• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かるあお@S2000のブログ一覧

2017年06月20日 イイね!

脚の具合は

脚の具合はエアロバイクを始めて三日坊主にならず2週間あまり、体重記録つけ始めて3日右肩上がりのかるあおです。なぜ増えるかな?

さて先日の日曜日は姫路セントラルパーク駐車場での練習会でした。
コースレイアウトは前日に決定しましたが、主催者特権により私が試したい「3本パイロン回り」ができる過去コースをなぞりました。

---

ただ当日はどんどん暑くなり、休憩をたくさんとらないと危険なぐらいの暑さ。

とりあえずOHした脚の感触を確認。
悪くないかも。(としか言えない)
もうちょっと本番チックに攻めたほうがよかったか。

それから最低地上高の確認。
ほどよくクリアしてるんだけど、マフラーの2-1接合部が最も低くて、かつアウトな感じ…。もう5mmぐらい上げんと。

---

最後にターンの確認。
これはにゃさんに外から目線でもチェックいただいた。

…なんというかドアではない。
最初のスパッとした切れ味がない。

どちらも最近気になってるポイントです。
にゃさんが早めに帰られた後も、日陰で涼みながら考えた。

最後の最後、フットブレーキ後にパイロンに迫っていくところの最後にグッと寄せるアクションがあれば(それがドア位置なら)、その最後のひと寄せと共にサイド引くことでそこが旋回軸になる。

その最後のグッと寄せるところが甘くなってると実感。
S2000になってからは特に最初のハンドル回しが少な目になっていたのですが、あれはよくなかった。

最初のハンドル回しのある程度の部分は、パイロンにグッと寄せるために使ってるものだからそれを少なくしちゃダメだ。
もちろんターンの度合い(180〜270〜360〜……)にハンドルの切りしろを合わせる部分もあるが、そうじゃない部分も要るなと再発見できました。

また試そう。

Posted at 2017/06/20 07:02:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
2017年06月11日 イイね!

うしろ脚いじり

うしろ脚いじりすべてを部品に転嫁するかるあおです。

先日の負けの借りを返すべく、取捨選択した結果、リアの車高調のみ仕様変更/OHしました。

先週日曜日に取り外し(友人活躍)、


その晩に荷造りしてOHに出しました。
(疲れてグダグダしてたら夜になった)

一週間、ウマの上で放置プレーです。


火曜日にOH先から連絡があったのに気付かず、水曜慌てて連絡し見積もり額を確認。
仕事中にこっそり銀行へ抜け出して入金。

土曜夕方に届いた!

私の想定が確かなら、全長を20mm伸ばしてプリロードを抜き、さらに伸びストロークまで稼いじゃったりしちゃったりなんかりして。

土曜は先にオイル交換してたので、それだけで疲労困憊。
年のせいかすごく疲れやすくなった……。
なので昼寝して、晩にごそごそと仮組み。

隠し味を追加。


さてS2000のリア車高調の取り付けは車体側(アッパーマウント側)が狭くて大変。
特に左リアはガソリンのホース?があるので邪魔なことこの上ない。

さらにアッパーマウントの所は、くぼんで袋状になってるのでナットを落とすと取り出すのがすごく大変。
こういうのがあるので、取り外しの時は友人に手伝ってもらってたのです。

まずあらかじめ、アッパーマウントの所の袋小路には「スキマテープ」なる接着剤付きのスポンジで埋めました。
これでナット紛失は防げる。

さらに、やり方通りにやっても外れない!って言ってたガソリンホースは、押し込んでひねって、なんとか場所を変えることができた。
なので車高調を外す時よりも楽に装着できたのではないかと。

(しかしアームを押し下げるのが大変だった。最終的にはフロアジャッキの長い柄の端っこに座ってテコの原理でグイグイと押し下げるんですが、かけるパワーも動かす量も今までの中では最も手ごわい部類です)

思ったほど車高が上がらず、ヘルパースプリングは0G状態でも結構縮めてしまってる。むむむ。

試走してみたけど鈍感で分からず………。
ま、来週の練習で確かめるしかありませんな。
ダメだったらヤフオクへ。
Posted at 2017/06/11 20:07:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | (S2000)いじり | クルマ
2017年05月30日 イイね!

ひとり相撲 (2017近畿ミドルジムカーナ第4戦@姫路セントラルパーク)

ひとり相撲 (2017近畿ミドルジムカーナ第4戦@姫路セントラルパーク)♪ひとり相撲と呼ばないで
 すもうが好きな訳じゃないのよ♪

のかるあおです。

復調傾向にあるだろうと、なじみの姫路セントラルパークだから近畿ミドル戦に参加してきました。

こんなコース


こないだの姫センシリーズ第3戦と同じですがな。(ちょっと違うけど)
これをホームアドバンテージというらしい。

ターンは個人的には4箇所。
大きめのターンの後は振り返しも利用しつつなので、そこまでターンしてる感はない。一連の動作という感じ。

コースがおんなじだぁと気が抜けた感じで慣熟歩行して、本番1本目を走ったら見事にミスコースしてしまった...。

---



次の走行は練習走行なので、指摘された「ぬるい」感じから脱するべくアクセル踏みまくって走ったつもり。

もうくねくね。
ハンドル切ったら曲がり出す。感覚より曲がり始めが遅く、足りないな、と思ったところでぐっとリアが滑って曲がるから全然速く走れない。

クルマの動きが大きいのはそんなに嫌いじゃないけれど、なんか収束しない。
いつまでもどっちかに揺れているので待つ。
のが嫌だからアクセル踏むとさらに揺れ動く。これ悪循環と言います。
どうにもこうにも、これが抑えられない。
自分を全然制御できない。

---



珍しく一気に弁当を完食して、昼の慣熟歩行は少なめにして体力温存。
ほんとにいい天気で、早くも熱中症気味に頭痛が来てたような。
日陰に退避する。

---

そういえばミスコースしてからまだ記録が残ってない。
冷静に走れるかなと挑んだ本番2本目。

外から動画


中の暴れる人


ゴール後のタイムを聞いてたいへんがっくり。
これは練習走行のほうが速かったろう、どうしたものだろうと帰ってGPSログを見てみるとそうでもない、本番2本目が最も速かった。

が、そこそこ速度出した後のコーナーを曲がった直後のリア滑り「ズサっ!」を1回する毎に0.5~1秒弱のタイムを失っていた。
8回ぐらいは滑ってた...。
これをやってると姫路では全然いいタイムが出ない。

---



いや、いいタイムが出ないと分かっていながら、時代に逆行して自分を全然制御できない。
もう走ってるだけ。こういう反省とかなんとかお構いなし。ただミスを繰り返すだけだがそれを止めることもできない。

ちょっと、ほんともう嫌になったので次の四国第4戦はスキップ。
以降はどうなるやら。
まったく自信がなくなった。
Posted at 2017/05/30 22:06:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
2017年05月14日 イイね!

景気はゆるやかな回復基調にある (2017四国地区ジムカーナ第3戦@徳島カートランド)

景気はゆるやかな回復基調にある (2017四国地区ジムカーナ第3戦@徳島カートランド)どうもです。今朝も3時起き4時発で徳島カートランドまでジムカーナをしに行ってまいりました。
片道120km弱で(100kmぐらい?)で姫路より近いから出るの早すぎたかなとも思いましたがいい具合に余裕を持って到着。めずらしい。

---

特に準備もないので受付してコース図を頂く:


7番パイロン周辺の広い場所をゆったりショートカットする、比較的TKLでは好きなコース設定です。
パイロンジムカーナっぽい動きでOKなので。

毎度TKLでは2分弱の超ロングコース設定が多いのですが今回はそうでもなく、歩くのも走るのも楽です。(2分のコースは慣熟歩行がかなりキツい)

ゴール手前はいやらしい具合の地区戦風味がよく感じられるターンセクション。
普段から楽しい練習に組み込んではいるのですが、この連続8の字に来る前のアプローチとかも絶妙に難しい、もとい、いやらしい。

---

朝の慣熟歩行は1時間半もあるので、2回歩いて、2回目で動画撮って、時間に余裕を持ってその後は動画を見ながら組み立てとイメージ作り。

...のはずだったけどそうも余裕はなかった。
しかも撮った動画、スマホで早送り再生するとハングアップするしで調子狂う。
その分はイメージ作りで補ったつもり。

例によってこみ上げる緊張も運転席内でのイメージ作りと瞑想と深呼吸によりやり過ごしたり(そうじゃなかったり)。

今シーズンは2本しか走れない地区戦で全然ダメなので、なんとか1本目にそこそこ形になるように、ど緊張だけは避けるようなんとかなだめすかし、集中し、そして後は走行後の自分に祈るのみ...。



1本目。
じつは街乗りの感触も「おやっ!」とは思っていたのですが、相対的に以前より前下がりに車高を調整したのがよかったのか、コーナリングが非常にしやすい。

それでも思い描いていたほどはリラックスして走れていないので、目の前、目の前に手一杯で全然余裕がない走りだったが、ハンドル回しは抑えめになってると思う(?自信はないが)

なんとか手前手前で向きを変えていけるようにと走ったが、スタート位置への登り坂へ向かうところとかの高速部分は怖い。
ずいぶんアクセル緩めてるけど、他の人は踏み切ったんだろうなあ...。



いろいろ言いたいこともあるけれども、今シーズンとしてはようやく上向きになったかなと思える1本目が終了。



なんとっ!
様々なタナボタにより1本目は暫定1位ではないかっ!!!
さあ風よ吹け嵐を呼べ!

---

...何も起こらずカンカン照りのまま2本目...。
安心したのもあり、またクルマの動きを妙に見過ぎたところもあり、さらに突っ込み過ぎも増えてしまい禁断のタイムダウン...。

むずかしいなあ。
帰ってきてGPSログを見て比較してみたんですが、改善して走れているところをミスで帳消し+借金にしている感じで、今日のポテンシャルとしてはもう使い切ってるみたいでした。

後は上位常連の皆様がきっちりタイムを出してきて表彰台圏外に蹴落とされて終了...。



ま、それはいいんです。
とにかく1本目で(今日の私ができるところまで)やり切ることができたのが、今シーズンこれからに向けて大変意義深いです。
しかし2本のみジムカーナはほんとつらい。

---

後は、走るたんびにどアンダーだったりオーバーだったりしてクルマをいまいち信じ切れないというか操作しづらいところをもっと落ち着かせた上で練習を重ねて、カートコースでしっかり踏めるようになれば。

---

ということで手ぶらかなと思った今回ですが、遠来賞なんか頂きましてこれが非常にうれしい。



暑くて早くも熱中症気味になってしまいましたが、また来るし!
Posted at 2017/05/14 22:36:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ
2017年04月23日 イイね!

ちょん引き帝国の逆襲 (2017姫路セントラルジムカーナシリーズ第2戦)

ちょん引き帝国の逆襲 (2017姫路セントラルジムカーナシリーズ第2戦)希望が見えてきたのかと辿り着いたら蜃気楼だったかるあおです。
今日は姫路セントラルジムカーナシリーズの第2戦に参加してきました。

---

その前に...Facebookでは書いてましたが前日の土曜、クルマの屋根にサイフ乗せたまま(置き忘れて)発進してしまい、ああサイフの中には免許証、明日の姫センには出られない...と思ったのですが親切にもすぐに警察に届けてくださった方がおられて助かりました。

「ラッキーだねー」と言われましたが、ううむ、これって幸せの自作自演みたいだな...。

---

というわけで無事参加できたわけです。

先週は前日整備で疲労を残したので何もせず、睡眠もたっぷりとって準備は万端。
そうそう、フロントタイヤの効き過ぎを嫌って、サイズは同じながら中古タイヤに履き替えての参加です。
読み通りならまさに自由自在のドライビングとなるに違いない。

そして本日のコース図:


コースを「外注」したとのこと。
姫センではなかなか見かけないレイアウトです。右も左も奥の2本パイロン島回りに行って来いな感じで、ターンはぽつっとあるけど右の270はスラロームエンドだし、左の360は横Gを乗せたままの抱え込みターンとなるはず。

---

いつも島回りでタイムロスしてるので、競艇イメージのパイロン回りを考えてまずは慣熟(練習)走行。

...さっぱりクルマが曲がりませーん。どアンダーです。
どれだけ切っても曲がりませーん。
コーナーの立ち上がりでずーっと曲がり終わるのを待ってます...。

おまけにサイドも効かず(ただしこれは後で調整したけども、引き方に思いっ切りがなかったのも一因だろうと)、もうぐだぐだで、すっかりやる気を無くしてゆるゆるとピットへ戻りました。

---

他の方を見てもそんな(私の詰まるようなところで)詰まっているようには見えず、相方のS2000乗りが逆にオーバーの挙動で困っているぐらい。

(聞けばリアのイン側の溝がもうないとのことなので、それは昨季の最終戦で私がオーバーに手を焼いたアレと同じなんだろうなと...)

とりあえずフロントの減衰もうちょい硬め、空気圧も減らし、リアは減衰最弱で本番1本目対策とします。

---

本番1本目。

...さっぱりクルマが曲がりませーん。どアンダーです。
どれだけ切っても曲がりませーん。
コーナーの立ち上がりでずーっと曲がり終わるのを待ってます...。

サイドは効くようになった(効くぐらい引いたので効いた)けども、他は練習走行とあんまり変わらぬ苦しい苦しい走り。

タイムはクラスブービー!!(最下位は別箇所でオーバーに苦しんだ相方)
共同で使うタープは暗く重い雰囲気に包まれます...。

---

ため息の多い昼食を終えて慣熟歩行をしましたが、これはどーにもいけない。
多分ふだんの練習でもここまでイケてない走りはない。
これだけダメならもうサイド引きまくろう、アンダー出たところ全部ちょん引きサイドで行ってみようと半ばあきらめ半ばヤケクソで決定。
ほんとどうしようもないんだもん。

---

そうは言っても練習ですらそこまでちょん引きサイドなんて使ってないのでほんまどうなるのかなと不安な本番2本目。

さすがに速度が乗るコーナーは怖くて引くのをためらったりもしたのですがそういう箇所はやはり待ちが長くなった気がします。

やはりちょん引きサイドは、特にクラッチ切るリア駆動にはあんまりよくはないでしょう。
速度がガタっと落ちてるように見えます。

まあしかし、曲がらないよりはマシという二択な訳ですから仕方ない。
そんな変な走りがこちら:




---

順位の話をするならば、例えばゴール手前の折り返しでサイド引くべきだったとかいろいろあります(例:ゴール手前で振りっ返したがフロントグリップが足らず膨らみすぎた)が、ちょっとなんというか、今日はあまりにも順位とやかくではない感じ。

しっかりきっちり前半も後半も走り切った方々におめでとう!


しかしタイヤの前後バランスは難しいなー。いつもいつもこれでつまずいている気がします。
というか操作かな。
コーナーイン時にタイヤの前後バランスにとって最適な操作をしないとダメで、それができずに姫路でもふつうの路面(先日のたぢかわのような)でも苦しんでいる。

今回は姫路で3回走れたからなんとか3回目で立ち直ったけど、それでもタイムや気付きは遅かった。まあ行動を切り替えることができたことをまずは評価するけども、地区戦だと全然足りない。
(コンディションがドライ→ウェットだったら1本目でもう終わりだ)



タイヤサイズ、前後揃えようかな...。悩ましい。
Posted at 2017/04/23 20:40:42 | コメント(5) | トラックバック(0) | (S2000)スポーツ走行 | クルマ

プロフィール

「暇をもてあましジムカーナ見物に北上中。コースオープン9時過ぎ、1走目は11時ぐらいだから全然急がなくてもいいのが楽ちん」
何シテル?   06/25 07:56
使い方を覚えたころにオーディオが変わってまた覚え直し。 ラジオのプリセットはどうやるんだろう?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

2017年ジムカーナカレンダー 
カテゴリ:ジムカーナスケジュール
2017/04/24 06:07:58
 
2016年ジムカーナカレンダー 
カテゴリ:ジムカーナスケジュール
2016/11/28 18:52:42
 
ガレージジャッキでS2000をジャッキアップ(危険性と注意点) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/17 07:32:13

お友達

実際にお会いされた方がよいです。よろしくお願いします
53 人のお友達がいます
HiroseRSHiroseRS * タケウチタケウチ *
KAZUYAKAZUYA * マジマジマジマジ *
大根FR大根FR に ゃに ゃ

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
契約してしまった...
ホンダ バモスホビオ ホンダ バモスホビオ
タイヤ運び号。働く男の軽貨物!
その他 その他 その他 その他
ちょうど2011モデルが出た頃だったので、2週間ほど予約待ちして購入。 サイズは465m ...
その他 その他 その他 その他
マツダ ロードスター GF-NB6C(NB2) スポーツドライビングのいろはから教えてく ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.