほうがいいのかななどとあれこれ考える。

ーーー

帰宅してすぐに、先日外した215幅のタイヤを詰め込んでタイヤ屋へ。
いじってもらったホイールは練習用フロントなのでこれに取り付けてもらう。

作業終了後、クルマを出そうとするもタイヤ屋に居着いた野良猫が危ないのでまずこれを除去。

しようと持ち上げたら激しい抵抗を受け両手に深い引っ掻き傷をいただく…。
いいことはそんなに長く続かない、ということか?

破傷風で倒れたらこれが原因だとご想像ください。しかしうかつだったな。

Posted at 2016/11/23 20:07:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | (S2000)いじり | クルマ
2016年11月20日 イイね!
いやまあ、ほんと、なんというかすいません(2016姫路セントラルジムカーナシリーズ最終戦)パイロンシャワーを浴びた後の着替えを用意したのに不発に終わったかるあおです。
ええそうですとも、姫路セントラルジムカーナシリーズの最終戦に行ってきました。

実際のところそんなに不安はありません。
先日のなださきもまずまず、その前の姫センではいけてる走りになってたはず。
こないだの練習もよかったし。

そして本日のコース図。最初の大きな8の字が長いね!

後半は細々とターンがあります。
パイロンを置いてるフリーターンがありますが、協議の結果これは右回りだろうと。
入口はちょっと気を使いますが、出口が楽になるのです。

---

あまり気にせずスタートした練習走行。お楽しみください。暴れてます。

もーその、どうしたらいいのか、コーナーに入る手前から滑り始めるので為す術がない。
正面の奥から左側手前にかけての「稼ぎ」区間もずるずるになるので踏めない。

---

リアの減衰をちょっと強めて、タイヤの空気圧も少々落としてなんとか改善を図る。
これでいけるだろうと本番1本目。

ずるずるだー。
おまけにパイロン引っ掛けてペナ+5秒。どうも最近、行きたいところにパイロンあるのに強引に行ってしまう。そりゃ引っ掛けるでしょうって...。



---

お昼を半分食べて作戦会議。
参謀のにゃさんがGPSログを解析。
練習走行はとにかく滑りすぎてダメ。
本番1本目はのっけからダメ。半分ミスコースかというぐらいコースから外れた。
おっかなびっくりで練習走行ほどいけてないところもあり、もう、2本目はどうしたものか走る寸前まで決まらない。

抑えてもつまらない、突っ込んでは解決策もないのでまた滑るだけ。
ここでふと、晴れだけ速い人ってかっこ悪いななんてふとよぎる。
細心に細心に、どこまで丁寧に走れるか試してみる。

そんな本番2本目。


車載もネタなので上げます。かっこ悪いけど。


---

上でもちらほらっと書いたんですが、コーナーの最初で既に滑りはじめて後はどうしようもないというやつ、これ車載の操作を見ると分かるんですが、そのまんま切り始めがすごく多いからみたいです。

これでも意識して小さく切ろうとしてるんですが、切り始めに手がハンドルの真下に動いて、ここからぐいっと切るので手の位置が9時15分だ!と言ってもその時既に45度、そこからさらに切るから(ここは少しだけ切ってるつもり)90度ぐらいはかんたんに切ってしまう。

あと持ち替えてがっつり切り過ぎ。
どうもこれターン練習ハンドル回し練習の副作用のような。無意識にたくさん切れるようになったはいいのですが無意識に大きく切ってしまう...。

---

ということで、本日は3位でAE86のクロはち氏にまたも素晴らしい走りで置いて行かれた。
(すでに姫路ではクロはち氏に対する苦手意識が出来ている...)

年間ではシリーズ2位の表彰を頂いたのだが、1位のさくさんは4年連続チャンプ確定済で、今日は(お遊び?)で乗ったビートに負けたかと思ったけどコンマ数秒差なんとかかわしてたぐらい...。

来シーズンももちろん楽しく参戦する予定ですが前途多難でございます。
しかし今年もおつかれさまでした。姫路セントラルジムカーナシリーズはほんと楽しく走れるので近畿近郊の方はおすすめですよ!
壁がないからクラッシュしないし♪

JAFのBライは必要ですが、それでもそれ以上に楽しめること間違いなしですので、まずは見学でもなんでも、一度生でご覧になるとやりたくなる~よ。

と宣伝しておいて...ほんとありがとうございました。

Posted at 2016/11/20 22:04:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
プロフィール
「@タケウチ めちゃ地元ですがいつの間に開通!」
何シテル?   03/28 22:00
使い方を覚えたころにオーディオが変わってまた覚え直し。 ラジオのプリセットはどうやるんだろう?
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
2017年ジムカーナカレンダー 
カテゴリ:ジムカーナスケジュール
2017/03/21 06:23:46
 
2016年ジムカーナカレンダー 
カテゴリ:ジムカーナスケジュール
2016/11/28 18:52:42
 
ガレージジャッキでS2000をジャッキアップ(危険性と注意点) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/17 07:32:13
お友達
実際にお会いされた方がよいです。よろしくお願いします
53 人のお友達がいます
茶利ぞう茶利ぞう * とも♂とも♂ *
KAZUYAKAZUYA マジマジマジマジ
元じーてーあーる元じーてーあーる 大根FR大根FR
ファン
37 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S2000 ホンダ S2000
契約してしまった...
その他 その他 その他 その他
ちょうど2011モデルが出た頃だったので、2週間ほど予約待ちして購入。 サイズは465m ...
その他 その他 その他 その他
マツダ ロードスター GF-NB6C(NB2) スポーツドライビングのいろはから教えてく ...
その他 その他 その他 その他
DA6インテグラ Xsi B16A 5MT マイケル.J.フォックス宣伝モデル。 初度登 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.